SEO対策の東京SEOメーカー

差別型マーケティングとは?メリット、デメリット、事例を解説!

差別型マーケティングとは?メリット、デメリット、事例を解説!差別型マーケティングとは、ターゲットとする市場セグメントを定めて、その市場に適した方法で行うマーケティング活動を指します。自社の製品特徴に合わせて適切な市場セグメントを狙うことが重要であり、ターゲティング戦略の特徴を理解することは重要です。

 

そこで本記事では、差別型マーケティングの種類、メリット、デメリットに加え、成功事例について解説します。本記事をお読みいただくことで、差別型マーケティングの利用方法についての理解を深めることができ、自社マーケティング戦略に活用できるようになりますので、是非とも最後までお読みください。

 

コンテンツ悩み解消

差別型マーケティングとは?

差別型マーケティングとは、特定の市場セグメントをターゲットにして、そのセグメントに最適な方法でマーケティング活動を行う戦略です。

 

市場セグメントとは、年齢、性別、所得、ライフスタイルなどの特定の基準に基づいて分類された消費者のグループを指します。

 

この戦略は、異なる市場セグメントごとに異なるマーケティングミックスを用いることで、各セグメントのニーズや欲求により的確に応えることを目指します。

差別型マーケティングの主な特徴は、ターゲット市場を明確に定義し、その市場に対してカスタマイズされたメッセージやプロモーションを展開する点にあります。これにより、企業は競争力を高め、顧客満足度を向上させることができます。

 

差別型と非差別型マーケティングの違い

差別型マーケティングは、特定の市場セグメントに焦点を当て、そのセグメントのニーズや嗜好に合わせたマーケティング活動を行います。これにより、ターゲット市場に対してよりパーソナライズされたアプローチが可能となり、顧客満足度の向上やブランドロイヤルティの強化が期待できます。

一方、非差別型マーケティングは、広範な市場全体を対象とし、共通のメッセージやプロモーションを用いてマーケティング活動を行います。このアプローチは、コスト効率が高く、大規模な市場に対して迅速にリーチすることができますが、個々の顧客のニーズに対応することが難しく、競合他社との差別化が難しいというデメリットがあります。

 

差別型マーケティングの種類

差別型マーケティングには、さまざまな方法で市場セグメントをターゲットにする手法があります。以下が代表的な差別型マーケティングとなります。

  1. 商品の差別化
  2. サービスの差別化
  3. チャネルの差別化
  4. 価格の差別化

 

ここでは、各内容ごとに詳しく解説していきます。

 

その1: 商品の差別化

商品の差別化は、差別型マーケティングの中でも最も基本的な戦略の一つです。これは、競合他社の商品とは異なる特徴や価値を持たせることで、自社製品を市場で際立たせることを目指します。

例えば、スマートフォン市場では、AppleのiPhoneがそのデザイン性とユーザー体験の一貫性で他社製品と差別化されています。

 

また、食品業界では、オーガニック食品や特定の健康効果を持つ商品が差別化の一例です。これにより、消費者は自分のニーズや価値観に合った商品を選びやすくなります。

 

その2: サービスの差別化

サービスの差別化は、顧客に対して独自の価値を提供するための重要な戦略です。単に商品を販売するだけでなく、顧客体験を向上させることで、他社との差別化を図ります。

具体的な例として、ホテル業界では、チェックイン時のウェルカムドリンクや、宿泊客の好みに合わせたルームサービスなどが一般的です。

 

また、IT業界では、24時間対応のカスタマーサポートや、ユーザーのフィードバックを基にした迅速なアップデート提供が差別化の一環として行われています。

 

その3: チャネルの差別化

チャネルの差別化とは、製品やサービスを顧客に届けるための流通経路や販売方法を他社と差別化することを指します。これにより、顧客に対して独自の価値を提供し、競争優位性を確保することが可能です。

例えば、オンラインとオフラインの両方のチャネルを活用することで、顧客に多様な購入方法を提供することができます。

 

オンラインチャネルでは、24時間いつでも購入できる利便性を提供し、オフラインチャネルでは、実際に商品を手に取って確認できる体験を提供します。

 

その4: 価格の差別化

価格の差別化は、同じ製品やサービスを異なる価格帯で提供することで、異なる市場セグメントにアプローチする戦略です。このアプローチは、顧客の購買力や価値観に応じて価格を設定することで、幅広い顧客層を取り込むことができます。

例えば、航空業界ではエコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラスといった異なる価格帯の座席を提供しています。

 

これにより、予算に余裕のある顧客から、コストを重視する顧客まで、さまざまなニーズに対応することができます。

 

差別型マーケティングのメリット

差別型マーケティングには、次のようなメリットが挙げられます。

 

  1. セグメント特定のニーズに対応できる
  2. 強固な顧客関係を築ける
  3. 競合差別化につながる

ここでは、差別型マーケティングのそれぞれのメリットについて解説します。

 

メリット1: セグメント特定のニーズに対応できる

差別型マーケティングの大きなメリットの一つは、特定の市場セグメントのニーズに的確に対応できる点です。

 

例えば、若年層向けの商品とシニア層向けの商品では、求められる機能やデザインが異なるため、それぞれのニーズに合わせたマーケティング戦略が必要です。

このように、セグメントごとに異なるニーズを把握し、それに応じた商品やサービスを提供することで、顧客満足度を高めることができます。

 

メリット2: 強固な顧客関係を築ける

差別型マーケティングの大きなメリットの一つは、強固な顧客関係を築ける点です。ターゲットとする市場セグメントを明確に定め、そのセグメントに特化したマーケティング活動を行うことで、顧客は自分たちのニーズや欲求が理解されていると感じます。

 

これにより、顧客はブランドに対して高い忠誠心を持つようになり、リピーターとしての行動が促進されます。

 

メリット3: 競合差別化につながる

差別型マーケティングの大きなメリットの一つは、競合他社との差別化を図ることができる点です。

 

市場には多くの企業が存在し、同じような製品やサービスを提供しています。その中で自社の存在を際立たせるためには、他社とは異なる独自の価値を提供することが重要です。

例えば、特定の市場セグメントに焦点を当て、そのセグメントのニーズや嗜好に合わせた製品やサービスを提供することで、競合他社とは一線を画すことができます。

 

これにより、顧客は自社の製品やサービスを選ぶ理由が明確になり、ブランドへの忠誠心が高まります。

 

差別型マーケティングのデメリット

差別型マーケティングには多くのメリットがありますが、同時にいくつかのデメリットも存在します。具体的には、次のようなデメリットが想定されます。

  1. 個別セグメントの準備や調査にリソースがかかる
  2. ターゲット外セグメントの顧客損失の可能性がある

 

ここでは、各デメリットについて詳しく解説していきます。

 

デメリット1: 個別セグメントの準備や調査にリソースがかかる

差別型マーケティングのデメリットの一つとして、個別セグメントの準備や調査にリソースがかかる点が挙げられます。

 

ターゲットとする市場セグメントを詳細に理解するためには、膨大なデータ収集と分析が必要です。これには時間とコストがかかり、特に中小企業にとっては大きな負担となることがあります。

また、個別セグメントに対して効果的なマーケティング戦略を立案、実行するためには、カスタマイズされた広告やプロモーション、製品開発が必要です。これにより、マーケティング活動全体のコストが増加する可能性があります。

 

デメリット2: ターゲット外セグメントの顧客損失の可能性がある

差別型マーケティングのデメリットの一つとして、ターゲット外セグメントの顧客損失の可能性が挙げられます。

 

特定の市場セグメントに焦点を当てることで、そのセグメントに対しては強力なアプローチが可能となりますが、他のセグメントに対しては無視されることになります。これにより、ターゲット外の顧客が自社製品やサービスに興味を持たなくなるリスクが生じます。

例えば、若年層をターゲットにしたマーケティング戦略を展開する企業があるとします。この場合、中高年層の顧客は自社製品に対して関心を持たなくなる可能性があります。結果として、潜在的な顧客層を失うことになり、売上の機会を逃すことになります。

 

差別型マーケティングの事例

差別型マーケティングの成功事例をいくつか紹介します。代表的な事例としては次の3つが挙げられます。

  1. スターバックス
  2. モスバーガー
  3. ユニクロ

ここでは、差別型マーケティングの各事例について解説します。

 

事例1: スターバックス

スターバックスは、差別型マーケティングの成功事例として広く知られています。

 

同社は、顧客の多様なニーズに応えるために、商品やサービスの差別化を巧みに行っています。例えば、スターバックスは地域ごとに異なるメニューを提供し、地元の文化や嗜好に合わせた商品を展開しています。これにより、顧客は自分たちのニーズに合った商品を選ぶことができ、満足度が高まります。

また、スターバックスは店舗のデザインや雰囲気にもこだわりを持っています。各店舗はその地域の特性を反映した内装やレイアウトを採用しており、顧客にとって居心地の良い空間を提供しています。これにより、顧客は単なるコーヒーショップ以上の体験を得ることができ、リピーターとなる可能性が高まります。

 

事例2: モスバーガー

モスバーガーは、日本国内での差別型マーケティングの成功事例として知られています。同社は、他のファーストフードチェーンとは一線を画す独自の戦略を採用しています。まず、モスバーガーは「食の安全、安心」を重視し、国産の新鮮な食材を使用することにこだわっています。これにより、健康志向の高い顧客層をターゲットにしています。

さらに、モスバーガーは地域限定メニューを積極的に展開しています。例えば、特定の地域でしか味わえないご当地バーガーや、季節ごとの限定メニューを提供することで、地域の特性や季節感を取り入れた商品を提供しています。

 

これにより、地元の顧客に親しみやすさを感じてもらい、リピーターを増やすことに成功しています。

 

事例3: ユニクロ

ユニクロは、差別型マーケティングの成功事例として広く知られています。ユニクロは、顧客の多様なニーズに応えるために、商品ラインナップの差別化を行っています。

 

例えば、エアリズムやヒートテックといった独自の技術を用いた商品は、季節ごとの快適さを提供することで、他のブランドとの差別化を図っています。

また、ユニクロは地域ごとのニーズに応じた商品展開も行っています。例えば、寒冷地向けには防寒性能の高い商品を、温暖な地域向けには通気性の良い商品を提供するなど、地域特性に合わせたマーケティング戦略を採用しています。

ユニクロの差別型マーケティング戦略は、顧客の多様なニーズに応えることで、競合他社との差別化を実現し、ブランドの強化に成功しています。

 

差別型マーケティングのよくある質問

 

Q:差別型マーケティングとは?

Answer)差別型マーケティングは、特定の市場セグメントをターゲットにして、そのセグメントに最適な方法でマーケティング活動を行う戦略を指します。

 

Q:差別型マーケティングのメリットは?

Answer)差別型マーケティングは、特定セグメントのニーズに対応できることから、強固な顧客関係を築ける点がメリットとなります。

 

Q:差別型マーケティングのデメリットは?

Answer)差別型マーケティングは、個別セグメントの準備や調査にリソースがかかる点に加え、ターゲット外セグメントの顧客損失の可能性がある点がデメリットとなります。

 

 

 

まとめ

差別型マーケティングの最大の強みは、特定の顧客層に対して深い理解を持ち、彼らのニーズに応じた製品やサービスを提供できる点にあります。これにより、強固な顧客関係を築き、競合他社との差別化を図ることが可能です。しかし、その一方で、個別セグメントの調査や準備に多くのリソースを要することや、ターゲット外の顧客を失うリスクも存在します。差別型マーケティングの理解を深め、自社の戦略に活用することで、より効果的なマーケティング活動を展開していきましょう。

 

 

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、11期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで2000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

WEBマーケティング

SEO対策