PWAとは?‐PWA for WordPressの使い方と設定・動作確認・アクセス解析の方法を解説

pwaとは

PWA(Progressive Web Apps)は、Webサイトをスマホアプリのような形で使えるようにする仕組みです。より簡易的にアクセスしてもらえるようになったり、プッシュ通知を送れたりすることがメリットで、最新技術に積極的な企業を中心に少しずつ普及しています。

 

SEOコンサルタント一見、導入が難しそうに感じますが、プラグインを活用すれば設定も複雑ではありません。そこで本記事では、PWAの概要や導入前に準備すべきもの、実装からアクセス解析までの流れについて詳しく解説します。

 

 

PWAとは何か

 

PWAは、Webサイトをスマホアプリと同様に使えるようにする技術です。デスクトップとモバイルの両方でインストールでき、ユーザーはデバイスを問わずWebサイトをアプリのように使用できます。

 

PWAを導入することでユーザーが得られる主なメリットは、以下のとおりです。

 

  • 使用頻度が高いサイトをホーム画面に追加できる
  • ネット環境がないオフラインでもサイトにアクセスできる
  • 信頼性の高いアプリを高速で使用できる

 

参考:web.dev「プログレッシブウェブアプリとは何ですか?

 

PWAはスマホアプリのように使え、かつインターネット環境を必要としません。ページの読み込み速度も速いので、GoogleChromeなどからWebサイトにアクセスする場合よりも圧倒的に利便性が高いです。

 

ユーザーの利便性向上はアクセスアップにつながるため、上記のメリットはサイト運営側にもポジティブな影響を与えます。PWAでは、プッシュ通知やジオロケーション(ユーザーの位置情報を扱う技術)なども使用できるため、活用次第では能動的にユーザーにアプローチすることも可能です。

 

実際、PWAを導入したことで、以下のように高い成果を上げた企業は少なくありません。

 

  • Twitter:セッションあたりのページ数が65%増加
  • Hulu:再訪問数が27%増加

 

少しでもアクセスアップを図りたいなら、設定しない理由はないといえます。

 

 

PWA化の前に準備すること

 

PWAの導入には、あまり多くの時間を要しません。ですが、予め以下を準備しておくとよりスムーズに​​PWAを実装できます。

 

  • 2枚の画像
  • 固定ページ
  • サイトのSSL化

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

1: 2枚の画像

 

PWAを設定する際には、以下2枚の画像が必要です。

 

  • 192px × 192pxの画像(PNG形式)
  • 512px × 512pxの画像(PNG形式)

192px四方の画像は、アプリのアイコンとして使用します。512px四方のものは、アプリの起動処理時に表示されるスプラッシュスクリーン用の画像です。

 

サイトのアイコンに印象的な画像を設定すると、リピートにつながったりブランディングできたりします。PWAを実装する際には、慎重に画像を選定しましょう。

 

2: 固定ページ

 

PWAを導入する際には、以下の固定ページも設定する必要があります。

 

  • Start Page
  • Offline Page

Start Pageは、アプリの起動直後に表示されるページです。Offline Pageは、ネットワークの接続がない状態でアクセスした場合に表示されるページを指します。

 

固定ページのコンテンツが魅力的でないと、せっかくアプリが起動されてもすぐに離脱されかねません。表示回数が多いページなので、質の高い内容に仕上げておきましょう。

 

3: サイトのSSL化

 

PWAを実装するには、対象となるWebサイトをSSL化していないといけません。SSLとは、通信を暗号化することでデータの盗聴・改ざんを防ぐ仕組みです。

 

SSL化されているサイトは、URLが「http」ではなく「https」から始まります。アドレスバーに鍵マークが表示されることも特徴の一つです。

 

SSL化されているかどうかは、検索順位にも影響を及ぼすとGoogleが公表しています(参考:Google検索セントラル「ランキング シグナルとしての HTTPS」)。SEO対策を行う上でも、WebサイトをSSL化することは重要だといえるでしょう。

 

PWAを実装する際の全体の流れ

 

ここからは、PWAを実装する具体的な方法を解説します。本章ではインストールからアクセス解析までの流れを紹介し、次章以降で各項目を詳しく解説していきます。

 

PWAを実装する際の全体の流れは、以下のとおりです。

 

  • PWAをインストールする
  • PWAを有効化して設定を行う
  • 動作確認する
  • PWA経由でのアクセスを解析する

PWAの実装にはそれほど多くの時間は必要ありません。早速次章より、PWAのインストール方法を確認していきましょう。

 

PWA for WordPressのインストール方法

 

PWA for WordPressのインストール方法は、以下の2種類です。
  • ZIPファイルをアップロードする方法
  • プラグインを導入する方法

それぞれ詳しく解説します。

 

1: ZIPファイルをアップロードする方法​​

 

一つ目は、ZIPファイルをアップロードする方法​​です。

PWAプラグイン
  1. Super Progressive Web Apps」をダウンロード
  2. WordPressの管理画面「プラグイン」をクリック
  3. 「新規追加」をクリックし「プラグインのアップロード」をクリック
  4. ZIPファイルをアップロード

 

複雑な操作は一切ありません。直接ダウンロードする方法に馴染みがある場合は、このやり方でインストールするとよいでしょう。

 

2: プラグインを導入する方法

 

二つ目は、プラグインを導入する方法です。

pwaプラグイン
  1. WordPressの管理画面「プラグイン」をクリック
  2. 「新規追加」をクリックし、検索欄に「Super Progressive Web Apps」を入力
  3. 同プラグインをダウンロードして有効化する

どちらの方法でインストールしても、その後の動作には影響しません。自分にとって簡単な方法で導入してみてください。

 

PWA for WordPressの設定方法

 

PWA for WordPressの設定方法を紹介します。設定が必要な項目は、以下の11個です。

PWA管理画面
  1. Application Name
  2. Application Short Name
  3. Description
  4. Application Icon
  5. Splash Screen Icon
  6. Background Color
  7. Theme Color
  8. Start Page
  9. Offline Page
  10. Orientation
  11. Display

項目の数は多いですが、入力内容は簡単なものばかりです。それぞれの詳細や入力すべき内容について、順に確認していきましょう。

 

1: Application Name

 

Application Nameは、アプリケーション自体の名前です。ユーザーが認識する名称となるので、覚えやすい名前にしましょう。

 

ただ、基本的にはWebサイトの名称と同じで問題ありません。初期状態ではサイト名になっているため、変更する場合は任意のテキストを入力してください。

 

2: Application Short Name

 

Application Short Nameは、アプリケーションのショートネームです。表示範囲の関係で、一つ目の「Application Name」をすべて載せられない場合に使用されます。

 

フルネームが短い場合は、同じ名称を入力しておけば問題ありません。

 

3: Description

 

Descriptionは、アプリケーションの概要を説明するものです。どんなアプリなのかユーザーが理解できるように、簡潔に入力しましょう。

 

初期状態では、Webサイトに設定されたディスクリプションが登録されています。

 

4: Application Icon

 

Application Iconは、アプリのアイコンとして使用する画像です。前述した「192px × 192pxの画像」のことなので、事前に準備したものをアップロードしましょう。

 

アップロードする際には「Choose Icon」をクリックすると、任意の画像を追加できます。

 

5: Splash Screen Icon

 

Splash Screen Iconは、スプラッシュスクリーン用の画像です。前述した「512px × 512pxの画像」のことで、アプリの起動処理時に表示されます。

 

この画像を設定しないとアプリ起動中の離脱につながるので、必ず設定しましょう。

 

6: Background Color

 

Background Colorは、スプラッシュスクリーンの背景色となるものです。基本的には、Webサイトのテーマカラーを設定しておけば問題ありません。

 

設定後の変更も可能なので、まずはシンプルな色を設定しておくとよいでしょう。

 

7: Theme Color

 

Theme Colorは、ヘッダー部分(ステータスバー)に表示される色です。

 

サイト内に複数の色があると視認性が悪くなるため、六つ目の「Background Color」と同じ設定にするのが無難です。

 

8: Start Page

 

Start Pageは、アプリケーションの起動直後に表示されるページです。前述した固定ページのことなので、事前に準備したものを設定しましょう。

 

なお、初期状態ではトップページを意味する「Homepage」が設定されています。

 

9: Offline Page

 

Offline Pageは、ネット環境がない状態でアクセスした場合に表示されるページです。このページについても、第二章の「PWA化の前に準備すること」内で紹介しました。

 

スタートページ同様に、初期状態ではトップページを意味する「Default」が設定されています。変更が必要な場合は、任意の別ページを設定しましょう。

 

10: Orientation

 

Orientationは、アプリケーション起動時の画面の向きを決める設定です。以下の3種類が用意されており、希望に応じたものを選択するだけで問題ありません。

 

  • Follow Device Orientatio:端末の設定に合わせて縦・横に自動表示
  • Portrait:縦画面表示
  • Landscape:横画面表示

 

11: Display

 

Displayは、アプリケーションの表示形式に関する設定です。以下4つの選択肢が用意されています。

 

  • Fullscreen:全画面表示
  • Standalone:ネイティブアプリのように表示
  • Minimal UI:横画面表示
  • Browser:ブラウザ表示

一般的には、ネイティブアプリのように表示することが多いです。よって、迷う場合は「Standalone」を選択しておくとよいでしょう。

 

上記11項目の入力ができたら、PWAの設定は完了です。左下にある「Save Settings」をクリックして、入力した設定を保存してください。

 

PWA for WordPressの動作確認方法

 

PWAの設定が完了したら、動作確認をして表示などに問題がないかチェックしましょう。動作の確認方法は、スマホまたはGoogleデベロッパーツールを用いる2種類があります。

 

1: スマホでの確認方法

 

スマホでの確認方法は、以下のとおりです。

 

  • GoogleChromeなどから対象のWebサイトにアクセスする
  • 画面下部に「ホーム画面に〇〇を追加」の表示があることを確認する
  • 追加した場合に、問題なくアプリ化されることを確認する

 

なお、上記の確認ができるのはAndroidスマホのみです。iPhoneはポップアップの通知に対応していないため、この方法では設定に問題がないか確認できません。

 

スマホでの確認ができない場合は、二つ目の方法で動作をチェックしましょう。

 

2: Googleデベロッパーツールでの確認方法

 

Googleデベロッパーツールでの確認方法は、以下のとおりです。

 

  • Googleデベロッパーツールを開く
  • 「Application」を選択する
  • 「Manifest」に設定内容が反映されていることを確認する
  • 「Service Workers」内の「status」を見る
  • 「activated and is running」になっていることを確認する

 

上記をすべて確認できたら、PWAが適切に設定できています。パソコンで設定を確認する場合は、この手順で取り組んでみてください。

 

なお、Googleデベロッパーツールは以下のいずれかの方法で開けます。

 

  • Webサイト内で右クリック→検証をクリック
  • F12(Windowsの場合)
  • Command+Option+I(Macの場合)

 

PWA for WordPressのアクセス解析方法

 

最後に、PWA for WordPressのアクセス解析方法を紹介します。2つのステップで簡単にできるので、動作確認まで完了したら合わせてチェックしておきましょう。

 

1: アドオンを有効化する

 

まずは、PWAが用意するアドオンを有効化します。具体的な手順は、以下のとおりです。

 

  • 「Super Progressive Web Apps」の設定ページにアクセスする
  • 「Features (Addons)」をクリックする
  • 「UTM Tracking」を有効化する

 

有効化が完了したら「UTM Tracking」の設定ページ内にある「Campaign Source」に任意のテキストを入力してください。PWA経由でのアクセスを、Googleアナリティクスでどのように表示するか決めるものなので、認識しやすい文字にしておくことをおすすめします。

 

 

2: Googleアナリティクスを確認する

 

ステップ1が終わったら、Googleアナリティクスでアクセスを確認します。

 

  1. Googleアナリティクスを開く
  2. 「集客」内の「概要」をクリックする
  3. 「概要」内の「Other」を確認する
  4. 「Campaign Source」で設定した項目のアクセスを見る

 

複雑な操作は一切ないので、普段からGoogleアナリティクスを使用していれば問題なく確認できるでしょう。

 

関連記事: Googleアナリティクスとは?導入手順・使い方・用語の意味まで

 

まとめ

SEOコンサルタントPWAを導入すると、利便性が高まってアクセスアップを期待できたり、プッシュ通知などによって能動的にユーザーにアプローチできたりします。現状では一部企業にしか導入されていませんが、今よりもWebサイトを発展させたいなら実装しない理由がありません。「Super Progressive Web Apps」などのプラグインを用いれば、PWAは容易に導入できます。本記事の内容を参考に、ぜひPWAの実装に挑戦してみてください。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事

  • 03-5394-8107
  • お問い合わせ・ご相談はこちら