Webサイト調査とは?Webサイト調査の項目や流れを解説

WEBサイト調査とは

Webサイトの分析は、Web集客を行う上では欠かせません。Webサイト分析を行うことで、サイト改善や最適化を行うことができるため定期的に行う必要があります。また、自社サイトの限らず競合サイトの分析も重要です。

 

SEOコンサルタントそこで本記事では、Webサイト調査の項目や流れを詳しく解説していきます。

 

Webサイト調査とは

 

Webサイト調査とは、サイトの現状や課題点を把握するためにさまざまなデータを取得し分析することを指します。また、サイトというのは自社サイト問わず競合サイトなどの他のサイトの調査も含まれます。

 

Webサイトを調査することで、自社のサイトの改善や自社サイトの問題点を洗い出すことができます。定期的にサイトを調査し、Web集客を最適化していくことが重要です。そのため、Webサイトの調査はサイト運営には欠かせないタスクとなります。

 

Webサイト調査の目的

 

Webサイト調査の目的には、主に次の3つがあります。

 

  • 自社の現状把握
  • 競合の動向把握
  • 戦略立案

まず、Webサイトの調査をすることで自社の現状を把握することができます。どのくらいの訪問者数があって、どのページが人気かなど定量データを可視化することで現状を把握しやすくなります。

 

また、競合サイトを調査することで競合の戦略や自社と比較して足りないところを知ることができます。数多くあるサイトの中から自社サイトに訪れてもらうためには、競合サイトとの差別化が重要となります。

 

最後に、自社及び競合調査で得た情報をもとに自社の戦略を立てることができます。自社の課題がどこなのか、競合と差別化できるポイントがどこなのかを知ることでより効果的な戦略を立案することができるようになります。

 

 

Webサイトの調査項目

 

Webサイトを調査する際には、さまざまな項目を確認する必要があります。自社サイトの改善に役立つ調査ができるよう、調査項目をしっかりと抑えておくことが大切です。

 

  • ユーザーインターフェイス(UI)
  • ユーザー体験(UX)
  • ページの表示速度
  • トラフィック
  • コンテンツの調査

 

ユーザーインターフェイス(UI)

 

ユーザーインターフェイスは、ユーザーとサービスや商品の接点を意味しサイトのつかいやすさや見た目のことを指します。ユーザーインターフェイスには、レイアウトや使用されている画像、文字のフォント、メニューやボタンの操作性などユーザーが目にするものや操作するものすべてが含まれています。

 

そのため、サイトのデザインやレイアウトがユーザーに取って分かりやすく、自社のサービスや商品の価値が伝わっているものになっているかが重要となります。

 

Webサイト調査では、ユーザーの視点に立って調査するサイトのユーザーインターフェイスを確認することが大切です。自社サイトに足りないものや競合サイトの良かった点などを把握することで、サイト改善に役立てることできます。

 

ユーザー体験(UX)

 

サイトの使いやすさというのは、ユーザーが直感的な操作で欲しい情報に辿り着けるかを意味します。直感的な操作で適切にWebサイト内へ誘導し、徘徊してもらうことができるようなサイトになっている必要があります。

 

実際に自社サイトや競合サイトを使ってみて、ストレスに感じるポイントや分かりずらいポイントになっているかを確認しましょう。例えば、各コンテンツページに商品やサービスの詳細ページに誘導するリンクの配置があるか、すぐに問い合わせができるように問い合わせボタンが各ページに設置されているかなど、複数の人にサイトを利用してもらい使いづらい箇所を把握することが重要です。

 

サイトが使いづらい場合には、ユーザーが離脱してしまうケースもあるのでしっかりと調査しておく必要があります。

 

表示速度

 

スマートフォンの普及によりモバイルファーストが重視されている今では、ページの表示速度は検索エンジンやユーザーからの評価基準の1つとなっています。ページ表示速度が遅いサイトは、離脱率が高くなり思うような成果を上げることができません。

 

そのため、自社サイトの表示速度を把握することはもちろん、競合サイトの表示速度を確認し比べてみることも重要です。ユーザー体験を損ねないためにも、表示速度を意識したサイト作りが大切となります。

 

競合サイトが自社サイトよりも表示速度が早い場合には、自社サイトで改善できる点を見つけ出し対策していきましょう。

 

関連記事: ページ表示速度を早くする

 

トラフィック

 

アクセス解析ツールを用いてWebサイトのトラフィックなどを定量データで確認することで、サイトの現状を可視化することができます。トラフィックの変化を見ることで、成果がでているのかそれとも問題点があるのかを知ることができます。また、自社サイトだけではなく競合サイトのトラフィックを理解しておくことで自社が目指すべき目標数字を設定することも可能です。

 

自社サイトのトラフィックが著しく下がっている場合には、市場全体で変化が起きているケースやサイト自体になにか問題が起きている場合もあるため、定期的なトラフィックのチェックが大切です。自社や他社サイトのトラフィックを分析し、サイト内の改善をするとともに市場全体の動きを把握しておきましょう。

 

コンテンツ

 

コンテンツの調査はSEO対策に役立てることができ、具体的には情報の独自性や情報の専門性・信頼性などを確認します。Googleは、近年コンテンツの質を重要な評価基準としているため、コンテンツ調査はより一層重要となってきています。

 

その他にも、コンテンツの中身は、サイト構成、記事の総数、記事の品質、文字数、更新頻度などさまざまな項目で分解できます。競合サイトのコンテンツを調査し、自社サイトに足りないものがないかや似たような内容になっていないかを確認してみましょう。

 

また、対策キーワードとの関連性や関連キーワードの含有率など、検索エンジンからも評価されやすいようなコンテンツ内容になっているかを確認することも重要です。

 

関連記事: SEOの内部対策で最低限行うべき10個のチェックポイントをご紹介

 

 

Webサイト調査の流れ

 

Webサイト調査にかさまざまな項目がありますが、各項目を調査する際の流れをを抑えて調査することが大切です。データを取得して終わりになってしまわないように、データ取得後の流れをしっかりと理解しておきましょう。

 

ここでは、自社サイト分析と競合サイト分析に分けて調査の流れを解説していきます。

 

自社サイト分析

 

自社サイトの分析は、サイトの現状や課題点を把握する目的で行います。自社サイト分析をサイト改善に役立てられるよう、正しい順序で調査を行いましょう。

 

データを取得

まずは、自社サイトのデータを取得しましょう。Web解析ツールを活用し、サイト分析に必要な定量データを確認します。調査項目によって使用するツールがことのなる場合もあるので、自社にあったツールを活用して効率的にデータ取得を行うことが重要です。

 

また、データ量が少ないと正しい分析ができないこともあるため、データを取得する期間を決めて各項目のデータを取得する必要があります。

 

データ取得は、Webサイト調査において最初のステップとなるため、定期的に行うWebサイト調査をスムーズに行うためにも、ツールを導入しておくと良いでしょう。

 

過去データとの比較

データ取得後は、過去のデータと比較してみましょう。最新のデータのみを取得したとしても、過去と比べなければサイトに変化があったのかを知ることができません。また、施策を実行している場合には効果検証を行う必要があるため、期間の異なるデータを比較することはWebサイト調査において非常に重要となります。

 

競合サイトの過去データを比較することで、競合サイトが行った施策が見えてくることもあります。自社サイトデータの比較だけではなく、競合サイトのデータも比較することで競合サイトの戦略を把握することができるのです。

 

課題・問題点の洗い出し

データを取得し比較した情報から、自社サイトの課題や改善点を洗い出す必要があります。競合サイトと比べて足りていな箇所や、過去の自社データと比べて下がってしまった数値を改善していくことでWebサイトの最適化を行うことができます。

 

データ取得をして終了とならないように、取得したデータを自社サイトの改善に役立てられるようにしましょう。自社サイトの改善点がわかれば、それに対する施策を立てることができます。

 

このようにWebサイトは、分析して洗い出した課題に対し施策実行を行い、効果測定を行うというサイクルでサイト改善を行っていくのです。

 

競合サイト分析

 

競合サイト分析は、競合サイトの動向やユーザーニーズの理解を目的に行います。競合分析を行い、自社との差別化ポイントや新たなユーザーニーズの調査を行いましょう。

 

調査するサイトの選定

まずは、競合サイトに当たる調査対象を選定しましょう。競合サイトを選定する方法には、主に2つの方法があります。

 

1つ目が、検索エンジンで自社サイトが狙いたい対策キーワードを入力し検索した際に、検索結果上位に表示されているサイトを確認する方法です。上位に表示されているサイトは、ユーザーからも検索エンジンからも評価の高いサイトと言えます。

 

2つ目が、ツールを活用した関連サイトの検索です。関連しているサイトの場合は、自社の商品やサービス及びコンテンツと関連しているため、参考となる情報が多く取得できる可能性が高くなります。

 

関連記事: SEO対策の無料競合調査

 

自社サイトとの比較

 

競合サイトを選定し、分析ツールを活用してデータを取得した後には自社サイトのデータと比較する必要があります。自社サイトのデータと比較することで、自社の問題点や足りないところが見えてきます。

 

また、競合サイトと自社サイトのデータを比較することで競合サイトがどこに力を入れているのかの把握が可能です。競合サイトの戦略を知ることで、差別化を図った自社サイトの戦力を立てやすくなります。競合サイトのデータが自社サイトにおける1つの指標にもなるため、自社サイト同様競合サイト分析も定期的に行うことが重要です。

 

ポジショニングの設定

 

競合サイトの動向を把握することで、自社がどのポジションで戦うべきなのかを正しく設定することができます。競合サイトの戦略や強みや弱みを理解し、自社サイトが戦えるポジションを見つける事が重要です。

 

また、競合サイト分析では今まで見えていなかったユーザーニーズに気づくことがあります。例えば、競合サイトが獲得している流入キーワードを確認し、新たなユーザーニーズを発見し競合がまだ手を出していないキーワードを狙うこともできます。

 

市場全体でのポジションもそうですが、競合サイトとの差別化を測るためにも競合分析は重要です。

 

 

SEOコンサルタントWebサイトで集客を行う際には、定期的なWebサイト分析が重要となります。調査項目は複数ありますが、それぞれの項目を理解し調査後にどのように役立てることができるのかを考えることが重要です。また、調査した内容をサイト改善に活かすためには複数のデータを比較し、自社サイトの改善や市場でのポジショニング設定に役立てることが大切です。ユーザーニーズに合わせて競合サイトも変化していきます。それに合わせて自社も常にユーザーニーズに沿ったサイト作りをしていかなくてはいけません。そのため、Webサイト調査は定期的に行うことが重要です。