Googleの強調スニペットに最適化する方法

Googleの強調スニペットに最適化する方法

この記事は、ahrefs blog(ahrefs.com)に掲載された以下の記事を、ahrefsの許諾を得て日本語化したものです。

 

How to Optimize for Google’s Featured Snippets

バックリンクの獲得やコンテンツの大幅な更新をせずに、Googleの1位に躍り出たいですか?そんな時に役立つのが強調スニペットです。

 

強調スニペットは、通常、Googleの検索結果の上部に表示される情報の断片です。上位に表示されるページから関連するコンテンツを抽出し、検索クエリに対する答えを提供します。

 

強調スニペットを所有するウェブサイトにとって、それがどのように良いことなのか不思議に思われるかもしれません。ユーザーはSERPであなたのコンテンツを見て、それはクリックを失うことを意味するかもしれない、そうですか?

 

そうですね、イエスでもありノーでもあります。この例を見てください。

イエスでもありノーでもあります

もしこの質問に数行で答えられるとしたら、私たちのほとんどは仕事を失っていることでしょう。つまり、このスニペットには絶対的な基本が書かれていますが、それ以上のことを知るには、やはりクリックしなければならないのです。

 

これはほんの一例です。注目のスニペットは、SERPの最も重要な機能の1つであり、常に進化を続けています。

 

このガイドでは、次のことを学びます。

 

  • どのような種類のスニペットがあるのか
  • スニペット機能が検索とSEOに与える影響
  • すでに持っているスニペットを見つけて最適化する方法
  • より多くの強調スニペットで上位表示する方法
  • フィーチャードスニペットを記録する方法

 

オンページSEOが初めてなら:オンページSEOの初心者向けガイド

 

どのような種類のスニペットがあるのか

スニペットを所有したい検索クエリに対して、Googleが表示する強調スニペットの種類を知ることは非常に重要です。いくつかの異なる形式があります。

 

  1. 段落
  2. 番号付きリスト
  3. 箇条書きリスト
  4. テーブル
  5. ビデオ

 

1.段落

1.段落

2.番号付きリスト

2.番号付きリスト

3.箇条書きリスト

3.箇条書きリスト

4.テーブル

4.テーブル

5.ビデオ

5.ビデオ

また、混乱を避けるために知っておくべき「スニペット的な」結果が他にもあることも重要です。

 

ナレッジパネル

ナレッジパネル

ナレッジカード

ナレッジカード

エンティティカルーセル

エンティティカルーセル

これら3つのSERPの機能には、1つの共通点があります。ナレッジグラフのエンティティに基づいているため、上位に表示された検索結果のなかから答えを引き出すわけではありません。情報源(例えば歌詞)へのリンクが含まれることもありますが、スニペット特集のようにクリックできるタイトルという形ではありません。

 

スニペット機能が検索とSEOに与える影響

Googleは2014年に強調スニペットを導入しましたが、この10年間で最も顕著なSERPの変化の1つだといえるでしょう。フィーチャードスニペットがユーザーとSEOの双方にとって変えたことはかなりあります。

 

  • オーガニック上位表示への近道
  • クリック数の減少
  • ブランディングの機会としての強調スニペット
  • SERP重複排除後の強調スニペット
  • 強調スニペットを拒否することができる(ただし、拒否しないこと)

 

オーガニック上位表示への近道

強調スニペットが表示されている検索クエリで、あなたのコンテンツが最初の検索エンジン結果ページ(SERP)にランクインしている場合、そのスニペットを「獲得」して上位表示への近道にすることができます。これを分解してみましょう。

 

私たちの調査によると、強調スニペットは、すでにトップ10にランクインしているページからのものです。さらに、強調スニペットページの大半は、上位5位以内にランクインしています。

 

結論として、コンテンツの順位が高ければ高いほど、強調スニペットを獲得できる可能性は高くなります。

 

SERPの1位になることは、あるキーワードで1位になることよりも、より管理しやすい目標です。しかし、そのキーワードが強調スニペットのトリガーとなれば、1位を獲得することが少しは可能になります。

 

クリック数の減少

多くのSEO担当者は、強調スニペットが検索結果のクリックを減らすと考えています。結局のところ、クエリの答えがSERPにあるのであれば、なぜ結果をクリックするのでしょうか?

 

一部のクエリではそうですが、すべてのクエリでそうであるわけではないことは確かです。それは、Googleがスニペットの中で満足のいく答えを提供できるかどうかにかかっています。

 

例えば、「株式市場が閉まるのはいつか」というクエリのスニペットを見てみましょう。

株式市場が閉まるのはいつか

答えはすぐそこにあります。スニペットが提供する以上の情報は必要ないのです。

 

このクエリの検索結果のうち23%しか検索結果のクリックに結びつかないのは、そのためだと思われます。

23%しか検索結果のクリックに結びつかない

では、「株式市場のしくみ」のスニペットを見てみましょう。

「株式市場のしくみ」のスニペット

このクエリは質問に対する基本的な答えを与えていますが、ほとんどの検索者はもっと知りたいと思うはずです。

 

そのためか、このクエリの検索結果の74%は、少なくとも1回クリックされる結果となりました。

クエリの検索結果の74%

ここでのポイントは、検索あたりのクリック数(CPS)が少ないキーワードをターゲットにすることは、ほとんど良いアイデアではないということです。

 

キーワードエクスプローラーでキーワードを調査する際には、この点に注意しましょう。

キーワードエクスプローラー

 

 注意Googleは、いくつかの強調スニペットの機能強化をテストしているようです。強調スニペットとPeople Also Askボックスの組み合わせのようです。

強調スニペットとPeople Also Askボックス

上記の例では、4つのタブすべてに外部ソースを使用しています。また、リッチスニペットに使用される「How to」マークアップなどで、同じページから追加情報を含むフィーチャードスニペットを見たことがあります。

もっと目立つようになり、安定するまでは判断を保留しますが、CTRに影響を与えることは間違いないでしょう。

 

ブランディングの機会としての強調スニペット

クリックはともかく、スニペットは検索結果でユーザーが最初に目にするものです。モバイル端末ではさらに顕著で、最初に目にするのはこのページだけということもよくあります。

モバイル端末

これは、強調スニペットを支持する非常に説得力のある議論です。

 

SERPsでの発言力の向上は、間違いなく最も重要なSEOのKPIの1つです。なぜなら、ブランド構築は長期的な成長の主要な原動力であることが証明されているからです。

 

関連するトピックのSERPsであなたのブランドが目に付くほど、あなたは市場のリーダーとして認識されるようになります。

 

SERP重複排除後の強調スニペット

私たちの調査では、強調スニペットを所有することで、常にクリック数が増えることが確認されました。しかし、それは2017年にさかのぼった話です。2020年1月、Googleは強調スニペットの重複排除を導入しました

 

以前は、強調スニペットを所有するページは、最初のSERPのどこかにある標準の「ブルーリンク」検索結果にも掲載されていました。しかし、それがなくなりました。あなたのページが強調スニペットに昇格すると、その「通常の」検索結果を失うことになるのです。

 

重複排除によって、注目のスニペットに掲載されたページのトラフィックは必然的に減少しましたが、トラフィックを殺すものではありません。少なくとも、Kevin Indig氏の研究はそう言っています。

 

近日中に研究を更新するつもりですが、私がすぐにできることは、ケビンと同じようにAhrefsブログで重複排除の影響を確認することです。

 

以下は、当ブログの米国での検索データを元に調べた結果です。

 

デスクトップトラフィックモバイルトラフィック
クリック数-2.41%-3.84%
表示回数+2.17%+4.39%
クリック率-4.48%-7.89%

 

素晴らしいわけでもなく、ひどいわけでもない。他のSEO業者が報告しているのと同じようなものです。

 

当然ながら、最も大きなトラフィックの減少は、以前1位を獲得しスニペットを所有していたクエリで発生しました。

 

強調スニペットを拒否することができる(ただし、拒否しないこと)

SERP重複排除後に強調スニペットを拒否して実験を行う人が現れるのは時間の問題だった。サイラス・シェパードが先導し、12%のトラフィックロスにつながることを発見したのです。

 

とはいえ、それでも強調スニペットを拒否したい場合、Googleはそのための様々な方法を提供しています。ただ、それらのいくつかは、従来の「青いリンク」スニペットに表示されるコンテンツもブロックすることに注意してください。Googleはその後、ハードコーディングされたタイトルタグメタディスクリプションを使用することができますので、私はそれらを使用することをお勧めしません.

 

特集スニペットに表示されるページを削除する最も簡単な方法は、max-snippet robots metaタグを含めることです。このタグは、Googleがテキストスニペットに表示できる最大文字数を指定します。

 

そして、フィーチャードスニペットは通常のスニペットのディスクリプションよりも長いため、文字数制限を通常のディスクリプションの最大長に設定することができます。155~170文字程度ですね。

 

このコードスニペットを、フィーチャードスニペットから削除したいページの <head> セクションに貼り付けるだけです。

 

<meta name=”robots” content=”max-snippet:170″ />

 

Googleによると、この方法はスニペット特集からの除外を保証するものではないことに注意してください。nosnippet robots meta タグや data-nosnippet HTML 属性を使用した、より制限の多い方法のみです。

 

ヒント

拒否を考えている場合は、まず、強調スニペットを所有しない場合、あなたのページがそのキーワードでどの位置にランクされるかを確認することをお勧めします。

例えば、弊社が所有している強調スニペットは以下の通りです。

弊社が所有している強調スニペット

URLに「&num=9」を追加すれば、できればシークレットモードで、スニペットに入っていない場合の順位を確認することができるのです。

スニペットに入っていない場合の順位を確認

この場合、拒否することにすると、(強調スニペットを引き継ぐページによって)2位か3位になってしまいます。

下位の位置にいて、拒否すると、トラフィックに悪影響が出ます。警告されましたね。

 

すでに持っているスニペットを見つけて最適化する方法

Google Search Consoleには、強調スニペットに関する情報は表示されません。AhrefsのSite Explorerのようなサードパーティツールを使用して掘り下げる必要があります。

 

サイトエクスプローラーを使用してみましょう。自分のサイトを貼り付けて、Organic keywords report(オーガニックキーワードレポート)で自分がランクインしているキーワードを確認し、Googleが自分のページを強調スニペットに表示しているキーワードのみをフィルターにかけます。

強調スニペットに表示しているキーワード

Googleはかなり賢いですが、時には物事を正しく理解できないことがあります。Googleが「正しい」コンテンツを引っ張ってくることを確認するために、自分で検索クエリをチェックすることをお勧めします。

 

とはいえ、強調スニペットは多くのロングテールキーワードに対して表示される傾向があります。上のスクリーンショットにあるように、Ahrefsは米国で866の強調スニペットにランクインしています。何百もの検索クエリを手作業でチェックすることはあり得ません。

 

私たちにとって最も重要な強調スニペットのリストを作成する必要があります。そして、検索ボリュームでさらにフィルタリングすることから始めます。

ィルタリングすることから始めます

この結果、検索クエリは35個に絞られ、元の量の4%となり、より扱いやすい数字となりました。

 

この作業を自分で行う場合、国や業界に応じてフィルタを調整する必要があります。例えば、私が働いていた業界では、米国での月間検索ボリュームが100を超えると、ファットヘッドキーワードであることを示すと言われています。

 

さて、このような理想的でない特徴のスニペットに遭遇したとします。

理想的でない特徴のスニペット

おそらく誰でも、このスニペットが正しくないことがわかると思います。YouTubeや他のウェブサイトに関する情報を段落形式で引っ張ってきている一方で、次の部分はあまりいい印象ではありません。つまり、Craigslistについての脈絡のない言及は何なのでしょうか?

 

Googleは間違ったテーブルからデータを取り出し、しかも逆順で取り出したことが判明しました。

間違ったテーブルからデータを取り出し

なぜでしょうか?私の推測では、Googleはこのテーブルのコンテキストを、正しいデータを含むテーブルよりも、”most visited websites in us “の検索クエリにとってより重要であると考えているようです。

検索クエリにとってより重要である

Googleが理解できるように、記事をより明確にする必要があります。H2タグをテーブルの直前に移動させるか、テーブルのヘッダーの一部にすることです。

テーブルのヘッダーの一部にすること

これはさすがに成功したようで、3週間ほどで直りましたのでご報告します。

3週間ほどで直りました

強調スニペットを盗む確率を上げ、保持するプロセスについては、記事の後半で詳しく説明します。とりあえず、これはオンサイトの問題を解決する良い例でした。

 

しかし、強調スニペットを使えば何でもできると考える罠にはまらないでください。

 

しかし、スニペットで何でもできると思ってはいけません。私は、Googleが貧しいフォーマット、誤解を招く、または上記のように単に間違った情報を引用しない限り、物事を編集することをお勧めしません.

 

修正することで競合に奪われるリスクを冒すよりも、不完全なスニペットを所有する方がよいでしょう。

 

より多くの強調スニペットで上位表示する方法

より多くの強調スニペットを獲得することは、あなたのサイトへのオーガニックトラフィックを増加させる可能性のある簡単な方法です。以下では、そのためのいくつかの方法について説明します。

 

既に持っていてランクインしているコンテンツを活用する

ここでは、特定の用語ですでにトップ10にランクインしているにもかかわらず、スニペットを所有していないページについて見ていきます。ページに少し手を加えるだけで、スニペットを獲得することが可能なのです。

 

このようなチャンスを見つけるにはどうすればいいのでしょうか?簡単です。

 

Site Explorerで、あなたのウェブサイトが2位から10位にランクインしているFeatured Snippetのトリガーとなるキーワードをフィルタリングします。

Featured Snippetのトリガーとなるキーワード

なぜ1~10位ではなく、2~10位のフィルターを使ったのか不思議に思われるかもしれません。SERPの重複排除が行われたため、強調スニペットは上位の追加機能ではなく、上位10位のうちの1つとなりました。

 

そのため、強調スニペットの大半は1位で表示されます。実際、866の強調スニペットのうち、1位以下にあるのは2つだけです。つまりこれは、ランクインしている強調スニペットをほぼすべて削除する簡単な方法なのです。

 

言い換えれば、競合他社から強調スニペットを差し替えるための低空飛行のチャンスのリストを手に入れることができるのです。それでは、差し替えの準備をしましょう。

 

優先順位をつけよう 一度に6,000の強調スニペットを差し替えるのは、不可能なミッションです。

 

2位から5位にランクインしている検索ボリュームの多いキーワードを優先して、72キーワードにリストを減らしました。

2位から5位にランクインしている検索ボリュームの多いキーワード

これで、だいぶ管理しやすくなったように思います。

 

検索ボリュームフィルターは、ロングテールキーワードをターゲットにする意味がないため、当然のことです。検索順位については、私たちの研究を参照してください。特集スニペットを所有する確率は、その検索クエリのオーガニック位置に応じて増加します。

 

繰り返しになりますが、これらのフィルターはあなたにとって異なるものになるでしょう。しかし、もしあなたがすでに相当数のキーワードでランクインしていないのであれば、より素晴らしいコンテンツを作成し、リンクを構築することに集中することをお勧めします。

 

さて、リストができました。では、どのように戦えばいいのでしょうか?

 

私たちの場合、ビジネス的に価値のあるキーワードを手作業でチェックし、さらに優先順位をつけます。例えば、「most popular websites」という検索クエリは、「how to get backlinks」の5倍の検索ボリュームがあるにもかかわらず、当社にとってはあまり価値がありません。リンクを張りたい人は、当社の顧客になる可能性がはるかに高いのです。

 

そのクエリを考慮すると、こうなります。

「most popular websites」という検索クエリ

ここでは、Googleがリスト形式を好んでいることが分かります。残念ながら、このクエリに対する唯一の適切な答えは、”バックリンクの取得方法 “に関する私たちの投稿のナビゲーションサイドバーにあるのです。そしてそれは、明らかにUXの要素に過ぎません。

私たちの投稿のナビゲーションサイドバー

デスクトップでのみ、記事をスクロールしてもサイドバーが画面に残ります。モバイルファーストインデックスの世界であることを考えると、これは問題です。その上、Googleが引っ張ってくることを誘導するような裏付けとなる文脈がありません。

 

引っ張られたコンテンツが競合他社のウェブサイトでどのように見えるか、比較してみましょう。

引っ張られたコンテンツ

私の直感では、ナビゲーションリストをイントロにコピーすればいいだけだと思います。とにかく最近よくやることです。

ナビゲーションリストをイントロにコピー

私たちのリストは、特集スニペットの中でより多くの価値を提供すると信じているだけでなく、その記事が実際に何であるかも知っています。競合のリストは、彼らの他の記事への内部リンクを含んでいますが、注目の記事はそれらの戦術をさらに説明していません。

 

要するに、コンテンツにはスニペットに値する情報が含まれており、Googleが簡単に解析、理解、解釈できるような方法でそれを行う必要があるのです。

 

強調スニペットを意識した新しいコンテンツの作成

最初から1つだけはっきりさせておきましょう。

 

スニペット特集を狙うためだけにコンテンツを作成するべきではありません。キーワードは、需要があり、あなたのビジネスに関連するものだから、ターゲットにするのです。もし、あなたのコンテンツが注目のスニペットを獲得できれば、それはさらに嬉しいことです。

 

とはいえ、コンテンツを作成する際にスニペット特集を念頭に置くことは、依然として意味のあることです。

 

例えば、あなたが食べ物のブログを持っていて、ピザ生地の作り方についての記事を書く予定だとします。Site Explorerと同じフィルターをKeyword Explorerでも使用し、強調スニペットの可能性を見つけることができます。キーワード「ピザ生地」を入力し、「Also rank for」レポートに移動して、強調スニペットフィルターを適用するだけです。

「Also rank for」レポートに移動

ここで見ているのは、「ピザ生地」で上位表示されているページもランクインしているキーワードで、たまたまスニペット特集のトリガーにもなっています。これらのサブトピックのいくつかをピザ生地のレシピに組み込むことができれば、スニペットで上位にランクインできるかもしれません。

 

問題は、ここに何千ものキーワードがあることです。すべてを取り入れるのは意味がありません。それよりも、毎月の検索ボリュームがそこそこあり、上位表示しやすいと思われる関連キーワードをフィルタリングしたいものです。

 

そのために、いくつかのフィルターを追加してみましょう。

 

  • キーワードの難易度(KD):30以下
  • 月間検索ボリュームの下限:100
  • 含めるキーワード:pizza
  • キーワードに含まれないもの:menu(強調スニペットのトリガーとなる「pizza menu」キーワードは多数存在します。)

いくつかのフィルターを追加してみましょう

これで、176の関連性のあるキーワードと順位付けしやすいキーワード、そして注目のスニペットが揃いました。あとは、このリストを見ながら、記事にするのに適しているサブトピックを探すだけです。

 

すぐに目についたのは、”can you freeze pizza dough”(ピザ生地を冷凍保存できる)です。私はかなりの料理好きですが、これをレシピに記載しようとは思いもよりませんでした。

 

残念ながら、このクエリに対する現在のフィーチャードスニペットを見ると、なかなかいい感じです。

現在のフィーチャードスニペット

ですから、この場合、現在のスニペットを改善することはできないので、「獲得」することは少し難しいかもしれませんが、それでも、ピザ生地の冷凍に関することを記事に含めることは意味があると思います。たとえ強調スニペットを獲得できなかったとしても、読者にとって有益な情報です。

 

ただ、記事を作成し最適化する際には、『強調スニペットを獲得するための「ルール」』を覚えておいてください。

 

  1. コンテンツを正しくフォーマットし、構造化する(H1~H6など)。
  2. 複雑すぎる文章を避けるようにする。簡潔な説明が勝つ。
  3. 読者の言語を使用します。結局、Googleは音声検索の回答として強調スニペットを使用します。
  4. 逆ピラミッド法を使う(理にかなっている場合)。

 

強調スニペットを記録する方法

強調スニペットを取得することは、キーワードのランキングで1位になることと同じです。すでにキーワードのランキング順位をトラッキングしているかもしれませんが、それを強調スニペットのトラッキングに拡張するお手伝いをさせてください。

 

Rank Trackerを入力します。

 

まず、すでにフィーチャードスニペットを所有しているクエリをすべて追加してください。

 

おさらいですが、これらを見つける方法は以下の通りです。Site Explorer -> ドメインを入力 -> オーガニックキーワード -> SERP Features -> Featured snippets -> Only linking to target.

これらを見つける方法

このレポートをCSVにエクスポートし、すべてのキーワードをコピーして、Rank Trackerに貼り付けます。

 

Rank Tracker -> プロジェクトを選択 -> キーワードを追加

Rank Tracker -> プロジェクトを選択 -> キーワードを追加

次に、あなたが積極的に追求している特集スニペット付きのキーワード、つまり、この例では「バックリンクを獲得する方法」を追加します。

 

Rank Trackerプロジェクトにリストを追加する前に、「強調スニペット」のようなタグを付けることをお勧めします(これによって、将来的に素早く簡単にフィルタリングできるようになるのです)。

 

ページの下にある「キーワードを追加」をクリックすると、フィーチャードスニペットの獲得や喪失を確認するための設定が完了します。

 

Rank Tracker -> プロジェクトを選択 -> 概要 -> 「タグ」フィルターでトラッキングしているスニペットをフィルタリング -> 「SERP features」タブをクリック -> 「Featured snippet」を選択します。

Rank Tracker -> プロジェクトを選択 -> 概要

ご覧の通り、私が追跡しているキーワードから、ウェブサイトは61の強調スニペットから11を失い、一方で644の強調スニペットから60がSERPから姿を消したのです。これはあくまでも前週比であり、最近のSERPは本当に変動が激しいです。

 

注目すべき重要な部分は以下の通りです。

 

  1. 現在所有しているスニペットの数(選択した期間での増減も含む)
  2. トラッキングしているキーワードの強調スニペットの総数(および期間中の変動幅)。
  3. 現在所有しているスニペット付きクエリ全体の割合(例:スニペット付きキーワードが100件あり、10%と表示されている場合、10件のスニペット付きキーワードを所有していることになります)。
  4. 時間の経過に伴う進捗を示すグラフ。

 

キーワードレベルの詳細については、キーワードリストをスクロールダウンして、時間比較データをご覧ください(この例では7日間)。

キーワードリストをスクロールダウン

この表示では、新たに2つの強調スニペットが表示され、一番下のものが5位から昇格しているのがわかります。これが、私が言っているショートカットです。

 

勝ち組のケースを切り分けるには、さらに2つのフィルターを適用する必要があります。

 

  • 順位:改善された(選択した期間の開始時よりも上位にランクインしている)
  • SERPの特徴:強調スニペットにランクインしている

2つのフィルターを適用する

もう一度、スクロールダウンして、その週(またはあなたが選んだ任意の期間)の強調スニペットの勝者を参照してください。

もう一度、スクロールダウン

失われた強調スニペットを見るには、リバースフィルター→トップ10での順位下落を適用し、自分が所有していない強調スニペットのみを表示すればよいのです。残念ながら、現在はスニペットを失ったケースを切り分けることができないため、トップ10内のすべての減少を見ることができます。

トップ10内のすべての減少を見ること

とにかく強調スニペットに関係なく、順位下落を確認することを考えたほうがよいでしょう。上記のようにトラフィックでテーブルをソートし、巨大なトラフィックの減少に注意を払います。

 

しかし、これで強調スニペットでSERPsをつぶすために必要なことはすべてわかったと思います。これからは、赤より緑の順位が多くなると思います。

 

コメントや質問がある場合は、遠慮なくTwitterで私に連絡してください。

 

この記事は、ahrefs blog(ahrefs.com)に掲載された以下の記事を、ahrefsの許諾を得て日本語化したものです。

この記事の筆者:

Marketer and content writer at Ahrefs. Addicted to SEO, aviation, fragrances, sushi and tacos.

 

MichalPecanek

 

 

 

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事