東京SEOメーカーはSEO業界No.1最安値1ワード1日50円~格安でSEO対策の上位表示を獲得します。2020年最新Googleアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

海外SEO・多言語サイトSEO

 

海外ユーザーを意識したSEO

 

海外SEO(グローバルSEO)とは?

多言語サイトによる海外SEO

海外のユーザーによる検索を意識し、日本以外の国の検索エンジンでの検索結果での上位表示をめざしていくSEO。
国により多く使用されている検索エンジンが異なるなどの理由から、海外SEOを行う場合は対象国を明確に決定してから対策していくケースが多い。

 

海外に支店がある企業のサイト
インバウンド(訪日外国人旅行)向けのサイトなど
海外ユーザーによる検索を意識するケースにおいては、
日本語だけではなく多言語に対応するウェブサイトを構築したり、
複数言語のコンテンツを提供したりしなくてはなりません。

 

日本語版・英語版・フランス語版・タイ語版などを
1つのURLでまとめてディレクトリ階層で分けているパターンや、
地域ごとにサブドメインを取りドメインごと分けているパターンなどがあり、
SEO対策を行う場合、それぞれ気をつけなくてはならない点が異なってきます。

 

複数の国や言語にWEBサイトを対応させることは難しい作業です。

Googleにもガイドラインがあるので必ず一読しましょう。

多言語サイトで大事なことは、
それぞれのページで扱っている文言を
検索エンジンへと適切に伝えられるようにすること
です。

 

東京SEOメーカーでは、海外SEO(グローバルSEO)に関するご相談も承っております。

 

東京SEOメーカー 海外SEO 契約期間12ヵ月 
月額105,000円~(税抜)

※キーワード難易度によって月額料金は異なります。
※6ヶ月分前金でお支払いいただきます。
※詳細金額は別途お見積りいたします。

>>海外SEO対策についてのご相談はこちらから

海外SEOでの対策方法

日本で成功したので次は世界が主戦場という企業や海外向けに事業を立ち上げてWEB集客をしたいという企業も数多くあるはずです。

しかし、日本で成功したノウハウを使って海外でWEB集客をしても多くの場合で失敗してしまいます。

それは日本のSEO対策と海外でのSEO対策では手法が大きく異なるためです。当然コンテンツの質が高いことが上位表示の必須条件ですが、海外SEOではコンテンツが良くても順位に反映されないことがあります。ここでは海外SEOで考えるべき対策を公開いたします。

Googleのサイト言語把握方法

 

サイトがターゲットにしている国を Google が把握できれば、
この情報を使用して各国の検索結果の品質を向上させることができます。

通常、Google では以下の 要素を使用して、
ウェブサイトがターゲットにしている国を判断します。

 

■国別コード トップレベル ドメイン名(ccTLDs)
特定の国に結び付けられているドメイン名(例: “.de”はドイツ、“.cn”は中国など)の場合、ユーザーと検索エンジンは、サイトが特定の国をターゲットにしていることが認識可能となる。
■地域ターゲティングの設定
Search Console の「国によるターゲット設定ツール」の設定により認識可能となる。
(サイトで複数の国をターゲティングしている場合、このツールで認識させることは不可)
■サーバーの場所(サーバーの IP アドレスを使用)
一般的にはサーバーはユーザーの近くにあることが多いため、サーバーの場所をサイトのターゲット ユーザーの場所と判断することがある。しかし必ずしもそうではないことから、サーバーの場所は信頼性の高い情報ではないとされる場合も多い。
■その他の情報
Googleマイビジネスの利用や、サイトに記載のある住所、電話番号、使用されている言語からターゲット国を判断する。

 

SEO対策のお申込みボタン

>>格安SEOのTOPページへ戻る

 

海外向けドメインとURL

トップレベルドメイン(TLD)には分野別トップレベルドメイン(gTLD: generic TLD)と国コードトップレベルドメイン(ccTLD: country code TLD)の2種類があります。

日本では example.jp のようなccTLDで対応できても海外ではそうはいきません。基本的には自国のccTLDを優先して表示する傾向にありますので海外用にドメインを用意するか、現状のURLを使って海外用にURLを作成する必要があります。

例えば、アメリカと中国で対応する場合には次のような対策ができます。

アメリカでの対策例

  • example.us
  • us.example/com
  • example.com/us/

中国での対策例

  • example.cn
  • cn.example.com
  • example.com/cn/

このように国ごとに専用のドメインを用意する方法もありますし、.comなどのgTLDを使って国ごとにURLを使う方法もあります。

サブディレクトリとサブドメインではどちらがSEOに有利というものはありませんので自社で管理しやすい方法を使うと良いでしょう。

言語タグの使用

多言語で対策する場合には必ずhreflangタグを使う必要があります。特に同じ内容のページを多言語で作成している場合にはrel=”alternate”を使う必要もあります。

検索エンジンは非常に解析力が高く、言語が違っていても内容が同じかどうかを判断できますので設定をしない場合には重複コンテンツが複数あると判断されてしまう可能性があります。

lang属性は使えない

言語設定にlang属性を使っているサイトを見かけることがありますが、海外SEOを意識しているならばhreflangのようにlang属性以外の方法で言語設定をしてください。

特にGoogleはlang属性の設定を無視することを明言しており、langの設定だけでは言語が曖昧になり正しい評価を受けない可能性があります。

ただし、既にあるlang設定が悪影響を及ぼすということではありませんので現状の設定があっても直ちに修正する必要があるということではありません。

※厳密には長くなる分、冗長なコードになりますが影響が出るというほどではありません。

インターナショナルターゲティングの活用

インターナショナルターゲティング

サーチコンソールにはインターナショナルターゲティングという設定項目があります。ここでhreflangタグの設定があるかどうかを確認することができます。

もし設定していても「サイトにhreflangタグがありません。」と出るようであれば設定が誤っている可能性があります。※日本語サイトのみを運営しているというような場合であれば設定が必須というわけではありません。

インターナショナルターゲティング2

また、ターゲットとしているユーザーの地域が設定できますので、対象地域が明確な場合には必ず設定しましょう。

格安SEO対策の東京SEOメーカー

外部リンクの良し悪し

ここでの外部リンクとはいわゆるブラックハットSEOの自演リンクのことではなく、対象としているサイトへの被リンクにどのようなものがあるか、という意味での外部リンクです。

例えば、英語のサイトであれば英語圏からの被リンクが多くなるはずですが極端に中国圏からのリンクが多いというような場合には悪影響が出ます。反対にドイツ語のサイトに対してドイツ語でのサイトからのリンクが多ければ評価が高くなります。

これはfollowリンクだけではなく、nofollowのリンクも対象になるといわれています。

つまり、Googleはnofollow設定があっても被リンクとしての評価はしないものの、認識自体はしていて言語設定など別指標での評価に利用しているということを示唆しています。

もしヨーロッパでSEO対策をするのであればヨーロッパで広告を出したり、被リンクとしては効果のないといわれているWikipediaやFacebookからのリンクもつけ流入を促すことで劇的に効果が出るという可能性があります。(実際にそのような例があります。)

ページスピード

ページの表示速度はSEO対策に影響します。日本では「早ければ早いほど高評価」というわけではなく「遅すぎる場合には低評価」というのが現状です。海外SEOでもこれは変わりませんが、海外では日本以上に回線速度が速い地域と遅い地域の格差が大きいため「ページの表示速度をどこまで上げることができるか」はそのまま直帰率や離脱率に大きく影響します。

 

Googleはアナリティクスデータは参照にしていないと明言していますが、最初の検索から次の検索までの時間は計測していて、評価基準に組み込んでいるといわれていますので直帰率が高いということはそのままサイトが低評価を受けてしまうというリスクがあります。

多言語サイトのドメインは共通がよい? 別個がよい?

 

多言語サイトを構築する際、まずはドメインを用意する必要があります。

用意するドメインは、
全ての言語で共通のドメイン
各言語ごとに異なる独自ドメイン(ccTLD)のどちらがよいのでしょうか?

 

SEOに関するメリットデメリットをあげますと、
それぞれ言語別に独自ドメイン(ccTLD)にてサイトを作成した場合
「ドメインの評価が分散されてしまう」というデメリットがあります。

一方で「リスクが分散される」というメリットがあります。

例えば、アルゴリズムのアップデートにより“あるドメイン”がペナルティを受けたとしましょう。
全ての言語で共通のドメインを使っている場合、全ての言語のページが影響を受けてしまいますが、
それぞれの言語で異なるドメインを使用していた場合、直接ペナルティを受けた他は影響を受けません。

 

また全ての言語で共通のドメインを使用する場合、
サブドメインサブディレクトリのどちらで構築するのがよいのでしょうか?

 

結論を先に言うと、
正解はなく、サイトの運用形態に合わせて使い分ける必要があります。

実際に、弊社が担当した大手企業のサイトでも
サブディレクトリで構築されたサイトもありましたし、
サブドメインで構築されたケースもありました。

サブドメイン
ルートドメインとは独立したドメインと判断されます。

サブディレクトリは、
そのドメインのインデックス数などのメリットをそのまま享受できる可能性が高いため、
「1ドメイン、複数サブディレクトリ」 の方がより一般的なようです。
ただしサブドメインの方が適している場合もあるため、
ケースバイケースで判断することが重要です。

 

 

考えられる主なメリット・デメリットを表にまとめてみました。

 

ccTLD
例:example.de,
example.fr,
gTLDサブドメイン
例:de.example.com
fr.example.com
gTLDサブディレクトリ
例:example/de/,
example.com/fr/,
URLパラメーター
例:example.com?loc=de,
?country=france,
メリット:
①地域が明確
②サーバーの場所に依存しない
③サイト分割が簡単
④法的要件に対応しやすい
メリット:
①設定が簡単
②google search consoleの地域ターゲティングを利用可能
③複数の場所にあるサーバーを使用可能
④サイト分割が簡単
メリット:
①設定が簡単
②google search consoleの地域ターゲティングを利用可能
③ホストが同じなため管理がしやすい
メリット:

※あまりおすすめしません
デメリット:
①入手にコストがかかる
②より多くのインフラを必要とする
③ccTLDの要件を満たす必要がある
デメリット:
①ユーザーによってはURLだけでは地域が認識できない可能性がある
デメリット:
①ユーザーによってはURLだけでは地域が認識できない可能性がある
②サーバーが特定の場所に集中しやすいためセキュリティ上の問題がある
③サイト分割が困難
デメリット:
①URLに基づくセグメント化が困難
②ユーザーによってはURLだけでは地域が認識できない可能性がある
③Google search consoleの地域ターゲティングを利用不可

 

多言語サイトで実際にやらなければいけない事

1、重複コンテンツを避ける
rel=”canonical” というページの評価を1つに統一する ために、Googleが推奨しているタグを設定する必要があります。

2、専用のタグで対象国を知らせる
rel=”alternate” hreflang=”x” というタグを 使うことで、同じ言語を使っているが、対象としている国が違う場合状態をGoogle に知らせることができます。

3、Googleマイビジネスに住所を登録する
rel=”alternate” hreflang=”x”というアノテーションタグをヘッダーに記述することで、 検索結果に各言語・地域ごとに合ったページを表示することができます。国際化ドメイン名<IDN>を参照します。

  • 日本<link rel=”alternate” href=”http://example.com/” hreflang=”ja”>
  • アメリカ<link rel=”alternate” href=”http://example.com/america/” hreflang=”en-us”>
  • フランス<link rel=”alternate” href=”http://example.com/france/” hreflang=”fr”>など

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

対象となる検索エンジンへの対応

ここまでは一般的な海外SEOとGoogle対策を中心に解説してきましたが、海外SEOにおいてある意味で最重要なことは対象となる地域の検索エンジンへの対応をどうするかです。

日本ではGoogleとYahooが主要検索エンジンで、YahooはGoogleエンジンを使っているので事実上Google対策だけを行えばよいのですが、海外では国によって主要検索エンジンが大きくことなります。

ほとんどの国ではGoogleが主要検索エンジンですので基本はGoogle対策という点では同じですが、Google以外の検索エンジンの影響を無視できないことも多く、海外でWEB集客をする場合には対応は必須です。

特に中国ではBaidu、Haosou、Sogouの3つの検索エンジンの利用が多く、Baiduはかなり特殊な対策が必要です。

北アメリカ・ヨーロッパへの対策

北アメリカ・ヨーロッパのSEO対策

北アメリカとヨーロッパはGoogleが主流ですが、bingもよく利用される検索エンジンです。

bingの評価基準はGoogleとは異なりますが基本思想は似ていることが多く、コンテンツをきちんと作っていれば対応はそこまで難しくありません。bing Webmater Tools(https://www.bing.com/toolbox/webmaster )には有用なデータも多く必ず登録しましょう。

むしろ競合が非常に多く、コンテンツの質を高く維持することが難しいのが実際です。

ロシアへの対策

ロシアのSEO対策

ロシアでもGoogleは利用されていますがYandex RUという検索エンジンの利用率が非常に高く対応が必須です。

Yandex RUにもWebmasterツール(https://webmaster.yandex.com/welcome/)がありますので登録しましょう。

韓国への対策

韓国のSEO対策

韓国でもGoogleは普及していますが利用率が非常に高いのがNaverという検索エンジンです。

NaverはSEO対策できない検索エンジンともいわれるほど対策は困難ですがNaverの検索結果の特性を活かすことで対応は可能です。

Naverの大きな特徴は次の2つです。

 

  • 検索結果をブロック単位で表示する
  • 企業サイトはほぼ出てこない

Googleでも検索結果の最上位にはリスティング広告の結果3つをブロックで表示します。これと同じことをNaverでも行うのですが、ブロック単位が細分化されており、本当に欲しい情報は1ページ目に出てこないことやそもそも表示されないということが起こりえます。

また、企業サイトをほぼ検索結果に出さないという大きな特徴がありますので公式サイトだけでECサイト以外ではNaverで戦うことは推奨されません。

対して、ブロックの最上位に表示されるのがブログであるということを利用してNaver対策にはブログを活用するというのが王道です。

中国への対策

中国のSEO対策

中国の場合にはGoogleはほぼ使われておらずBaidu、Sogou(https://www.sogou.com/

、Haosou(https://www.so.com/)の3つが主流です。特にBaiduの利用率が非常に高く、中国のSEO対策はBaidu対策といってもよいくらいです。

Baiduを対策するためには大きく3つの方法があります。

  • 中国工信部へのサイト登録申請
  • Baiduへのサイト登録
  • meta情報の設定

 

中国工信部は日本では経済産業省に該当し、ウェブサイトを管理しています。Baiduは中国工信部へ登録しているかどうかを極めて重要視しますので必須です。

また、Baiduという検索エンジンそのものにサイトを登録することもできますので専用フォームからの登録(https://ziyuan.baidu.com/linksubmit/url)もしましょう。

meta情報はGoogleでは使わないものもありますが、Baiduの場合にはGoogle以上に参照する情報が多く、細かく設定することで検索結果への反映ができます。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

SEO対策のお申込みボタン