SEO対策の東京SEOメーカー

スキミングプライシング戦略とは?注意点や条件、事例を紹介!

スキミングプライシング戦略とは?注意点や条件、事例を紹介!スキミングプライシング戦略(上澄み価格設定)は、新製品の早期の資金回収を目的に、製品ライフサイクルの初期段階で価格を高く設定する戦略を指します。スキミングプライシングがうまく機能するためには、条件の理解が不可欠となります。

 

本記事では、スキミングプライシング戦略の概要や条件について解説します。スキミングプライシング戦略は、巨額な投資が必要な製品のマーケティングに適しており、ポイントを押さえた運用によりその効果を最大化できますので、是非とも最後までお読みください。

 

コンテンツ悩み解消

スキミングプライシング戦略(上澄み価格設定)とは?

スキミングプライシング戦略(上澄み価格設定)とは、新製品の市場投入時に高価格を設定し、初期の需要を最大限に活用して早期に資金を回収する戦略です。

 

特に技術革新や独自性の高い製品に適用されることが多く、初期の高価格を支払うことを厭わない「イノベーター」や「アーリーアダプター」と呼ばれる消費者層をターゲットにしています。

スキミングプライシング戦略が成功するためには、製品の独自性や高品質が重要な要素となります。競合他社が容易に模倣できない製品であることが求められ、また、消費者がその高価格に見合う価値を感じることが必要です。

 

スキミングプライシング戦略が利用される背景

スキミングプライシング戦略が利用される背景には、いくつかの重要な要因があります。

 

まず、新製品の開発には多大なコストがかかることが多く、企業はその投資を早期に回収する必要があります。このため、製品のライフサイクルの初期段階で高価格を設定し、初期の熱心な消費者からの収益を最大化することが求められます。

また、技術革新が急速に進む市場では、製品の寿命が短くなる傾向があります。新製品が市場に登場すると、競合他社もすぐに類似製品を投入してくるため、早期に高価格で販売することで競争優位を確保することが重要です。

 

ペネトレーションプライスとの違い

スキミングプライシング戦略とペネトレーションプライス戦略は、どちらも新製品の市場投入時に使用される価格設定戦略ですが、その目的とアプローチは大きく異なります。

 

スキミングプライシング戦略は、製品の初期段階で高価格を設定し、早期に資金を回収することを目的としています。特に技術革新や高品質な製品に適しており、初期の高価格を支払う意欲のある消費者層をターゲットにします。

一方、ペネトレーションプライス戦略は、市場シェアの迅速な拡大を目指して、製品の価格を低く設定する戦略です。価格に敏感な消費者層をターゲットにし、競合他社の参入を防ぐために使用されます。

 

スキミングプライシング戦略を選択できる条件

スキミングプライシング戦略を成功させるためには、次のような条件を満たす必要があります。

 

  1. 商品開発に制約がある
  2. 新商品の需要が価格によってあまり左右されない

 

ここでは、各条件について詳しく解説します。

 

条件1: 商品開発に制約がある

スキミングプライシング戦略を選択する際の重要な条件の一つに、商品開発に制約があることが挙げられます。新製品の開発には多大な時間とコストがかかる場合が多く、特に技術革新や研究開発が必要な製品ではその傾向が顕著です。

また、初期の高価格設定により、製品の価値を高め、ブランドイメージを強化する効果も期待できます。

 

条件2: 新商品の需要が価格によってあまり左右されない

スキミングプライシング戦略を成功させるためには、新商品の需要が価格によって大きく左右されないことが重要です。これは、消費者がその製品に対して高い価値を感じている場合に成立しやすい条件です。

このような製品は、初期の高価格でも購入する意欲が高い「イノベーター」や「アーリーアダプター」と呼ばれる消費者層に支えられます。彼らは新しい技術やトレンドに敏感で、他の人よりも早く新製品を手に入れたいという強い欲求を持っています。そのため、価格が高くても購入をためらわないことが多いのです。

また、製品のライフサイクルが進むにつれて、価格を徐々に下げることで、より広範な消費者層にアプローチすることができます。

 

スキミングプライシング戦略のメリット、デメリット

スキミングプライシング戦略には、次のようなメリットとデメリットがあります。

  1. 資金の早期回収ができる
  2. ブランドイメージを確立できる
  3. ターゲットを拡大できる
  4. 競合が参入しやすい

ここでは、各メリット、デメリットについて解説します。

 

[メリット] 資金の早期回収ができる

スキミングプライシング戦略の大きなメリットの一つは、資金の早期回収が可能である点です。新製品の開発には多大なコストがかかることが多く、これを迅速に回収するためには、初期段階で高価格を設定することが有効です。

特に、技術革新が進む分野や高額な研究開発費がかかる製品においては、この戦略が非常に効果的です。例えば、新しいスマートフォンや高性能な家電製品などは、初期の高価格設定によって早期に資金を回収し、その後の製品改良や新製品開発に充てることができます。

また、早期に資金を回収することで、企業は次のプロジェクトに迅速に投資することができ、市場での競争力を維持することが可能となります。これにより、持続的な成長を実現し、企業全体の財務健全性を高めることができます。

 

[メリット] ブランドイメージを確立できる

スキミングプライシング戦略を採用することで、企業は高価格帯の製品を市場に投入し、プレミアムなブランドイメージを確立することができます。

 

高価格は製品の品質や独自性を強調し、消費者に対して「この製品は特別である」というメッセージを伝える効果があります。特に、技術革新やデザインに優れた製品の場合、高価格設定はその価値を消費者に認識させる手段となります。

また、高価格帯の製品は、ターゲットとなる消費者層に対してステータスシンボルとしての役割を果たすことが多いです。

 

[メリット] ターゲットを拡大できる

スキミングプライシング戦略のもう一つの大きなメリットは、ターゲット市場を拡大できる点です。初期段階では高価格設定により、製品のプレミアム感を強調し、経済的に余裕のある消費者やイノベーター層をターゲットにします。

その後、徐々に価格を引き下げることで、より広範な消費者層にアプローチすることが可能です。価格が下がるにつれて、価格に敏感な消費者層や一般大衆にも手が届くようになり、市場全体でのシェアを拡大することができます。

 

この段階的な価格調整により、製品のライフサイクル全体を通じて、さまざまな消費者層に対して効果的にアプローチすることができます。

 

[デメリット] 競合が参入しやすい

スキミングプライシング戦略の大きなデメリットは、競合が参入しやすい点です。

 

高価格で市場に投入された新製品は、初期段階で高い利益を上げることができますが、その成功が他の企業の注目を集めることになります。競合他社は、同様の製品をより低価格で提供することで市場シェアを奪おうとする可能性が高まります。

特に技術の進歩が速い業界や、製品の模倣が容易な市場では、競合他社が迅速に追随してくることが一般的です。

 

スキミングプライシング戦略の注意点

スキミングプライシング戦略を採用する際には、次のような注意点があります。

 

  1. 高い価格に見合う製品の質が求められる
  2. 価格弾力性が大きい製品では難しい

 

ここでは、各注意点について解説します。

 

高い価格に見合う製品の質が求められる

スキミングプライシング戦略を採用する際には、設定された高価格に見合う製品の質が非常に重要です。消費者は高価格を支払うことで、他の製品にはない特別な価値や機能を期待します。

 

そのため、製品の品質や性能が価格に見合わない場合、消費者の期待を裏切ることになり、ブランドイメージの低下や顧客離れを引き起こすリスクがあります。

また、製品のデザインや使いやすさ、アフターサービスなども重要な要素となります。これらの要素が総合的に評価されることで、消費者は高価格に納得し、購入を決断するのです。

 

価格弾力性が大きい製品では難しい

スキミングプライシング戦略を採用する際には、製品の価格弾力性が重要な要素となります。

 

価格弾力性とは、価格の変動に対する需要の変化の度合いを指します。具体的には、価格が上がると需要が大幅に減少する製品は価格弾力性が大きいとされます。

 

このような製品に対してスキミングプライシング戦略を適用すると、高価格設定が消費者に受け入れられず、売上が伸び悩む可能性があります。

 

スキミングプライシング戦略の事例

スキミングプライシング戦略は、多くの企業が新製品の市場投入時に採用している手法です。ここでは、具体的な事例をいくつか紹介します。

 

iPhoneApple社)

Apple社のiPhoneは、スキミングプライシング戦略の成功例として広く知られています。

 

iPhoneは新モデルが発表されるたびに高価格で市場に投入され、その後徐々に価格が下がるというパターンを繰り返しています。この戦略により、Appleは新製品の初期段階で高い利益を確保し、開発コストを迅速に回収することができます。

また、iPhoneの高価格設定は、ブランドのプレミアムイメージを強化する役割も果たしています。消費者は高価格を支払うことで、最新技術や高品質なデザインを手に入れることができると認識し、Apple製品に対する信頼感が高まります。

 

このように、スキミングプライシング戦略はAppleのブランド価値を維持し、競争力を高めるための重要な手段となっています。

 

パンパース肌へのいちばん(P&G JAPAN社)

P&G JAPAN社の「パンパース肌へのいちばん」は、スキミングプライシング戦略の成功例として知られています。

 

この製品は、赤ちゃんの肌に優しい高品質な紙おむつとして市場に投入されました。初期段階で高価格に設定された理由は、製品の品質と機能性に自信があったためです。

「パンパース肌へのいちばん」は、他の紙おむつと比べて高価格であるにもかかわらず、その優れた吸収力と肌への優しさが消費者に評価され、短期間で市場に浸透しました。特に、赤ちゃんの肌トラブルを避けたい親たちにとって、品質の高さが大きな魅力となりました。

 

スキミングプライシング戦略に関するよくある質問

 

Q:スキミングプライシング戦略とは?

Answer)スキミングプライシング戦略とは、新製品の市場投入時に高価格を設定し、初期の需要を最大限に活用して早期に資金を回収する戦略を指します。

 

Q:スキミングプライシング戦略を活かせる条件は?

Answer)スキミングプライシング戦略が成功するためには、商品開発に制約がある場合や新商品の需要が価格によってあまり左右されない状況が望ましいです。

 

Q:スキミングプライシング戦略の注意点は?

Answer)スキミングプライシング戦略を採用する際には、高い価格に見合う製品の質が求められる点に加え、価格弾力性が大きい製品ではスキミングプライシング戦略が難しくなる点を理解する必要があります。

 

 

まとめ

スキミングプライシング戦略は、新製品の早期資金回収を目指し、製品ライフサイクルの初期段階で高価格を設定する手法です。この戦略を成功させるためには、製品の質が高く、価格に見合う価値を提供できることが重要です。また、競合他社の参入や市場の価格弾力性を考慮することも不可欠です。この戦略を活用するためには、製品の特性や市場の状況を十分に理解し、適切な価格設定を行うことが求められます。スキミングプライシング戦略を上手に取り入れることで、企業は新製品の成功を確実にし、持続的な成長を実現できるようになります。

 

 

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、11期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで2000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

WEBマーケティング

SEO対策