SEO対策の東京SEOメーカー

Webマーケティングは文章が大切!読みやすく伝わりやすいWebライティングとは

Webマーケティングは文章が大切!読みやすく伝わりやすいWebライティングとはWebという媒体を使ってマーケティング活動を行うのがWebマーケティングです。

LPやオウンドメディア制作に注力する企業も数多くありますが、特に肝心となってくるのは文章です。

ユーザーの興味を引くのもSEOで良い評価を得るためにも、質の高い文章を書くスキルが必要不可欠になります。

読みやすく伝わりやすい文章を書けるかどうかで、製品やサービスの成約率も大きく左右されます。

 

SEOコンサルタントそこで今回は、Webマーケティングに求められるライティングスキルについて重要性やおすすめの型、意識すべきポイントなど幅広い観点で紹介します。企業のマーケターやSEO担当者、Webライティングとは何か知りたい方はぜひ参考にしてください。

 

コンテンツ悩み解消

Webマーケティングにおける文章の重要性

Webマーケティングは、文字取りWebを媒体として行うマーケティング活動です。

自社運営のオウンドメディアや製品のLPに人を呼び込んで、販売やブランディングを促進します。

その際、顧客ニーズを探るための市場分析はもちろん、認知度を上げるための活動なども幅広く行います。

こうしたWebマーケティングですが、サイトに呼びこんだ後のユーザーに購入というアクションを起こさせるためにもっとも重要になるのが文章です。

Webマーケティングにおいて、文章がどれだけ重要なのかを以下で詳しく説明します。

 

製品やサービスの魅力を伝える

Webサイトを通して製品やサービスの魅力を発信するためには、文章が必要不可欠です。

ユーザーの共感を呼ぶキャッチーな言葉選び、説得力のある質の高い文章で構成された宣伝文を見ることでユーザーは製品やサービスに魅力を感じやすくなります。

商品やサービス自体の魅力も重要ですが、ライティングスキルもユーザーの興味を引く大きな要素になるのです。

 

ユーザーが行動を起こしてくれやすい

商品やサービスに魅力を感じてくれたユーザーが次に起こすのは、商品購入や問い合わせといった成約(コンバージョン)につながる行動です。

ユーザーがWebサイトで成約につながる行動を起こしてくれる割合、いわゆるCVR(コンバージョン率)の平均は2~3%と言われています。

もちろんサイトの種類によってコンバージョンの定義も異なりますが、CVRを上げるためにはターゲット選定や導線の改善、そして文章の質を上げることが必要です。

Webマーケティングの最終目的は、集客の先にあるコンバージョンへの誘導です。

そこへ向かってユーザーが行動を起こしてくれるように、サイト内で文章を駆使するのが肝心となります。

 

SEO的にも効果あり

前述したCVR率を上げるためには、訪問ユーザーの母数を増やすことも大切です。

そのためには当然、Webサイトへの流入を増やさなければなりません。

SNSからの流入や他のマーケティング手法を使っての直接流入、リスティング広告等を打つことで狙える流入などありますが、流入経路で一番多いのは検索による流入(オーガニック検索流入)です。

このオーガニック検索流入を効率よく狙うためには、Webサイトを検索順位の上位に押し上げなければなりませんが、そのために必須なのがSEOです。

読みやすさ、伝わりやすさといった文章の質は、Google側が上位表示するコンテンツを決める際の貴重な材料となります。

内容が薄く読みにくい記事は質も低いと判断されてしまい。上位表示は期待できません。

上位表示されるほど流入数も増えてユーザー母数は増えるため、それだけCVR率も高まる傾向にあります。

良い文章はSEO的にも大いに効果が期待できるため、Webマーケティングにおいてライティング力はとても重要なのです。

 

ブランド力を高められる

質の高い文章を書けると、製品やサービスの魅力だけでなく、Webサイトそのものや企業自身のブランド力も大いに高まります。

内容問わず、質の高いコンテンツに触れたユーザーはそのサイトに好印象を抱いてくれます。

知りたい内容を分かりやすく解説してくれる、興味深い情報をたくさん掲載しているというポジティブなイメージを持ってくれたユーザーは、サイトをお気に入り登録して頻繁にアクセスしてくれるのです。

こうした直接流入で訪れたユーザーは、他の流入経路のユーザーに比べてもコンバージョンへの期待度が高いです。

質の高いコンテンツを多数掲載してブランド力を高めると、結果的にCVR率の向上にもつながります。

 

Webライティングのおすすめ文章構成

Webライティングは、読み手の共感を得られる伝わりやすい文章を書くことが大切です。

そのためには書き方にも多少の工夫が求められますが、何も型破りな文章を書く必要はありません。

ある程度決められたフォーマットをもとに書き進めていくだけで、十分伝わりやすい文章の作成は可能です。

今回は、Webライティングでおすすめの文章構成を3つ紹介します。

文章を書く手が中々進まない方や、手軽に実践できる構成法を知りたい方は参考にしてください。

 

PREP法

PREP法はPoint(結論)・Reason(理由)・Example(具体例)・Point(結論)の頭文字をとった文章構成方法で、この順番通りに文章を書き進めていきます。

はじめに結論を述べてから文章が始まるため、読み手にどんな内容かをまず簡潔に伝えられるのが特徴です。

続けて理由と具体例を述べて、結論に説得力に持たせます。

最後にもう一度結論を述べて、読み手に対して結論を深く印象付けるという構成です。

PREP法はとにかく相手に内容を伝えやすいため、Webメディアに載せるブログ記事をはじめLPの商品紹介文などさまざまな場面で活用されています。

またPREP法の書き方に慣れてくると、結論や理由部分を書く段階で「何を一番主張したいのか?」「そう思った理由はなぜか?」を頭の中で常に考えるため、自身の考えを整理するのにも役立ちます。

 

SDS法

SDS法はSummary(要点)、Details(詳細)、Summary(要点)の頭文字を取った文章構成方法で、PREP法よりも短い時間で相手に情報を伝える場面に向いています。

はじめに話の概要を明示しておき、その後話の詳細を述べる、最後にもう一度要点を話して概要を再確認させて、読んだ内容を記憶に留めやすくします。

Webサイトに訪れたユーザーは、細部まで目を通す方から、大まかにスクロールして内容を確認する方までさまざまです。

大まかに内容を確認するユーザーに対しては、PREP法よりもSDS法で書かれた文章の方がサクッと読みやすく、手早く情報を伝えたい場合にはおすすめの構成です。

 

PASONAの法則

PASONAの法則は、消費者の購買意欲促進を目的とした、主に製品やサービスの紹介ページに効果的な文章構成方法です。

Problem(問題)・Agitation(煽り・共感)・Solution(解決策)・Narrowing Down(絞込)・Action(行動)の5つの構成で文章を作成します。

まず、現状抱える悩みや不安といった問題を提起して、このままではいけないことを煽り問題に対して共感します。

次に、問題の解決策として製品やサービスを紹介しつつ、ターゲットや期間を絞り込み、最後に行動を促すという手法です。

この構成はビジネスシーンでも出番の多い「5W1H」の考え方で作成でき、ユーザーの共感を得やすいのが特徴です。

 

ライティング時に意識するポイント

Webマーケティングに効果的なライティングをするには、何を意識するとよいのでしょうか。

悩んだ時は、以下のポイントを大前提に文章を作成してみましょう。

 

ユーザーのニーズを的確に押さえる

Webマーケティングのゴールはコンバージョンであるため、行動を起こしてくれそうなユーザーのニーズを的確に押さえることが大切です。

そのため文章も、ユーザーのニーズを的確に押さえた内容を記述できることが望ましいです。

製品やサービスがビジネスマン向けならビジネスマンの共感を得られるような文章を書く、若者向けなら若者に刺さりやすい表現を用いて書くなどの工夫が求められます。

まずはニーズを洗い出して、ユーザーにとって役に立つ文章作成を心がけましょう。

 

端的かつ読みやすさを意識する

冗長な文章は読み手の興味を損ねてしまいます。

これはWebライティングにも言えることで、何が言いたいのか分からない文章がただ羅列されていてもユーザーは読む気が起こらず、関心をなくしてサイトを離脱する可能性も高まります。

PREP法やSDS法を駆使して、端的かつ読みやすさを意識した文章を作成しましょう。

 

客観的に違和感がない文章か確認する

文章構成は同じでも、人によって文章の言い回しなどは違いがあります。

そのため、自分では説得力のある文章が書けているつもりでも、他人が見るとそうでもないケースもありえます。

一度書いた文章は客観的に見直して、違和感がないかを確認しましょう。

誰かに文章をチェックしてもらう、音読してみるなどがおすすめの確認方法です。

 

文章を書く上での注意点

文章を書く上で読みやすさを追求するならば、覚えておくべき注意点があります。

以下の項目を文章作成時に意識することで、ユーザーにとっても読みやすい文章となります。

 

文末表現は3回以上繰り返さない

文末表現を3回以上繰り返すと、読んでいてリズム感の悪い文章になります。

語尾には「〜です」「〜ます」「〜でしょう」など種類がありますが、3回以上繰り返されている文章を声に出して読んでみると、その違和感に気づく人もいるでしょう。

語尾の繰り返しは文章が単調に感じられて、読み手にとっても内容が理解しづらいものになってしまいます。

2回までの繰り返しは許容範囲として、3回以上繰り返さないことを心がけましょう。

 

文字数稼ぎの一言は入れない

文章は文字数が多いほど中身も充実すると考える人がいますが、この考えはよくありません。

内容が伴っている文章であれば確かに効果的かもしれませんが、文字数稼ぎに余計な一言を入れてしまう方が多いです。

これではかえって文章の質を損ねてしまい、ユーザーも内容が頭に入りづらくなります。

伝えるべき内容が書かれていたらそれ以上文章は冗長にせず、質を優先したコンテンツに仕上げましょう。

 

漢字とかなはバランスよく使う

漢字で表せる言葉は何でも漢字を使えばよいという考えは、Webライティングにおいては捨てるようにしましょう。

読みやすい文章は全体的にやわらかさを持っています。

ここでいうやわらかさとは、漢字をひらいて適度にひらがなを利用していることです。

たとえば、「是非」「予め」「迄」などの少々難しい漢字が文章内に頻発していると、堅苦しくて読みにくいと感じませんか。

このような漢字はあえて使わずにひらがなで表現することで、内容がすんなり入ってくる読みやすい文章に仕上がります。

とはいえ、ひらがなばかりの文章も読みづらいため、バランスよく両方を使い分けることが重要です。

 

キーワードを強引に盛り込まない

SEO対策として、上位表示を狙いたいキーワードは文章内に適度に盛り込むことが重要ですが、強引に盛り込みすぎるのは逆効果です。

キーワードを盛り込みすぎて内容がよく分からない文章になれば、ユーザーも読んでくれずCVRの低下につながります。

キーワードの出現率がSEOに大きく影響することはないため、要所にキーワードを含めることは忘れず、違和感のない文章作りを心がけましょう。

 

文章についてよくある質問

 

Q:SEO対策として文章はどれだけ重要?

Answer)GoogleがWebサイトのコンテンツを認識する際には画像も大切ですが、特に重要なのがキーワードを意識した文章です。

盛り込みすぎず、読んでいて違和感がないよう適度にキーワードが盛り込まれているのが理想です。

 

Q:文章は必ずしも丁寧な方がよい?

Answer)サイトによっては、ですます調でなくもう少しフランクな言葉遣いを選ぶ場合もあるでしょう。

文末表現についてSEO対策としても明確な正解はないため、そのサイトの雰囲気に合わせたテイストで執筆できれば問題ありません。

 

Q:誤字脱字を手軽にチェックできるツールはある?

Answer)文章を入力することで簡易的な誤字脱字チェックを実施してくれるツールはいくつかあるため、使いやすいものを選んでチェックに活用してみてください。

 

参考:日本語文章のタイポ・変換ミス・誤字・脱字・エラーをチェック・校正 | enno.jp

 

また、WordやGoogleドキュメントといった文書作成ツールを使えば執筆中の誤字脱字を検知してくれる機能もあるため、有効活用してみましょう。

 

 

まとめ

SEOコンサルタントWebマーケティングにおいては、コンバージョンを最終目的としてユーザーのニーズを理解したライティングが求められます。製品やサービスの魅力を読みやすく伝わりやすい文章で表せられれば、その効果は絶大です。PREP法をはじめとする構成を駆使して、ユーザーの立場に立った文章作成を心がけましょう。構成を意識するだけでなく、文末表現や漢字とかなのバランスも考えることで、文章の質はより高められます。

 

 

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、11期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで2000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

監修者:アドマノ株式会社 代表取締役 天野剛志
マーケティングのエキスパート。Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持。大学では経営法学を専攻。オーストラリア・イタリア・フランス・タイ・カンボジアなど世界各国を旅した後、イギリスで1年半生活し語学力と国際的視野を磨く。日本帰国後は広告代理店で営業を12年経験。SEOは草創期から独学で研究し、100以上のサイトで検証しつつノウハウを蓄積。2012年にSEO専門会社のアドマノを設立。
facebookで共有 Xで共有 LINEで共有

新着記事

人気記事

WEBマーケティング

SEO対策