【令和3年9月最新SEO】Googleアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは、業界No.1最安値1ワード1日50円~、安くも高品質なSEOサービスを提供します。

共起語の役割や正しい使い方とは?おすすめ共起語ツールをご紹介

共起語の役割や正しい使い方とは?

コンテンツマーケティングにおいて知っておきたい共起語ですが、SEO効果の高い記事コンテンツを作成するためには共起語についてしっかりと理解しておく必要があります。

 

SEOナビゲーター共起語を意識してコンテンツを作成することで、狙ったキーワードでの上位表示がされやすくなります。そこで本記事では、共起語の役割や正しい使い方について解説します。

共起語とは

 

共起語とは、ある指定のキーワードと一緒に頻繁に出現する単語を指します。共起語は指定キーワードを含む文章やその周辺で同時かつ頻繁に出現するため、指定キーワードとの関連性が強い単語となります。

たとえば、「共起語」というキーワードであれば「キーワード」「SEO」「ツール」「対策」などが共起語として挙げられます。共起語によって出現頻度は異なりますが、検索キーワードと一緒に出現するキーワードなため、ユーザーの検索意図を理解する手がかりとなります。

また、共起語はGoogleは専門性や情報網羅性を判断する基準の一つとしているため、共起語を適切に使用することはSEOにも効果的となります。

 

共起語の役割

 

コンテンツ作成をする際に共起語は無視できない存在ですが、どのような役割があるのでしょうか。共起語の主な役割としては、次の3点があげられます。

 

  • コンテンツの質が向上する
  • 検索エンジンから評価されやすくなる
  • ユーザー理解を助ける

ここでは、共起語のそれぞれのSEO効果について解説します。

 

コンテンツの質が向上する

 

Googleの検索品質評価ガイドラインの指標でもある「E-A-T」の基準の一つに、専門性があります。共起語は、対策キーワードと関連性の高いキーワードとなるため共起語をコンテンツ内に含めることで情報の網羅性や専門性が高くなります。

 

また、共起語にはユーザーニーズが多く隠されています。そのため、数多くの共起語を使ってコンテンツを作成することでよりユーザーニーズを満たした内容にすることができ、ユーザーにとってもより深く広く理解できるコンテンツとして評価されます。

 

このようにコンテンツ内に共起語を含めることで、Googleは専門性に長けている質の高いコンテンツだと判断するようになります。

 

検索エンジンから評価されやすくなる

 

検索エンジンは、ページを評価する際に「文章」ではなく「キーワード」をもとにコンテンツの内容を把握します。対策キーワードに沿ってわかりやすい文章を記載していても、含まれているキーワードが対策キーワードと関係のないものであればSEOの評価としては低くなってしまいます。

そのため、対策キーワードとの関連性が高い共起語をコンテンツ内に含めることで検索エンジンにページ内容を正しく伝えることができ、検索エンジンからも評価されやすくなります。

検索エンジンは、ユーザーの検索ニーズを満たしているコンテンツから順に上位表示するため、共起語を含めた質の高いコンテンツは上位表示されやすくなります。

 

ユーザー理解を助ける

 

共起語を使用することで、文章全体の理解を助けることができます。ユーザーが検索したキーワードに関連した単語が多くあることで、コンテンツがどのような内容で欠かれているのかをイメージさせることができ、可読性を高める効果があります。

ユーザーが知りたいことに対して理解できると同時に、関連語を含めることでより深く広く理解できるようになります。1つのテーマやキーワードに対して、抜けや漏れなく紹介することでユーザーにとっても良質なコンテンツとなるのです。

 

共起語は、ユーザー理解を助けるためにも欠かせない要素となるため対策したいキーワードと一緒にコンテンツに含めることが重要です。

 

サジェストキーワードや関連キーワードとの違い

 

共起語と混同されやすい言葉として、サジェストキーワードと関連キーワードがあります。それぞれ意味が異なってくるため、効果的にコンテンツを作成するためにはそれぞれの違いをしっかりと理解しておく必要があります。ここでは、それぞれの違いについて解説していきます。

 

サジェストキーワードとの違い

 

サジェストキーワードとは、ある指定のキーワードと一緒に検索されやすいキーワードを指します。大抵の場合、検索エンジンの検索窓でキーワードを入力した際に予測として自動で表示されます。

たとえば、「SEO」と検索すると画像のように「とは」「対策」などのSEOと組み合わせて調べることが多いキーワードが予測としてでてきます。

共起語がある指定のキーワードのそれぞれのコンテンツ内で出現頻度の高い言葉であるのに対し、サジェストキーワードは指定のキーワードとセットで検索されやすキーワードとなります。

 

関連記事: サジェスト対策

関連キーワードとの違い

 

関連キーワードとは、検索エンジンで検索した指定のキーワードに関わりのあるもしくは連想されるキーワードのことを指します。たとえば、「SEO」と検索すると画像のように「SEO会社」「SEOとは 簡単に」のような関連するキーワードが10項目表示されます。

サジェストキーワードの場合は、ユーザーが過去に検索した言葉や他のユーザーが検索しているキーワードなどをもとにGoogleのアルゴリズムによって自動的に表示されます。

一方で、関連キーワードは過去に検索したキーワードには左右されず、類義語や同義語などを含めた検索候補を表示します。

 

共起語検索の調べ方

 

共起語を検索する際の調べ方には主に次の2つがあります。

 

  • 検索エンジンでの調査
  • 共起語検索ツールの活用

1つ目は、検索エンジンから共起語を調べる方法です。検索エンジンに調べたいキーワードを入力し、検索結果に表示されるタイトルや本文を見てみると関連するキーワードをいくつか確認できます。

特に、上位表示されているコンテンツを見ることで使用されているキーワードの傾向を確認できます。

2つ目は、共起語検索ツールの活用です。検索結果上位に表示されているコンテンツを分析し自動で共起語を抽出してくれるため、自力で調べるよりも短時間で簡単に調べられます。自力で調べる際の抜け漏れを防ぐことができ、より高度な分析も可能なため効果的なコンテンツを作成するためにはツールの活用がおすすめです。

 

共起語の使い方

 

効果的なコンテンツを作成するためには共起語は欠かせない要素ですが、どのように共起語を使えば良いのでしょうか?共起語の使い方は主に次の2つの場面でつかうことが多いです。

 

  • コンテンツ作成前
  • リライト時

ここでは、それぞれ場面でどのように共起語を使うのかを解説していきます。

 

コンテンツ作成前

 

コンテンツ作成時に対策キーワードを考慮して、記事の構成案を作るのと同じように検索エンジンやユーザーに評価されるコンテンツを作るには、共起語も考慮しなくてはいけません。

対策キーワードに関連する共起語を抽出し、コンテンツ内に散らばめることで情報網羅性の高いコンテンツを作成できます。

抽出した共起語を無理にコンテンツに含めてしまうと、不自然な文章になってしまうため対策キーワードに関連のある共起語に絞って対策するようにしましょう。

 

リライト時

 

検索エンジンは新しいコンテンツを重視するため、記事をリリースした後もリライトをしながらコンテンツの情報を更新する必要があります。

共起語も時間が経てば変化するため、共起語をチェックすることで今まで気づかなかったユーザーにとって必要なキーワードが見つかることもあります。

新しい共起語の加筆やリライトをすることで検索エンジンからの評価を下げず、ユーザーに対しても新鮮で正確な情報を提供できるようになります。また、競合サイトの共起語含有率を確認し自社サイトよりも多ければ、共起語を増やしながらリライトしてみましょう。

 

共起語検索ツールおすすめ7選

 

共起語を調べるには、ツールを活用することで自力で調べるよりも短時間で簡単に調べられるため、共起語検索ツールの活用がおすすめです。共起語検索ツールは複数ありますが、今回は中でもおすすめのツールを紹介します。無料で使えるものが多いので、ぜひSEO対策に活用してみてください。

 

サクラサクラボ

 

サクラサクラボは、SEO対策とコンテンツマーケティングを最大限にサポートする高機能ツールです。その中の「共起語調査ツール」では、Google/Yahoo/Bingなどのっ検索エンジンの共起語を一括取得してくれます。一括で5キーワードまで調査することができ、表示回数に応じてランキング形式で抽出してくれます。

 

ツール名サクラサクラボ
URLhttps://www.sakurasaku-labo.jp/tools/cooccur
金額無料
会員登録

 

FindWord

 

FindWordは、上位10サイトの共起語を検索してくれる共起語ツールです。Findwordの大きな特徴は、「調べるURL」に自分のサイトを追加すると自分のサイトに足りないキーワードも教えてくれる機能があるということです。コンテンツ作成時だけではなく、リライト時にも使用できる便利なツールです。

 

ツール名FindWord
URLhttps://kitsune-room.com/tools/findword/
金額無料
会員登録

 

MIERUCA

 

MIERUCAは、SEO対策・コンテンツマーケ・オウンドメディア分析サービスですSEO対策に必要なアクセス解析や内部対策チェックなどに役立つさまざまな機能を搭載しています。その中でも共起語検索ツールは、国立大学と共同研究を通じてノイズの排除やテーマトピックのスコアリングを行い、より高い精度での抽出を目指しているツールですが、デモ版のため正式なツールではありません。

 

ツール名MIERUCA
URLhttps://mieru-ca.com/
金額無料
会員登録

 

ラッコキーワード

 

ラッコキーワードは、対象キーワードを入力すると共起語だけではなく、関連する掛け合わせキーワードやGoogleトレンドなどもチェックすることができます。検索上位20サイトの文章を分析し共起語を抽出するため、SEOで既に結果を出しているサイトがそういった内容を取り扱っているのかをキーワード単位で分析ができます。

 

ツール名ラッコキーワード
URLhttps://related-keywords.com/
金額無料
会員登録

 

共起語分析ツール

 

共起語分析ツールは、対象キーワードの共起語を出現回数の多い順にリスト化して表示してくれます。対象キーワードと共起語の繋がりをネットワークの形で視覚化してくれるため、初めてツールをつかう人にもわかりやすいツールです。また、品詞別に出現キーワードを抽出できるのも特徴の一つです。

 

ツール名共起語分析ツール
URLhttps://contentsearch.jp/cooccur-terms.php
金額無料
会員登録

 

パスカル

 

パスカルは、共起語の抽出からユーザーニーズの分析、コンテンツの独自性まで総合的に対策することのできる便利なツールです。対象キーワードに対して、上位を獲得しているコンテンツやページが共通して使用しているキーワードを見つけてくれます。共起語の中でも、ユーザーにつながりの強いワードをAIを使って分析しているためより本格的な分析を求めている人にはおすすめです。

 

ツール名パスカル
URLhttps://www.pascaljp.com/feature/contents.html
金額無料お試し4日間・有料版4.5万〜/月
会員登録

 

LSI調査

 

LSI調査は、Googleの検索上位10位までを調査して出現数ごとに共起語を表示してくれます。LSI調査は、単語分割の精度は高くなく英語も抽出できませんが、他のツールとの違いアダルトワードでも共起語が取得できるという点を特徴としています。連続利用に制限がかかっているので、複数のキーワードをまとめて検索したい場合には少し向かないツールではあります。

 

ツール名LSI調査
URLhttp://a-rooms.com/lsi/
金額無料
会員登録

 

 

共起語を使う際の注意点

 

共起語をコンテンツ内に含めることは、質の高いコンテンツ作成のためには欠かせませんが無理に共起語を使うことはかえって評価されづらいコンテンツになる可能性もあります。ここでは、共起語を使う際の注意点について解説します。

 

不自然に共起語を詰め込まない

 

共起語を意識するあまり、キーワードを不要に詰め込んでしまったり不自然な文章になってしまうことがあります。ユーザーが読んだときに違和感があると、ページを離脱してしてしまう可能性もあります。あくまでも共起語は、ユーザーの理解を助けるためのものなので読みづらくわかりにくい文章にならないようにしましょう。

 

また、共起語の効果を狙って意図的に詰め込んでしまうとGoogleにスパム行為とみなされてしまい、検索順位を下げる原因にもなりかねません。低品質なコンテンツとみなされないためにも、わかりやすい文章になるよう自然な形で共起語を詰め込むことが重要です。

 

ユーザーファーストを意識する

 

Googleが最も重要視しているのが、ユーザーファーストです。SEO効果を狙って無理に共起語を使用しているコンテンツは、ユーザーファーストであるとは言えません。ユーザーニーズを満たすためにの共起語であるため、共起語を使用する際にはユーザーにとって有益なコンテンツになっているかを意識する必要があります。

共起語を適切に散りばめ、網羅性のあるコンテンツを作成することで自然とユーザーファーストな内容となります。ユーザーファーストなコンテンツがあって初めて検索エンジンに評価されるため、検索エンジンのためのコンテンツ作りにならないよう注意しましょう。

 

 

SEOナビゲーター【まとめ】共起語は、コンテンツ作成には欠かせない重要な要素となりますが使い方を間違ってしまうと、逆効果になることもあります。今回紹介した共起語検索ツールをうまく活用し、ユーザーニーズに応えられる質の高いコンテンツを作成していきましょう。共起語を適切に使用することで、検索エンジンにも評価される情報網羅性と専門性に富んだ高品質なコンテンツ作成が可能となります。しかし、最も重要なのはユーザーファーストであることです。検索エンジンに評価されるためのコンテンツ作りにならにようにすることが重要です。

 

SEO対策のお申込みボタン格安SEOのTOPページへ戻る