SEO対策の東京SEOメーカー

インバウンド需要とは?取り組むためのポイントを解説!

インバウンド需要とは?取り組むためのポイントを解説!コロナ禍により一時的に下がったインバウンド需要ですが、アフターコロナの現在では再び盛り上がりを見せています。これからインバウンド関連のビジネスに取り組まれる方であれば、直近のインバウンド動向を理解することは非常に重要となります。

 

amano_portraitそこで本記事では、インバウンド需要の概要や取り込むポイント、また事例について詳しく解説します。インバウンド関連のビジネスに取り組む方であれば、是非とも最後までお読みください。

 

無料競合調査

インバウンド需要とは?

インバウンド需要とは、外国からの観光客が日本を訪れ、観光やショッピング、食事などを通じて消費活動を行うことを指します。特に近年では、アジアを中心とした多くの国々からの観光客が増加しており、日本の観光業界にとって重要な収入源となっています。

 

インバウンドが注目されている背景

インバウンド需要が注目される背景には、いくつかの重要な要因があります。まず、グローバル化の進展により、世界中の人々がより自由に旅行できるようになったことが挙げられます。特にアジア地域からの観光客が増加しており、日本はその魅力的な観光地として注目を集めています。

次に、政府の観光政策も大きな役割を果たしています。日本政府は観光立国を目指し、ビザの緩和や観光インフラの整備など、さまざまな施策を実施しています。これにより、訪日外国人観光客の数は年々増加しており、観光業界全体が活気づいています。

さらに、SNSやインターネットの普及もインバウンド需要を後押ししています。旅行者はリアルタイムで情報を共有し、口コミやレビューを通じて日本の魅力を広めています。このようなデジタル情報の拡散は、観光地やサービスの認知度を高める重要な要素となっています。

 

インバウンド需要を取り込むポイント

インバウンド需要を取り込むためには、いくつかの重要なポイントがあります。ここでは、各ポイントについて解説します。

 

その1: 受け入れ環境を整える

インバウンド需要を取り込むためには、まず受け入れ環境を整えることが不可欠です。観光客が快適に過ごせる環境を提供することで、リピーターを増やし、口コミによる新たな訪問者を呼び込むことができます。具体的には、以下のポイントに注力することが重要です。

まず、交通アクセスの改善が挙げられます。観光地へのアクセスがスムーズであることは、訪問者にとって大きな魅力となります。公共交通機関の案内表示を多言語化し、外国人観光客が迷わず目的地に到達できるようにすることが求められます。

次に、宿泊施設の充実も重要です。清潔で快適な宿泊施設を提供することはもちろん、外国語対応のスタッフを配置することで、観光客が安心して滞在できる環境を整えることができます。また、Wi-Fiの整備や観光情報の提供など、観光客が必要とするサービスを充実させることも大切です。

 

その2: ターゲットを明確にして戦略を立てる

インバウンド需要を効果的に取り込むためには、まずターゲットを明確にすることが重要です。どの国や地域からの観光客を主なターゲットとするのかを決定し、そのターゲットに合わせた戦略を立てることが求められます。

 

例えば、中国からの観光客をターゲットとする場合、中国語での案内やサービスを充実させることが必要です。また、文化や習慣に配慮したサービス提供も重要なポイントとなります。

ターゲットを明確にすることで、マーケティング活動もより効果的になります。SNSやウェブサイトを活用してターゲット層にリーチするための広告を展開することができます。さらに、ターゲット層のニーズや嗜好を把握し、それに応じた商品やサービスを提供することで、満足度を高めることができます。

 

その3: 多言語で情報発信する

インバウンド需要を取り込むためには、多言語での情報発信が不可欠です。観光客が訪れる際、言語の壁が高いと感じると、その地域や施設を避ける可能性が高まります。特に英語、中国語、韓国語など、主要な観光客の母国語での情報提供は必須です。

まず、ウェブサイトやSNSを多言語対応にすることが重要です。観光地や宿泊施設、飲食店などの情報を多言語で発信することで、訪れる前に必要な情報を得やすくなります。また、現地での案内板やメニュー、パンフレットなども多言語対応にすることで、観光客が安心して滞在できる環境を整えることができます。

 

インバウンド需要のメリット

インバウンド需要には多くのメリットが存在します。ここでは、各メリットについて解説します。

 

観光客の消費支出より経済的恩恵が得られる

インバウンド需要の大きなメリットの一つは、観光客の消費支出を通じて地域経済に多大な恩恵をもたらす点です。

 

観光客が訪れることで、宿泊施設、飲食店、土産物店などの直接的な消費が増えるだけでなく、交通機関や観光施設の利用も活発化します。これにより、地域全体の経済活動が活性化し、雇用の創出や地域産業の発展につながります。

さらに、観光客が地域の特産品や文化に触れることで、その魅力が広く知られるようになり、ブランド価値の向上にも寄与します。

 

例えば、地元の工芸品や食品が観光客によって購入されることで、その品質や独自性が評価され、国内外での認知度が高まることがあります。

 

地方活性化につながる

インバウンド需要の増加は、地方の活性化にも大きな影響を与えます。観光客が都市部だけでなく地方にも足を運ぶことで、地域経済が潤い、地元の特産品や文化が広く知られるようになります。

 

例えば、地方の観光地や温泉地、伝統的な祭りなどが注目されることで、地域全体の魅力が向上し、観光業だけでなく農業や工芸品製造などの地元産業にも波及効果が期待できます。

また、インバウンド需要に対応するために、地方自治体や地元企業が協力してインフラ整備やサービス向上に取り組むことも多く、これが地域の発展を促進します。

 

例えば、交通アクセスの改善や多言語対応の案内板の設置、観光案内所の充実などが挙げられます。これにより、地域住民の生活の質も向上し、地域全体が活気づくのです。

 

インバウンド需要のデメリット

インバウンド需要は多くのメリットをもたらしますが、一方でいくつかのデメリットも存在します。ここでは、インバウンド需要のデメリットについて詳しく見ていきます。

 

インバウンドは外部環境の影響を受けやすい

インバウンド需要は、政治的な状況や自然災害、パンデミックなどの外部環境の影響を受けやすいという特徴があります。

 

例えば、新型コロナウイルスのパンデミックにより、世界中で旅行制限がかかり、インバウンド需要が一時的に大幅に減少しました。このような外部要因により、観光業界は大きな打撃を受ける可能性があります。

また、政治的な緊張やテロ事件などもインバウンド需要に大きな影響を与えることがあります。特定の国や地域で安全性が懸念される場合、観光客はその地域を避ける傾向にあります。これにより、観光業界は予期せぬ収益の減少に直面することがあります。

 

世界各地で問題化するオーバーツーリズム

オーバーツーリズムとは、観光地が過剰な観光客数により持続可能性を損なう現象を指します。特に人気の観光地では、観光客の増加に伴い、地域住民の生活環境が悪化し、自然環境や文化遺産が損傷を受けることが問題となっています。

 

例えば、イタリアのヴェネツィアやスペインのバルセロナなどでは、観光客の増加により住民の生活が圧迫され、観光地としての魅力が損なわれるリスクが高まっています。

このような状況を防ぐためには、観光地のキャパシティを超えないようにするための対策が必要です。具体的には、観光客の数を制限するための入場制限や、観光シーズンの分散化、持続可能な観光資源の利用促進などが挙げられます。

 

インバウンド需要が見込める業界

インバウンド需要が再び高まる中、特定の業界が特に恩恵を受けることが予想されます。

 

まず、観光業はその代表格です。観光地や名所、文化体験を提供する施設は、外国人観光客の増加により大きな利益を得ることができます。特に、歴史的な観光地や自然景観が豊かな地域は、訪日外国人にとって魅力的な目的地となります。

次に、宿泊業も重要な業界です。ホテルや旅館、民泊などの宿泊施設は、観光客の滞在先として需要が高まります。特に、外国人観光客向けに多言語対応や文化体験を提供する宿泊施設は、競争力を持つことができます。

さらに、小売業もインバウンド需要の恩恵を受ける業界の一つです。観光客は日本特有の商品やお土産を購入するため、デパートやショッピングモール、免税店などが賑わいます。特に、化粧品や電化製品、伝統工芸品などは人気が高いです。

 

インバウンドに向けた多言語での情報発信事例

インバウンド需要を取り込むためには、多言語での情報発信が不可欠です。ここでは、成功事例として「ドン・キホーテ」と「岐阜県高山市」の取り組みを紹介します。

 

ドン・キホーテ

ドン・キホーテは、日本国内外で非常に人気のあるディスカウントストアチェーンです。特にインバウンド需要に対応するための取り組みが評価されています。

 

まず、店舗内の案内表示や商品説明には多言語対応が施されており、英語、中国語、韓国語など、主要な観光客の母国語で情報を提供しています。これにより、外国人観光客が商品を選びやすくなり、購買意欲を高める効果があります。

さらに、ドン・キホーテでは免税手続きが簡便に行えるシステムを導入しており、観光客がスムーズに買い物を楽しむことができます。免税カウンターには多言語対応のスタッフが配置されており、言語の壁を感じさせないサービスを提供しています。

 

岐阜県高山市

岐阜県高山市は、インバウンド需要を取り込むための多言語での情報発信に成功している地域の一つです。高山市は、古い町並みや伝統的な祭りが魅力で、国内外から多くの観光客が訪れます。

 

特に、外国人観光客に対しては、英語、中国語、韓国語など多言語での案内板やパンフレットを用意し、観光情報を提供しています。

また、高山市の公式ウェブサイトやSNSでも多言語対応を進めており、観光客が事前に情報を収集しやすい環境を整えています。さらに、地元の観光案内所では、外国語を話せるスタッフが常駐しており、観光客が安心して訪れることができるようサポートしています。

 

インバウンド需要に関するよくある質問

 

Q:インバウンド需要とは?

Answer)インバウンド需要とは、外国からの観光客が日本を訪れ、観光やショッピング、食事などを通じて行う消費活動を指します。

 

Q:インバウンド需要のメリットは?

Answer)インバウンド需要により、観光客の支出で経済効果があります。また、地方での消費も増えることから、地方活性化につながるメリットがあります。

 

Q:インバウンド需要のデメリットは?

Answer)インバウンド需要により、パンデミックなどの外部環境の影響に左右されやすくなるデメリットがあります。

 

 

 

まとめ

amano_portraitインバウンド需要は、アフターコロナの時代において再び注目を集めています。観光業だけでなく、地域経済の活性化や多文化交流の促進にも大きな影響を与えるこの需要を取り込むためには、受け入れ環境の整備やターゲットの明確化、多言語での情報発信が重要です。また、インバウンド需要には経済的なメリットが多い一方で、外部環境の影響を受けやすいというデメリットも存在します。これらのポイントを踏まえ、効果的な戦略を立てることで、インバウンド需要を最大限に活用することができます。

 

 

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、11期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで2000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

WEBマーケティング

SEO対策