Twitterをメディアとして活用するには?3つの活用方法を紹介

Twitterをメディアとして活用するには?

「Twitterがどのメディアなのかを知りたい」や「Twitterをメディアとして活用する方法を知りたい」と悩まれている方も多いのではないでしょうか。

 

SEO上級コンサルタントそこで本記事ではTwitterとメディアの関係性から、Twitterをメディアとして活用するメリット・デメリットについて解説していきます。

 

Twitterとメディアの関係性 

 

Twitterは国内で4,500万人が利用する、SNS(Social Networking Service)です。対してメディアとは、情報を発信する媒体のことを指します。そのためTwitterはメディアの一種であり、具体的にはソーシャルメディアに分類されます。

 

近年ではソーシャルメディアやWebメディアは、テレビなどのマスメディア以上に市場が拡大しています。Twitterはソーシャルメディアの中でもトップレベルの利用者数がいるため、日本を代表するメディアの一つであるといっても過言ではありません。

 

ここではTwitterの特徴や、ソーシャルメディアとSNSの違いについて詳しく解説していきます。

 

Twitterの特徴

 

Twitterは2006年にアメリカではじまり、2008年に日本に上陸したサービスです。日本ではTwitterがSNSの先駆けといっても過言ではなく、スマートフォンの普及に伴って多くのユーザーを獲得しました。

 

今では国内の4,500万人が利用するサービスですが、1番の特徴はサービス名にも由来する「ツイート」です。ユーザーは140文字の制限の中で、文字を主体として情報を発信できます。

 

また手軽に情報を発信できる点から、ユーザーがリアルタイムに投稿しやすい点も特徴です。加えて「リツイート」の連鎖によって拡散力が強く、他のSNSよりも圧倒的なスピードで情報が広がります。

 

ソーシャルメディアとSNSの違い

 

ソーシャルメディアとSNSは同じ意味で使われることが多いですが、厳密には両者の意味は異なります。

 

ソーシャルメディアとは、情報の発信者と情報の受信者がコミュニケーションを取れるメディアのことです。テレビや雑誌などのマスメディアは媒体が一方的に情報を発信する仕組みですが、ソーシャルメディアの場合は直接やり取りを行える点が特徴となります。

 

対してSNSはSocial Networking Serviceの略となり、友人や知人とコミュニケーションを取ることを目的としたサービスです。

 

同じ意味に感じてしまいますが、ソーシャルメディアは情報を発信することが目的となり、Twitterはコミュニケーションを取ることが目的となります。

 

とはいってもSNSはソーシャルメディアの一部であるため、まったく異なるわけではありません。あくまで利用する目的が違う点を覚えておきましょう。

 

関連記事: SNS集客で欠かせない対策と運用のポイントを紹介

 

Twitterをメディアとして活用するメリット 

 

Twitterは世界中で多くのユーザーが利用しているSNSのため、発信した情報を見てもらえる可能性が高いことや、拡散されやすいなどのメリットがあります。またコミュニケーションを取りやすい点も、企業であれば活用すべき要素になります。

ここでは、Twitterをメディアとして活用するメリットについて解説していきます。

 

利用者が多い

 

Twitterは全世界で月間3億人以上のアクティブユーザーがおり、国内外問わずに多くの利用者がいます。そのため多くの人とつながりたい場合や、さまざまな情報を得たい場合には活用すべきSNSです。

 

また企業が活用する際も、利用者が多い点はメリットになります。なぜなら多くの利用者がいることで、発信した情報を見てもらう可能性が高まるからです。

 

例えばホームページやブログで情報を発信しても、閲覧ユーザーにしか情報を伝えることができません。しかしTwitterであれば仮にフォローをしていなくても、ハッシュタグの活用などによってユーザーに見てもられるでしょう。

 

利用者全員に向けてアプローチできるため、その分注目を集めやすいといえます。

 

情報の拡散力が強い

 

Twitterの特徴として、情報の拡散力が強い点が挙げられます。SNSで情報発信を行う場合、いかに情報を広めていくのかが最重要といっても過言ではありません。なぜなら情報を広めない限り、多くのユーザーに認知してもらえないからです。

 

しかし発信した情報の拡散範囲が限定される場合や、そもそも拡散機能がない場合は、認知を広げることは厳しいでしょう。

 

そのためフォロワーでなくても拡散することができ、拡散の連鎖が起こりやすいTwitterは情報発信に向いているメディアだといえます。

 

コミュニケーションを取りやすい

 

Twitterは「リプライ」機能によって、ユーザー同士で簡単にやり取りを行えます。そのため非常にコミュニケーションを取りやすい媒体だといえるでしょう。

 

またコミュニケーションを取ることで、ユーザーの生の声を聞くことができます。ユーザーの生の声からは、普段では聞けない意見や要望などを多く知れる点がメリットです。企業であれば、自社の商品やサービスにおける貴重な意見を聞ける機会になります。

 

費用をかけずに自社の改善点を明確化できることは少ないため、Twitterのコミュニケーションを取りやすいメリットは積極的に活用しましょう。

 

Twitterをメディアとして活用するデメリット 

 

Twitterで成功させるためには、140文字のツイートの中で質を高めつつ長期的に取り組む必要があります。また発信内容は、炎上を避けながらもユーザーの反応を獲得できる話題にしなければいけないため、難しいと感じることも多いでしょう。

 

ここでは、Twitterをメディアとして活用するデメリットについて詳しく解説していきます。

 

長期的な運用が必要

 

Twitterを活用するには一定数のフォロワー数が必要なため、長期的な運用が必要になります。

仮にフォロワー数がまったくいない状態で情報を発信しても、誰にも情報を伝えられていないのと同じです。もちろんフォロワーがいない場合も拡散されれば注目を集められますが、拡散を狙うことは簡単ではありません。

そのため最低でも数千単位のフォロワー、企業であれば数万や数十万単位のフォロワーがいなければ成り立たないといえるでしょう。

 

またTwitterをはじめSNSの運用が難しいと言われる理由が、フォロワーを増やす方法に正解がないことです。アカウントを運用する業種や業態、Twitterを活用する目的など、アカウントによって条件はまったく異なります。

 

したがって明確なノウハウや知識がない限り、自身で試行錯誤を繰り返しながら長期的に継続することが、最終的には最も近道な方法になります。

 

コンテンツの質が問われる

 

Twitterでは140文字の文字数制限があるため、内容を凝縮しながらもユーザーの反応が得られる発信を行わなければいけません。

 

他のSNSであれば画像や動画を活用できますが、Twitterでは文字を主軸にした発信が一般的です。画像の投稿も行えますが、画像のクオリティや面白さだけでフォロワー数が増加できるほど簡単ではない点がデメリットになります。

 

しかしツイートの中には、ユーザーの反応を取りやすいとされる文言もあります。

 

例えば文頭に「衝撃です」や「ご報告」など、インパクトを与える単語を含める方法です。メルマガ配信においても同じことがいえますが、文頭は最初に読まれる箇所のため、印象付けることで反応率が高まる可能性があります。

 

文頭の変化だけで大きく改善するわけではありませんが、140字のなかでも複数のパターンを検証しながらコンテンツの質を高めていくことが重要です。

 

炎上のリスクがある

 

TwitterだけでなくSNS全般にいえることが、不適切な投稿を行ってしまった際の炎上のリスクです。

意図していた内容とは違ったとしても、発信する情報の中には世間からの批判を買ってしまうことがあるため、発信内容には注意しなければいけません。

特に法的な内容や社会的な意見などは、個人の意見が分かれやすく炎上しやすい内容です。また企業のアカウントでは、ツイート内容を間違えてしまう場合や顧客に対する対応の仕方によっても炎上することがあるため、細心の注意を払いましょう。

炎上によって企業イメージを悪化させることがないように意識しつつ、ユーザーから良い反応を獲得していくことが重要です。

 

Twitterをメディアとして活用する方法 

 

Twitterはアカウントの運用からTwitter広告の出稿など、さまざまな活用方法があります。また最近ではインフルエンサーを活用した方法も主流となり、自社のターゲットへよりアプローチしやすい点が特徴です。

ここでは、Twitterをメディアとして活用する方法について詳しく解説していきます。

 

アカウントを運用する 

 

Twitterを活用する目的はアカウントの運用が大半です。専用のアカウントを作成し、情報を発信することによって認知を広げていきます。

 

またアカウント運用の中には、大きく分けて2つの目的があります。

 

 

  • 定期的に情報発信を行う
  • コミュニケーションを目的にする

各々、解説していきます。

定期的に情報発信を行う

 

企業が自社の認知拡大を目的とする場合やキャンペーン情報の宣伝を行う場合は、定期的な情報発信に当てはまります。

 

Twitterで定期的な情報発信を行う場合、大衆に向けて発信することが多いですが、成果を出すためにはターゲットとなるユーザーを設定しましょう。

なぜなら何も考えずに大衆に向けて情報を発信すると、ありきたりな宣伝文になることやユーザーの求めているイメージと大きく違ってしまうためです。

ユーザーが考えているイメージとの差を失くしユーザーに響く内容を考えるためにも、Twitterのアカウント運用ではターゲットを設定してから発信しましょう。

 

コミュニケーションを目的にする

 

Twitterのアカウント運用では情報発信だけでなく、ユーザーとのコミュニケーションを目的とする場合もあります。

コミュニケーションを目的とする場合は、企業アカウントだったとしてもユーザーからのリプライには積極的に返信し、ユーザーのツイートにリプライすることが重要です。

またアカウント自体のキャラ設定を行う方法も効果的です。キャラが明確に定められているとユーザーも親しみやすさを感じるため、よりコミュニケーションを取りやすいといえます。

ユーザーがアカウントとのやり取りを楽しみに感じる状態を目標にし、日々の運用を継続していきましょう。

 

Twitter広告を出稿する

 

Twitter上で明確なターゲット設定ができている場合は、Twitter広告もおすすめの活用方法です。

Twitter広告は、Webサイトとアプリ用の広告を含め約10種類ほどあります。

代表的な広告が以下になります。

  • プロモ広告
  • フォロワー獲得広告
  • Twitterテイクオーバー
  • Twitter Amplify
  • Twitterライブ

Twitter広告の特徴は、広告に対するリプライやリツイートには費用がかからないことです。そのため拡散されればされるほど、費用対効果を高めることができます。

必ず拡散される保証はありませんが、少しでも拡散を狙える自信がある場合は挑戦してはいかがでしょうか。

 

インフルエンサーを活用する

 

インフルエンサーの活用も、Twitterで成果を出す方法の一つです。

多くのフォロワーをもつインフルエンサーに商品やサービスの紹介をしてもらうことによって、一度にたくさんのユーザーへアプローチできます。

ただしインフルエンサーを活用する際は、インフルエンサーのフォロワー層と自社のターゲット層がマッチしているかを確認しなければいけません。

仮に不動産の企業が、20代前半のモデル活動をしてい女性インフルエンサーに依頼しても、不動産業に直結する効果は見込めないでしょう。

数十万のフォロワーがいたとしてもターゲット層が異なっていれば意味がないため、ターゲット層とインフルエンサーのフォロワー層のマッチ度を確認したうえで依頼することが重要です。

 

Twitterをメディアとして活用した事例 

 

Twitterの成功事例では企業にある商品やイメージを活用したものから、何もイメージがない状態から作り出したものまで多岐にわたります。企業のブランディングによっても変わってくるため、成功事例のパターンに当てはめて考えることも効果的です。

ここでは、Twitterをメディアとして活用した事例について詳しく解説していきます。

 

東急ハンズ

 

生活雑貨や日用品などを販売している東急ハンズは、ユーザーと距離感の近いコミュニケーションが特徴のTwitterアカウントを運用しています。

ユーザーからは「手羽さん」の愛称で呼ばれるなど、ラフなやり取りが親しみやすく、魅力的なポイントです。

企業アカウントは固いイメージを持ちやすいため、東急ハンズのようなラフなやり取りはユーザーの興味を引く要素だといえます。

中でも日々の情報発信以外に、ユーザーからのリプライには積極的に返信している点は参考にすべき事例です。

 

さくらインターネット

 

さくらインターネットは、大阪のホスティングサーバーを扱っているさくらインターネット株式会社のTwitterアカウントです。

公式キャラクターを活用し、Twitter上で問い合わせ対応している点が特徴になります。

通常であればTwitterは情報を発信する目的が多いのですが、カスタマーサポートの要素も含めている点はユーザー目線で便利なポイントです。

またキャラクター設定によって、気軽に問い合わせしやすい点も参考になる事例だといえます。

 

リカちゃん人形

 

リカちゃん人形は、玩具メーカーのタカラトミーが運営しているTwitterアカウントです。自社商品であるリカちゃんの目線で情報を発信しており、アカウントのキャラクター設定を上手に活用している成功事例になります。

 

またオリジナル性のあるアカウントの特徴を活かしながら、ユーザーとのコミュニケーションも積極的に行っている点が多くのファン獲得につながっていると考えられます。

Twitterのアカウントで差別化を図りたい場合や、オリジナル性を高めたい場合にはぜひ参考にしましょう。

 

 

SEO上級コンサルタントまじめTwitterはソーシャルメディアの中のSNSに分類されます。SNSの中でも1位2位を争う数の利用者がいるため、日本を代表するメディアの一つといえるでしょう。またTwitterをメディアとして活用することで、効率的に自社の認知を広げられることや、普段では関わりが持てないユーザーとコミュニケーションが取れるなどのメリットがあります。成果を出すまでは長期的な運用が必要ですが、自社の発信力やブランディング力を高めたい場合にはTwitterの活用をおすすめします。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

 

この記事を書いた人

上級SEOコンサルタント

上級SEOコンサルタント 坂口 直樹

新潟大学大学院を卒業後、事業会社で10年働く間にSEOに出会う。自身でサイトを多数立ち上げ、実験と検証を繰り返しながらSEOを研究。お金に変えることを目的とはせず、ユーザーに何が有益かを問い続け改良を繰り返すうち、「インターネット上の真実ではない情報を正してユーザーのためになる情報を発信する」という天啓を得る。現在は東京SEOメーカーの上級SEOアドバイザーとしてアサイン。