RankBrain(ランクブレイン)とは

rankbrain(ランクブレイン)とは

SEOコンサルタントGoogleアルゴリズムの1つであるランクブレインについて解説します。

 

RankBrain(ランクブレイン)とは?

2015年頃にRankBrain(ランクブレイン)というものが導入されました。RankBrain(ランクブレイン)とは、検索ユーザーが入力する検索キーワードを理解するため自ら学習して進化する人口知能システム(AIがベース)です。

話し言葉や中途半端な言葉に対しても、検索ユーザーがほしい検索結果を表示できるように、学習して精度を上げています。音声解析、画像解析などもでき人間の脳以上の働きをします。1秒間に数百万もの検索キーワードを処理し、初めて検索されるキーワードも処理出来るようにRankBrain(ランクブレイン)の機能が使われています。

 

SEOの王道は、ユーザーがキーワードを入れて検索したときに、ユーザーが本当に欲しい情報を提供するサイトを構築して運用していくことです。

 

あらゆる点において明らかに優れていて、付加価値をユーザーに提供している、そんなページが上位表示されるべきとgoogleも言及しています。

 

RankBrain(ランク ブレイン)というアルゴリズムはユーザーの検索クエリをより的確に理解し、そのクエリに最も関連性が高いページを検索結果で表示します。

 

よって、各検索クエリによって関連する文章はどういうものなのかGoogleのアルゴリズムは理解しているという事になります。

 

しかし、Googleが最終的に目指していることがRankBrainの登場によって変化したわけではなく、やはり、今後ともユーザーが本当に欲しい情報を提供するサイトを構築して運用していくことが大事です。

  1. 現在、クエリの15%がRankBrainによって処理されているようです。
  2. 数百ある順位決定のアルゴリズムで3番目に重要なシグナルになったと言われています。
  3. RankBrainは機械学習を用いた人工知能である。
  4. RankBrainがあまり検索されないクエリやフレーズを見つけた場合、その言葉の意味に近いフレーズなどを推測して検索結果を表示する。

 

まとめ

SEOコンサルタントRankBrain(ランクブレイン)はいかがでしたか。GoogleのAIアルゴリズムと言えば、このRankBrain(ランクブレイン)がすぐに思いつきますね。検索クエリと関連性の高い良質なコンテンツを作ることは、このRankBrainという検索アルゴリズムの役割を意識したうえで対策していくと良いです。ユーザーファーストを実現するために投入されたと言っても過言ではないアルゴリズムです。

 

 

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで2000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事