SEOとキーワード数の関係性は?適切な設置場所や調整ポイントを解説

SEOとキーワード数の関係性は現在のSEOでは、キーワードの乱用をするとサイト評価を著しく落としかねません。Googleの検索結果でのランキング上位を狙うために対策キーワードを詰め込むことは一昔前の手法で、今はスパム扱いされてしまいます。

あくまでも自然な文章の中に、自然に対策キーワードを挿入する必要があります。

 

SEOコンサルタントキーワードの多用やユーザーにとって不快なところにキーワードを設置するとSEO効果を得るのは難しく、正しい知識を身に付けることが大切です。この記事では、SEOとキーワード数の関係性や適切な設置方法、調整するポイントを紹介します。キーワードの出現率を調べる無料ツールも紹介するので、コンテンツ作成時の参考にしてください。

 

SEOとキーワード数の関係性

過去には、ページ内に使用するキーワードが多ければ多いほどSEO効果が高まり、評価が高くなるといわれていた時代もありました。しかし、現在はページを評価する際にキーワードの使用回数の多さを重要視していないことがわかっています。ここでは、SEOとキーワード数の関係性を確認していきます。

 

キーワードの乱用は評価を落とす

コンテンツを作成するときは意図的にキーワードを盛り込むように推奨されていた時期もありましたが、近年はGoogleアルゴリズムの自然言語処理技術のBERT(バート)の導入により、キーワード数の多さ以外でページを正しく判断できるようになりました。

現在では、自然な文章ではない形でキーワードや数字をwebページ内に詰め込むと、ランキング捜査目的と認識されサイト評価を下げられてしまいます。

おもに、下記の例があります。

  • 実質的な付加価値のない電話番号の羅列。
  • ウェブページが特定の市町村や都道府県に関する検索結果の上位に掲載されるようにするために市町村名や都道府県名を羅列したテキストのブロック。
  • 同じ単語や語句を不自然に感じられるほどに繰り返すこと。例:当店では、カスタムメイド葉巻ケースを販売しています。当店のカスタムメイド葉巻ケースは手作りです。カスタムメイド葉巻ケースの購入をお考えでしたら、当店のカスタムメイド葉巻ケース担当者まで custom.cigar.humidors@example.com 宛てにお問い合わせください。

引用:キーワードスタッフィング(詰め込み) | Google検索セントラル

 

評価はコンテンツ内容で決まる

Googleは、ページ内のキーワード数を重要視せず、コンテンツの評価は内容の充実性で決まります。検索結果で上位表示をするためのSEO対策をするのであれば、しっかりとコンテンツSEOに取り組み、ユーザーファーストのコンテンツを作成することが一番の早道です。ページを訪れたユーザーの満足度を上げて評価を高めることが大切です。

 

SEO対策に有効なキーワードの使い方

Googleはキーワード数を評価基準にしていませんが、適度に入れることでページの評価が上がりやすくなります。

SEOに効果的なキーワード数と使い方は、次のとおりです。

  • 1つのページに1キーワードがベター
  • トップタイトルと下層ページタイトルにキーワードに含める
  • 中見出しのキーワードは類義語や共起語などに変える
  • メタディスクリプションでは、別の言い方に変える
  • サジェストキーワードや関連キーワードを含める
  • 共起語を調べて情報の抜け漏れを確認する

 

1つのページに1キーワードがベター

1ページに1つのキーワードを対策キーワードに設定すれば、おのずとテーマが1つに絞られます。その結果、Googleのロボットもこのページのテーマが何なのか理解しやすくなります。そういう意味において1ページ1キーワードが良いと言われています。

同じ1つのテーマで多数の違うキーワードで表現できる場合もあります。その場合、それぞれのキーワードで上位表示させるには、後述するサイトタイトルや見出しで優先キーワードをタイトルの左に持ってくることが重要です。

1ページで複数のキーワードで上位表示させる技術もありますが、難易度が高い為、SEO専門家でない限り、1ページ1キーワードでSEO対策をするのがリスクがないので推奨いたします。

 

トップと下層ページのタイトルにキーワードに含める

基本的に、タイトル名の前方(左側)に対策キーワードを1つ以上入れましょう。キーワードを前方に入れることで、検索結果にページが表示されたときにユーザーの目に留まりやすくなるのでクリックしてもらう確率も高まります。

サイトタイトルは、32文字前後で自然な文章で対策キーワードを3つ程度入れます。TOPページは、SEO対策で狙うメインキーワードを入れ、後は下層ページで、1ページ1キーワードの原則でコンテンツを作ると良いです。その場合、下層ページページタイトルの前方(左側)に対策キーワードを1つだけ入れます。

 

中見出しのキーワードは類義語や共起語などに変える

見出しにキーワードを入れるときは、なるべくタイトルと違ったキーワードを入れます。類義語や共起語などで意味の同じワードを入れることができれば、同じテーマの違う検索クエリに対して検索結果にWEBページを表示させることができます。

大見出しと中見出しにキーワードを入れた場合、詰め込んでいる感が出てしまった場合削除しましょう。構成全体のバランスが重要です。構成とユーザーの読みやすさを一番に考えて、中見出しにキーワードを含めない方が良い場合はあえて入れる必要はありません。

 

メタディスクリプションでは、別の言い方に変える

meta description(メタディスクリプション)は、ページの説明文となるので、自然な文章の形であれば、キーワードをたくさん入れてもかまいません。あくまでも自然な文章であることが大前提ですが、そのページのテーマに沿う類義語や共起語で月間検索件数のあるキーワードをどんどん使って文章を構築してください。Googleの検索結果において、タイトルに対策ワードが入っていなくても子のメタディスクリプションに検索クエリが文章に入っていて引っ掛かり表示されるケースもあります。

検索一覧結果にメタディスクリプションが使われることが多いので、ユーザーの検索クエリを入れることによりクリック率にも大きく影響します。

 

サジェストキーワードや関連キーワードを含める

見出しやコンテンツ本文には、サジェストキーワード関連キーワードを入れるのも良いです。サジェストキーワードとは、ユーザーが検索窓に調べたい語句を入力したときに自動的に表示される検索候補のことです。

関連キーワードはメインキーワードに関連性のある語句のことで、検索結果の下に表示されます。関連キーワードは、ユーザーによって頻繁に検索されている語句であるため、ページの構成を考えるときに役立ちます。

 

共起語を調べて情報の抜け漏れを確認する

共起語とは、キーワードと同じくらい頻繁に出現する単語のことです。メインキーワードに加えて共起語も意識しながら構成を考えることで、ユーザーが知りたい情報をコンテンツ内に盛り込めます。メインキーワードだけでは、ユーザーの心理は深く理解できないことも多いです。ユーザーの満足度を高めたいなら、共起語を調べてページ内に情報の抜け漏れがないか確認しましょう。共起語はツールを活用すれば簡単に調べられます。

 

SEOでキーワード数を調整する3つのポイント

キーワード数を調整するとき、いくつか注意したいポイントがあります。安易にキーワード数を決めてしまうと、逆効果になることも少なくありません。事前にしっかり順序立ててキーワード数を調整することが大切です。

 

SEOでキーワード数を調整するときの主なポイントは、次のとおりです。

 

  • キーワード選定に注意する
  • ユーザーの検索意図を考慮する
  • キーワードは自然に盛り込む

 

キーワード選定に注意する

コンテンツを作成するにあたって、まず行うべきことはキーワード選定です。ユーザーがよく使う月間検索件数のある検索クエリで自社のコンバージョンにつながるキーワード選定をおこなう必要があります。コンバージョン率を上げるためにも、運営者が発信したい情報とユーザーが求める検索意図をすり合わせてキーワードを選びましょう。

 

ユーザーの検索意図を考慮する

選定したキーワードがユーザーのニーズとミスマッチを起こすと、ページの離脱につながります。ページの離脱率が高くなると、ユーザーの求める内容が記載されていないと判断されます。ユーザーの満足度が低いページは評価が下がるので、検索順位が落ちる可能性も高いです。ユーザーの検索意図を考慮して選ぶことが大切です。

 

キーワードは自然に盛り込む

コンテンツ内に使用するキーワードは、自然に盛り込みましょう。違和感のある場所にキーワードを入れると、不自然さが出て文章が読みづらくなるのでユーザーの離脱につながることも多いです。ユーザーの離脱が増えるとページの評価にも大きく影響するため、できる限り自然に使用することが求められます。

 

SEOに適切なキーワード率の調べ方

やみくもにキーワードを使用しても高いSEO効果は得られません。逆に文章が不自然になってしまい、ユーザーにとって読みづらいページになることも多いです。基本的に、キーワードによって適切な出現数は異なります。

 

キーワード数の調べ方は、次のとおりです。

 

  • キーワード出現率を調べる
  • キーワードの平均値を出す
  • キーワードの出現回数を決める

 

まずは、検索上位に表示されるページのテキストを洗い出してキーワードの出現数を調べます。キーワードの出現率を調べるツールを活用すれば、簡単に調べられます。各ページのキーワード数がわかったら、情報をまとめて平均値を出しましょう。

平均値から、基本となるキーワード数を決めます。もし上位表示されているサイトの出現率に届かない場合は、下回らないように調整する必要があります。

 

キーワードの出現率を調べる無料ツール3選

ページを作成するにあたって、キーワードの出現率をどのように調べればいいか悩むサイト運営者もいるはずです。近年は、キーワードの出現率を調べる無料ツールが多く登場しています。費用を抑えながら効率よくキーワードの出現率を調べられるため、自分に適したツールをうまく活用するのがおすすめです。

 

キーワードの出現率を調べられる無料ツールは、次のようなものがあります。

 

  • SEOチェキ!
  • FunkeyRating
  • 高屋のSEO診断チェックツール

 

SEOチェキ!

SEOチェキ

SEOチェキ!は誰でも手軽に使える無料のSEOツールです。調べたいページのURLを入力するだけで、キーワードの出現率を確認できます。また、検索順位や被リンク一覧などSEO対策に役立つ多くの情報を得られるのでページ作成時に役立ちます。

 

FunkeyRating

ファンキーレイティング [FunkeyRating]

ファンキーレイティング[FunkeyRating]は、指定したページや文章におけるキーワードの出現率を確認できるSEOツールです。公開したページはもちろんのこと、公開前の文章のチェックや指定したキーワードの出現率の調整もおこなえます。ツールは、無料かつ制限なく利用可能です。

 

高屋のSEO診断チェックツール

高屋

高屋のSEO診断チェックツールは、SEOに必要な情報をまとめて表示してくれる無料診断ツールです。調べたいページのURLを入力するだけで、キーワードの出現率や検索順位、関連キーワードなど有益な情報を得られます。

 

まとめ

SEOコンサルタントGoogleアルゴリズムの言語処理技術が向上したことにより、キーワード数以外でページの評価がおこなえるようになりました。キーワードの乱用は避けながら、タイトルや見出し、本文に適度にキーワードを自然な形で入れてください。キーワードの出現率を調べられる無料ツールを活用しながら、評価の上がるコンテンツ作成を目指してください。

 

 

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、11期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで2000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事