採用ブランディングを成功させるSEO   ~  採用ブランディングで得られる6つのメリット~

採用ブランディング

昨今、企業において「採用ブランディング」が注目されています。求職者に対して、自社の強みや魅力を的確に伝え、優秀な人材を獲得することが企業が事業を成功させていくには必要です。

 

求職者がその職場で働きたくなるような情報を求職者に届けることが大切になってきます。

 

SEOコンサルタントこの記事では、採用ブランディングとはそもそも何なのかということと、採用ブランディングを行うことで得られるメリット、採用ブランディングの効果的な方法について順を追って解説していきます。

 

採用ブランディングとは?

 

採用ブランディングとは、求人採用を成功させるために、自社をブランディング化することを採用ブランディングと言います。

 

世の中の企業は、それぞれ独自の魅力、価値を持っています。そのような情報を一度整理し、自社が運営するWEBサイトや、採用説明会、インターシップなどさまざまな場面で共通したコンセプトを掲げ情報発信することで、求職者にアプローチし共感を得ることを目指していきます。

 

その結果、企業サイドは自社が求める人物像に合致した人材を獲得でき、求職者サイドは自身にマッチした企業への応募ができるため、起業と求職者双方にとってメリットが生まれます。

 

現代において採用ブランディングが求められる理由

 

現代社会において、少子高齢化が謳われて久しくなりますが、労働人口の減少や家庭やプライベートを重視するビジネスマンが増えるなど、労働者の価値観は徐々に変わってきているのが現状です。

これまでは新卒一括採用だったり、終身雇用だったりというのが一般的でしたが、現代においては、こうしたこれまでの当たり前が崩れています。

転職が当たり前の時代となり、優秀な人材を採用すべく各企業においては採用面で競争が激化しています。また、副業も許可される企業が多くなり、本業以外にも多数の仕事をしている労働者も増えています。

事業を継続していくにあたって、企業には新たな戦力が必要となります。人材は数多くとるのではなく、質を重視していかなければ企業の成長はのぞめません。

このような背景があり、企業では採用ブランディングに関する関心が高まっています。

 

採用ブランディングの目的とは

 

採用ブランディングの目的は、シンプルに「自社が求めている人材を獲得する」ということに尽きます。採用ブランディングを行うことで、企業と求職者の間でミスマッチを減らし、企業はマッチ度の高い人材と接触する機会が増えるため、必然的に自社に必要な人材を採用できる可能性が高まります。

 

また、採用ブランディングの実施で獲得した人材は、入社前と入社後のミスマッチが起こりにくく、結果として長く働いてもらえることにつながっていきます。

 

採用ブランディングを行うことで得られる6つのメリット

 

メリット①:企業認知度が向上する

 

採用ブランディングを通して、企業としての認知度は高まります。採用ブランディングのための施策が、目に触れる機会を増やし注目を集めるので、特に中小企業や、ベンチャー企業などまだ認知度が高くない企業は、認知度が向上させることとなります。

 

メリット②:応募者数の増加を期待できる

 

採用ブランディングの実施により認知度が高まれば、ブランドが浸透している証拠。この会社で働きたいと思ってもらえる人材が増えて、応募者増にもつながっていきます。

 

メリット③:自社と応募者のマッチングがうまくいく

 

採用ブランディングの実施により高い質の人材を集めることも期待できます。ただ応募者が増加するだけではありません。「ブランドイメージに共感しました」という人が集まることで、企業と求職者でマッチングが完了し、選考の途中辞退や内定辞退などが回避され、入社に結びつく確立が高まります。

 

メリット④:採用コストの削減につながる

 

効果的な採用ブランディングは、ただ広告を掲示して応募者を集める方法はとりません。ターゲットとなる人材に合わせ、採用活動を実施し、マッチング度を高めていきます。ブランド化がうまくいけば、口コミなどでよい評判が広がっていく可能性もあります。求人広告媒体を使っての採用は、求人を出すたびにどうしてもコストがかかってしまいます。

採用に成功し、内定辞退や早期離職といったトラブルが回避されれば、自ずと採用コストも減少することが見込めます。

 

メリット⑤:競合他社との差別化ができる

 

採用ブランディングを通して、自社のもつ特長を訴求することで、競合他社との差別化も可能となります。特に採用活動を行う際に、自社にしかない独自性について積極的に訴求しターゲットなる人材にアプローチが成功すれば、求職者が「この企業で働きたい」という意識につながっていきます。

ポイントは自社の特長をしっかりと打ち出すこと。そうすれば他社と比較して入社を決めるのではなく、自社の良さが伝わり、求職者から選んでもらえる企業になります。

 

 

メリット⑥:既存社員のモチベーションが高まる

 

採用ブランディングに成功すれば、企業や求職者以外にも既存社員に対してもよい影響があります。自社で働く既存社員にとっても採用ブランディングを通して伝えられるメッセージには、共感しうるものがあります。自社についてもっと深く知ることができ、企業が目指すべきものが共有されるため、企業の一員として働けていることに誇りが持てるようになります。

 

採用ブランディングの運用手順・方法について

 

手順①:自社の分析を行う

 

まずは自社について分析を行います。自社はどのような経営理念を掲げているのか、将来のビジョンはどういったものなのかなど、魅力やブランドを構築するうえで必要な要素を明確にしていきます。

 

手順②:ターゲット人材を明確にする

 

次に、どのような人材を求めているのかについて考えていきます。この場合、ペルソナ設定が役立ちます。ペルソナ設定では、年齢や住まい、家族構成、職業、職歴など、現実に存在している人物像を設定し、自社が望む人物像を明らかにしていきます。このペルソナを活用して、どのようなことをアピールするのか、どのようなメッセージが求職者に刺さるのかなど検討していくため、非常に大事な作業となります。

 

手順③:発信する情報について整理する

 

情報発信を行う際は、ターゲットとなる人材に響く内容でなければなりません。自社が発信する情報に対してターゲットとなる人材に共感が得られれば、「この会社で働いてみたい」と思ってもらえるようになるため、より具体的な情報の発信が大切になります。

 

手順④:発信方法を厳選する

 

情報の内容について整理できたら、今度は発信する手段や方法について検討していきます。発信方法は、一般的な求人サイトや、自社の採用ページやSNSなど多岐に渡ります。それぞれの媒体で必要な情報は異なります。媒体ごとに求職者がそれぞれどのような情報を欲しているのか見極め、それぞれの媒体においてふさわしい情報を効果的に求職者へ伝えることが大切になります。

 

ここでブランディングの柱となるのが、コーポレートサイトと採用ページです。採用ページを独立させて採用向けの求人サイトを構築するケースもあります。コーポレートサイトも採用向け求人サイトも検索で表示するSEOが重要になってきます。

 

SEOで検索ワードに引っ掛かり上位表示してくるサイトはそれだけで、ユーザーの信頼を獲得することができます。

指名検索の会社名で検索すれば、コーポレートサイトが1番、採用向け求人サイトが2番目の表示になるようにSEOを施しましょう。

 

また、職種名や仕事内容でも検索にひっかかるようになるとさらに良いです。

WEBサイトのSEOを軸に、SNSやオフラインの企画を実行していく事が成功のポイントと言えます。

 

 

手順⑤:運用を継続する

 

採用ブランディングを成功させるには、一度の実施で終わらせず継続的に運用することが優秀な人材を獲得するうえで大切になってきます。これまでの実施した取り組みの結果を分析したり、発信する情報の見直しをしたりすることで、ブラッシュアップを図っていき、次に求める人材の採用につなげていきます。

各媒体からの流入とオフラインでの申し込みのデータを集計して、全体のデータを蓄積して改善していきます。

 

 

SEOコンサルタント【まとめ】ここまで、採用ブランディングについて詳しく解説を行なってきました。採用ブランディングがうまくいくと、企業サイドと求職者サイドのミスマッチが解消し、win-winの関係を築くことが可能です。そのためにも、SEOを柱としたWEBマーケティングとオフラインの企画を区別せずにデジタルを起点としたマーケティングを行うOMO(Online Merges with Offline)という手法が重要となります。採用ブランディングをこれから実施したいと考えられている方は、この記事で紹介した、採用ブランディングのメリットや運用手順などを参考にしていただきながら、自社にマッチした優秀な人材の採用につなげていっていただけたらと思います。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

 

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事

  • 03-5394-8107
  • お問い合わせ・ご相談はこちら