サジェストキーワードとは?サジェストのSEO活用方法と調べ方

サジェストキーワードとは
サジェストとは、インターネットの検索エンジンで文字を入力した際に検索ワードを提案する機能のことです。

 

サジェストは英語では提案するという意味で、ユーザーに対して検索したいキーワードの提案を自動でおこなっています。そのため、サジェストキーワードは世間で検索されている回数が多いキーワードということになります。

 

SEOコンサルタントまた、SEO対策としてもサジェストキーワードはアクセス数の増加に効果的であり、よりユーザーの考えを表現するものとしても利用できます。

 

サジェストキーワードとは

 

サジェストキーワードとは、ユーザーが検索をおこなう際に提案する候補として出てくるキーワードのことです。

 

1つのキーワードに対し、ほかのユーザーが検索した過去のデータやユーザーの意図を汲み取り、ユーザーニーズに沿ったワードを選んでいます。最近はスマートフォンで検索する人が増えてきており、文字入力が面倒なこともあり、サジェストキーワードが役に立っています。

 

サジェストキーワードはすべてのユーザーに対して同じ提案をしているのではなく、よりユーザーに寄り添った提案をおこなっています。ユーザーへの関連性や検索回数、検索する場所によってもサジェストキーワードは変化し、定められた提案ではありません。

 

サジェストキーワードはユーザーの検索したいキーワードをユーザーごとに分析し、ユーザーに合わせたキーワードを表示させるために更新しています。

そこにはユーザーの知りたい情報が隠れています。

 

サジェストキーワード表示の仕組み

 

サジェストキーワードが表示される仕組みとして「検索ニーズを元にしている」か「検索履歴を元にしている」の2つの方法があります。

google-search

検索ニーズを元にしているサジェストでは、「ファッション く」のように検索窓に掛け合わせるワードを入力すれば「ファッション 靴」のように、そのワードから始まる検索ニーズが高いワードが表示される仕組みになっています。

 

検索履歴を元にしたサジェストでは、過去にユーザーが検索したワードに関連するワードが表示されます。個人ユーザーが興味のある分野のキーワードを表示することで無駄のない入力をおこなえます。

 

Googleサジェストでは、多くの人が検索しているキーワードが重要だと考えてキーワードの提案をおこなってます。基本的には検索回数が多いキーワードが表示されるようになっていますが、検索する地域で提案するキーワードが変化します。

 

これに対しYahoo!JAPANでは入力したキーワードと一緒に検索される複合キーワードが表示される仕組みになっており、全国どこで検索をおこなっても同じキーワードが表示されます。

 

また、スマートフォンやパソコンなどで検索する際に、検索履歴が残らないシークレットモードで検索をおこなった場合には、検索エンジンによらず個人の検索履歴による影響は受けません。

 

検索する場所でもサジェストは変わる

 

最近では、スマートフォンの普及によりどのような場所でも検索がより身近になったこともあり、同じキーワードでも検索をおこなう場所によって表示されるサジェストキーワードは変化しています。

 

わかりやすい例では「ランチ」と検索すれば、現在地付近の地名などの掛け合わせの検索ワードが表示されます。

 

下の2つの画像は違う場所でのGoogle検索の結果です。同じキーワードで検索していますが出てくるサジェストが異なっているのがわかります。

Google検索
ランチ検索

 

サジェスト汚染とは

 

サジェストをネガティブな印象のワードで埋めることをサジェスト汚染といいます。ネガティブなワードが候補に挙がると、ユーザーはネガティブな印象の検索をおこないがちになります。

 

1つネガティブなキーワードがあれば、ユーザーがネガティブな検索を繰り返しおこなってしまいます。

 

サジェスト汚染が厄介なのは、そのサジェストが事実でなくても発生する可能性があるということです。悪意のある人がSNSや掲示板などに書き込むことで周囲の関心を集めてサジェスト汚染が発生します。

 

ただし、サジェストは後述する方法で削除することができます。

 

企業名や屋号などで表示されるサジェストでよく見る下記キーワードには注意してください。企業のサイトやコンテンツならユーザーにネガティブな情報が誤って伝わることは、企業の印象を下げてしまうことや採用にも大きく関わってきます。

 

  • ブラック
  • 最悪
  • パワハラ

上記キーワード以外にもさまざまなネガティブキーワードが存在します。検索が身近になった現代ではインターネット上での情報収集が基本です。そこでネガティブな情報が伝達されると取引が中止に繋がったり、採用希望者が減少してしまったりとWEB上にネガティブな表現があることは企業にとって不利益な状態です。

 

ネガティブなサジェストは見つけ次第すぐに対応していくことが重要です。

 

自分で削除する方法

自分で削除する方法

検索エンジンの運営側に削除依頼をおこなうことができます。Googleだとサジェストキーワードが表示される右下に不適切な検索候補の報告という選択項目を選択し、問題のあるサジェストにチェックを入れ、どういった点で不適切なのか選択し申請することで削除申請できます。

 

Yahoo!JAPANでもサジェストキーワードを削除するためのお問い合わせフォームが用意されており、サジェストの削除依頼をおこなうことができます。

 

ネガティブなサジェストが発生する理由は、ネガティブな情報が記載されたWebサイトや匿名掲示板が原因です。ネガティブな情報を見たユーザーがネガティブなキーワードを検索してしまうとサジェストにネガティブワードが表示される可能性が上がります。情報の出どころを断ち切るためにWEBサイトの管理者に直接削除依頼をおこなうことが有効です。

 

多くのサイトはお問合せフォームがあるのでそこから削除依頼することでスムーズに削除することができます。

 

弁護士に依頼する方法

 

個人で対処することがむずかしければ弁護士に相談することも有効です。

 

弁護士に相談する際に重要なのはインターネットに詳しい弁護士に相談することです。インターネットに関する各種法律の知識はもちろんですが、サーバーやドメインなどインターネットに関する根本的な知識がある弁護士に相談するべきです。

 

インターネットに詳しい弁護士の探し方は、検索をおこないインターネットに関する情報があるかをチェックする方法か、同じ悩みを持つ人に紹介してもらうことが有効です。自分で探す方法として各地の弁護士会法律相談センターに相談する方法も有効です。

 

弁護士会への相談は、弁護士会や相談する内容によって有料または無料で相談することができます。また、抱えているトラブルに応じた弁護士を紹介してくれる制度を設けているので自身で一から弁護士を探す手間が省けるメリットがあります。

 

スマートフォンの普及により誰でも検索が身近になった現在は悪影響の広まりも早くなっています。サジェストの悪影響は早めの対処が必要です。

 

サジェストキーワードのSEO活用方法

 

SEOを攻略するには、さまざまな要因をクリアしなければいけません。効率よく、かつ、戦略的にSEOを攻略していくうえでサジェストキーワードの活用は重要です。

 

サジェストキーワード一覧はツールを利用することで大量のキーワードを取得可能です。そして、ツールを利用することで検索ボリュームを調べられます。こうして自身のコンテンツに必要なキーワード候補一覧を作成することができます。

 

SEOを攻略するときに制作したコンテンツがユーザーにとってどの悩みを解決してくれる内容なのかが重要です。ユーザーの検索を利用する意図を汲み取る必要があります。

 

このようにサジェストキーワードとツールをうまく利用すれば、SEO対策が容易になりサジェストキーワードをとっかかりにして、SEO対策を推進していくことが可能です。

 

キーワード選定

 

SEO対策の要因として挙げられる内部対策で重要となるのがキーワード選定です。SEOを攻略する上で必要不可欠なポイントです。

 

自身でできるSEO対策としてキーワード選定は有効であり、コンテンツの土台としても重要になってくる部分でもあります。

 

また、サジェストキーワードにはユーザーの検索意図が表れているため、キーワードを選定するときにコンテンツの構成を組み立てやすいという点もあります。ユーザーの検索意図を解決できるコンテンツ制作とサジェストキーワードによるキーワード選定が、内部対策攻略に繋がります。

 

コンテンツ制作

 

SEOを対策するうえでユーザーの悩みを解決できているかという点が重要になってきます。コンテンツを制作していく上で検索するユーザーがどのような悩みを持って検索しているのかを理解する必要があります。

 

サジェストキーワードはユーザーニーズを含んでいることが多いため、必然的にコンテンツで説明をすることでユーザーニーズを満たすコンテンツを作ることができます。

サジェストキーワード

例えば、上図のように「サジェストキーワード」で調べたときのサジェストには次のようなものが出てきます。

 

  • サジェストキーワード 無料
  • サジェストキーワード 調べ方
  • サジェストキーワード 一括取得ツール
  • サジェストキーワード youtube
  • サジェストキーワード 関連キーワード
  • サジェストキーワード 楽天
  • サジェストとは
  • サジェストキーワード ラッコ
  • サジェストキーワード ネットワーク
  • キーワードプランナー

ここから、ユーザーは次のようなニーズを持っていることがわかります。

 

  • サジェストキーワードを無料で取得する方法を知りたい
  • 関連キーワードとの違いを知りたい
  • 楽天におけるサジェストを知りたい
  • 一括取得ツールであるラッコキーワードのページに行きたい

「サジェストキーワード」をテーマにしたコンテンツには上記の要素を組み込むことで、ユーザーを意識したコンテンツを作ることができます。

 

サジェストキーワードの調べ方

 

サジェストキーワードを調べる際に検索窓に入力する以外にもツールを使用して検索する方法があります。

 

今回は次の3つのツールを紹介します。

 

  • ラッコキーワード
  • OMUSUBI
  • キーワードプランナー

キーワードの選定のためにツールを使用するのか、キーワードのボリュームを知るためにツールを使用するのか自分の求めている情報を確実に得るためにツールを利用することが重要です。

 

ツールを利用することでリサーチにかかる時間の短縮や、効果のアップが見込めます。常に情報がアップデートされていく現代で正確な情報の把握をつかむことが重要です。

 

 

ラッコキーワード

料金無料〜¥9.900
URLhttps://related-keywords.com

 

ラッコキーワードは国産サジェスト検索ツールで、キーワードを50音順に表示し、一括取得ができるツールとして非常に有名です。

 

OMUSUBI

omusubi
料金無料
URLhttps://omusubisuggest.appspot.com

 

OMUSUBIはコンテンツ制作や自身のサイトを制作する際、キーワード選定によく使われるツールです。キーワードがマップ上に表示されて、キーワードを分析することに特化しています。

 

キーワードプランナー

キーワードプランナー
料金無料
URLhttps://ads.google.com/intl/ja_jp/getstarted/

 

キーワードプランナーはGoogleが広告主用に用意したツールです。関連ワードを調べることができますが、それ以上に月間検索ボリューム(検索回数)を調査することに利用されるツールです。

 

 

まとめ

SEOコンサルタントサジェストキーワードはユーザーに対して興味や関連性の高いキーワードを提案する機能で、その裏には検索ユーザーの情報が隠されています。ユーザー情報を把握することはSEO攻略には重要になってきます。そのキーワードをリサーチする際の適切な手段としてサジェストキーワードは有効です。サジェストキーワードは文字でユーザーニーズを表現するものなので、しっかりと目を傾けてニーズを把握することがSEO攻略の糸口となります。サジェストキーワードツールを利用することでユーザーの検索意図をより早く正確に集めることが可能になります。またリサーチだけでなく、コンテンツ制作の際サジェストキーワードを選定する作業にも有効です。そのためにサジェストキーワードを理解し、ユーザーの求めている正確な情報を見極めることが大切になります。

 

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事

  • 03-5394-8107
  • お問い合わせ・ご相談はこちら