Webマーケティングで独立する方法とは?必要スキルや成功ポイントを解説

WEBマーケティングで独立する方法とは?

働き方が多様化したこともあり、独立してフリーランスを目指している人は近年増えてきています。その中でも、インターネットの普及に伴いWebマーケターという職業が注目され始めていますが、Webマーケティングで独立したいという人も多いのではないでしょうか。

 

SEOコンサルタントそこで本記事では、Webマーケティングで独立する方法や成功のポイントを解説していきます。

 

 

Webマーケティングで独立は可能?

 

インターネットの普及に伴い、企業で行う集客やマーケティングではWebを活用することが当たり前となっています。しかし、Webマーケティングには幅広い分野での知識が必要とされ、誰でも簡単にできるものではありません。

 

そのため、近年Webマーケティングの需要が更に高くなっています。Webマーケティングは簡単なものではありませんが、しっかりと知識身につけることができればWebマーケティングを行うことはできます。

 

未経験でもWebマーケティングで独立できるか不安に思う方も多いと思いますが、知識だけではなく実際にWebマーケティングの経験も合わせて積むことができれば、独立することも十分可能です。

 

Webマーケターの将来性

 

前述したように、Webマーケティングの需要は年々高くなってきています。その背景には、インターネットの普及や近年で言うDXがあります。

 

Web上での集客が主流となっている今では、企業もデジタル人材を確保する必要があります。しかし、近年急速に普及していることもあり知識やノウハウを持つ人がいない企業が多く、うまくデジタルを活用することができていないのです。

 

そしてデジタル領域は年々進化しているため、より一層デジタル人材が必要となってきます。

 

ここで言うデジタル人材とは、Webマーケターに限らずエンジニアやデザイナーも含みますが、このようなWebやITに関わる職種の人材は今後更に必要とされるでしょう。

 

Webマーケティングの職種

 

Webマーケティングといっても、さまざまな職種があるため幅広い意味を持ちます。ここでは、具体的にWebマーケティングにはどのような職種があるのかを解説していきます。

 

リスティング広告運用

 

リスティング広告運用とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンだけではなくSNSなどさまざまなネット広告の運用を行うものです。

 

企業の目的や予算に合わせてWeb広告の運用を行いますが、数字で顕著に成果が出るためスキルが試される仕事でもあります。

 

広告入稿、入札調整、ターゲティング、クリエイティブ改善、レポーティングなどの運用を実施しますが、中にはプランニングから依頼される場合もあります。

 

そのため、各媒体の広告の仕組み理解や運用経験が必要とされます。

 

SEO対策

 

SEO対策といっても幅広いですが、特定のキーワードで検索エンジンで上位表示させることを目的とした仕事内容となります。

 

SEO対策の案件では、検索キーワードや競合サイトのコンテンツ調査、カスタマージャーニーやペルソナの作成など、初期フェーズを行うこともあれば、内部対策や外部対策に絞って行う場合もあります。

 

しかし、SEO対策は各要素が検索エンジンの評価基準に影響を与えるため、一つの要素に対して施策を行っているだけではなかなか成果を出すことができません。

 

そのため、WebマーケターはSEO対策におけるすべてを理解しておく必要があります。

 

SNS運用

 

近年スマートフォンの普及により、SNSの利用が増え企業も活用するケースが多くなってきています。SNSは、検索エンジンとは異なる独自のアルゴリズムを持っているため、SNS運用にはSNSの知識が必要となります。

 

フォロワー数を増やしてアカウントを育てたり、顧客とのエンゲージメントを高めたりすることを目的とします。

SNSはタイムライン上に投稿するため頻度の高い更新が求められ、企業が通常業務の中で行うのが難しく、フリーランスに依頼するケースが多いのです。

 

ECコンサルタント

 

近年ではインターネットやスマートフォンの普及により、ユーザーの消費行動も変化しており、ネットで買い物をすることが日常となっています。

 

そこで増えてきているのがECサイトです。多くの企業がEC業界に参入しており、より競争が激しくなっています。

 

また、ECサイトの運営にはSEOや広告などのさまざまな知識が求められるため、ECコンサルタントが幅広い分野の知識を活用して、収益を最大化するための提案を行います。

 

企業の予算や業界に合わせて施策内容も異なるため、業界知識なども必要となり難易度の高いと言えるでしょう。

 

コンテンツマーケティング

 

コンテンツマーケティングでは、オウンドメディアの立ち上げやコンテンツ企画などの運用を行う業務です。

 

初期の立ち上げ段階では企画やWeb制作の知識やスキルが求められますが、運用段階では記事構成やリライトなどのSEOの知識が求められます。

 

コンテンツマーケティングでは、コンバージョン獲得をするためのコンテンツを作成しなければいけないため、ユーバーニーズの理解や他社との差別化を図れるような企画力が必要となります。

 

業務は多岐にわたりますが、企業がWeb運用をしていく上では、コンテンツマーケティングは欠かせないものとなるためますます需要が高まってきています。

 

データアナリスト

 

データアナリストとは、さまざまなデータを分析して企業のマーケでを行う上での意思決定に役立つ情報を提供する仕事です。

 

Web上での活動が活発になってる今では、あらゆるデータを収集することができるようになっています。この膨大なデータを整理し、分析した上でマーケティングに必要な提案を行います。

 

また、分析したデータを資料として可視化するスキルも求められます。企業の方向性を決める際に必要なデータを扱い分析を行うため、責任の重い重要な仕事と言えるでしょう。

 

関連記事: Webマーケティングとは?注目される理由と抑えておきたい手法を解説!

 

Webマーケターに必要なスキル

 

Webマーケターには幅広い分野の知識が必要とされますが、どのようなスキルが求められるのでしょうか。ここでは、 Webマーケティングを行う上で必要とされるスキルについて解説していきます。

 

最新のWebマーケティングの知識

 

Web市場は速いスピードで変化しているため、常に最新の情報にアンテナを張る必要があります。

 

消費行動が変化していく中で、従来のマーケティング手法を行なっていると当然成果も出しづらくなります。

 

特にSEOの領域では、検索エンジンのアルゴリズムアップデートが頻繁にあるため、そのような情報を知らずに運用していると大きな打撃を受けてしまう可能性もあります。

 

そのため、 Webマーケターには最新のWebマーケティング知識が必要とされるのです。

 

営業力

 

Webマーケターは需要があるとはいえ、独立すると自分で案件を取りに行かなければいけません。そのため、高い営業力が求められます。

 

いくらWebマーケティングの知識や経験があっても、営業力がなければ自身の強みや魅力を伝えることができません。

 

また、コミュニケーション能力も求められます。営業と時だけではなく、実際に運用をしていくにあたり依頼元とのやりとりは発生します。

 

コミュニケーション能力が低ければ、用意した提案も相手に刺さりづらくなります。そのため、 Webマーケターはコミュニケーション能力を備えた上で営業力も必要とされるのです。

 

コンサルティング力

 

Webマーケターは、自身の知識やスキルを使って依頼主にさまざまな提案をしなければいけません。そのため、高いコンサルティング力が求められます。

 

 依頼主が Webマーケターに依頼する目的は、企業の売上を伸ばすためです。Webマーケターは、企業の売り上げを伸ばすために、企業の抱えている課題を発見し解決する必要があります。

 

そのため、課題解決に向けて考える力が必要となり、企業を成功に導くためのコンサルティング力が重要となるのです。

 

管理能力

 

管理能力とは幅広い意味身持ちますが、 Webマーケターに限らずフリーランスにはさまざまな管理能力が必要となります。

 

スケジュールやタスク、お金等の管理を自身でしっかりと行う必要があります。

 

特別なスキルが必要になるわけではありませんが、個人の信用に関わるためしっかりと管理することが大切です。

 

未経験からWebマーケティングで独立する方法

 

記事の冒頭で、Webマーケティング未経験からでも独立することは可能と記載しましたが、未経験から独立する場合でもWebマーケティングの知識や経験は必要となります。

 

ここでは、独立のために必要となる知識や経験を得るための方法について解説していきます。

 

Webマーケティング業界で経験を積む

 

Webマーケティングの知識や経験を得るのに最も早い方法が、Webマーケティング業界で経験を積むことです。

 

Webマーケティングを行う会社で働くことで、お給料をもらいながら実践スキルを身に着けていくことができます。ただ独学で学習するよりも実践していくことで、独立した際に対応できる業務の幅が広くなります。

 

また、会社員時代に手掛けたマーケティング案件も実績の一部にすることができるため、独立した際に案件を獲得しやすくなるというメリットもあります。

 

Webマーケティングで対応する業務の幅は広いため、最低でも2年経験を積むと良いでしょう。

 

副業で始める

 

本業をしながら、副業としてWebマーケティングを始めるという方法もあります。副業を始める前には、独学で知識を習得する必要はありますが実務経験を積むためには、フリーランス向けの案件を副業としてやってみるのも良いかもしれません。

 

実務経験がないことは独立する上で大きなデメリットとなるため、Webマーケターとしての実績を作るためにも、副業で初めて見ることが重要です。

 

また、副業で始めることで、実際にWebマーケターという仕事が向いているのか、独立してやっていけるのかということを事前に確かめることもできます。

 

本業との両立や時間は限られてしまいますが、自分のレベルに合わせた案件を獲得していきながらレベルアップしていくと良いでしょう。

 

Webマーケティングのスクールに通う

 

独学で習得するにはハードルが高いという方は、Webマーケティングのスクールに通うという方法もおすすめです。スクールに通うことで、モチベーションの維持につながるだけではなく、短期間でWebマーケティングの知識を習得することができます。

 

主なWebマーケティングスクールには、次のようなものがあります。

 

  • Wannabe Academy
  • デジプロ
  • DMM MARKETING CANMP

 

これらのWebマーケティングスクールは、転職サポートもあるため学習した後に実際にWebマーケティング業界で実務経験を積むこともできます。

 

また、Webマーケティングスクールでは最新の情報も含めて学ぶことができるため、Webマーケティングの情報収集をしたことのない初心者の方にはおすすめです。

 

Webマーケティングで独立して成功するためのポイント

 

Webマーケティングで独立するためには、知識と実務経験が重要になると前述しましたが、幅広い分野に対応できることが重要となります。

 

Webマーケティングの中でも広告やSEO、SNS運用など幅広いですが、Webマーケターはどの分野にもある程度の知識が求められます。もちろん、何かの分野に特化していることも重要ですが、Web集客を行う手段は複数あるため最終的なゴールである企業の売上を伸ばすためには、自身が得意とする分野以外の方法で行う必要がある場合もあります。

 

そのため、Webマーケターは幅広い知識を習得しながらも自分が得意する分野で成果を出していくことが求められます。

 

 

SEOコンサルタント【まとめ】Webマーケティングは今後さらに需要が高まっていくため、Webマーケティングのノウハウのない企業は頭を抱えていくことになるでしょう。そのため、Webマーケターとして個人で活躍する人も増えていくでしょう。幅広い分野の知識が必要となることや、日頃から最新の情報に触れていく必要があるなど一見難しそうに感じますが、未経験からでも十分に独立することは可能です。そのためには、実務経験を積むこと必要があるため、独立を考えている人はまずWebマーケティングを実践してみることが重要です。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。