SEO対策の東京SEOメーカー

集中型マーケティングとは?メリット、デメリットや事例を紹介!

集中型マーケティングとは?メリット、デメリットや事例を紹介!集中型マーケティングは、単一もしくは少数のセグメントを選び、そこだけに集中してマーケティング活動を行う戦略を指します。集中型マーケティングを行うことで、経営資源を最大活用できるメリットがあります。

 

そこで本記事では、集中型マーケティングのメリット、デメリットに加え、成功事例について解説します。本記事をお読みいただくことで、集中型マーケティングの利用方法についての理解を深めることができ、自社マーケティング戦略に活用できるようになりますので、是非とも最後までお読みください。

 

コンテンツ悩み解消

集中型マーケティングとは?

集中型マーケティングとは、特定の市場セグメントに焦点を当て、そのセグメントに対して集中的にマーケティング活動を行う戦略です。

 

企業は限られたリソースを効果的に活用し、選ばれたセグメントに対して深く掘り下げたアプローチを取ることで、競争優位を築くことができます。

この戦略は、特に中小企業や新興企業にとって有効です。なぜなら、限られた資源を最大限に活用し、大手企業と競争するための独自の強みを築くことができるからです。集中型マーケティングを採用することで、企業は特定の顧客ニーズに対してより適切な製品やサービスを提供し、顧客満足度を高めることができます。

 

差別型マーケティングとの違い

集中型マーケティングと差別型マーケティングは、どちらも特定のセグメントに焦点を当てる点で似ていますが、アプローチ方法に大きな違いがあります。

 

差別型マーケティングは、複数のセグメントに対して異なるマーケティング戦略を展開する手法です。例えば、同じ製品を異なるターゲット層に向けて異なるメッセージや広告を用いて販売することが一般的です。

一方、集中型マーケティングは、単一のセグメントに全てのリソースを集中させる戦略です。このため、特定のニーズや嗜好に対して深く掘り下げたアプローチが可能となります。結果として、特定の市場で強力なブランドイメージを築くことができます。

 

無差別型マーケティングとの違い

無差別型マーケティングは、全市場を一つの大きなセグメントとして捉え、すべての顧客に対して同じマーケティング戦略を展開する手法です。このアプローチでは、製品やサービスの標準化が重視され、コスト効率の向上が期待されます。

一方、集中型マーケティングは特定のセグメントに焦点を当て、そのセグメントのニーズや特性に合わせたカスタマイズされた戦略を実施します。このため、顧客満足度の向上やブランドロイヤルティの強化が期待できます。

 

関連記事: セグメンテーションとは?ターゲティングとの違いや活用方法を解説!

 

集中型マーケティングのメリット

集中型マーケティングには多くのメリットがあります。具体的には下記のようなメリットが挙げられます。

  1. 経営資源を最大活用できる
  2. 自社のブランディングができる
  3. 他社の新規参入を防ぐことができる

ここでは、集中型マーケティングの各メリットについて解説します。

 

メリット1: 経営資源を最大活用できる

集中型マーケティングの大きなメリットの一つは、経営資源を最大限に活用できる点です。

 

企業が限られたリソースを特定の市場セグメントに集中させることで、効率的かつ効果的なマーケティング活動が可能となります。

 

例えば、広告予算や人材、時間などのリソースを一つのターゲット市場に集中させることで、より深い市場理解と顧客ニーズの把握が可能となり、結果として高い投資対効果を実現できます。

また、集中型マーケティングを採用することで、企業は特定の市場において強力なブランドイメージを築くことができます。

 

メリット2: 自社のブランディングができる

集中型マーケティングの大きなメリットの一つは、自社ブランディングを強化できる点です。特定のセグメントに焦点を当てることで、企業はそのセグメントに対して一貫したメッセージを発信しやすくなります。

例えば、特定の年齢層やライフスタイルに合わせた商品やサービスを提供することで、そのセグメント内での認知度や信頼度が高まります。

 

結果として、顧客はそのブランドを他の競合よりも優先して選ぶようになります。さらに、集中型マーケティングを通じて得られるフィードバックを活用することで、ブランドの改善や進化も容易になります。

 

関連記事: ブランディングってどんな意味?正しい進め方を徹底解説!

 

メリット3: 他社の新規参入を防ぐことができる

集中型マーケティングの大きなメリットの一つは、他社の新規参入を防ぐことができる点です。特定の市場セグメントに対して深く理解し、独自の価値を提供することで、競合他社が簡単に参入できない状況を作り出すことが可能です。

 

例えば、特定のニッチ市場において、顧客のニーズや嗜好を詳細に把握し、それに応じた製品やサービスを提供することで、顧客のロイヤルティを高めることができます。

また、集中型マーケティングを行う企業は、その市場における専門知識や経験を蓄積しやすくなります。これにより、競合他社が同じ市場に参入しようとする際に、既存の企業が持つ知識やノウハウに追いつくのが難しくなります。

 

集中型マーケティングのデメリット

集中型マーケティングには多くのメリットがありますが、一方で次に挙げるようなデメリットも存在します。

  1. 顧客を失うリスクがある
  2. 環境の変化で成功が左右されやすい
  3. 人材が他社へ流れる可能性がある

ここでは、各デメリットについて解説します。

 

デメリット1: 顧客を失うリスクがある

集中型マーケティングの一つのデメリットとして、顧客を失うリスクが挙げられます。

 

特定のセグメントに集中することで、そのセグメント内の顧客ニーズや市場動向に敏感に対応することが求められます。しかし、もしそのセグメントのニーズが急激に変化したり、競合他社がより魅力的な提案を行った場合、顧客が他社に流れてしまう可能性があります。

例えば、特定の年齢層や趣味嗜好に特化した商品やサービスを提供している場合、そのターゲット層のトレンドが変わると、急速に売上が減少するリスクがあります。

 

また、集中型マーケティングでは他のセグメントに対するアプローチが不足しがちであり、結果として市場全体でのシェアを失うことにもつながりかねません。このようなリスクを軽減するためには、常に市場調査を行い、顧客の声を反映させる柔軟な戦略が必要です。

 

デメリット2: 環境の変化で成功が左右されやすい

集中型マーケティングの大きなデメリットの一つは、環境の変化に対して脆弱であることです。

 

特定のセグメントに集中することで、そのセグメントの市場環境や消費者の嗜好が変わった場合、企業の成功が大きく左右されるリスクがあります。

また、消費者の嗜好が急激に変わる場合も同様です。例えば、ある特定の製品やサービスが急に人気を失った場合、そのセグメントに集中していた企業は大きな打撃を受けることになります。

 

このようなリスクを軽減するためには、常に市場の動向を監視し、迅速に対応できる体制を整えることが重要です。

 

デメリット3: 人材が他社へ流れる可能性がある

集中型マーケティングのデメリットの一つとして、人材が他社へ流れる可能性が挙げられます。特定のセグメントに特化することで、専門知識やスキルを持つ人材が必要となりますが、これらの人材は市場価値が高く、他社からの引き抜きの対象となりやすいです。

 

特に、競合他社が同じセグメントに注力している場合、優秀な人材を確保するための競争が激化します。

また、集中型マーケティングにおいては、特定の分野に特化したスキルを持つ人材が求められるため、社内でのキャリアパスが限定されることがあります。このため、社員が自身の成長やキャリアアップを求めて他社へ転職するリスクが高まります。

 

集中型マーケティングの事例

集中型マーケティングの具体的な事例として、スズキ自動車とケンタッキーフライドチキンの2社を紹介します。

 

事例1: スズキ自動車

スズキ自動車は、集中型マーケティングの成功事例としてよく知られています。

 

同社は、軽自動車市場に特化することで他社との差別化を図り、国内市場での強固な地位を築いてきました。スズキは、軽自動車の開発、製造において長年の経験とノウハウを蓄積し、燃費性能やコンパクトなデザイン、安全性などの面で優れた製品を提供しています。

この戦略により、スズキは限られた経営資源を最大限に活用し、特定の市場セグメントでの競争力を高めることができました。

 

また、軽自動車市場におけるブランドイメージを確立し、消費者からの信頼を獲得しています。結果として、スズキは国内市場でのシェアを拡大し続けており、他社の新規参入を防ぐことにも成功しています。

 

事例2: ケンタッキーフライドチキン

ケンタッキーフライドチキン(KFC)は、集中型マーケティングの成功事例としてよく知られています。

 

KFCは、フライドチキンという特定の製品に焦点を当て、その品質と独自の味を強調することで市場での地位を確立しました。この戦略により、KFCは他のファーストフードチェーンとの差別化を図り、特定の顧客層に強い支持を得ることができました。

KFCの成功の鍵は、ターゲット市場を明確にし、そのニーズに応えるための製品開発とマーケティング活動を一貫して行ったことです。

 

例えば、KFCは家族向けのパーティーバーレルや季節限定メニューを提供することで、顧客の多様なニーズに対応しています。また、KFCは広告やプロモーション活動においても、フライドチキンの美味しさと品質を強調するメッセージを一貫して発信しています。

 

集中型マーケティングのよくある質問

 

Q:集中型マーケティングとは?

Answer)集中型マーケティングとは、特定の市場セグメントに焦点を当て、そのセグメントに対して集中的にマーケティング活動を行う戦略を指します。

 

Q:集中型マーケティングのメリットは?

Answer)集中型マーケティングでは、特定セグメントに集中したマーケティングを行うため、経営資源を最大活用でき、当該セグメントにおける他社の新規参入を防ぐことができます。

 

Q:無差別型マーケティングとの違いは?

Answer)無差別型マーケティングは、全市場を一つの大きなセグメントとして捉えるように狙う市場セグメントに違いがあります。無差別型マーケティングでは、製品やサービスの標準化が重視され、コスト効率の向上が期待されますが、集中型マーケティングでは、顧客満足度の向上やブランドロイヤルティの強化が期待できます。

 

 

まとめ

本記事では、集中型マーケティングの基本概念からメリット、デメリット、そして具体的な事例までを詳しく解説しました。これにより、集中型マーケティングの理解が深まり、自社のマーケティング戦略にどのように活用できるかのヒントを得られたのではないでしょうか。集中型マーケティングを成功させるためには、ターゲットセグメントの選定とそのニーズに応じた戦略の構築が欠かせません。ぜひ本記事を参考にして、自社のマーケティング活動に役立ててください。

 

 

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、11期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで2000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

WEBマーケティング

SEO対策