被リンクチェックツールをご紹介!SEO対策に重要な被リンクとは?

被リンクチェックツールをご紹介

被リンクとは自社外のサイトから貼られたリンクのことを指します。多くの場合、自社ページに訪問したユーザーが、「有益な情報を発信している」と認めて、そのページのリンクとあわせて紹介してくれることで得ることができます。いわばサイト上の口コミともいえます。

 

そのため、質の高い被リンクを集めることはSEOにおいて良い影響をもたらします。しかし、良い効果をもたらす被リンクと悪い影響も及ぼす被リンクがあるので、ツールを使って定期的にチェックをしていくことが大切です。

 

SEOコンサルタントこの記事では、SEO対策をおこなううえでの良い被リンクの定義とそれを外部サイトから獲得するための方法、さらにはその調査の仕方と調査時に見るべきポイントについて解説します。

 

被リンクとは

被リンクとは自社外のサイトから貼られたリンクを意味します。別名では外部リンクやバックリンクとも呼ばれます。

例えば、あるユーザーが自社サイト内の記事を読んで内容が参考になったと感じてくれたとします。そしてユーザーがその記事を自身のブログなどでリンクとあわせて紹介すると被リンクを獲得したということになります。

つまり被リンクを数多く獲得するためには、ユーザーがほかの人にも共有したいと思えるような有益なコンテンツを提供し、それをなるべくたくさんの人に届けるようにすることが重要なポイントであるといえます。

 

SEO観点で効果的な良質な被リンクとは

被リンクはSEOにおいて非常に重要な役割を果たします。しかし、被リンクはその数がたくさんあればよいというものではなく、あくまで良質な被リンクをできるだけ多く獲得していくことが重要です。

 

ここでいう良質な被リンクとは、以下の3つを指します。

 

  • ナチュラルリンク
  • 関連性が高い内容を発信しているサイトから受けた被リンク
  • 有名なサイトから受けた被リンク

 

ナチュラルリンク

1つ目は自社サイトのページURLが、ほかのサイトに自然に貼られた被リンクです。別の呼び方でナチュラルリンクともいわれます。作ったコンテンツがユーザーにとって参考になる有益なものであれば、自然とユーザーがシェアしていきます。

このように自然的に被リンクが増えることでユーザーのニーズを満たしている質の高い内容のコンテンツであるとGoogleやYahoo!JAPANなどの検索エンジンから評価されて検索順位の向上につながっていきます。

 

関連性が高い内容を発信しているサイトからの被リンク

2つ目は、自社サイトと関連性が高い内容を発信しているサイトからの被リンクです。検索エンジンは自社と関連が低いサイトよりも関連が高いサイトからもらっている被リンクを高く評価します。

一方で関連性の低いサイトからの被リンクを受けてもSEO的な評価にはつながらず、場合によっては悪影響となる可能性があります。そのため関連性の低いサイトからの被リンクはなるべく避けるように定期的に確認して対策をしておくことが必要です。

 

有名なサイトからの被リンク

3つ目は、たくさんの人から評価されており、アクセスを集めているサイトからもらっている被リンクです。月間のPV数が多く、質の高いコンテンツを提供しているサイトから被リンクを受けることができれば、自社サイトの情報も質が高いという証拠にもなります。有名なサイトにリンクが貼られることで、そこからの流入数の増加も期待できるので一石二鳥といえます。

 

 

被リンクの効果

SEO対策において被リンクの獲得は重要ですが、具体的に被リンクにはどのような効果があるのでしょうか? 被リンクの効果としては、次の3つの効果があげられます。

 

  • ドメインパワーの向上
  • クローラビリティの向上
  • ページの上位表示

ここでは、被リンクによって得られる3つの効果について解説していきます。

 

ドメインパワーの向上

 

良質な被リンクを多く獲得しているサイトは、ユーザーから共感の得られることやユーザーの手助けとなるサイトであると評価されます。

サイトが評価されることにより、サイトのドメインも評価され結果的にはドメインパワーの向上に繋がります。

Googleはユーザーにとて有益であると判断したサイトを検索結果の上位に表示させるため、ドメインパワーの高いサイトは上位表示されやすいのです。そのため、良質な被リンクを多く獲得することで、上位表示をさせサイトの流入数を増やす事ができるようになります。

 

クローラビリティの向上

 

検索エンジンのクローラーは、サイト内のリンクをたどってページの情報を収集しページ内容を理解します。そのため、サイト内に被リンクが増えることでクローラーがページを訪れる回数が増え、クローラビリティが向上します。

クローラビリティが向上すると、ページ情報を更新した際のページ評価のスピードが早くなりインデックスされやすくなります。このように、被リンクの獲得はクローラビリティの向上にも効果的です。

 

ページの上位表示

 

検索エンジンは、被リンクを獲得しているサイトを評価します。これは、「Googleが掲げる10の事実」にも示されており、被リンクの多いサイトはユーザーにとって有益なページであると評価されます。

Googleの評価項目として定められている被リンクを獲得することで、ページランクが向上しページが上位表示されやすくなるのです。

しかし、良質な被リンクでなければGoogleからは評価されづらいので、良質な被リンクの獲得がポイントとなります。

 

被リンクのチェック方法とポイント

 

SEO対策には欠かせない被リンクですが、被リンクの獲得だけではなく自社サイト内の被リンク状況をチェックすることも重要です。ここでは、被リンクのチェック方法とチェックする際のポイントを解説していきます。

 

被リンクのチェック方法

 

被リンクのチェック方法で一般的なのは、被リンクチェックツールの利用です。どのような被リンクが集まっているかを確認するには、自力では限界があります。そこで、被リンクチェックツールを利用して被リンクの数や参照元を確認できます。

 

また、自社サイトに向けられているリンクだけではなく、競合サイトの被リンク数などを確認できるツールもあるため、競合調査にも役立てることができます。そのため、被リンクを多く集めている人気のコンテンツを知ることで、自社サイトのコンテンツ強化を図ることが出来るようになります。

 

被リンクをチェックする際のポイント

被リンクをチェックする際に、確認すべきポイントは大きく3つです。

  • 被リンクの質
  • 被リンクの数
  • アンカーテキスト

被リンクの質

被リンクの質はSEO対策において非常に重要なポイントです。GoogleやYahoo!JAPANなどの検索エンジンは被リンクの数よりも質を重要視します。しかし、SEOに大きな効果を与える要素には強弱があります。その基準が以下に挙げている項目です。

  • ナチュラルリンクであるか
  • 自社サイトとの関連性が高いページから受けているリンクであるか
  • 著名なサイトから受けたリンクであるか

質の高い被リンクとして権威性、信頼性、専門性があるサイトからリンクを得ることがベストです。

権威性、信頼性、専門性が高いドメインの特徴として、属性型(組織種別型)ドメインとよばれるものがあります。例えば、学校関連ドメインのac.jp や政府機関のgo.jp 、特定分野の法人であるor.jpなどが挙げられます。また、それ以外にも、特定の分野で高評価を受けているドメインからの被リンクも強い効果があります。そういったサイトから被リンクをもらえるように高品質なコンテンツ作成およびブラッシュアップをしてください。

一方で質が低く悪質なリンクとしてよくあるのは下記のようなものです。

  • 海外の正体不明のサイトから受けたリンク
  • アダルト、ポルノサイトから受けたリンク
  • 自社サイトとの関連が低いにも関わらず貼られているリンク

定期的に自社サイトに低品質な被リンクが貼られていないかを確認して、貼られてしまっていたらそのリンクの削除やリンク否認をするといった対応が必要です。その場合、対象のサイトの管理者にリンク削除依頼をしたり、Googleが提供しているリンク否認ツールなどを使ってリンク否認の処置をしてください。

被リンクの数

被リンクは質はもちろんですが、数も重要です。被リンクは、そのページに訪問したユーザーが、「有益な情報を発信しているページだ」と認めて紹介してくれる、いわばサイト上の口コミのようなものです。被リンクの数が多いということは多くのユーザーに評価されていて、有益な情報を発信しているページであると認められていると判断されます。 

例えば、何か食事に行く際にグルメサイトの食べログを使用するケースを考えてみると、お店を選ぶ要素の1つに、口コミを確認する方も多いはずです。そして、多くの人が最終的に良質な口コミがたくさんあるお店を選ぶ傾向にあります。

このように、被リンクの数はいわゆるWEB上の口コミともいえるので、被リンクチェックの際は数を必ず把握してください。

またSEOを考慮すると、1つのドメインから多くの被リンクを集めるより、自社サイトと内容の関連が高い複数のドメインから被リンクを獲得するほうがSEOへの効果は大きいです。そのため被リンクの数を調査するときには被リンク元のページ数だけでなく、ドメイン数も併せて調査してください。

アンカーテキスト

被リンクをチェックする際にはアンカーテキストも確認することも大切です。アンカーテキストとは、リンクが貼られている文字列のことで、HTMLではアンカータグ(Aタグ)で囲っている文字列です。検索エンジンはアンカーテキストにもとづいて被リンク元のサイトとリンク先のページの関連性が高いかどうかを判断しています。

そのため、URLをそのまま貼っているリンクや「詳細はこちら」といった内容のないリンクよりも、具体的に関連するキーワードが含まれた被リンクの方が効果的であることを示しています。

 

被リンクをチェックする目的

 

ここまで、被リンクの重要性やチェックする際のポイントを解説してきましたが、そもそもなぜ被リンクをチェックする必要があるのでしょうか?被リンクをチェックする目的は、主に次の3つとなります。

 

  1. 自社サイトの現状把握
  2. スパム被リンクの確認
  3. 競合分析

 

自社サイトの現状把握

 

自社サイトの現状を把握するためには、被リンクのチェックは欠かせません。

上位表示されているサイトと自社サイトにどのような差があるのかを知るためには、まずは自社サイトの現状把握が大切です。他社との被リンクの数や質を定期的に比較し、PDCAを回していく必要があります。

また、自社のドメインパワーを把握するためにも被リンクチェックは役立ちます。良質な被リンクを多く獲得することで、自社サイトのドメインが評価されるようになりドメインパワーが強化されます。そうすることで、サイトが上位表示されやすくなるためSEO対策をする上では、自社のドメインパワーの把握も重要なチェック項目となります。

 

スパム被リンクの確認

 

被リンクには、良質なものもありますが他社からの攻撃も含む悪意のあるスパリンクもあります。スパリンクがあると、サイトの評価が下がりGoogleのペナルティ対象になり危険性もあリます。

被リンクのチェックをしなければ、スパリンクを放置してしまっている場合もあるのでスパムリンクによるペナルティを避けるためにも定期的に被リンクをチェックする必要があります。

機械的に生成されているリンクや悪質なサイトからのリンクがないかなど、被リンクチェックツールを活用して確認しましょう。

 

競合分析

 

被リンクのチェックは、自社サイトのみに限りません。競合サイトの被リンクチェックを行うことで、競合調査をすることもできます。

競合サイトの被リンク獲得状況を分析し、どのようなサイトやページが良質な被リンクを集めやすいのかを知ることができます。

単純に被リンクの数だけをチェックするのではなく、どのようなサイトから獲得しているのかという被リンクの質を確認することで、Googleぁら評価されやすいサイトやページの傾向を把握できます。

このように、被リンク評価の傾向を知ることで自社サイトのコンテンツ強化に役立てることができるため、競合分析を行うことは良質な被リンク獲得を増やす施策となるのです。

 

被リンクを獲得するための方法

質の高い被リンクを獲得するために意識するべきことは次の3つです。

 

  • ユーザーのニーズにあった高品質なコンテンツを作る
  • コンテンツをシェアしやすい仕組みを作る
  • コンテンツを定期的に更新する

ユーザーのニーズにあった良質なコンテンツを作る

被リンクを得るためには自社のコンテンツがユーザーにとって参考になるページとして認められる必要があります。そのためにはユーザーの検索ニーズを把握、分析し、課題解決につながるようなコンテンツを提供することが大切です。単なる情報提供だけでなく自社ならではの独自性があるコンテンツを作ることがベストといえます。

 

また現在のSEOにおいて必要不可欠な要素であるE-A-Tを意識したコンテンツ作成も重要です。E-A-Tとは、専門性(Expertise)、権威性(Authoritativeness)、信頼性(Trustworthiness)の頭文字をとったものです。コンテンツを作成するときに、このE-A-Tを高めることを意識することで検索エンジンに評価される質の高いコンテンツになります。

 

コンテンツがシェアされやすくする

被リンクを獲得するためには、何よりも高品質なコンテンツを作ることが大前提ですが、コンテンツがシェアされやすい仕組みも重要といえます。例えば、コンテンツを読んですぐにユーザーがシェアできるようにSNSシェアボタンを設置することが効果的です。

 

そのほかにもTwitterやFacebookなどのSNSで、自らコンテンツをシェアして露出を増やしていき、なるべくたくさんの人の目に留まるようにすることにも取り組んでください。

 

たくさんの人に読んでもらえることでシェアしてもらえる可能性も高まりますし、自社のサイトの内容と関連が高いサイト運営をしている人の目に留まれば、被リンクがもらえるかもしれません。さらに公式のSNSを開設し、新しく作ったコンテンツをSNSで発信していくことにも取り組むとさらに効果的です。

 

コンテンツを定期的に更新する

コンテンツの質を上げるという観点で、コンテンツを定期的に更新することは必要不可欠です。被リンクの獲得に限らずSEOにおいて大きな効果をもたらします。そのとき話題になっている情報やGoogleトレンドなどを参考に、トレンド性が高い記事を作ってください。

 

また時間が経てばターゲットユーザーの検索ニーズは徐々に変化していきます。そのためコンテンツの内容がそのときのユーザーの検索ニーズにマッチしているかという観点から定期的にブラッシュアップしてください。そのほかにも記事内で引用しているデータが最新のものが公開されていたりしたら、最新データにもとづいた内容に更新するなどもしてください。

 

おすすめ被リンクチェックツール9選

 

被リンクチェックには被リンクチェックツールが便利です。自社サイトに限らず競合サイトの被リンクも分析出来るツールもあるので、こういったものを活用しながら被リンク対策を行っていくことが大切です。

ここでは、数ある被リンクチェックツールの中から特におすすめ出来るものを無料版と有料版に別けてご紹介していきます。

 

無料被リンクチェックツール

 

まずは、無料で使用できる被リンクチェックツールをご紹介します。誰でも簡単に使用できるため、初めて被リンクチェックツールを使用する方はまず無料版から使用してみると良いかもしれません。

 

Google Search Console

google search console

Google Search Consoleは、被リンクチェックだけではなくサイト内部のエラーチェックなどが出来るSEO対策には欠かせないツールの一つです。被リンクされたURLとリンク元を一覧でチェックでき、一覧をCSV形式でダウンロードできます。被リンク数の推移などの高度な分析機能はありませんが、Googleサーチコンソールだけでも基本的な分析は可能です。

ツール名Google Search Console
URLhttps://search.google.com/search-console/welcome?hl=ja
被リンク数の推移分析不可
競合分析不可

 

 

SEOチェキ!

SEOチェキ!も、被リンク以外にさまざまな機能を利用できるSEOチェックツールです。

サイトのドメインを入力するだけで、被リンク・サイトの読み込み時間・サーバー情報・インデックス数など多数の情報を得られます。被リンクと内部リンク以外にnofollowリンクもまとめて確認できるので、間違えてnofollowにしてしまっているリンクはないかチェックできます。

ツール名SEOチェキ!
URLhttps://seocheki.net/
被リンク数の推移分析不可
競合分析

 

hanasakigani

hanasakigani

hanasakiganiは、自社サイトの被リンクチェックはもちろんのこと、URLを入力するだけで競合サイトの状況も見ることができます

「マイサイト被リンクチェック」「競合サイト被リンクチェック」「競合サイト被リンク危険度チェック」の3つの機能が備わっていおり、被リンクもとのページと被リンクの数をチェックするのには最適なツールです。また、サイトのジャンルに沿ったキーワードと自社サイトのURLを打ち込むと、キーワードでの現在の順位が上位表示されるなど被リンクチェック以外のツールも提供しています。

ツール名hanasakigani
URLhttps://hanasakigani.jp/
被リンク数の推移分析不可
競合分析

 

 

Open Site Explorer

moz

Open Site Explorerも他のツール同様に、サイトのURLを入力するだけで被リンク数を確認できます。

Open Site Explorerは、独自のスコアとしてAuthority(サイトの権威性)を表示してくれるため、そのサイトのSEO評価を確認できます。「compare metrics」という機能を利用することで、最大5つのサイトでスコア比較を表示し、各項目の差が一目で確認できます。

ツール名Open Site Explorer
URLhttps://moz.com/link-explorer
被リンク数の推移分析不可
競合分析

 

 

有料被リンクチェックツール

 

有料被リンクチェックツールでは、無料版に比べより多くの機能を使用できます。今回は、中でもおすすめの有料チェックツールを4つご紹介します。

 

Moz Pro – Link Explorer

moz

SEOチェックツールで広く知られたMoz Proですが、被リンクの推移などを詳細に分析できるLink Explorer機能が利用できます。競合サイトの被リンク状況や流入キーワードの分析ができる上、独自のSpam Scoreというスパムリンクを判別する機能が備わっているのも特徴の一つです。

Mozでは70億以上のドメインを独自にインデックス処理しており、精度の高いリンク情報を調べることができます。

ツール名Moz
URLhttps://moz.com/
料金99ドル〜/月
被リンク数の推移分析
競合分析

 

Ahrefs

ahrefs-SEO外部ツール

Ahrefsは、被リンクチェックや競合調査だけでなく、SEOに関する重要な情報であるキーワード毎の検索ボリュームや、上位化難易度、トラフィック数などのをこのツール一つで確認できます。

被リンクを獲得した期間がグラフで表示されるので、外部リンクが急激に増えた時期などが分かる上に、被リンクアラート機能で被リンクの増減を随時チェックできます。

ツール名Ahrefs
URLhttps://ahrefs.jp/
料金99ドル〜/月
被リンク数の推移分析
競合分析

 

 

Majestic SEO

majesticSEO

Majestic SEOでは、サイトのURLを入れるだけで被リンク数や被リンクもと、アンカーテキストなどを確認できるリンク分析に強いツールです。

自社サイトや競合他社の被リンクを分析したり、相互リンクを分析することもできます。過去5年分のデータを保持しており、被リンクの推移を長期間にわたって分析できる点が特徴です。

ツール名Majestic SEO
URLhttps://ja.majestic.com/
料金49.99ドル〜/月
被リンク数の推移分析
競合分析

 

 

NEILPATEL

neilpatel

NEIL PATELは、入力したURLのサイトで獲得及び消滅した被リンクをチェックできるツールです。

SEOアナライザーという独自の機能があり、サイト上の問題や修正すべき点を解説してくれるのでSEO対策にも役立ちます。また、見やすいダッシュボードとSEO対策に便利な豊富な機能が特徴です。

ツール名NEIL PATEL
URLhttps://neilpatel.com/
料金2,999円〜/月
被リンク数の推移分析
競合分析

被リンクは、SEOにおいて重要な要素となります。良質な被リンクの獲得で上位表示を目指すことができますが、獲得するだけではなく定期的に自社サイトの現状を把握することが重要です。

 

SEMrush

semrush

SEMrushも有料のSEO対策ツールで、被リンクの分析以外にもSEO調査や広告分析、SNS競合対策などが可能なオールインワン分析ツールです。

ツール名SEMrush
URLhttps://semrush.jp/
料金$119.95/月
被リンク数の推移分析
競合分析

被リンクの調査においては、指定したサイト被リンクの調査だけでなく、自社サイトにおいて質が低かったり有害性が高そうな被リンクを検出する診断機能、新たな被リンク構築の候補を検出する機能などが備わっています。

被リンクチェックツールを活用して現状把握を行うとともに、競合調査をして自社のコンテンツ強化を図ることが重要です。また、被リンクチェックツールにはさまざまな機能が備わっているものもあるので自社にあったツールを選び、SEO対策に活用していきましょう。

まとめ

SEOコンサルタントSEO対策において良質な被リンクを多く獲得することが重要です。そのためにはまず何よりもユーザーの検索ニーズを満たす良質なコンテンツを作っていき、ユーザーから価値のある情報を提供していると認めてもらう必要があります。また作ったコンテンツをなるべく多くの人に読んでもらう工夫も必要不可欠です。被リンクの対策ではチェックツールを活用し定期的に確認し、悪影響がありそうなリンクを取り除くことが重要です。さらには競合サイトの被リンクをチェックすることで、新たなコンテンツを制作するヒントにもなります。ぜひ被リンクチェックツールなども活用しながら、被リンクのチェックを施策に取り入れてみてください。

SEO対策のお申込みボタン格安SEOのTOPページへ戻る

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

 

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事

  • 03-5394-8107
  • お問い合わせ・ご相談はこちら