SEO対策の東京SEOメーカー

ブランドエクステンションとは?目的ややり方のポイントまで徹底解説!

ブランドエクステンションとは?目的ややり方のポイントまで徹底解説!ブランドエクステンションとは、既存の商品やサービスの認知度を活用し、新しいサービス戦略へと展開する手法です。このアプローチにより、事業戦略の立案や方向性の精度が向上し、「0からの新ブランド」よりも高い成功率を実現できます。

 

amano_portraitこの記事では、ブランドエクステンションの意味やその活用方法、さらに活用時の注意点について詳しく解説します。最後までお読みいただくことで、ブランドエクステンションの活用ポイントを適切に把握できるようになりますので、ぜひご一読ください。

 

コンテンツ悩み解消

ブランドエクステンションとは? 

ブランドエクステンションとは、今ある商品をさらに幅広くビジネスとして展開する企業戦略です。既存のブランドを強化することを目的とし、これまでの知名度をいかしさらに市場を広げるためのラインエクステンションと、それまでとは異なる新しいブランドを立ち上げるブランドエクステンションの2種類があります。

 

このブランドエクステンションは既存の顧客に対する新しい戦略の打ち出しができて、大きな収益が見込める方法です。可能性を秘めているとともに気を付けなければいけないポイントもあります。ブランドエクステンションについて解説します。

 

ブランドエクステンションの活用方法

0から立ち上げた新ブランドとブランド拡張による新商品を比較した場合、0からの新ブランドの生存率が30%であったのに対し、ブランドエクステンションを用いて施策を練った新商品の場合は50%に高まったという調査結果が存在する。

 

0からの新ブランドよりブランド拡張による新商品のほうがトライアルにおける購入率は高めです。適切にブランドを「使いまわす」ことができれば、0から新ブランドを立ち上げるよりも市場ニーズに即して利益があがるものとして価値が見込まれます。

 

ブランドエクステンションのタイプ

ブランドエクステンションには、事業の特性に基づいて以下のタイプが存在します。

 

  • ラインエクステンション
  • カテゴリーによる拡張

 

ここからは、それぞれのタイプについて解説します。

 

タイプ1: ラインエクステンション

ラインエクステンションとは、既存ブランドを活用して新しい製品ラインを展開します。例えば、飲料メーカーが新しいフレーバーの飲料を追加するという場合です。既存商品の知名度や信頼性、優位度などを利用しているため、ローリスクハイリターンで新たな顧客を獲得できます。

 

ラインエクステンションは主に同じブランド名で追加のアイテムを導入します。同じブランド名が使われることで、既存客への話題性が提供できます。このカテゴリには、新しいフレーバー、フォーム、色、およびその他のマイナーな追加が含まれます。

 

タイプ2: カテゴリーによる拡張

既存のブランドとは異なる新しいブランドを立ち上げます。例えば、ファッションブランドが化粧品ブランドを立ち上げる場合などです。新しいブランドの立ち上げに用いることで、企業は自社の競争優位性を明確に構築することが可能です。

 

ブランドエクステンションを行うことで新たな自社の位置づけや、市場のニーズや顧客の要望が明確な場合それらを満たすための具体的な戦略を練れます。

 

ビジネスの成長に必要なブランドエクステンション

ブランドエクステンションは、次のような理由から重要と言えます。

 

  1. ブランドとしての価値が高まる
  2. 市場の拡大
  3. コスト効率が良い

 

ここでは、ブランドエクステンションがビジネスの成長として重要となる理由について解説します。

 

ブランドとしての価値が高まる

ブランドエクステンションは、ブランドの価値を高め、組織全体を活性化させる戦略です。

各部門が目標を共有し協力することで、ブランドが新たな市場に進出しやすくなります。

 

ブランドエクステンションの目的を組織内で共有することで、ブランドの明確な目標を設定し、業界に周知させます。これにより、各部門やチームが共通の目標に向かって努力し、それぞれの活動が組織全体の目標達成に寄与することが明確になります。

ブランドエクステンションにより、新たな市場への進出が可能となり、ブランドの成長を促進します。

 

市場の拡大

ブランドエクステンションをすることで、新たな市場を拡大させることができます。市場価値が高まることで生産力が向上し、組織全体の活性化が行えます。市場が広がることでブランドの認知度が上がり、もととなるブランドも話題性を持ちます。

 

さらなるブランドエクステンションは、競合企業や業界に周知させることで組織の団結力が高まります。部門やチームが共通の目標に向かって努力することが可能となり、それぞれの活動が組織全体の目標達成にどのように寄与しているかがクリアになります。

 

コスト効率が良い

ブランドエクステンションは、ゼロからの立ち上げよりもブランドを成長させる利益を回収できます。実はこれを成功させるには、確立されたブランドロゴを新製品に貼り、棚に並べるほど簡単ではありません。

 

ブランド拡張が新製品で忠実なブランド消費者を獲得すると、収益の増加や知名度の向上など、ブランドにとって永続的なメリットが得られます。ブランド愛用者がその価値を正しく確信しない限り、まったく新しい製品に飛びつく可能性は低いでしょう。

 

ブランドエクステンションを活用する際の注意点

ブランドエクステンションをする場合、4つの注意点があります。

 

  • ブランドイメージを維持する
  • 品質の一貫性を維持する
  • 市場のニーズに合致している
  • あらゆる業界に向いているわけではない

 

ここでは、ブランドエクステンションを活用する際の注意点について解説します。

 

ブランドイメージを維持する

ブランドエクステンションを行う際は、新しい展開が既存ブランドのイメージを損なわないように注意が必要です。特に高級感のあるブランドがコスパ重視のエクステンションをすると、既存の企業イメージを損なう可能性があります。新規客の獲得は可能でも、既存客のリピートが減少するリスクがあります。

逆に、話題性が高く市場価値が高い場合は、積極的な投資とイノベーションが求められます。成熟した市場では、既存のイメージを大切にしながら戦略を展開しましょう。

 

品質の一貫性を維持する

ブランドエクステンションを成功させるためには、新製品やサービスの品質が既存ブランドの品質基準を満たしていることが重要です。具体的には、自社基準を設け、それを満たすことが必要です。これにより、顧客ニーズを満たし、業界内での自社の位置づけや有効な戦略を分析することが可能となります。

ブランドエクステンションには、既存ブランド価値を損なう可能性も含まれます。事前に以下の3点にはしっかりと施策を練ることが求められます。

 

  • そのブランドの新しい商品カテゴリーに違和感を持たないか
  • 新しい商品カテゴリーへのブランド拡張の既存ブランドへの影響
  • 他の商品カテゴリーへのブランド拡張の機会を損なっていないか

 

ブランド拡張を行うことによる既存ブランドへの影響をしっかりと考える必要があります。

大きなリスクを考慮したうえで、実際に行うかどうかの判断も慎重に検討しましょう。

 

市場のニーズに合致している

新製品や新ブランドのブランドエクステンションをする場合、製品が市場のニーズに合致しているかを慎重に検討します。市場ニーズを分析し、利益計算を行うことで開発にかかるコストを回収します。

市場ニーズとの合致が見込まれない場合、それに基づいて適切なカテゴリーを選定する柔軟性が求められます。顧客のニーズを探るには、アンケートやインタビュー、競合他社の商品分析が有効です。

リサーチツールの活用やコミュニティの構築といった商品に対する意見回収をインターネットをどんどん活用してください。これらの方法を通じて、市場ニーズに合致した製品やサービスを提供することが可能となります。

 

あらゆる業界にむいているわけではない

ブランドエクステンションを用いて事業を分類する際には、全ての業界が必ずしも当てはまるわけではありません。

 

このマーケティング法は各業界特有の要素を考慮する必要があり、あくまで一つのフレームワークとして用いることが大切です。業界のニーズに合わなければ、方向性を改める必要性も求められます。

 

ブランドエクステンションが特に向かないといわれている業界は以下の4つです。

 

  • 専門性が高い分野:医療系やIT系
  • 規制が厳しい分野:金融サービスや公共事業など
  • 急速に変化する技術分野:ITやエレクトロニクス業界
  • 高級ブランド

 

これらの業界は専門性が高く、流動性があり、規制が厳しいため、ブランドエクステンションが効果を発揮しにくいと言われています。高級ブランドも、新たな戦略によりブランド価値が下がるリスクがあるため、慎重な検討が必要です。

 

ブランドエクステンションによる事業転換の成功事例

ブランドエクステンションによる事業展開の成功事例としては、食品業界と携帯電話会社の料金プランの事例が挙げられます。ここでは、各事例について解説します。

 

食品業界の事例

食品業界におけるブランドエクステンションの活用事例として、新しいフレーバーの開発が挙げられます。

 

たとえば、人気のある飲料ブランドが新しい味や新しい種類の飲料を発売する場合がこれにあたります。また、他社との連携を強化することで、限定価値を高めるコラボ商品をつくれます。既存ブランドの信頼性や認知度を利用することで、消費者を飽きさせないブランドとして新製品の導入がスムーズになりやすく、受け入れられやすくなります。

 

携帯電話会社の料金プランの事例

携帯電話会社でのブランドエクステンションの活用事例として、それぞれの使用率に合わせた料金プランサービスの提供が挙げられます。

 

携帯電話の使い方は、顧客一人ひとりのニーズに合わせた料金プランを選べるため各社で常に競い合い、顧客満足度を高めています。このアプローチは、通信事業の一環として、他の情報サービスとの差別化を図ることができます。

 

また、顧客の詳細なデータを収集・分析し、それに基づいたサービスを類似展開することで、リピーターを増やし、長期的な顧客関係の構築が可能です。

 

世界的な成功事例:ディズニー英語トレーニング

最も世界的に知名度が高いブランドエクステンションの事例としてディズニー英語トレーニングを紹介します。

 

ディズニー英語トレーニングは、ディズニーのキャラクターを使用して子供たちに英語を教えるプログラムです。このプログラムは、ディズニーの強力なブランドイメージと子供たちへの魅力を活かして、教育と娯楽を融合させたものです。

 

特に中国市場で大成功を収め、ディズニーのエンターテイメントブランドを教育市場にまで広げることに成功しました。これにより、文化や価値観を超えた新しい顧客層を獲得し、莫大な収益を上げています。

 

ブランドエクステンションに関するよくある質問

 

Q:ブランドエクステンションとは?

Answer)ブランドエクステンションとは、今ある商品をさらに幅広くビジネスとして展開する企業戦略です。既存のブランドを強化することを目的とし、市場価値を広げるためのラインエクステンションと、それまでとは異なった新しいブランドを立ち上げるブランドエクステンションの2種類があります。

 

Q:ブランドエクステンションの注意点は?

Answer)ブランドエクステンションの注意点は、ブランドイメージを維持・品質の一貫性・市場のニーズ・あらゆる業界にむいているわけではない、という4つの注意点が存在します。

 

Q:ブランドエクステンションの活用方法は?<

Answer)ブランドエクステンションの活用方法には、競合分析や事業タイプ転換のための分析などがあります。

 

 

まとめ

amano_portraitブランドエクステンションは2種類。これまであった商品のラインナップを増やすラインエクステンションと新たなブランドを立ち上げるカテゴリーの拡張です。企業にとって強力な戦略手法であり、既存のブランドの強みを活かして新しい製品やサービスを展開できます。この方法を適切に活用することで、ブランドの市場価値を高め、組織の活性化や収益を増加させることが可能です。施策を練る場合、どちらの方法が今後のブランドの発展に適しているかメリットと注意点を理解し、効果的に活用していきましょう。

 

 

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、11期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで2000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

WEBマーケティング

SEO対策