SEO対策の東京SEOメーカー

ペネトレーションプライシングとは?メリットや事例を徹底紹介!

ペネトレーションプライシングとは?メリットや事例を徹底紹介!ペネトレーションプライシング戦略とは、市場シェア獲得のために価格設定をコスト以下、または同等に抑える価格戦略を指します。採算割れもあるリスクある戦略ですが、市場シェア獲得のために行われることの多い戦略です。

 

そこで本記事では、ペネトレーションプライシングの基本的な考え方や戦略策定の手順について詳しく解説します。ペネトレーションプライシング戦略を理解することで、自社のマーケティング戦略策定に役立ちますので、是非とも最後までお読みください。

 

コンテンツ悩み解消

ペネトレーションプライシング(市場浸透価格)戦略とは?

ペネトレーションプライシング(市場浸透価格)戦略とは、新製品やサービスを市場に投入する際に、競争力のある低価格を設定することで市場シェアを迅速に拡大する戦略です。消費者に製品を試してもらいやすくし、初期段階での顧客基盤構築を目的としています。

ペネトレーションプライシングは、特に競争が激しい市場や新規参入が難しい市場で効果を発揮します。低価格で提供することで、消費者の関心を引き、競合他社から顧客を奪うことができます。

 

スキミングプライシングとの違い

ペネトレーションプライシングと対照的な価格戦略として、スキミングプライシングがあります。

 

スキミングプライシングは、新製品やサービスを市場に投入する際に、最初に高価格を設定し、徐々に価格を下げていく戦略です。この戦略は、初期の段階で高価格を支払う意欲のある顧客層をターゲットにし、利益を最大化することを目的としています。

一方、ペネトレーションプライシングは、初期段階で低価格を設定し、市場シェアを迅速に拡大することを目指します。

 

スキミングプライシングが利益の最大化を重視するのに対し、ペネトレーションプライシングは市場シェアの拡大を重視する点で大きく異なります。

 

ペネトレーションプライシング戦略のメリット

ペネトレーションプライシング戦略には、次にあげるようなメリットがあります。

 

  1. 市場における代表的な企業になれる
  2. ブランディングも同時にできる
  3. ターゲット層が幅広くなる

 

ここでは、各メリットについて解説します。

 

メリット1: 市場における代表的な企業になれる

ペネトレーションプライシング戦略を採用することで、企業は市場における代表的な存在となることができます。

 

低価格で商品やサービスを提供することで、消費者の注目を集めやすくなり、短期間で多くの顧客を獲得することが可能です。これにより、市場シェアを急速に拡大し、競合他社に対して優位に立つことができます。

また、低価格戦略を通じて得た顧客基盤は、将来的なブランドの成長にも寄与します。顧客が一度商品やサービスを試して満足すれば、リピーターとなる可能性が高く、口コミや評判を通じてさらなる顧客を引き寄せる効果も期待できます。

 

メリット2: ブランディングも同時にできる

ペネトレーションプライシング戦略を採用することで、企業は単に市場シェアを拡大するだけでなく、ブランドの認知度を高めることも可能です。

 

低価格で高品質な商品やサービスを提供することで、消費者の間で「お得感」や「信頼感」を築くことができます。これにより、ブランドのポジショニングが強化され、競合他社との差別化が図れます。

さらに、低価格戦略を通じて多くの消費者にリーチすることで、口コミやレビューが広がりやすくなります。これがオンラインやオフラインでのブランドの露出を増やし、さらなる認知度向上に寄与します。

 

メリット3: ターゲット層が幅広くなる

ペネトレーションプライシング戦略の大きなメリットの一つは、ターゲット層が幅広くなることです。低価格で商品やサービスを提供することで、価格に敏感な消費者層からも支持を得やすくなります。

 

特に、新規市場に参入する際や競争が激しい市場でのシェア拡大を目指す場合、この戦略は非常に有効です。

また、低価格戦略を採用することで、消費者が初めてその商品やサービスを試しやすくなり、リピーターを獲得するチャンスも増えます。初回購入のハードルが低いため、消費者が商品やサービスの価値を実感しやすく、結果として長期的な顧客関係を築くことが可能です。

 

ペネトレーションプライシング戦略のデメリット

ペネトレーションプライシング戦略には多くのメリットがある一方で、次のようなデメリットも存在します。

 

  1. 利益になるまでが長い
  2. 長期的な消耗戦になる場合がある
  3. 低価格ブランドと印象付けられる

 

ここでは、その主なデメリットについて詳しく解説します。

 

デメリット1: 利益になるまでが長い

ペネトレーションプライシング戦略の一つの大きなデメリットは、利益が出るまでに時間がかかることです。早期に市場シェアを獲得するために、製品やサービスを非常に低価格で提供します。

特に新規参入企業や資金力に限りがある企業にとっては、長期間にわたる低価格戦略は財務的な負担となり得ます。市場シェアを拡大するために必要な広告費やプロモーション費用も考慮すると、初期投資が大きくなることが多いです。

 

デメリット2: 長期的な消耗戦になる場合がある

ペネトレーションプライシング戦略の一つの大きなデメリットとして、長期的な消耗戦になるリスクが挙げられます。初期段階で低価格を設定するため、利益が出るまでに時間がかかります。

また、競合他社も同様の戦略を取る可能性があり、価格競争が激化することがあります。このような状況では、企業は市場シェアを維持するためにさらに価格を下げるか、追加のプロモーションを行う必要が出てきます。

 

デメリット3: 低価格ブランドと印象付けられる

ペネトレーションプライシング戦略の一つのデメリットとして、低価格ブランドと印象付けられるリスクがある点です。

 

市場において低価格戦略を採用することで、消費者はそのブランドを「安いけれど品質が低い」と認識する可能性があります。これは特に、品質やブランドイメージが重要な市場においては大きな問題となり得ます。

例えば、ファッション業界や高級品市場では、価格がブランドのステータスを象徴することが多いため、低価格戦略は逆効果となることがあります。消費者は価格が高いほど品質も高いと考える傾向があるため、低価格で提供することでブランド価値が下がるリスクがあります。

 

ペネトレーションプライシング戦略の流れ

ペネトレーションプライシング戦略を成功させるためには、以下のステップを踏むことが重要です。

  1. 利益が出にくい価格設定で提供
  2. 市場で大きなシェアを獲得する
  3. 価格の見直しを実施する

ここでは、各戦略の流れについて解説します。

 

利益が出にくい価格設定で提供

ペネトレーションプライシング戦略の最初のステップは、利益が出にくい価格設定で商品やサービスを提供することです。これは、競合他社よりも低価格で市場に参入し、消費者の関心を引きつけるための重要な戦略です。

例えば、新しいスマートフォンを発売する企業が、他社の同等スペックの製品よりも低価格で提供することで、消費者に「お得感」を感じさせ、購入を促進します。このようにして、短期間で多くの消費者を獲得し、市場での存在感を高めることができます。

ただし、この戦略を成功させるためには、初期の損失をカバーするための十分な資金力が必要です。また、低価格で提供する商品やサービスの品質を維持することも重要です。品質が低下すると、消費者の信頼を失い、逆効果となる可能性があります。

 

市場で大きなシェアを獲得する

ペネトレーションプライシング戦略の主な目的は、市場で大きなシェアを獲得することです。低価格で商品やサービスを提供することで、消費者の関心を引き、競合他社よりも多くの顧客を獲得することが可能になります。

 

この戦略を採用することで、特に新規参入企業や新製品を市場に投入する際に、迅速に市場での存在感を高めることができます。

低価格でありながら高品質な商品やサービスを提供することで、顧客の信頼を得ることができ、リピーターを増やすことができます。これにより、短期間で市場シェアを大幅に拡大することが可能となります。

 

価格の見直しを実施する

ペネトレーションプライシング戦略の最後のステップは、価格の見直しです。初期段階で低価格を設定することにより市場シェアを獲得した後、企業は持続可能な利益を確保するために価格を再評価する必要があります。

価格の見直しは、単に価格を引き上げるだけではありません。消費者の価格感度や競合他社の動向を分析し、適切なタイミングで価格調整を行うことが重要です。例えば、一定の市場シェアを確保した後、徐々に価格を引き上げることで、消費者に大きなショックを与えずに利益を増加させることができます。

 

ペネトレーションプライシングの事例

ペネトレーションプライシング戦略を採用して成功を収めた企業として、アマゾンと楽天モバイルが挙げられます。ここでは、各事例について解説します。

 

アマゾン

アマゾンは、ペネトレーションプライシング戦略を巧みに活用して市場シェアを拡大した代表的な企業の一つです。

 

特に、アマゾンがこの戦略を効果的に用いたのは、電子書籍リーダー「Kindle」の販売においてです。アマゾンは、Kindleを非常に低価格で提供することで、多くの消費者に手に取ってもらい、電子書籍市場でのシェアを急速に拡大しました。

また、アマゾンはプライム会員制度を導入し、低価格で多くの特典を提供することで、顧客のロイヤリティを高めることにも成功しています。

 

楽天モバイル

楽天モバイルは、日本国内でのペネトレーションプライシング戦略の成功例として知られています。

 

楽天モバイルは、通信業界に新規参入する際に、他社と比較して非常に低価格なプランを提供することで市場シェアを急速に拡大しました。

 

特に、月額料金が無料になるキャンペーンや、データ通信量無制限のプランなど、消費者にとって非常に魅力的なオファーを展開しました。

この戦略により、楽天モバイルは短期間で多くのユーザーを獲得し、競争の激しい通信業界での地位を確立しました。

 

ペネトレーションプライシングに関するよくある質問

 

Q:ペネトレーションプライシングとは?

Answer)ペネトレーションプライシング戦略とは、新製品を市場に投入する際に、競争力のある低価格を設定することで市場シェアを迅速に拡大する戦略を指します。

 

Q:ペネトレーションプライシングのメリットは?

Answer)ペネトレーションプライシング戦略は、市場シェアを獲得しやすくなることから、ブランド認知を高め、ターゲット層を拡大できる点がメリットとなります。

 

Q:ペネトレーションプライシング戦略の進め方は?

Answer)ペネトレーションプライシング戦略は、利益が出にくい価格設定から市場シェアを獲得し、最終的に価格の見直しを行い利益を高めていきます。

 

 

まとめ

ペネトレーションプライシング戦略は、市場シェアを迅速に獲得するための強力な手段です。低価格で市場に参入し、競争相手を圧倒することで、消費者の心を掴むことができます。しかし、その一方で、利益が出るまでの期間が長くなる可能性や、低価格ブランドとしての印象が定着するリスクも伴います。本記事では、ペネトレーションプライシングの基本的な考え方から、メリット、デメリット、具体的な事例までを詳しく解説しました。ペネトレーションプライシングを効果的に活用し、市場での成功を目指しましょう。

 

 

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、11期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで2000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

WEBマーケティング

SEO対策