【令和3年9月最新SEO】Googleアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは、業界No.1最安値1ワード1日50円~、安くも高品質なSEOサービスを提供します。

SEO業界で転職するには?未経験でもメリットが多い理由を解説

SEO業界へ転職するには?

SEOの知識や経験を活かすことで、今以上に高い給与やよりスキルアップにつながる仕事に転職することができます。

 

仮に未経験だとしても、SEO業界では求人が多くあり就職することも難しくありません。SEO業界は将来性も期待ができるため、おすすめできる職種です。

 

SEOナビゲーターそこで本記事では、SEOのスキルを活用した転職の業界や職種、SEO業界における将来的な職業について解説していきます。

 

未経験でもSEO業界に転職できるのか

 

未経験でもSEO業界への転職は可能です。SEO業界、Webマーケティング業界全体の需要は高いものの、優秀な人材が不足しているため、未経験でも募集をしている求人は多くあります。

 

ただ、未経験で採用しているからといっても、いきなりデータ分析や高度な戦略企画などの仕事はほぼありません。基本的には、広告代理店やWebマーケティング会社のコンサルタント営業や新規営業などをはじめとした営業職が多い傾向です。

 

また、35歳未満などの年齢制限がある求人も多いので募集要項には注意しましょう。年齢制限を設けている理由としては、どの企業も将来的に活躍できる人材の育成として若い人材を求めているためです。

 

SEO業界といっても求人によって業務内容もさまざまとなるため、募集要項はしっかりと確認し、自分に合った会社選びが大切になります。

>>東京SEOメーカーの求人採用はこちら

 

SEO業界に転職するメリット

 

SEO業界への転職は多くのメリットがあります。最近では会社員として働くだけでなく、独立やフリーランスとして働く人も多くいるため、将来性のある業界です。ここでは、SEO業界に転職するメリットについて詳しく解説していきます。

  • 市場が大きく、求人が多い
  • スキルがつけやすい
  • 将来性がある

 

市場が大きく、求人が多い

 

1番のメリットは、SEO業界の市場が伸びていることです。Webマーケティング業界全体では、2019年にインターネット広告費がテレビメディア広告費を超え、2兆円の市場規模に拡大しました。その影響もあり、Web業界全体の求人数も増加傾向となります。

 

また、新型コロナウイルスの影響により、インターネットを今まで以上に活用する人が増えたことも大きな要因です。それに伴って、検索エンジンからWebサイトへの流入も増えているため、以前に増してSEOへの関心が高まり需要が増加しています。

 

今後はより自社メディアの活用や、コンテンツマーケティングへの注目も集まると考えられるため、SEO業界の成長は今まで以上に伸びしろがあると考えられます。

 

スキルがつけやすい

 

SEOスキルのメリットとして、個人のスキル向上に直結することが挙げられます。SEO業界で会社員として働いていたとしても、実際に考え施策を実行する中で、多くの知識や経験を個人のスキルとして培うことが可能です。

 

培った経験やノウハウは市場としても需要が高く、応用すればどの企業にも当てはめることができます。そのため、会社員の収入だけでなく、副業に活用する人や独立する人も多いのが特徴です。

 

通常の会社員であれば、仕事を通して多くのスキルを身につけることはできるものの、個人の稼ぐ力に直結するとは限りません。会社員といて働きながら個人で稼ぐ力を身につけることができるのは、かなり魅力的なポイントではないでしょうか。

 

将来性がある

 

SEO業界は今後も市場が伸びていくと予想ができるため、将来性には期待が持てます。また、SEOの特徴として短期的に成果を出すことは難しく、長期的な対策が必要です。

 

言い換えると、自社でSEO対策をしていない会社は長期的に依頼をする必要があります。そのため、SEO業界では仕事で溢れているといった会社も多くあり、今後はよりクライアントも増加すると考えられます。

 

もちろん、いくら仕事があるからといっても成果を出さなければ継続した契約はしてもらえません。しっかりと成果を出すことができる、優秀なSEOのプロになる努力は必須ですが、将来的な市場価値は上がり続けると言えます。

 

SEO業界に転職するデメリット

 

SEOやマーケティングと聞くと、大きい仕事に携わりキラキラした印象を抱く人も多いですが、実際は印象と違ったことも多くあります。誰にでも挑戦できる業界ではありますが、中には苦手と感じる人もいるため、参考にお考えください。ここでは、SEO業界に転職するデメリットについて詳しく解説していきます。

 

 

常に学ぶ必要がある

 

SEO業界は、Googleのアップデートやアルゴリズムに対応する必要があるため、常に新しい情報収集や知識を学ぶ必要があります。

 

例えば、Googleの新しいアップデートの発表があった場合、アップデート内容を知るだけでなくしっかりと理解し、Webサイトに当てはめて対処しなければいけません。新しい情報は、分かりやすく解説している人がいるとは限らず、必要となる知識を自分で考え理解するまで調べる必要があります。

 

そのため、ある意味一生学び続けることが必須となり、学習することが苦手な人にはしんどいと感じるかもしれません。ただ、常に学習することができれば、SEOでは成果を出しやすいという特徴もあります。そのため、自分から進んで行動に移せる人にはSEO業界がおすすめできます。

 

数字や分析の作業が多い

 

SEOで成果を出すには、日々のWebサイトの分析や数字との関わりが必須です。Webサイトにおける検索順位の確認やアクセス解析など、1つ1つ調べることを毎日繰り返します。また、SEOでは正解がないため、現状の課題に対する効果検証など地道な作業も重要となります。

 

数字に苦手意識がなければ問題ありませんが、数字から分析したり論理的に考えることが苦手な人は苦労をするかもしれません。逆に、コツコツ作業をするのが好きだと感じる人であれば、楽しく仕事に取り組むことができるのではないでしょうか。

 

SEOの知識や経験がある人におすすめな企業

 

WebメディアがありSEO対策を必要としていれば、どの業界でも働くことができるのがSEOスキルの特徴です。ただ、給与やスキル向上を踏まえるとWeb業界特化した会社で働くことをおすすめします。

 

ここではSEOの知識や経験がある人に向けて、転職におすすめな業界を詳しく解説していきます。

 

Web広告代理店

Web広告代理店では、Web広告を軸にWebマーケティング全般に関わることが多いです。

 

Web広告代理店の仕事内容
  • HPや動画コンテンツの営業やディレクション
  • Web広告の営業や運用
  • クライアントに合わせた戦略立案

営業から運用までを一貫して行うこともあれば、営業と運用担当が別れているなど会社によっても業務内容は変わってきます。Web広告だけでなく、HPやLPなどのコンテンツマーケティングにも携わることも多いため、SEOのスキルがあればコンテンツ改善に活用することができます。

 

将来的にSEOだけでなく、Webマーケティング全般の知識や経験を得たいと考えている方にはWeb広告代理店がおすすめです。

 

 

Web広告運用会社

 

Web広告運用会社は、Web広告の出稿から運用を通してクライアントの売上に貢献する仕事です。Web広告はさまざまな種類があるため、それぞれの特徴を活せる知識や経験を身につけることができます。

 

Web広告の主な種類

 

  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • 純広告
  • SNS広告
  • 動画広告

多くのWeb運用会社が扱っているのが、リスティング広告です。リスティング広告は、検索エンジンの検索結果の最上部に表示される広告のことを指します。クリック型課金制となり、広告の即効性が高いのが特徴です。

 

また、最近ではYouTubeの市場が伸びている影響で、動画広告の需要が増えています。Web広告は明確なターゲティングによって効果的なアプローチができますが、費用が必要となるデメリットもあります。そのため、SEOとWeb広告を組み合わせるなどの方法も効果的です。

 

Web広告運用会社はSEOとは違った業種ではありますが、検索エンジンに関する知識など活かせることは多くあります。

 

SEOコンサル会社

SEOコンサル会社は、SEOに特化した形でWebメディアを改善し、クライアントの売上に貢献する仕事です。

 

SEOコンサル会社の仕事内容

 

  • ユーザーや市場分析
  • 競合サイト分析
  • キーワード調査
  • 効果検証
  • Webサイトの内部対策
  • Webサイトの外部対策

基本的な仕事内容としては、競合サイトの分析から施策の実行、効果検証まで一連の流れを行っていきます。SEOで成果を出すことができれば広告費用の削減などにもつながるため、Web集客の費用対効果を大きく改善することができます。

 

SEOのスキルを今以上に高めていきたいや、専門性を深めていきたいと考えている人にはSEOコンサル会社がおすすめです。

 

SEOの知識や経験がある人におすすめな転職と職種

 

Webマーケティングの業界において、SEOのスキルがあればさまざまな職種に活かすことができます。また、職種を途中で変えたとしても培ったスキルが無駄にならないことが魅力的なポイントです。

 

ここではSEOの知識や経験がある人に向けて、転職におすすめな職種を詳しく解説していきます。

 

SEOコンサルタント

 

SEOコンサルタントは、SEOのプロとしてWebメディアに携わる仕事になります。SEOコンサルタントになるために押さえておくべき2つのポイントを紹介します。

 

  1. SEOに関する深い知識や経験
  2. コミュニケーション能力

 

SEOに関する深い知識や経験

SEOに関して専門的な知識や、実践できる経験値が必須です。また、Webメディアを分析した上で必要なSEOの施策を行っていくため、分析力も大切な要素となります。資格が必要というわけではありませんが、現状の知識レベルを判断するために、SEO検定などを受けてみるのもおすすめです。

コミュニケーション能力

SEOコンサルタントはクライアントと折衝する必要があるため、提案力やコミュニケーション能力が重要です。一方的に自分の話をするのではなく、現状の課題などを聞くことや、その場にあった提案力を磨く必要があります。

 

SEOディレクター

 

SEOディレクターでは、SEOに関する基本的な業務をはじめ、Webライターやエンジニアなどを管理する仕事になります。SEOディレクターになるために押さえておくべき2つのポイントを紹介します。

 

  1. 企画立案能力
  2. 進行管理能力

 

企画立案能力

Webサイトを上位に表示させるために、ジャンルやユーザー分析から戦略を考える必要があります。そのため基礎的なSEOに加え、より市場を理解した上での企画を立案する能力が大切です。

進行管理能力

SEOディレクターは、施策をWebライターやエンジニアに割り振って進行していきます。そのため、納期に間に合わせるような進行の計画や管理能力が必須です。チームをまとめて動かすことは簡単ではなく、意思疎通などの連携が重要となります。

 

Webマーケター

 

Webマーケターは、Webマーケティングの施策を通してクライアントの集客や売上向上を支援する仕事になります。

Webマーケターになるために押さえておくべき2つのポイントを紹介します。

  1. Webマーケティングの広い知識
  2. 論理的な思考能力

 

Webマーケティングの広い知識

WebマーケティングといってもSEOやリスティング広告、LINEを使ったマーケティングなど、さまざまな方法が存在します。クライアントの状況に合わせて最適な施策を提案する必要があるため、Webマーケティングに関する幅広い知識が重要です。

 

論理的な思考能力

クライアントが求めているゴールに向けて、何が必要なのかを論理的に考えなければいけません。また、失敗したときの打開案なども大切となるので、柔軟な思考が必要不可欠です。

 

SEO業界で転職した先の将来性

 

SEO業界では、個人スキルを活かすことで将来的に複数の働き方があります。将来的な目標を考えた上で、必要となる知識や経験を軸に転職先を考えることも効果的です。

 

ここでは、SEO業界で転職した先の将来性について詳しく解説していきます。

 

会社員で高収入を目指す

 

SEO業界では、平均的な会社員と比べて年収が高い傾向となり、年収500万程度であれば目指せる業種です。実績を積み重ねることや、プロジェクトリーダーとして任されるようになれば年収600万〜800万以上も狙っていけるため、会社員として働いた先の将来性に期待ができます。

 

また、会社規模で大きな実績を作ることができれば、最終的にはCMO(Chief Marketing Officer)としてマーケティングの最高責任者になれる可能性もあります。CMOは経営層として動くため、給与も会社員の数倍である1000万〜1500万以上です。優秀なCMOは多くの会社から求められているため、マーケティングのプロフェッショナルとして活躍し続けることが可能となります。

 

副業を初めて稼ぐ

 

会社員で培ったSEOのスキルを活かして、副業で稼ぐこともできます。最近ではクラウドソーシングサイトを活用することで簡単に案件を見つけることができ、会社員の方でも副業を始めやすい環境が整っています。

副業例として以下があります。

  • Webライティング案件
  • Webディレクター案件
  • SEOコンサルタント案件

それぞれ解説していきます。

Webライティング案件

検索上位に表示させることを目的としたライティング案件となります。1記事あたり1000文字〜3000文字、1文字0.5円〜1円が平均的な相場で、特別な資格を必要とせず比較的簡単に取り組むことができます。自分の好きな時間に作業できるため、隙間時間を上手く活用したい方にはおすすめです。

Webディレクター案件

Webメディアの進行や管理を行っていく案件となります。仕事内容としては、スケジュール管理やライターの選定、コンテンツの確認など一般的なディレクター業務と同じです。

報酬は時給制や月額制など数種類のパターンがあり、副業でも月5万〜10万以上は目指すことができます。

SEOコンサルタント案件

SEO対策に関するコンサルティングから、施策の実行までと幅広く携わる案件となります。報酬も月額10万〜30万以上となり、Webライティング案件やWebディレクター案件と比べて高額です。

中には本業の給与以上に稼ぐ方もいらっしゃいますが、業務量も多くなるため本業と副業のバランス配分には気をつけましょう。

 

独立・フリーランスとして稼ぐ

 

SEO業界でスキルをみにつけた後、独立しフリーランスとして活躍している人はたくさんいます。会社に属さないことで不安に感じる人もいらっしゃいますが、フリーランスにはデメリットだけでなく、メリットも多くあります。

 

フリーランスのメリット

 

  • 同じ仕事量でも収入を上げることができる
  • 働く場所や時間が自由
  • 好きな仕事に集中できる
  • 1人で仕事に取り組める

 

フリーランスのデメリット

 

  • 仕事の安定性がない
  • 社会的信用が低い
  • 上司など頼れる人がいない

大きなメリットは、収入を上げられることや自由に仕事ができることです。その反面、責任は自分にかかってくるため、中途半端な独立は辞めておいた方がいいでしょう。

一長一短ではありますが、自分の力を試したいや収入を上げたいと考えている方は、ぜひ挑戦してみることをおすすめします。

 

 

SEOナビゲーターSEO業界での転職は幅が広く、需要も高いことから将来性に期待が持てます。転職先の職種はさまざまとなるため、自分にとって必要となる知識や経験から判断するのもおすすめです。また、一般的な会社員だとしても年収500万程度、独立やフリーランスであれば年収1000万も十分目指していけます。副業における案件も多くあるため、プラスαのスキルや収入を得たいときには考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る