meoの目的やメリットとは?確認できるデータやMEO対策の方法を解説

MEO対策MEOとは、Google検索をしたときに表示されるGoogleビジネス情報が上位で表示されるようにする施策です。「渋谷 居酒屋」のように地域と業種で検索をすることで条件にあった店舗が選ばれて表示されます。このことで、店舗の住所や営業時間、画像などがユーザーの目に入りやすく来店をしてもらえる可能性が高くなります。

表示されるのは3枠までで、この中に店舗の画像や情報を表示させることにより表示されていない店舗と大きく差別化ができます。認知やブランディング効果も高く、自分で取り組む場合はコストがかからず業者に依頼してもSEO対策と比較してコストを抑えられるのが特徴です。そのため、決まった地域において店舗の広告をする場合はMEOを活用すべきです。

SEOコンサルタント今回は、MEOを活用するべき理由や測定できるデータを解説します。

 

MEOとは

MEO(Map Engine Optimization)とは、Google Mapの検索エンジンを最適化することです。例えば、銀座の歯医者を検索する場合、銀座 歯医者」と入力すると、3店舗まで「銀座、歯医者」の検索結果にあったものが表示されます。

MEOの目的は「池袋 スポーツジム」のように地域と業種を合わせて検索されることであり、地域密着型の集客に効果があります。クリニックやスーパーのような限定した地域においての集客が目的の場合は、MEO対策が有効です。このように、地域を限定してビジネスをしている場合、MEO対策の方がSEO対策よりも効果が出る可能性があります。

MEO対策

MEO対策は、Googleマップに登録している店舗の検索順位を上げるだけでなくGoogle検索にも反映されるためマーケティングにおいて重要な施策となります。Google検索で「新宿 居酒屋」のように地域と業種で検索すると、該当する店舗が次のように3か所表示されます。

  • 酒場つみぎ堂新宿店
  • 全室個室和牛と旬の野菜の店おすすめ家新宿本店
  • 御八新宿中央口店

この画面をローカル検索結果といい、ユーザーは画像や店舗情報などを検索結果画面で確認できるため、興味を持つ可能性が高くなります。

meo対策

MEO施策は、この3つの枠に店舗を表示させるのが大きな目的です。大きなメリットとして、施策をしてから上位表示されるまでの時間の短いことが挙げられます。SEO対策をしてもコンテンツを充実させたり、内部リンクを設置したりするなどすべきことが多く、さらにすぐに結果がつながるとはいえません。しかし、MEO対策は比較的早く結果にでるためコスト削減につながる可能性があります。

上位3店舗以外の場合は、「さらに表示」をクリックすると順番に表示されます。上位3店舗と同じように店名や住所、営業時間、地図などが表示されますが「さらに表示」をクリックしないと表示されないほか、表示される店舗数が異なるため上位3店舗とはユーザーにとって目立ち方が異なります。

meo対策

しかし、上位3店舗に目的の店がない場合、できるだけ多くの店を見て調べたい場合などさまざまなケースがあるため、MEO対策をして少しでも上位表示させることが重要です。

MEO施策をすることで「新宿 居酒屋」のように明確な検索内容に対して結果がでるため見込み役への認知度を高め集客につなげやすくなります。

MEOの目的

MEOの大きな目的として、地域密着型の集客効果を上げることがあります。例えば、地域名とサービス名といった検索をするユーザーに対して、検索結果に対応するのがMEO対策です。キーワードと地域名を加えて検索するユーザーは、限定した地域でキーワードに関連したサービスを探しています。MEO対策をすることで、優良な見込み客を見つけやすいのが特徴です。

SEOとの違い

MEOとSEOはいずれも、検索結果の上位に表示させることが目的です。しかし、SEOは
WEBを上位表示させることでMEOはビジネスプロフィールのデータを3つの枠に入れることが目的です。

さらに、業者に依頼する場合、施策にかかる費用も大きく異なります。MEOはSEOに比べてシンプルであるため、一般的に外注する場合のコストを抑えることができます。

ローカルSEOとの違い

MEOとローカルSEOは地域に特化したビジネスサイトに関連しており意味合いは似ています。しかし、ローカスSEOは地域に関連したビジネスサイトの最適化が含まれているのに対して、MEOはGoogleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)の検索上位を目指す施策すべてが対象となります。つまり、ローカルSEOは幅広く地域性の高いビジネスに関連したサイトの最適化施策であり、MEOは地図検索に特化して情報の表示を最適化しています。

Googleビジネスプロフィール

MEOを導入するためには、Googleビジネスプロフィールの登録が必要です。Googleビジネスプロフィールは無料で登録が可能であり、登録内容もシンプルであることから業者に依頼しなくても自分でも簡単にできます。そのため、MEO自体は無料でもできる施策です。

googleビジネスプロフィール

 

重要なポイント

Googleビジネスプロフィールを設定する上で重要なポイントとなるのが、店舗の要素がわかるような画像です。例えば料理店であれば、料理の画像が重要になりますがそれ以外にも店舗の様子や外観、店員の雰囲気など画像を見ただけで店舗を想像しやすくすることが重要です。

正しい情報を記載する

ユーザーは、店舗が提供しているものや営業時間、住所などを調べます。そのため、正確な情報を記載することが重要です。例えば、急に定休日にしたりセールをしたりする場合はリアルタイムで情報を更新することが重要です。正しい情報を記載していないと、ユーザーからもGoogleからも評価を下げることになります。

MEOのメリット

MEOには次のようなメリットが挙げられます。

  • 通常検索より目立つ場合がある
  • 優良顧客を集めやすい
  • コストがかからない
  • 競合が限られる

通常検索より目立つ場合がある

MEOは、Googleマップ検索において上位化するだけでなく、地域や業種で絞って検索をする方法にも影響があります。

例えば「渋谷 美容院」で検索すると広告部分を除いては、MEO枠で次の3店舗が表示されます。

  • hari salon nano
  • HAIR SALON M 渋谷店
  • HONEY shibuya 渋谷美容院

MEO対策
通常の検索結果で1位に選ばれた「渋谷の美容院・美容室・ヘアサロンを検索・予約する(ホットペッパービューディー)」は、MEO枠での3店舗の下ということになります。さらに、MEO枠の3店舗はGoogleマップでの位置、評価、事業年数、営業時間などが表示されており、通常枠1位のホットペッパービューティーよりも明らかに目に入ります。

「渋谷 美容院」のような地域を限定して検索しているユーザーは、正確な位置を求めているはずです。そこで、Google Mapが表示されるため一目瞭然です。

一般検索において上位に来ているのがホットペッパービューティーや楽天ビューティー、OZmallなどの条件にあった複数の店舗を紹介するWEBサイトです。しかし、このようなサイトであれば、それぞれのサイトでもう一度美容院を調べなおす手間が必要です。

そもそも、「渋谷 美容院」で検索をするユーザーがホットペッパービューディーのような複数の店舗を紹介している記事を求めているとは限りません。そのため、地域と業種で検索しているユーザーに対しては、一般検索つまりSEO対策よりもMEO対策のほうが来店につながる広告効果の高い可能性があります。

優良顧客を集めやすい

MEOでの検索ワードや、地域や業種などに加えてユーザーの目的が含まれていることが多く、今ユーザーがリアルタイムで求めている内容が主となります。そのため、来店や予約などにつなげやすく優良顧客を集めやすい特徴があります。

コストがかからない

SEO対策は検索上位に表示させるためにコンテンツや内部施策、そのほかさまざまな対応が必要となりコストがかかることが一般的です。MEO対策はGoogleビジネスプロフィールを使う必要がありますが、無料で登録できるほか、登録できる内容が限られているため自分で対応できることからもコストをかける必要はありません。MEO対策を自分でしたり、Googleビジネスプロフィール運営を業者に依頼したりすることもできますが、一般的にSEO業者と比較して安いことからコストパフォーマンスの良い特徴があります。

競合が限られる

MEO施策は、地域と業種が限られていることからSEO対策をはじめとしたほかのWEB広告施策と比べて競合は限られます。さらに、SEO対策に比べてMEO対策の認知度が低いことから本格的に取り組んでいる店舗が少ないというメリットがあります。

MEO対策の方法

MEO対策には次のような方法が挙げられます。

  • ビジネスプロフィールに登録
  • 画像や動画の追加
  • ビジネスプロフィールの登録
  • 口コミを増やす
  • NAPの統一

ビジネスプロフィール情報に登録

Googleで地図検索をしたときにランキングに表示されている店舗は、 Googleビジネスプロフィールで登録されているサイトです。

店舗の業種や住所、営業時間、サービスやメニュー、WEBサイトのURLなどプロフィールに必要な項目を入力してください。高い評価をされるためには、精緻に詳細に記載することが重要です。さらに、ビジネスプロフィールに記載する内容はキーワードや検索トピックと関連付けられていることが必要です。

画像や動画の追加

ユーザーが店舗のイメージをしやすいように店舗の風景や商品、サービスのイメージ画像、スタッフの画像や店舗のイメージがわかる動画などを投稿することが重要です。わかりやすい画像や動画を載せることは検索評価をあげることにつながります。ユーザーに提供する情報は正確なものでないといけません。

商品やサービスなどに満足してくれたユーザーがいると、SNSで画像や動画を拡散してくれる可能性があります。

口コミを増やす

ユーザーからの好意的な口コミが多ければ高い評価の店舗であると評価され、検索結果画面に影響します。さらに、ユーザーにとって最終的に口コミで店舗に行くかどうかを決める場合もあり、集客につながる要素です。特にキーワードに沿った口コミは検索評価が高くなることから、ユーザーに店舗の様子やサービスや商品の評価などを具体的に書いてもらうことをおすすめします。

ユーザーからの口コミに対して返信することで、店舗情報を閲覧している多くのユーザーの目に留まることになります。返信をしたことで検索評価に影響する気ではありませんが、集客につながる可能性があるのです。

NAPの統一

NAPとは、N(name、名前)、A(address、住所)、P(Phone、電話)の頭文字をとったものであり、これらの基本情報において会社情報とGoogleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)に記載されている内容が統一されていなければいけません。変更があった場合は、その都度修正が必要です。

やってはいけないMEO対策

次のようなMEO対策はやってはいけないので注意が必要です。

  • 地域や業種を入れる
  • 過度な表現をする
  • Googleが設定しているガイドラインを違反する

地域や業種を入れる

Googleビジネスプロフィールに記載する店舗名に地域と業種を入れるのはNGです。検索でヒットしやすいようにユーザーが検索しそうなキーワードを複数入れることによって、説明文が長文になり店舗名が見づらくなります。この状況は検索しているユーザーにとって求めているものではなく、本当に必要な情報を探しづらくなってしまいます。

例えば、山田ケーキ店のように店名や屋号をそのまま載せるのであれば問題ありません。しかし、「○○テレビで取り上げられた新宿で行列になっているケーキ店」のように、キーワードを盛り込んでユーザーにとって不要な情報を詰め込むのはNGです。しかし、MEO対策業者であってもこのようにキーワードを盛り込むスパム行為をしているので、依頼する際には注意が必要です。

結果的にユーザーはGoogleで検索しなくなってしまうためGoogleは地域と業種など多くのキーワードをビジネスプロフィールに記載しているものを排除しています。検索上位に表示されることだけを考え、ユーザビリティを無視した表記はGoogleに評価されません。

過度な表現をする

Googleビジネスプロフィールにおいて、特別料金や業界一などの過度な表現をした広告はルール違反としています。一般的なWEBページで問題ないような地域最安値や特典などの表現も対象となるので注意が必要です。

Googleが設定しているガイドラインを違反する

差別やテロ関連、特定の人への嫌がらせなどGoogleが不適切と判断した場合は、ガイドライン違反となるので注意が必要です。さらにGoogleにはビジネス名のガイドライン違反があり、正式なビジネスの名称以外のビジネス名を使用すると不承認となります。

MEOの注意点

MEOには次のような注意点が挙げられます。

  • 口コミを得るのがむずかしいビジネスがある
  • 特定のターゲット地域がないビジネスには向かない
  • 検索時にGoogleマップが表示されない
  • Googleビジネスプロフィール登録が不十分

口コミを得るのがむずかしいビジネスがある

飲食店や小売店などは口コミを集めやすい特徴がありますが、なかには口コミを得るのがむずかしいビジネスもあります。

例えば、「コンサルティング」の場合、企業規模に対して口コミ数が少ないのが一般的です。

meo対策

特定のターゲット地域がないビジネスには向かない

MEOはGoogle検索をするうえで、業種と地域に絞ったユーザーに対して効果があります。そのため、ECサイトのように全国のユーザーが対象である場合のように特定のターゲット地域がないビジネスには向いていません。

検索時にGoogleマップが表示されない

Google検索をするとGoogleマップ枠が表示されることが一般的です。例えば「スイミングスクール 港区」で検索すると、3つのスクールが表示されます。

  • スパ白金スイミングスクール
  • 水泳個人レッスン(東京スイミーSS)
  • The Premier Club

港区の地図が表示されて、それぞれのスクールの住所や電話番号、営業時間などが表示されるため検索しているユーザーにしてみたらクリックしたくなります。

MEO対策

MEOはGoogle検索をしたときに、該当の条件を満たして上位に選ばれた3店舗が表示されることで効果があります。しかし、なかにはGoogleマップ枠が通常どおり表示されないことがあります。

例えば、検索結果は1店舗に独占されているケースがあります。一定の地域と業種においてほかの店舗と比べて圧倒的に充実しており、Googleからの評価が高い場合です。

Googleビジネスプロフィール登録が不十分

MEOはGoogleビジネスプロフィール登録が必要です。そのため、オーナー登録が済んでいなかったり、ステータスが公開になっていなかったりする場合は表示されません。ほかにも、登録した情報が正確ではない場合は情報が一致しないことから表示されないので注意が必要です。

 

MEOで測定可能なデータ

MEOで測定できるのは次のようなデータが挙げられます。

  • 検索方法と語句
  • 行動履歴
  • エリア
  • 発信履歴
  • 写真の閲覧結果

検索方法と語句

検索方法と語句

検索結果にてGoogleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)が表示された場合、検索に使ったキーワードや検索方法を確認できます。検索方法としては、次の3種類が挙げられます。

  • 直接検索
  • ブランド名での検索
  • 間接検索

直接検索

直接検索とは、ユーザーが店の名前や住所などで検索をして該当となる店舗を見つけた場合をいいます。一般的にユーザーはもともと店のことを知っていて、より詳しい情報を調べています。そのため、クリック数は自然に増える傾向にあります。例えば、店名はわかるけど住所を知りたい、予約したいから電話番号を知りたいといった目的で検索するのが一般的です。

ブランド名での検索

例えばユニクロであればヒートテックのように、ユーザーがブランド名で検索することによって情報を見つけた場合のことです。正式な店舗名を忘れている場合や、店舗名よりもブランド名の方が認知度の高い場合などによくあります。店舗名を知らなくても、店のことを知っている可能性が高いためこの検索方法でもクリック数は増えます。

間接検索

間接検索は直接検索やブランド名での検索と違い、「新宿 美容院」のように目的と業種で調べるのが一般的です。ユーザーが店舗のことを知らないことがほとんどであり、クリック数を上げる対策をすべきなのはこの間接検索です。MEOはこの間接検索において、店舗を表示させるための施策です。

行動履歴

行動履歴

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)を見つけた後に、電話連絡をしたり画像を確認したりなどユーザーの行動履歴が残ります。ユーザーがどのような行動をしたかによって、今後の対策を立てることができるため重要なデータです。

エリア

エリア

エリアとは、どの場所から店舗までの行き方を検索したかを確認できます。つまり、どこからユーザーが店舗に来ているかを分析することが可能です。

発信履歴

発信履歴

発信履歴とは、店舗に電話やメールで連絡が来た場合の日付や回数を確認できます。連絡がきやすい曜日や時間を確認することにより、できるだけ早く電話に出たり返信したりできるように工夫します。

写真の閲覧結果

写真の閲覧結果

Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)に掲載している画像において、閲覧回数を確認できます。そのため、定期的に確認して回数の多い写真を見やすい位置に移動したり、閲覧されていない画像の入れ替えをするなど定期的に対応が必要です。

MEOにおいて測定される項目

MEOでは次のような項目が測定されます。

  • 検索される場所からの距離
  • 企業や店舗の知名度

検索される場所からの距離

ユーザーが検索する場所から、企業や店舗などの場所までの距離が重要になります。今すぐ行動したいユーザーにとって、できるだけ近くの店舗を探しているケースがあります。

企業や店舗の知名度

世間一般に企業や店舗がどれほど知られているかが評価をする対象となります。公式のガイドラインには視認性と書かれていますが、オンライン上にビジネス情報が記載されているか、またSNSやポータルサイトなどによく取り上げられているかなどを評価します。

まとめ

SEOコンサルタントMEOとはWEB施策の1つで、ローカル検索結果において該当の店舗を上位に表示させることを目的としています。無料で登録できるGoogleビジネスプロフィールを活用して上位表示させるための施策であるため、無料でも進めることが可能です。運用や上位表示させるために外注したとしてもSEO対策をするよりはコストや手間を抑えることができるメリットがあります。「恵比寿 居酒屋」など業種や地名で検索したときに、上位3店舗までに入るとGoogleマップや店舗情報が表示されるためユーザーの目に入りやすくコンバージョンにつながりやすくなります。

 

 

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、11期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで2000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事