不動産会社のSEO対策の基本を解説。不動産SEOで押さえたいキーワードも紹介

不動産SEO

不動産会社のSEO対策は大手なのか大手ではないのかで大きく変わってきます。「不動産」のようなビッグワードで検索をすると各種ポータルサイトが出てきてしまうので中小企業の不動産会社はこのようなビックワードを避けて違う戦い方をするべきでしょう。ユーザーニーズを正しく捉えることでSEO集客を成功させることができます。

不動産会社において適切なSEO対策を行うことは、来店率のアップや見込み顧客の獲得に非常に効果的です。

 

また、SEO対策は低コストで行うことができるため、企業の規模や予算に関わらず始めることができます。

SEOコンサルタントそこで本記事では、不動産会社が行うSEO対策の特徴や、狙うべきキーワード、SEO対策のポイントについて詳しくお伝えします。

 

不動産会社で行うべきSEO対策とは

 

不動産会社がSEO対策を行う場合、意識するべきターゲットは2種類あります。

 

  • 不動産を所有するオーナー
  • 不動産を購入・賃貸しようとするユーザー

上記のどちらをターゲットとするかによって、効果的なSEO対策も異なってきます。ここでは、それぞれのターゲットに対して効果的なSEO対策を紹介します。

 

オーナー向けのSEO対策

 

オーナー向けのSEO対策を行う場合、不動産の購入・売却や契約等の情報に関して検索していることが考えられます。

特に、特定のエリアの土地に関する情報や、管理が追いつかずに不動産を処分したいと考えているオーナーは数多く存在します。

このようなオーナーの検索意図を踏まえてコンテンツの作成等を行うことができれば、自社に対する問い合わせ件数や来客数の増加を狙うことが可能です。

不動産会社によっては、土地の紹介や不動産の売買に力を入れている会社も多いものの、SEO対策によって集客に結びつけることができれば、競合他社よりも効率よく顧客を獲得することができます。

 

ユーザー向けのSEO対策

 

ユーザー向けのSEO対策を行う場合、具体的な物件情報や価格等の情報を求めている傾向が強いです。

ユーザーが不動産に関して検索をする場合、マイホームの購入や特定エリアにおける賃貸物件の家賃等を調べている人が多く見られます。

このようなユーザーの求めている情報を満たしたコンテンツを作成することができれば、自社で不動産購入や賃貸契約をしたいと考える人の獲得を見込むことが可能です。

 

特に、最近では不動産に関する情報収集をネットで行うユーザーは増えつつあります。見込み顧客の獲得率を上げるためにも、ユーザーが求めている情報を想像し、作成していくことが大切です。

 

不動産会社のSEO対策の特徴

 

不動産会社がSEO対策を行う場合、いずれのサイトにおいても下記のような特徴が見られます。

 

  • 大手ポータルサイトが強い
  • コンテンツSEOとMEOの活用
  • 権威性

上記のポイントを押さえられるかどうかによって、SEO対策の成功を左右します。ここでは、それぞれの特徴について詳しく解説していきます。

 

大手ポータルサイトが強い

 

不動産会社がSEO対策を行う場合、大手ポータルサイトが強いということを頭に入れておきましょう。

 

その理由として、大手ポータルサイトは最新の不動産情報や大量の情報を扱っていることが挙げられます。結果として、コンテンツの量が圧倒的であるため、ドメインパワーも強くなることから上位表示に成功しています。

 

大手ポータルサイトの具体例としては、「suumo(スーモ)」や「homes(ホームズ)」等が挙げられますが、このようなサイトにはない情報を提供することが差別化を目指すことが重要です。

 

コンテンツSEOとMEOがポイント

 

不動産会社がSEO対策を行う場合、コンテンツSEOとMEOを活用することが重要です。

コンテンツSEOとは、ユーザーの検索意図に沿ったコンテンツを発信することで集客の増加を目指す施策です。

不動産会社であれば、「埼玉県で月8万円で2LDKに住むことはできる?」といった記事を作成することで「埼玉県」や「2LDK」といったキーワードの上位表示を狙うことができます。

また、MEOとは、「Map Engine Optimization」の略称であり、地図エンジン最適化を意味します。

MEOの対策を行うことで、特定エリアの不動産会社を検索した際に自社サイトを上位表示させることが可能です。例えば、「特定の地名×不動産」で検索した際に店舗情報や連絡先を一度に表示させることができるため、来店客数のアップ等が見込めます。

 

関連記事: SEOとMEOの違い|重視すべきはどちらか?

 

YMYL領域のため権威性が重要

 

不動産会社でSEO対策を行う際には、YMYL領域であることから権威性を示すことが重要になります。YMYLとは、「Your Money or Your Life」の略称であり、日本語では「あなたのお金と人生」を意味します。

これはGoogleが定めている「検索品質評価ガイドライン」の項目の1つであり、専門性が必要な情報にも関わらず知識が欠けているコンテンツと判断されると、上位表示されなくなってしまうことがあります。

不動産はYMYL領域に該当するため、他のジャンルよりも情報の正確性や信頼性が特に重視されます。発信する情報に関して確かな信頼性や正確性があることはもちろんですが、その情報をわかりやすく伝えることがSEO対策において重視すべき点となります。

 

関連記事: YMYLとは?対象ジャンルとSEO対策方法

 

キーワード選定が重要

 

不動産会社がSEO対策を行う上で最も重視したいのは、「どのキーワードで上位表示を狙うか?」という点です。

対象となるターゲットに合わせてキーワードを選定することができなければ、どれほど良質なコンテンツを作成できても、アクセスを促したいユーザーを獲得することが難しくなります。

また、競合が多いキーワードで上位表示を目指すことも避けるべきです。

競合の多いキーワードにはドメインパワーの強い大手サイトが上位表示を占めていることが多く、開設したてのサイトでは効果的な集客力の増加に繋がる可能性が低いです。上記の通り、キーワード選定はSEO対策において最重要項目と言えます。

 

関連記事: SEOに強いコンテンツ作成方法【キーワード選定~ライティングまで】

 

不動産会社で狙うべきキーワード

 

次に、不動産会社が狙うべきキーワードを具体的に紹介していきます。対策するキーワードを選ぶにあたって、顧客のセグメント別に検索するキーワードを想定し、コンテンツを作成していくことが重要です。

 

例えば、地名を検索しているユーザーはそれぞれの土地の特徴等を知りたいということが想像できますが、そのユーザーに対して物件それぞれの特徴を詳しく述べてもユーザーの知りたい情報をカバーしているとは言えません。

 

各セグメントのユーザーに対して効果的なコンテンツを間違えないためにも、それぞれのキーワードについて詳しく見ていきましょう。

 

地名を含むキーワード

 

地名を含んだキーワードであれば、そのエリアに関する情報を求めている可能性が高いと言えます。例えば、「さいたま市 マンション」といったキーワードであれば、さいたま市のマンションの家賃相場や、価格に関する情報が検索意図に沿っていると言えます。

しかし、地名を含むキーワードは、エリアの規模によっては上位表示を狙うことが難しいキーワードでもあります。

不動産会社の多い都市部や、人口の多い市をキーワードとしている場合は大手ポータルサイトの他にも上位表示を狙うサイトが必然的に増えることが要因として挙げられます。

また、まだ契約等を具体的に考えていないユーザーが検索していることが多いキーワードであることも特徴です。

 

物件の情報

 

物件の条件に関するキーワードを検索しているケースも考えておきましょう。

具体的には、「風呂トイレ別」や「駅まで◯分」といったキーワードが挙げられます。上位表示を狙う場合には、それぞれの条件のメリットやデメリット等に関して詳しく解説するといったコンテンツを作成することができれば、上位表示を狙うことも可能です。

 

家賃や駅までの距離といった具体的な情報を求めているユーザーは、その物件の購入や賃貸を前向きに検討していることが考えられるため、来店や問い合わせに繋げることができれば契約にも結びつくことが考えられます。

固有の物件名

 

固有の物件名を検索しているユーザーについては、すでにその物件を購入・賃貸しようと考えている可能性が高く、家賃等の条件面を検討していることが考えられます。

具体的には、「◯◯マンション」といったキーワードを検索しているユーザーの目に留まるコンテンツを作成することになります。

 

固有の物件名に関しては、大手ポータルサイトも表示されるものの情報が少ない物件であれば比較的簡単に上位表示させることが可能です。

 

条件さえ合致すれば来店してそのまま契約ということも考えられるため、コンテンツ内で積極的に来店誘致や問い合わせを促す文言を掲載することが重要です。

 

家探しに関するキーワード

 

家探しに関するキーワードもコンテンツとして作成することができます。

 

具体的には、「中古物件 探し方」や「中古物件 新築」といったキーワードが該当します。

このようなキーワードに関しては、大手ポータルサイトもコンテンツを作成していることが多いものの、うまく差別化を図ることができれば上位表示させることも不可能ではありません。

 

一方で、上記のようなキーワードを検索するユーザーは家探しの手順の序盤と言える段階にあるため、すぐに顧客の獲得に結びつくとは言い難いのが難点です。

 

生活に関するキーワード

 

不動産の購入は人生において大きなイベントの一つであり、生活に関する悩みとともに検索されることが考えられます。

 

生活に関するキーワードでは、具体例として「住宅ローン 負担」や「賃貸 マイホーム どっち」といったキーワードが挙げられます。

 

コンテンツとしては家探しに関するキーワードと同様に大手サイトのコンテンツと競合することが考えられますが、適切なコンテンツ作成を行うことで順位を引き上げることが可能です。

 

また、上記のキーワードについても直接顧客の獲得に結びつくことは考えにくいものの、自社サイトの認知力アップに繋げることができます。

 

不動産会社のSEO対策のポイント

不動産会社にも賃貸なのか売買なのかで対応は異なりますが、キーワードが限定されているためSEO難易度が高い場合であっても対応できる施策の難易度は低いことが多く、対策しやすい分野です。

SEO対策以前に小規模な不動産会社ではウェブサイトの運営に力を入れていないことも多く、競合分析をしっかりと行うことで劇的な変化がみられます。

不動産会社でサイトを作る場合には次の3つは必ず意識しましょう。

 

  • エリアカテゴリ
  • knowクエリ
  • ニッチなニーズ

 

エリアカテゴリの整備

検索ニーズとして一番に来るものとしては地域名があります。住みたい地域、通勤に便利な駅、職場や学校へのアクセスが便利なエリアなどの需要は高く、地域名のほかにも路線や駅などのカテゴリを分けをしてスモールワードを積極的に取っていく必要があります。

「世田谷区 賃貸」などのある程度大きいワードを狙いたいところですが、そのためには細かなワードの積み上げが必須です。「世田谷区 賃貸」で検索順位を上げるのであれば世田谷区内の路線、駅、地域名なども含めたスモールワードを網羅する必要があります。

なお、エリアカテゴリを作る際にありがちなのが同じようなページを複数作ってしまうことです。東京駅に複数の路線があるからといって「東京駅 山手線」、「東京駅 丸の内線」のようなキーワードで複数のページを作ってしまうと評価が分散されてしまう可能性が高いのと、最悪は重複ページとして認識されてしまい評価を下げることになります。

このような場合には「東京駅」ですべての路線をまとめることで評価分散を避けることができます。

 

knowクエリを意識する

クエリ(ユーザーが実際に検索するキーワード)には大きく4つあります。

  • knowクエリ(知りたい)
  • doクエリ(やりたい)
  • goクエリ(行きたい)
  • buyクエリ(買いたい)

このうち不動産会社のサイトではknowクエリ(知りたい)をできるだけ多くカバーすることでサイト訪問者を増やすことができます。例えば、賃貸をメインに行っている不動産会社であればお金に関することだけでも以下のように挙げることができます。

  • 敷金とは
  • 敷金と礼金の違い
  • 引っ越し会社選び
  • 安く引っ越す方法
  • 引っ越しにかかる初期費用
  • 火災保険と家財保険の違い
  • 家賃保証会社はどこがいいか
  • 家賃保証会社に支払う手数料

<このほかにも引っ越しのマナーや手順、物件選びのコツ、電気やガスなど引っ越し後に行うべき手続きなどユーザーが何を知りたいかを考え特集ページのような形で情報発信をすることで訪問者を増やすだけではなく、その記事に対するリンクを獲得することも可能です。

 

ニッチなニーズも捉える

ユーザーの不動産へのニーズはかなりニッチなものもあります。同じ渋谷駅の賃貸物件を探す場合であっても次のように3語~4語ワードで検索されることが想定できます。

 

  • 渋谷駅 賃貸 マンション 駅近
  • 渋谷駅 賃貸 マンション ペット可
  • 渋谷駅 賃貸 アパート 家賃

 

このような条件にはマンション/アパート、ペット可/不可、角部屋、南向き、駅近、最上階などがあり、住居形態(マンション、アパート、一戸建て)も含めて細かく分けるとなるとかなり複雑です。

「駅・エリア」×「住居形態」×「条件」というような軸で考える必要がありますのでクロスカテゴリ(1つのカテゴリに留まらず、複数のカテゴリにまたがるという意味)の設定が効果的です。

ただし、クロスカテゴリを考えた個別の記事を作ることはかなり大変ですのでエンジニアやSEO会社も交えて設計することをおすすめいたします。

 

潜在的なニーズへの対策

不動産賃貸では候補となる物件が多すぎて選び方が分からないというユーザーがほとんどのはずです。そのようなユーザーをWEBで集客するためには顕在しているニーズはもちろん、潜在的なニーズも捉え、対策する必要があります。

前述したニッチなニーズはユーザーが検索するだろう顕在化しているキーワードですが、ユーザーが言語化できていない本来的なニーズを捉えた情報を発信することで検索上位を狙うことができます。

ファミリー(特に子供がいる世帯)を対象としている場合には独身者が気にしないような情報でも欲している可能性があります。例えば次のようなものです。

 

  • 治安が良い地域
  • 住みやすい街
  • 子育て支援が手厚い地区
  • 待機児童が少ないエリア

 

このような情報をランキング形式や市区町村の発信している情報と共に記事にすることで大手の不動産ポータルサイトにはない強みを出すことができます。

単なる物件情報だけの発信であれば競合も行っていることですので、自社ならではの情報や強みがあるのであれば、その点を活かしてサイト運営することでSEO対策を施すことができます。

 

「地名+賃貸」「駅名+賃貸」の複合ワード

例えば、「豊島区 賃貸」「池袋駅 賃貸」で検索した時に、豊島区の物件一覧ページや池袋駅の物件一覧ページが検索上位に出てくれば、SEO的に成功で問い合わせが見込めると思います。

しかしながら複合ワードと言えども、該当する一覧ページを上位表示させるのは至難の業です。なぜなら、不動産業界は9割以上他社と同じ商品を取り扱うので各物件に関する情報は同じで、差別化が難しいのです。そのような条件でも他社よりも上位表示をさせるには一覧ページのコンテンツの充実を図るしかありません。

 

他社と差別化するためには、

  1. その地域に特化しているオリジナルなことを具体的に書く
  2. ターゲット層を決めてしまってコンテンツを作成する
  3. 重複コンテンツをリダイレクトやcanonicalで統一する

 

などで対応して独自性を発揮してコンテンツ力を高めることが重要です。

「物件名 賃貸」の複合ワード

ユーザーが、「物件名+賃貸」のキーワードで検索する場合、契約したい物件が決まっていて狙い撃ちの検索であり、成約率が高いので、より具体的にたくさんの情報を届けることが大切です。これらの検索ユーザーは物件そのものの情報に興味があるのはもちろん、どこの不動産会社で契約するか最後の不動産調べをしているケースがあり、売り上げに直結するユーザーです。

  • ターゲティングした文章
  • 具体的な文章

でコンテンツページを作成しましょう。

例えば・・

【修正前】

「池袋駅から徒歩5分の1LDK。池袋○○マンションのご紹介。面積は80㎡、敷金、礼金なしの最上階で住み心地抜群!お気軽におといあわせください!」

【文章を具体的に修正】

「池袋駅から裏道徒歩5分の駅近1LDK。都心で働くビジネスマンにピッタリの物件です。コンビニ、夜間診療対応の病院と気分転換できる静かな公園があります。高級感があるエントランスと内装で、夜景がとてもきれいな最上階です。騒音も無くぐっすり眠れます。池袋○○マンションは、遮音性、防音性に優れたSRC造です。」

→”ビジネスマン”にターゲットを絞り、実際に住んだ時のことをイメージできる文章にする。

 

このように、各ページコンテンツになるべく付加価値情報を加えて、ユーザーがその部屋に住むと知りえる情報を初めから具体的に訴求することが大切です。実際に住む人の気持ちになって情報を収集し、生の情報を伝えましょう。

不動産SEOでは、SEO市場が激化しており、Gooogleロボットも厳しく取り締まっているように感じます。弊社の独自ノウハウで正しいSEO対策をして成功しましょう。

 

集客成功のポイント

最後に、不動産会社がSEO対策を行う上で意識しておきたいポイントを紹介します。このポイントを理解しておくことで、さらに高い集客力を発揮するサイトを作ったり、自社のSEO対策の効果を引き上げることも可能です。

 

ここでは、具体的に意識したいポイントを6つ紹介します。

 

  1. EAT対応のサイト
  2. SNS
  3. レインズによる重複記事に気を付ける
  4. 静的ページがベスト
  5. 情報のカテゴライズ(エリアページとコラムページ)
  6. 物件表示スピード

 

EATを満たす品質の高いコンテンツ制作

 

SEO対策においては、EATを満たすコンテンツを作成することが大切です。

 

EATとは、「Expertise(専門性)・Authoritativeness(権威性)・Trustworthiness(信頼性)」の略称であり、Googleのガイドラインに記載されている造語です。

Googleのガイドラインに記載されている事項であるということからも、サイトのコンテンツの品質を判断する上で特に重要な判断項目であることがわかります。

 

SEO対策においてはGoogleに高品質なコンテンツであると判断してもらうことが重要となるため、EATやガイドラインの遵守といった点は常に意識してコンテンツ制作に取り組んでいくことが大切です。

 

関連記事: 【上級SEO対策】品質に関するガイドライン

 

SEO以外にSNS対策も有効

 

不動産会社がSEO対策を行う場合は、SNSアカウントの運用も並行して行えると効果的です。

TwitterやInstagramといったSNSで情報を発信を行えば、自社サイトへのアクセスを促したり、自社の認知度アップにつなげることもできます。

 

また、SNSを利用する場合はそれぞれのSNSの特徴に合った投稿をすることが大切です。

例えば、Twitterであれば140字という限られた文字数の中で自社サイトへの流入を促してコンテンツの解説を詳しく行ったり、Instagramであれば画像を使ってわかりやすく情報を伝えることが重要です。

 

SNSを使えばユーザーとの対話の機会を増やすこともできるため、余裕があればコンテンツ作成と並行して行うことがおすすめです。

 

レインズから取得した物件情報をそのまま流用するのを避ける

 

レインズは、不動産会社で働いている方ならだれもが知っている不動産情報を一元化するシステムで、不動産会社のみが閲覧できるシステムです。

レインズの物件を自社の不動産サイトに掲載するケースや他の大手不動産媒体に出ている物件を自社の不動産サイトに掲載する場合は、そのまま流用するのではなく、なるべく実際の目で見た物件情報を文章に入れて、オリジナルページを作成しましょう。

物件概要、設備一覧と別に、独自の視点でのその紹介物件のいいところやその住まいの利便性など他社のサイトには無い情報を載せるのがコツです。

 

 

どうしても自社でSEO対策が難しい場合は、SEO対策会社へ外注を依頼することも検討しましょう。マーケティング等を専門とする会社に依頼すれば、自社サイトの制作や集客のために必要な具体的な施策を提案してもらうことが可能です。

SEO対策においてはWEBに関する専門的な知識や、マーケティングに関するスキルも必要となるため、自社で人材を確保することが難しい場合は外注することがおすすめです。

不動産会社はいかに効率よく低コストで集客できるかが重要です。

そのためにも、SEO対策は効果的な施策のひとつであり、うまく活用することで大手ポータルサイトよりも集客できる可能性を秘めています。

自社の想定しているターゲットに合わせて、積極的にSEO対策を行っていくようにしましょう。

 

検索後のページは静的ページがベスト

 

不動産サイトは、物件を検索するための検索システムを導入して、路線から探したり、エリア検索したり、こだわりから探したりします。

その時に、システムで物件を引っ張って表示するときのページURLは、動的ページではなくて、静的ページであると個々のページがGoogleにインデックスされてSEO的に評価が高くなり良いです。

例えば、

https://sample-fudosan.com/search/newest?city=1

↑こういうURLは動的URLなので

https://sample-fudosan.com/search/minatoku/residence1
↑このように静的ページにすると良いです。
※全ページこのようになるとかなりいいです。
サイト全体のディレクトリ構成もきちんとサイトマップを引いて作成しましょう。

 

>>SEOに強いディレクトリ構造(サイト構成)の作り方

 

情報のカテゴライズ

 

物件情報は、エリアごとに情報を仕分けして、エリアの一覧ページを作ると良いです。

例えば、港区の物件一覧ページ、世田谷区の物件一覧ページといったように、これも静的ページにして

エリアの一覧ページをSEOで上位表示させていくことも良い方法です。また、物件ページとは別に、コラムのページも作りましょう。コラムのページもその発信する情報毎にカテゴライズして分けると良いです。

例えば、

  • お役立ち情報
  • マンション特集
  • キャンペーン
  • エリア別(東京23区)

エリア別コラムの記事が多くなってきたら、23区ごとに分けてもいいかもしれません。

こういう情報の仕分け機能は、ワードプレスのカスタム投稿で可能です。

>>WordPressカスタム投稿の作成方法

コラム記事からエリア別の物件ページまで内部リンク構築するとさらに良いです。

ここら辺のやり方や技術はSEO対策会社でないと難しいかもしれません。

 

物件表示スピード

不動産サイトには、物件を大量に掲載して、インデックス数が1万を超えるサイトもざらにあります。情報量が多い場合、検索で物件を表示した時に非常にページ表示スピードが遅くなってしまう事があります。

ユーザーは、ページ表示速度が遅いとすぐに離脱してしまい、Googleの評価も下がります。

 

特にスマホでは、ページ表示スピードも表示順位結果に影響があるので、ページ表示スピードが速いサイト構築をしましょう。

>>ページ表示速度を早くする/Page speed insight

 

まとめ

SEOコンサルタント不動産サイトのSEOは、競合が強くgoogleアルゴリズムも厳しく取りしまっている様子でにわか対策では、太刀打ちできません。ロングテールSEO活用するや独自の情報を提供することで大手ポータルサイトよりも集客できる可能性を秘めています。自社の想定しているターゲットに合わせて、積極的にSEO対策を行っていくようにしましょう。

 

 

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、11期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで2000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事