キラーコンテンツとは?作成時に抑えておきたいポイントを解説

キラーコンテンツとは?

コンテンツマーケティングでよく聞く「キラーコンテンツ」ですが、どのようなコンテンツがキラーコンテンツになりうるのでしょうか。キラーコンテンツとは、強い影響力を与えるコンテンツのことを指します。

 

SEOナビゲーターそこで本記事では、キラーコンテンツの意味や使い方から作り方まで詳しく解説します。

 

キラーコンテンツとは

 

キラーコンテンツとは、英語のKiller と Contentsを組み合わせた言葉です。Killerと聞くと、あまり良い意味ではないものを思い浮かべる人も多いかと思いますが、「非常に良い」「素晴らしい」などの良い意味でつかわれることもあります。

 

そのため、コンテンツマーケティングでよく聞く「キラーコンテンツ」は素晴らしいコンテンツを意味します。素晴らしいコンテンツとは具体的に、ある分野において特定のものを普及させる決め手となったコンテンツを指します。

 

例えば、テレビ業界における人気ドラマシリーズなどがこれに当たります。Webマーケティングにおいては、ユーザーにとって魅力的でありコンバージョンに大きく貢献するコンテンツがキラーコンテンツとなります。

 

Webマーケティングにおけるキラーコンテンツの意味

 

Webマーケティングにおけるキラーコンテンツは、集客する力や製品やサービスを売る力を持ったコンテンツを意味します。ターゲットとするユーザーに自社の魅力を発信し、求める成果を得られるコンテンツがキラーコンテンツとなります。

 

そのため、ユーザーが求める情報でなければキラーコンテンツにはなりません。ユーザーが本当に知りたい情報や、ユーザーにとって役に立つ情報でなければコンバージョンを見込むことができません。

 

自社が伝えたいことや自社の製品やサービスがいかに優れているかだけを伝えるのではなく、ユーザーニーズを満たした情報を盛り込むことが重要です。

 

キーラーコンテンツの例

 

ターゲット顧客を深く理解し、ユーザーニーズを明確にすることがキラーコンテンツを作成する上では重要となります。しかし、キラーコンテンツにはさまざまな種類があるためまずはキラーコンテンツの種類を知る必要があります。キラーコンテンツの例としては次にあげる4つの事例が多く挙げられます。

 

  • 商品紹介
  • 口コミ・導入事例
  • 専門家の意見・評価
  • アンケート

ここでは、キラーコンテンツな主な例を4つご紹介します。

 

商品紹介

 

商品紹介は最も基本的な情報提供ですが、キラーコンテンツにもなります。近年急速に普及し始めているネットショッピングでは、実際に商品を手にとって見ることができないため商品の詳細情報は必要不可欠となっています。

 

そこで、商品を買いたいと思っている見込み顧客が知りたい情報を網羅できているコンテンツである必要があります。また、多くの情報を記載しているだけではなく、画像や動画を活用するなどの分かりやすく伝わるような工夫も必要です。

 

口コミ・導入事例

 

実際に製品やサービスを利用した第三者の声である口コミや導入事例は、説得力がありユーザーにとっての安心材料にもなります。これらは、実際に使用や導入した際のイメージに繋がり購買意欲を高めるためにも役立ちます。

 

利用者のインタビューや動画、実際に頂いた文章などを利用することで信憑性が増します。また、使用や導入前の検討段階から評価までの話をまとめ、ストーリー性を持たせることも重要です。

 

口コミや導入事例などの第三者の声を活用して、コンテンツを見たユーザーの購買意欲をかきたてるようなコンテンツもキラーコンテンツとなります。

 

専門家の意見・評価

 

第三者からの声の一つとして、専門家の意見や評価も効果的です。口コミや導入事例と同じように、第三者の意見は安心材料になります。特に、特定の分野で有識者として認知されている人からの意見や評価を載せることで説得力が増します。

 

権威のある人から客観的に評価してもらうことで、商品やサービスに対する信頼や安心を与えることができます。専門家からの意見や評価などが、ユーザーにとっては重要な決め手となることもあるため、専門家などにインタビューや機構を依頼しているコンテンツはキラーコンテンツになり得るのです。

 

アンケート

 

アンケートは、業界の動向やトレンドなどの広い視点での情報を提供することができます。こういった情報、ユーザーにとっても知りたい情報であり有益であると言えます。

 

第三者に向けてアンケートを実施することで、商品やサービスへの信憑性が高まり興味を持ってもらいやすくなります。アンケートの実施規模が大きくなればなるほど、説得力のあるデータになります。

 

ユーザーが−購入を検討する材料として、アンケートをコンテンツとして取り入れることも効果的です。

 

キラーコンテンツの作り方

 

キラーコンテンツを作成するには、さまざまな分析をする必要があります。自社の製品やサービスがどのようなキラーコンテンツに向いているかを理解しなければ、効果を発揮することができません。

 

ここでは、次の3つの重要なポイントを抑えたキラーコンテンツの作り方を解説していきます。

  • ユーザーニーズの理解
  • 商品やサービスの特徴や強みの洗い出し
  • オリジナリティを追求

 

ユーザーニーズの理解

 

キラーコンテンツに限らず、あらゆるコンテンツを作る際に重要なことですがユーザーニーズの理解がカギとなります。ユーザーの求めているものを理解せず、自社の伝えたいことのみ考えると当然ユーザーに響くコンテンツにはなりません。

 

ターゲットとするユーザーがどのような情報や製品・サービスを求めているかということをしっかりと理解して、コンテンツを作成する必要があります。

 

そして、ユーザーニーズを理解するためにはターゲットとなるユーザーを理解することも重要です。自社がターゲットとするユーザーがどのようなことやモノに興味があり、どのようなライフスタイルなのかを理解することで、コンテンツ内でのアプローチ方法を考えることができます。

 

関連記事: SEOにおける検索意図の重要性!調べ方から利用方法まで

 

商品やサービスの特徴や強みの洗い出し

 

ユーザーを理解することと同じくらい、自社の商品やサービスを理解することが重要です。他社と比べた際の、自社の特徴や強みが何なのかを理解することでた−っゲトユーザーの特徴に合わせて伝え方をすることができます。

 

自社の特徴や強みが分からなければ、コンテンツ内で何をアピールすべきなのかが分からなくなってしまいます。伝えたい内容がはっきりとしていないコンテンツは、全体にまとまりがなく分かりにくいコンテンツと判断され最後まで読んでもらえません。

 

そのため、キラーコンテンツを作成する場合には自社の商品やサービスをしっかりと理解し、特徴や強みを分かりやすくアピールすることが重要です。

 

オリジナリティを追求

 

他社との差別化を行うためにも、キラーコンテンツはオリジナリティのある内容である必要があります。多くの商品やサービスが存在する中で、自社を知ってもらい利用してもらうためには他社との差別化が重要となります。

 

商品自体の差別化ももちろんそうですが、コンテンツ内容を他にはないオリジナルなものにすることユーザーはより興味を持ってくれるようになります。同じような商品の同じような商品紹介ページを見たユーザーの、選択の決め手となる要素を盛り込むことで他社との差別化を行うことができます。

 

キラーコンテンツを作成する際には、他社のコンテンツとは違う他にはない価値や情報を提供しオリジナリティを追求することが大切です。

 

キラーコンテンツを効果的に使う方法

 

キラーコンテンツを作成しても、効果的につかえていなければ効果を発揮することができません。ここでは、キラーコンテンツを効果的に使う3つの方法を紹介します。

 

  • リンク誘導
  • リターゲティング広告の活用
  • メール配信

 

リンク誘導

 

他のコンテンツにおいて、似たような内容について言及している部分にリンクを貼ってキラーコンテンツに誘導することでより多くのアクセスを見込むことができます。

 

例えば、サービスの導入事例をキラーコンテンツとして作成した場合、サービス紹介ページやサイト内のポップアップ等をつかってキラーコンテンツに誘導することができます。

 

なるべくサイト内に複数のアクセスを用意することで、キラーコンテンツでのコンバージョンも獲得しやすくなります。効果的にキラーコンテンツつかい、効果を最大限に発揮しましょう。

 

リターゲティング広告の活用

 

複数回訪問しているしているユーザーに対して、再訪を促すリターゲティング広告も効果的です。リターゲティング広告とは、過去にWebサイトを訪れたことのあるユーザーに対して再度広告を表示させる手法です。

 

広告主のWebサイトを訪れた際にCookieを発行し、一度サイトを訪れた人かそうでないかを識別して広告を表示します。一度訪問しているユーザーのため購買確度が高く、広告を活用してキラーコンテンツに誘導させることでコンバージョンを獲得しやすくなります。

 

また、リターゲティング広告では上記で説明した誘導リンクとは違い、Webサイトに訪れたことのないユーザーにも接触することが可能です。

 

メール配信

 

顧客リストがある場合には、メール配信も効果的です。確度の高いユーザーや、特定の人など更にターゲットを絞ってアプローチすることができます。

 

絞られたターゲットに合わせてキラーコンテンツを作成できるため、よりユーザーニーズに沿ったアプローチが可能です。メール配信の場合は、予めリストが必要となりますがリストがある場合にはとても効果的な手法となります。

 

確度の高いユーザーに対して、コンバージョンの決め手となるようなキラーコンテンツを作成しメール配信をしてみるのも良いかもしれません。

 

キラーコンテンツを作る際の注意点 

 

ここまで、キラーコンテンツの作り方や効果的な使い方について解説してきましたが、キラーコンテンツを作る際に注意すべき点もいくつかあります。キラーコンテンツによる効果を最大限に発揮できるよう、作成前に注意点を抑えておくことが重要です。

 

  • 継続的な配信を行う
  • 時間をかけすぎない
  • コピーコンテンツを作らない

ここでは、キラーコンテンツを作る際の3つの注意点について解説していきます。

 

継続的な配信を行う

 

キラーコンテンツを成功させるには、継続的な配信を行う必要があります。ユーザーのニーズやさまざまの情報は日々変化していきます。

 

キラーコンテンツも同じように、世の中やユーザーのニーズに合わせて変化させる必要があります。新しい情報をユーザーに届けるという意味でも、キラーコンテンツの配信は長期的かつ継続的に行っていくことが重要です。

 

最新の情報であることは、検索エンジンの評価基準にもなります。そのため、作成したキラーコンテンツをユーザーに見てもらうためには、検索エンジンからの評価も重要となります。

 

時間をかけすぎない

 

キラーコンテンツは、時間をかけすぎずに作成する必要があります。上記でも述べたように、キラーコンテンツは継続的に配信を行う事が重要です。そのため、1つのコンテンツに時間をかけすぎてしまうと継続的な情報発信ができなくなってしまいます。

 

また、キラーコンテンツだけではなくサイト全体を意識することが大切です。コンテンツ作成に注力するあまり、Webサイト全体が見えていなければ結果としてユーザー想いなサイトになっていない可能性もあります。見にくいWebサイトになっていなかやリンクの貼り方や遷移先に問題がないかなど、Webページ制作にも時間を割くことも重要です。

 

コピーコンテンツを作らない

 

コピーなどの同じようなコンテンツは、ユーザーに飽きられてしまいコンバージョンへと繋げることができません。ユーザーに飽きられてしまうと、本来キラーコンテンツがもつ威力を発揮できなくなってしまいます。

 

また、コピーコンテンツは検索エンジンからの評価を下げる要因にもなります。当然検索エンジンから評価されないコンテンツは、ユーザーに見てもらう機会が減るためユーザーからも評価されにくくなります。

 

キラーコンテンツを作る際には、他社との差別化だけではなく自社サイト内のコンテンツと比べてもオリジナリティのある内容にすることが重要です。

 

 

SEOナビゲーター【まとめ】Webマーケティングにおいて欠かせない存在となっているキラーコンテンツですが、正しい作り方や使い方をしなければ本来の効果を発揮することができません。自社が求める成果を得られるようにするためには、ユーザーニーズの理解だけでなく自社製品やサービスの理解も重要となります。キラーコンテンツを作る際の注意点を抑え、ユーザーにとって魅力的なコンテンツ作成を意識することが大切です。作成をするだけではなく、キラーコンテンツを効果的に自社の売上アップを目指しましょう。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る