家具業界にSEO対策は必要?家具業界で行うべきSEO対策を徹底解説

家具業界のSEO対策

家具業界では実店舗での販売が主流でしたが、今ではインターネットを通して自社商品を知ってもらいファンになってもらう方法が注目されています。そこで重要となるのが、SEO対策です。多様化している家具業界の集客方法の中で、なぜSEO対策が重要なのでしょうか?

 

海外SEOコンサルタントそこで本記事では、家具業界で行うべきSEO対策やブランディングの重要性について解説していきます。

 

 

家具業界にSEO対策が必要

 

家具業界の集客方法は時代の変化とともに多様化しており、従来のように実店舗のみで販売するという企業は少なくなりました。インターネットが普及したことにより、インターネット上での買い物が日常となり、さまざまな業界での集客方法がインターネットへと移行し始めています。

 

家具業界も同じように、自社サイトでの集客やECサイトでの販売などインターネットでの集客が重要となってきています。ネット集客を行う際に無視できないのがSEO対策です。

 

ユーザーが検索したキーワードで、自社サイトを上位表示させることでサイトへの流入数を増やすことができます。広告費のようなコストをかけずに長期的に集客できるため、ネットを活用した集客を行っている家具やインテリアの会社はSEO対策が必須となります。

 

家具業界の現状

 

総務省の調査によると、家具や寝具、ホームインテリアなどへの支出額は総じて前年を上回る水準で推移しており、家具業界は年々伸びているのが現状です。特にここ数年では、新型コロナウイルスの影響により、自宅のテレワーク環境を整えるためのオフィスワーク家具の販売量が大幅に伸びるなど、コロナ禍を機に家具業界にも新たな需要が生まれました。

 

家具業界の集客方法

 

前述したように、家具業界の集客方法は多様化してきています。インターネットの普及だけではなく、新型コロナウイルスの影響によりインターネットでの購入が更に普及し始めました。

 

そのため、これまでの実店舗での集客だけではなくインターネットを活用した集客にシフトしてきています。自社サイトの運営やECサイトへの出典など、企業によってやり方はさまざまですが、近年ではインターネット上で商品を知ってもらいファン化させることが重視されています。

 

家具ECサイトの市場規模

 

家具業界の市場規模

引用元: 「平成29年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」

 

 

EC市場は年々拡大しており、その中の家具カテゴリーも成長し続けています。経済産業省の調査によると、BtoCのEC市場は16.5兆円となっており前年より1兆円以上増加しました。

 

特にここ数年では、コロナ禍ということもありEC業界の売上は増大しました。外出規制やテレワークの導入により、中でも家具の購入が増え家具ECサイトも売上を伸ばしました。

 

これを受け、ECサイトを持たない企業やすでにECサイトで売上を挙げている企業がネットでのキャンペーン施策を打つようになりました。実店舗にかけていたコストをマーケティングコストに転用し、ECサイトに力を入れ始めているのです。

 

そのため、今後もさらにインターネットでの競争が激化すると予想されるため、より一層SEO対策が重要となります。

 

家具業界で行うべきSEO対策

 

では、家具業界のSEO対策では具体的にどのようなことを行えば良いのでしょうか?ここでは、家具業界で行うべきSEO対策のポイントについて詳しく解説していきます。

 

ロングテールキーワードを狙う

 

ロングテールキーワードとは、検索ボリュームが少なく複数のキーワードをかけ合わせたキーワードのことです。たとえば、「テーブル 円形 ナチュラルブラウン」や「ソファ 二人掛け 緑」などがロングテールキーワードとなります。

 

検索ボリュームの高いビックキーワードは、抽象度が高くさまざまな検索糸が交じる一方で、ロングテールキーワードはユーザーニーズに合わせて細かくアプローチできるため、コンバージョン確度が高くなります。

 

そのため、まずは競合の少ないロングテールキーワードで上位を狙ってコンテンツを増やしていくことが効果的です。

 

タイトルや見出しにキーワードを含める

 

検索エンジンは、ユーザーが検索したキーワードにヒットしたページを検索結果に表示させます。そのため、一番はじめにユーザーが目にするタイトルには必ず対策キーワードを含めるようにしましょう。

 

ユーザーがクリックしたくなるかどうかを左右するため、重要なキーワードをタイトルの前方に入れるなどして訴求力を上げることができます。

 

また、検索エンジンに対してもページがそのような内容であるのかを伝える必要があるため、タイトルや見出しにキーワードを含めることが重要です。検索エンジンは、検索されたキーワードとページの関連性を判断するため、対策キーワードと関連するキーワードを含めることも大切です。

 

関連記事: SEOタイトルの効果的な付け方|実は誤解されているタイトルタグ

 

被リンクを獲得する

 

被リンクは、検索エンジンがサイトを評価する際の重要な指標となります。他のサイトから評価されているサイトは、検索エンジンだけではなくユーザーからも評価されやすくなります。

 

被リンクを獲得するには、ユーザーとの接点を多く作る必要があります。まずはサイトを見てもらい、第三者に紹介してもらえるようなコンテンツの作成が重要となります。

 

良質な被リンクを多く獲得できると、サイトへのアクセス増加も期待できるようになります。

 

関連記事: 被リンクチェックツール8選!被リンクのチェック方法とポイントを解説

 

ユーザーニーズを満たした良質なコンテンツを作成する

 

SEO対策では、ユーザーファーストであることが重要となります。そのためには、ユーザーの求める情報やユーザーの課題を解決するようなコンテンツを作る必要があります。

 

同じ内容のコンテンツを量産したり、他社のコンテンツをコピーしたものは低品質コンテツとして、検索エンジンも評価しません。

 

また、ユーザーニーズを満たすことはもちろん競合他社との差別化を図ることも忘れてはいけません。差別化を図るためには、オリジナリティのあるコンテンツ制作が重要です。自社のコンセプトを打ち出し、自社の強みを明確にてオリジナリティを高めてみましょう。

 

画像の最適化を行う

 

家具ECサイトは、商品画像を複数枚掲載するため画像データが大きくなります。Googleは、ランキング要素の一つとしてページの表示速度を掲げています。

 

そのため、画像データが大きくなりすぎるとページの表示速度にも影響するため、容量を小さくするなどの最適化が重要となります。

 

また、検索エンジンは画像の内容を正しく読み取ることができないためalt属性を設定して、どのような画像なのかを理解してもらえるようにしましょう。

 

alt属性は、検索エンジンに情報を理解してもらうだけではなく、画像が表示されない場合に変わりに設定したテキストが表示されるなどのメリットがあります。

 

内部リンクを設置する

 

ECサイトでは、ユーザーを離脱させないための内部リンク設置が重要となります。ユーザーが本当に探している商品でなくても、ページ内に関連する商品への誘導リンクがあれば、たとえ最初にアクセスした商品ページでコンバージョンをしなくても、別の商品ページでコンバージョンする可能性もあります。

 

このように、ユーザーの検索している商品や条件に合わせて内部リンクを設置してあげることでサイトの離脱率を下げ、コンバージョン率を上げることができます。

 

CVまでの導線設計を最適化する

 

内部リンクの設置と同じように、コンバージョンまでの導線設計を整えることも重要です。ユーザーがその商品を買いたいと思っていても、購入までのプロセスが複雑でわかりづらければ途中で離脱してしまう可能性もあります。

 

そのため、商品ページからコンバージョンに至るまでの導線設計はわかりやすいものであることが大切です。購入プロセスを記載し、今ユーザーがどのステップを行っているかなどを表示したりさせると良いでしょう。

 

分かりやすいUI設計を行う

 

ECサイトでは、UIがCVに大きく影響します。わかりづらく見にくいUIはページの離脱率を上げるだけではなく、CV率が下がるというデメリットもあります。

 

分かりやすいUIにすることで、ユーザーは探している商品にたどり着きやすくなります。また、情報量が多くなってしまうとユーザーは何を選べば良いのかわからなくなるため、ファーストビューではテキスト量を少なくし、シンプルなキャッチコピーと商品画像を掲載するなどの工夫が必要です。

 

モバイル対応を行う

 

スマートフォンの普及により、ECサイトを閲覧する環境は大きく変わりました。そのため、モバイルフレンドリーであるかどうかは、近年Googleも重視しており検索順位に影響を与える要素の一つにもなっています。

 

PC版の仕様のままだと、画面の小さいスマートフォンでは見えづらかったり読みづらかったりします。それが原因で離脱するケースもあるため、今やモバイル対応は必須となっています。

 

モバイルフレンドリーテストを実施し、モバイルフレンドリーなECサイトであるかどうかをテストしてみましょう。

 

関連記事: 超SEO初心者がまずやるSEO対策⑥/モバイルフレンドリー

 

家具業界でSEO対策と合わせて行いたい施策

 

家具業界の集客方法は多様化しており、SEO対策を活用した検索エンジンからの集客以外にも複数の方法があります。集客を最大化させるためには、SEO対策と併用して行うことが重要です。

 

ここでは、SEO対策と合わせて行いたい施策を解説していきます。

 

SNSの運用

 

SNSが普及したことにより、SNSを活用したマーケティングは近年更に注目されています。代表的なSNSには、InstagramやTwitter、Facebookなどが挙げられます。

 

ECサイトの集客にSNSを活用する方法には具体的に、インフルエンサーの活用やSNS内検索対策、口コミの獲得などがあります。また、SNSはユーザーとのコミュニケーションツールにもなるため、直接ユーザーニーズを引き出すことができるなどのメリットもあります。

 

検索エンジン以外にSNS内で検索をして商品を購入するなど、消費行動が変化してきている現在ではSNSの活用は欠かせないものとなっています。

 

有料広告の活用

 

有料広告とは、検索連動型広告やディスプレイ広告、SNS広告などさまざまですが、すぐに成果を出したい場合には効果的です。検索連動型広告では、任意のキーワードで検索した際に必ずサイトが表示されるため、集客開始までの時間が短くすぐに始めることができます。

 

また、地域や時間帯などを調整できるため、ターゲットを絞り込んでアプローチする小音ができます。しかし、有料広告は費用をかけなければ集客力が落ちてしまうため必ずSEOと併用することが重要です。

 

SEO対策で成果が出るまでの期間に短期的に集客をしたいときには効果的です。どのメディアに広告掲載をするのかも十分に検討する必要があります。

 

MEOの実施

 

家具の実店舗を運営している場合には、MEOの実施が効果的です。MEOとは、Map Engine Optimizationの略で主にGoogleマップを対象とした検索結果で上位表示させることを指します。

 

Googleマップの検索結果に上位表示されることで、ビジネスの認知を拡大し来店促進に繋げることができます。スマートフォンが普及し、パソコンからよりもスマホからの検索が多くなり、マップに表示されたお店に経路検索を行って行くということも珍しくはありません。

 

Googleも近年MEOに力を入れてきているため、実店舗を運営している場合にはMEOの実施が今後さらに重要となります。

 

家具業界ではブランディングが重要

 

家具業界では、ユーザーに認知してもらいファンになってもらうというブランディングが非常に重要になります。特に家具は頻繁に買い換えるものではないため、ブランドの価値がさらに重要視されます。

 

また、インターネット上には多くのECサイトや家具のサイトが存在します。その中で自社商品の提供できる価値を明確にしなければ、多くの商品の中に埋もれてしまうことになります。

 

そのため、家具業界ではブランディングが欠かせません。ここでは、ブランディングのステップやポイントについて解説していきます。

 

ブランディングのステップ

 

ブランディングの始めのステップは、ブランドイメージを設計することです。ユーザーにどういうイメージをもってもらいたいのかを明確にし、ブランドの方向性を確立します。

 

次に、ユーザーにブランドの価値が伝わるような施策を考えます。どれだけ高品質な商品を提供したとしても、その価値が消費者に伝わっていなければ意味がありません。そのため、ブランドの価値を分かりやすくユーザーに伝えられる施策が重要となります。

 

最後に、認知拡大を行います。ブランドの方向性が決まり、商品の価値が伝わるように表現されていれば、あとはユーザーとの接点を増やすだけでファンを増やしていくことができます。ユーザーの接点を増やすために、さまざまなメディアを活用したり広告出稿したりするなど認知拡大に繋がるプロモーションを行いましょう。

 

ブランディングのポイント

 

ブランディングを行う際には、市場における自社のポジショニングが重要となります。環境分析を行い、どのポジションで戦っていくのかを明確にする必要があります。

 

既に他社が多くいるポジションでは競争が激しく、優位に立つことも難しくなります。そのためには、自社の強みを活かせるポジションを見つけ他社との差別化を図ることが大切です。

 

他社とよく似たブランディングであればユーザーにも刺さりにくいものになります。ブランディングを行う際には、自社だけのブランドを生み出せるように心がけましょう。

 

 

海外SEOコンサルタント【まとめ】EC市場の拡大に伴い年々拡大している家具業界ですが、インターネットでの集客が主流になっている今では、SEO対策は欠かせないものになっています。拡大している市場では競合が多いため、自社サイトやECサイトでもSEO対策を行い集客の最大化を行うことが重要です。また、SEO対策以外の施策と併用でさまざまなチャネルを活用し、自社家具商品のブランディングを行うことが大切です。

 

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

この記事を書いた人

海外SEOコンサルタント

海外SEOコンサルタント サファウェット パヴィーナ(suphawet paveena)

タイのアサンプションインターナショナル大学(BBA in Business Information Systems at Assumtion Internation University (Bangkok) 卒業後、英国大学院留学。英国のグリニッジ大学大学院国際ビジネス学科(MA in Internation Business Management at Greenwich University (London))卒業後、米国エクゾンモービル社タイ支局勤務。英語、タイ語、日本語のトリリンガル。海外SEOの実績多数。