東京SEOメーカーはSEO業界No.1最安値1ワード1日50円~格安でSEO対策の上位表示を獲得します。2020年最新Googleアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

YoutubeSEO

youtube-seoYouTube動画のSEO対策について

以前はSEOといえばGoogle対策のことを指していましたが、SEOは検索エンジン最適化という意味ですから、対象はGoogleに限りません。

中でもYouTubeはGoogleの検索結果に表示されることも多く、Google以外の集客ツールとしても非常に効果的です。

日常的に溶け込んだYouTube

何か調べたいものがあるときには検索エンジンにキーワードを入力することが常ですが、内容によっては最初からTwitterやYouTubeなどのプラットフォームを使うこともあります。

参考資料

令和2年版情報通信白書(総務省)より引用

上図のように令和2年版情報通信白書によるとトラフィック量としてはWEBよりも動画配信の方がはるかに多く、動画配信のほとんどはNetflixとYouTubeといわれていますので、いかにYouTubeが日常に溶け込んでいるのかがわかります。

そして、トラフィック量の予測を見ると数年内に倍増することがわかりますので、今後の企業活動としてもYouTubeも視野に入れる必要があります。

Google検索とYouTube検索の違い

Google検索もYouTube検索もキーワードを入力して自分に欲しい情報を探すという点では共通ですが、クリック後の行動は大きく異なります。

Google検索ではクリックしてWEBサイトを訪れても欲しい情報がなければ再度検索エンジンに戻って検索し直すのに対して、YouTubeの場合にはクリックして動画を開いても欲しい情報がない場合には再検索ではなく、関連動画の中から自分に欲しい情報を選んでクリックしているという点で違います。

CES2018ではYouTubeの視聴時間の70%以上はおすすめ動画であることが報道されています。つまり、YouTubeではユーザーは繰り返し似ている動画を見続けるということが分かります。

YouTubeにおけるSEO対策の重要性

YouTubeは見ていて単に面白いというエンターテインメントとしての要素はもちろんありますが、商品購入の意思決定としても非常に大きなウェイトを占めています。

統計によるとYouTubeユーザーの68%が購入意思決定の参考にするためにYouTube動画を見るというデータ があります。動画コンテンツへのトラフィックが年々増え続けることを考えると商品レビュー動画の需要は今後も増大していくことが予想され、YouTube対策をすることは大きなビジネスチャンスをつかむことにつながります。

格安SEO対策の東京SEOメーカー

YouTubeのSEO対策

YouTubeのSEO対策には様々な視点で対策をする必要がありますが、端的にいえばYouTubeのエンジンに動画の内容を正しく伝えることで対策が可能です。

対策内容は様々ですが、動画コンテンツのSEOの基本は次の通りです。

  • 視聴回数
  • 総再生時間
  • 平均視聴時間
  • 再生率
  • インプレッション数
  • インプレッションのクリック率
  • 視聴完了率

言い換えれば次のようになります。

  • どれだけ多く見られたか
  • どれだけ長く見られたか
  • どれだけ再生されたか
  • どれだけ表示され、クリックされたか
  • どれだけ見終えるユーザーが多かったか

 

YouTubeのSEO対策では動画の時間は長い方が良いといわれたり、短い方が言われたりしますが、動画が長ければ再生回数が少なくとも総再生時間が長くなり、短ければ視聴完了率が高くなるため、そのように表現されることが多いです。

 

しかし、逆を言えば長ければ視聴完了率が悪くなり、短ければ総再生時間が稼げないとなります。

 

長ければよい、短ければよいではなく、ユーザーにとってどれだけ有益な動画を配信できるか、という点ではGoogleのユーザーファーストの精神はそのまま活かすことができます。

動画コンテンツの最適化

ユーザーは何か情報が欲しい時に最初はあいまいな検索をし、検索結果を見て更に必要な情報があれば細かい情報を入力して再建策をすることになります。

 

これはつまり、自身のチャンネルの中に広いテーマも狭いテーマも網羅し、ユーザーが求める動画が検索やおすすめ動画に出てくるように設計をする必要があります。広いテーマで集客し、狭いテーマに誘導することで商品への購入につなげることができます。

 

このようにチャンネル全体の設計を行い、動画ごとに役割を求めることで動画コンテンツの最適化がはかれます。

動画データの最適化

一方、検索エンジンは動画の中の情報まで理解することはできませんので、動画そのもののデータを最適化することで検索結果に表示させることが可能です。

 

動画データとしては次のような設定項目があります。

  • タイトル
  • 説明
  • タグ
  • サムネイル
  • 再生リスト

タイトルと説明は通常のSEO対策でいうところのタイトルタグとdescriptionにあたる部分ですのでイメージしやすいはずです。

タグはユーザーには見えない設定ですが、この情報を正しく入れることで関連動画に表示されやすくなり、インプレッション数を増やすことができます。

また、サムネイルを工夫することでクリック率を高めることができますし再生リストを設定することでシリーズ化して繰り返し動画を見せることで総再生時間を増やすことに繋がります。

チャンネルを育てることが最短のSEO

YouTube動画SEOの技術的な面を説明してきましたが、何よりも重要なことはターゲットを明確に設定してチャンネルを作り、チャンネル全体を成長させることです。

SEOでもMEOでも悪質な会社がスパム行為を繰り返し行い問題になっていますが、YouTubeでも市場が大きくなるにつれてスパム行為が行われることが予想されます。しかし、SEOでもMEOでも最終的に生き残るのは丹念に改善し、成長させてきたサイトです。

短期的な対策ではなく、ユーザーファーストを考え、改善を繰り返すことがもっとも効率的で最短のSEOとなります。

また、動画をアップしたら、adwordsでYoutube広告を出すことができるので、お勧めです。

YOUTUBE広告

上図のように、1日の配信予算を決めて、広告枠でYoutubeを出すと、すぐに再生回数をかせげるので、1万回再生するまで広告を打つのも視聴者を呼び込みやすいやり方です。視聴者は、その動画の再生回数でおもしろい動画か見る価値があるかどうかを決めていますので、1万回以上のさいせいどうがを何本も作っていくのもブランディング手法の一つです。そうやってコンテンツを増やしていきます。

また、コメント欄には、必ず、検索キーワードでハッシュタグ「#(ハッシュマーク)」を入れましょう。このハッシュタグで結構検索に引っかかってきます。今のところ、まだ、ハッシュタグはキーワードの羅列でも全く問題はありません。

 

SEO対策のお申込みボタン

>>格安SEOのTOPページへ戻る

SEO対策のお申込みボタン