SEO対策の東京SEOメーカー

クラウドファンディングとは?やり方や仕組み、成功事例を解説!

クラウドファンディングとは?やり方や仕組み、成功事例を解説!クラウドファンディングを活用することで、事業のための資金調達だけではなく、自社製品を多くの人に認知してもらえるなど、広報やマーケティング的側面でもメリットが得られます。しかしながら、クラウドファンディングの進め方についてわからず戸惑いを感じる方も多いはずです。

 

本記事では、クラウドファンディングの種類やメリット、デメリットについて解説します。自社でクラウドファンディングを活用したい方であれば、クラウドファンディングの基本や成功のコツについて理解できるようになりますので、是非とも最後までお読みください。

 

コンテンツ悩み解消

クラウドファンディングとは?

クラウドファンディングとは、インターネットを通じて多くの人々から少額ずつ資金を集める方法です。

 

従来の資金調達方法とは異なり、銀行や投資家に依存せずに、個人や企業が自らのプロジェクトやアイデアを広く公開し、共感を得た支援者から資金を募ることができます。

クラウドファンディングの魅力は、単に資金を集めるだけでなく、プロジェクトの認知度を高め、潜在的な顧客やファンを獲得することができる点にあります。

 

また、支援者からのフィードバックを受けることで、プロジェクトの改善や市場のニーズを把握できることも魅力です。

 

クラウドファンディングの種類

クラウドファンディングには、主に次のような4種類が存在します。

  1. 寄付型クラウドファンディング
  2. 購入型クラウドファンディング
  3. 融資型クラウドファンディング
  4. 投資型クラウドファンディング

ここでは、クラウドファンディングの各種類について解説します。

 

寄付型クラウドファンディング

寄付型クラウドファンディングは、支援者が見返りを求めずに資金を提供する形式のクラウドファンディングです。

 

このタイプのクラウドファンディングは、社会貢献や慈善活動、災害支援など、公益性の高いプロジェクトに適しています。支援者はプロジェクトの成功や社会的な意義に共感し、純粋にその活動を応援するために寄付を行います。

寄付型クラウドファンディングの大きな特徴は、リターンがないことです。支援者は金銭的な見返りを期待せず、プロジェクトの進捗や成果を通じて満足感を得ることが主な目的となります。

 

そのため、プロジェクトの透明性や信頼性が非常に重要です。プロジェクトオーナーは、支援者に対して定期的に進捗報告を行い、信頼関係を築くことが求められます。

 

購入型クラウドファンディング

購入型クラウドファンディングは、支援者がプロジェクトに資金を提供する代わりに、リターンとして商品やサービスを受け取る形式のクラウドファンディングです。

 

この形式は、特に新製品の開発や市場投入を目指す企業や個人にとって非常に有効です。支援者は、プロジェクトが成功すればリターンを受け取ることができるため、リスクを伴う投資とは異なり、比較的安心して支援を行うことができます。

購入型クラウドファンディングの大きなメリットは、事前に市場の反応を確認できる点です。プロジェクトを公開することで、潜在的な顧客からのフィードバックを得ることができ、製品の改良やマーケティング戦略の見直しに役立てることができます。

 

また、プロジェクトが成功すれば、製品の初期ロットの製造資金を確保することができるため、資金繰りの面でも大きな助けとなります。

 

融資型クラウドファンディング

融資型クラウドファンディングは、個人や企業がプロジェクトのために資金を借り入れる形式のクラウドファンディングです。

 

このタイプのクラウドファンディングでは、投資家はプロジェクトに対して資金を提供し、その見返りとして利息を受け取ることができます。つまり、投資家はプロジェクトの成功に伴って利益を得ることができます。

融資型クラウドファンディングの大きな特徴は、資金提供者がリターンとして金銭的な利益を期待できる点です。これにより、資金提供者はプロジェクトのリスクを負う一方で、成功した場合には高いリターンを得る可能性があります。

しかし、融資型クラウドファンディングにはリスクも伴います。プロジェクトが失敗した場合、投資家は元本を失う可能性があります。そのため、投資家はプロジェクトの内容やリスクを十分に理解した上で投資を行うことが重要です。

 

投資型クラウドファンディング

投資型クラウドファンディングは、投資家がプロジェクトに資金を提供し、その見返りとして株式や利益の一部を受け取る形式のクラウドファンディングです。

 

このタイプのクラウドファンディングは、特にスタートアップ企業や新規事業の資金調達に適しています。投資家はプロジェクトの成功に伴い、リターンを得ることができるため、リスクとリターンのバランスを考慮しながら投資を行います。

投資型クラウドファンディングの大きなメリットは、資金提供者がプロジェクトの成長に直接関与できる点です。投資家は単なる資金提供者ではなく、プロジェクトの成功を共に目指すパートナーとなります。

 

また、企業側にとっては、資金調達だけでなく、投資家からのフィードバックやネットワークを活用することができるため、事業の成長を加速させることができます。

 

クラウドファンディングのメリット

クラウドファンディングには多くのメリットがあります。

 

  1. 誰でも資金調達できる
  2. ファンを獲得できる
  3. テストマーケティングできる

 

ここでは、各メリットについて解説します。

 

メリット1: 誰でも資金調達できる

クラウドファンディングの最大の魅力の一つは、誰でも資金調達ができる点です。

 

従来の資金調達方法では、銀行からの融資や投資家からの出資が必要であり、これらの方法は審査が厳しく、特にスタートアップや個人事業主にとってはハードルが高いものでした。

 

しかし、クラウドファンディングを利用することで、個人や小規模な企業でも簡単に資金を集めることが可能になります。

クラウドファンディングプラットフォームにプロジェクトを掲載し、インターネットを通じて広く支援を募ることで、地理的な制約を超えて多くの人々から支援を受けることができます。

 

これにより、アイデアやプロジェクトの魅力を直接伝えることができ、共感を得た支援者からの資金提供を受けることができます。

 

メリット2: ファンを獲得できる

クラウドファンディングの大きなメリットの一つは、プロジェクトを通じてファンを獲得できる点です。

 

クラウドファンディングは単なる資金調達の手段ではなく、プロジェクトの支持者や共感者を集める場でもあります。支援者はプロジェクトの成功を願い、積極的に情報を拡散してくれることが多いため、自然とプロジェクトの認知度が広がります。

また、支援者とのコミュニケーションを通じて、彼らの意見やフィードバックを直接受け取ることができるのも大きな利点です。これにより、プロジェクトの改善点や新しいアイデアを得ることができ、より魅力的な製品やサービスの提供が可能です。

 

メリット3: テストマーケティングできる

クラウドファンディングの大きなメリットの一つは、テストマーケティングの場として活用できる点です。

 

新しい製品やサービスを市場に投入する前に、クラウドファンディングを通じて消費者の反応を確認することができます。これにより、製品の需要や市場のニーズを把握し、必要に応じて改良を加えることが可能です。

例えば、クラウドファンディングのキャンペーンを通じて、どのリターンが最も人気があるのか、どの価格帯が最も支持されるのかといった具体的なデータを収集することができます。これらの情報は、将来的な製品開発やマーケティング戦略において非常に有益です。

 

クラウドファンディングのデメリット

クラウドファンディングは多くのメリットを持つ一方で、次にあげるようなデメリットも存在します。

  1. プロジェクトを途中中断できない
  2. リターンの時期がずれるかもしれない
  3. 第三者にアイデアを真似される可能性がある

 

ここでは、各デメリットについて解説します。

 

デメリット1: プロジェクトを途中中断できない

クラウドファンディングのデメリットの一つとして、プロジェクトを途中で中断することが難しい点が挙げられます。

 

クラウドファンディングは、資金を集めるためのキャンペーン期間が設定されており、その期間中に目標金額を達成することが求められます。

 

もし途中でプロジェクトを中断した場合、支援者からの信頼を失うだけでなく、今後のクラウドファンディング活動にも悪影響を及ぼす可能性があります。

また、プロジェクトを中断することで、既に集まった資金の返金手続きや、支援者への説明責任が発生します。これらの手続きは時間と労力を要し、企業や個人にとって大きな負担となります。

 

デメリット2: リターンの時期がずれるかもしれない

クラウドファンディングのプロジェクトを進める上で、リターンの時期が予定よりも遅れることがあります。

 

これは、製品の製造や配送に予期せぬ問題が発生することが原因です。例えば、製造工程でのトラブルや、材料の供給が遅れることが考えられます。また、プロジェクトの規模が大きくなるほど、管理や調整が複雑になり、スケジュール通りに進行しないこともあります。

リターンの遅延は、支援者に対する信頼を損なう可能性があるため、プロジェクトオーナーは事前にリスクを説明し、進捗状況を定期的に報告することが重要です。透明性を持ってコミュニケーションを図ることで、支援者の理解と協力を得やすくなります。

 

デメリット3: 第三者にアイデアを真似される可能性がある

クラウドファンディングのデメリットの一つとして、第三者にアイデアを真似される可能性があります。

 

クラウドファンディングのプラットフォーム上でプロジェクトを公開することで、多くの人々にアイデアや計画を見せることになります。これにより、競合他社や他の起業家がそのアイデアを模倣し、同様のプロジェクトを立ち上げるリスクが生じます。

特に、独自性や革新性が高いプロジェクトの場合、このリスクは大きくなります。アイデアが他者に盗まれることで、オリジナルのプロジェクトが市場での競争力を失う可能性があります。したがって、クラウドファンディングを利用する際には、アイデアの保護策を講じることが重要です。

 

クラウドファンディングを成功させるポイント

クラウドファンディングを成功させるためには、いくつかの重要なポイントがあります。

 

  1. 魅力的なプロジェクトを計画する
  2. マーケティング活動に力を入れる
  3. 最初の5日間で目標20%達成を目指す

 

ここでは、各ポイントについて解説します。

 

その1: 魅力的なプロジェクトを計画する

クラウドファンディングで成功するためには、魅力的なプロジェクトを計画することが不可欠です。

まず、プロジェクトの目的やビジョンを明確にすることが重要です。支援者は、プロジェクトが何を目指しているのか、どのような価値を提供するのかを理解したいと考えています。

そのため、プロジェクトの背景や目標を具体的に説明し、共感を呼び起こすストーリーを作り上げることが必要です。

 

その2: マーケティング活動に力を入れる

クラウドファンディングの成功には、マーケティング活動が欠かせません。プロジェクトを立ち上げただけでは、多くの人に知ってもらうことは難しいため、積極的な広報活動が必要です。

 

そのためには、SNSを活用した発信やプレスリリースの配信が効果的です。メディアに取り上げられることで、プロジェクトの認知度が一気に高まります。

 

さらに、ブログサイトでの紹介記事を依頼することも検討してみてください。影響力のあるインフルエンサーに協力を依頼することで、彼らのフォロワーにもプロジェクトを知ってもらうことができます。

 

その3: 最初の5日間で目標20%達成を目指す

クラウドファンディングの成功には、初動が非常に重要です。特に最初の5日間で目標金額の20%を達成することが成功の鍵となります。この初期段階での勢いが、その後のプロジェクトの進行を大きく左右します。

そのためにはまず、プロジェクト開始前にしっかりと準備を整えましょう。事前に友人や家族、既存のファンにプロジェクトの開始を知らせ、初日に支援をお願いすることが効果的です。

さらに、初期の支援者には特別なリターンを用意することで、早期支援を促進することができます。例えば、限定版の商品や特別な体験を提供することで、支援者のモチベーションを高めることができます。

 

クラウドファンディングの成功事例

クラウドファンディングの代表的な3社の成功事例をご紹介します。

  1. SONIC SOAK
  2. secca
  3. HUG COFFEE

ここでは、各事例について解説します。

 

事例1: SONIC SOAK

SONIC SOAKは、超音波技術を利用したポータブル洗浄デバイスで、クラウドファンディングを通じて大きな成功を収めたプロジェクトの一つです。

 

SONIC SOAKは、衣類やアクセサリー、果物や野菜など、さまざまな物を簡単に洗浄できるという特徴があります。特に、旅行や出張先での使用を想定しており、コンパクトで持ち運びが容易な点が支持されました。

SONIC SOAKの成功要因としては、革新的な技術と実用性の高さ、そして魅力的なプロモーションビデオが挙げられます。また、キャンペーン期間中に積極的なマーケティング活動を行い、多くのメディアで取り上げられたことも大きな影響を与えました。

 

事例2: secca

seccaは、日本の伝統工芸と現代デザインを融合させたプロジェクトで、クラウドファンディングを通じて大きな成功を収めました。このプロジェクトは、地域の職人たちと協力し、彼らの技術を活かした美しい製品を生み出すことを目指しています。

seccaのクラウドファンディングキャンペーンは、特にそのストーリーテリングとビジュアルプレゼンテーションが高く評価されました。プロジェクトページには、職人たちの手仕事の様子や製品の詳細な写真が掲載され、支援者に対して製品の魅力を強くアピールしました。

さらに、seccaはSNSやメディアを活用して広範なマーケティング活動を展開し、多くの人々にプロジェクトを知ってもらうことに成功しました。これにより、目標金額を大幅に上回る資金を調達し、プロジェクトを実現することができました。

 

事例3: HUG COFFEE

HUG COFFEEは、地域密着型のカフェチェーンで、クラウドファンディングを活用して新店舗の開業資金を調達しました。このプロジェクトは、地元のコミュニティと強い絆を築くことを目指しており、地域住民やコーヒー愛好者から多くの支持を集めました。

HUG COFFEEのクラウドファンディングキャンペーンは、特にその透明性とコミュニケーションの質が高く評価されました。プロジェクトページには、新店舗のコンセプトや設計図、使用するコーヒー豆の詳細などが詳しく説明されており、支援者に対してプロジェクトの具体的なビジョンを明確に伝えました。

HUG COFFEEの成功は、クラウドファンディングにおいて透明性とコミュニケーションの重要性を示す好例です。プロジェクトの進捗を共有し、支援者との信頼関係を築くことが、成功への鍵となります。

 

クラウドファンディングのよくある質問

 

Q:クラウドファンディングとは?

Answer)クラウドファンディングとは、インターネットを通じて多くの人々から少額ずつ資金を集める資金調達の方法です。銀行や投資家に依存せずに、個人や企業が自らのプロジェクトやアイデアを広く公開し、共感を得た支援者から資金を集められる点が特徴です。

 

Q:クラウドファンディングの種類は?

Answer)クラウドファンディングには、寄付型クラウドファンディング、購入型クラウドファンディング、融資型クラウドファンディング、投資型クラウドファンディングの4種類が存在します。

 

Q:クラウドファンディングを成功させるポイントは?

Answer)クラウドファンディングを成功させるためには、魅力的なプロジェクトを計画した上で、集客活動を強化することが重要です。また、初めの5日間で目標数値の20%達成を目指すことで成功確率を高めることができます。

 

 

まとめ

クラウドファンディングは、資金調達の手段としてだけでなく、広報やマーケティングのツールとしても非常に有効です。寄付型、購入型、融資型、投資型といった多様な種類があり、各特徴を理解することで、自社のプロジェクトに最適な方法を選ぶことができます。また、クラウドファンディングには誰でも資金調達ができる、ファンを獲得できるといったメリットがある一方で、プロジェクトの途中中断ができない、リターン時期がずれる可能性があるといったデメリットも存在します。本記事の内容を参考に、クラウドファンディングを活用し、自社サービスのマーケティングに活用しましょう。

 

 

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、11期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで2000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

WEBマーケティング

SEO対策