SEO対策の東京SEOメーカー

Webマーケティングとは?注目される理由と抑えておきたい手法を解説!

Webマーケティングとは?

近年、インターネット広告市場が急速に発展することに伴って、Webマーケティングへの注目も高まりつつあります。また、Webマーケティングは今や他媒体の広告よりも重視される時代となりつつあることも事実です。

 

SEOコンサルタントそこで本記事を通して、Webマーケティングの歴史や活用するメリット・デメリット、主なWebマーケティングの手法についてみていきましょう。

 

目次

コンテンツ悩み解消

Webマーケティングとは

Webマーケティングとは、インターネットを媒体にしたモノやサービスを販売する仕組みの構築を指しており、SEO(検索エンジン最適化)、ウェブサイトに掲載する広告等も含まれています。

パソコンとスマホが生活に欠かせない現代においては、従来のスタンダードとされていた新聞や電車の中吊りのみのマーケティングはもはや適切とはいえませんので、ここから解説する基礎知識をしっかり押さえて、より理解を深めておきましょう。

 

Webマーケティングの重要度

総務省の調査によると、日本におけるインターネット利用率は全体で9割程度であることに加えて、テレワークの導入や情報コンテンツの拡充に伴い、その需要は今後も安定推移が予想されています。

 

そして、更に注目するべきはECサービスの市場規模であり、経済産業省の発表によれば、toCで約19兆円、toBに至っては330兆円以上にも昇るため、特にネットショッピングをメイン販路としている企業にとって、Webマーケティングの成功は重要課題といっても過言ではないでしょう。

 

また、現在はインターネット上でアプリを配信する等してターゲット層にキャンペーンを周知し、実店舗へ誘導するO2O(Online to Offline)という概念も確立されていることから、飲食といったオフラインビジネスに関しても当然例外ではありません。

 

Webを活用して売れるしくみを作る

Webを活用して売れるしくみは、全てWebマーケティングに含まれます。普段利用しているSNSの広告や、YouTubeで流れる広告もすべて商品を売ることを目的としてWebマーケティングの手法を活用しています。

最近ではスマートフォン等の普及によってインターネットが身近な存在になっている影響からWebマーケティングの領域が拡大しつつあり、あらゆるWebのツールを駆使して売れるしくみを作る企業が増えつつあることが特徴です。

 

Webマーケティングの範囲は?

Webマーケティングに明確な範囲はなく、Webを使って集客するしくみ全般はWebマーケティングの一部だという認識が一般的です。

 

そもそもマーケティングとは「自社の商品・サービスを売るための活動」を指しており、マーケティング自体は日常的に触れる機会が多くあります。例を挙げると、テレビCMや雑誌の広告等で集客を行い、商品に興味を持って来店した人に販売をすることも全てマーケティングの一部です。

 

デジタルマーケティングとの違いは?

Webマーケティングとデジタルマーケティングの違いは、扱う範囲が異なる点です。

デジタルマーケティングもWebマーケティングと同様にWeb上の施策を指すため、同じものであると誤解されがちですが、正確にはデジタルマーケティングの一部にWebマーケティングが含まれます。

 

デジタルマーケティングは、ビッグデータやIoT等を含むデジタルデータを活用した施策を指していることから、Webマーケティングよりも幅広い範囲を指す点が特徴です。

 

Webマーケティングの歴史

Webマーケティングは、インターネットの登場やスマホ・SNSの普及によって時代とともに大きく変化してきました。Webマーケティングの歴史と、各時代の特徴について詳しくみていきましょう。

インターネット黎明期(1994〜1999年)

 

1994年頃、日本国内の学校や企業へインターネットサービスが普及することとなりました。

この頃にYahoo!JapanやInfoseekといったサービスがスタートしており、今では日常的に利用される検索エンジンの存在が認知され始めた時代です。

 

しかし、当初は人の手によってWebサイトをカテゴライズし、表示も五十音順であったため、バナー広告やリスティング広告といったWeb広告を利用するに留まっていました。

 

ブログ・EC成長期(2000〜2002年)

 

2000年には日本国内でGoogleが日本語検索サービスの提供を開始しました。それに伴い、Yahoo! JapanもGoogleの検索エンジンを活用し、本格的にSEOがスタートした時代です。

 

しかし、当時のGoogleは現在のようにユーザーの満足度が高いコンテンツを上位表示させるものではありませんでした。SEO対策も外部リンクを大量に貼り付けたり、ページ内に必要以上にキーワードを埋め込むといった形で行われていました。

SNS登場・ブログ隆盛期(2003〜2009年)

 

この時期には、個人ブログの開設が増加し、自分自身の特技を活かして発信活動を行う人が増えてきました。また、TwitterやFacebookといったSNSの登場も個人の発信を加速させる要因の一部です。

 

ブログやSNSを通じて自分の意見を自由に発信できるようになったことで、芸能人のように人気を集める一般人も誕生するようになりました。特に、「バズる」というワードが誕生したのもこの頃であり、Webを通じて個人の発信力が急速に強まりつつあった時代です。

 

スマホ台頭期(2010〜現在)

 

スマートフォンが人々の生活の一部となったことで、アプリを用いたマーケティング施策も誕生することとなります。

 

また、日本にコンテンツマーケティングが広まり始めたのもこの時代です。コンテンツマーケティングが広まることで、ブログサイト型のオウンドメディアを運営する国内企業が急速に増加しました。

 

 

Webマーケティングが注目される理由

 

Webマーケティングの歴史について紹介してきましたが、なぜ時代とともにWebマーケティングは形を変えながら注目されてきたのか疑問に思うかもしれません。ここでは、現代においてもWebマーケティングが注目を集めている理由について解説していきます。

 

スマートフォンやタブレットの普及

 

Webマーケティングが注目される理由の1つが、スマートフォンやタブレットが急速に普及した点です。

 

スマートフォンが普及する前には、インターネットを利用するためにほとんどの人がパソコンを使用していたため、決して日常的にWeb広告を目にする機会が多いとは言えませんでした。

 

しかし、現在は暇があればスマートフォンやタブレットを触る人が多いことから、Web上の広告やコンテンツが消費者の目に入る機会が増加し、Webマーケティングを効率的に活用できる場面が増えるようになりました。

 

コロナ禍による非対面営業が加速

 

Webマーケティングが重視される要因として、コロナ禍の影響によって営業手法が制限された点も挙げられます。

 

Webマーケティングの手法を利用すれば、消費者と直接対面することなく、集客や販売活動を行うことができるため、多くの企業が注目しはじめました。

 

Webマーケティングを活用するメリット

 

具体的にWebマーケティングを利用することでどのようなメリットが得られるか気になるかと思います。ここでは、Webマーケティングを活用して得られるメリットについて見ていきましょう。

 

低コストで活用できる

 

Webマーケティングの手法は、低コストで活用できる点が大きなメリットです。その理由として、Webマーケティングはすべての施策がネット上で完結するため、現実世界で「モノ」を用意する必要がありません。

 

他のマーケティング手法と比較すると、テレビCMはキャラクターや芸能人をキャスティングする必要があったり、チラシ広告なら必要な枚数分の印刷を依頼することが必要です。

 

施策効果が数字でわかる

 

Webマーケティングはあらゆる施策の効果を数字で確認できます。

 

例えば、自社サイトにアクセスした人数や時間帯、サイトに滞在した時間等もすべて分析ツールを使用することで可視化することができます。

 

これはテレビCMやチラシ広告のような媒体では難しく、Webマーケティングを活用する大きなメリットです。

 

細かいターゲティングが可能

 

Webマーケティングを活用すれば、細かいターゲティングに基づいて広告を掲載することが可能です。

 

SNS等が普及する以前の雑誌広告や、現在も目にするテレビCMはどうしても大衆向けの日広いターゲティングしか行うことができません。

 

しかし、Webマーケティングを活用すればSNS等を通じて年齢や興味関心を絞り込んで、細かいターゲティングを行うことが可能です。特定のユーザーの趣味嗜好に刺さる可能性が上がるため、効果的に集客や商品の購入を促すことができます。

 

Webマーケティングを活用するデメリット

 

Webマーケティングは正しく活用できれば大きな武器になる一方で、いくつかのデメリットを抱えていることも事実です。ここでは、Webマーケティングのデメリットについて解説します。

 

トレンドに敏感になる必要がある

 

Webマーケティングの領域は、非常に変化が激しい点が特徴です。このような変化に乗り遅れないために、ネットビジネスのトレンドに常に敏感であることが必要です。

 

実際に、スマートフォンが登場する以前と以降では、たった数年間で新たなWebマーケティングの手法が多数生まれました。

 

今後も新たな技術やSNSの登場等によってトレンドは変化していくため、Webマーケティングの領域に関わる際には自力でリサーチを行ったり、社外からサポートを受けることで知識をアップデートしていくことが大切です。

 

担当者のリテラシーが求められる

 

Webマーケティングを活用する場合、担当者には相応のネットリテラシーが必要です。

 

多くの媒体が登場し、各媒体の特徴や仕組みを理解した上で、自社にとって最適な媒体や施策を取捨選択し、常に効果測定を行うことが求められます。Webマーケティングの担当者は、トレンドに乗り遅れないように最新の手法にキャチアップするようにしましょう。

 

地域密着の手法が少ない

 

Webマーケティングは、簡単に多数の人間に自社の商品を認知してもらえる可能性がある一方で、地域に根ざした事業とは相性が悪いというデメリットがあります。

 

例えば、遠方のユーザーがネット広告を通じて自社商品に興味を持ったとしても、販売しているのがごく一部の地域に限られていると最終的に売上につなげることが難しくなってしまいます。

 

このような事態を防ぐためにも、オンライン販売等を行うことで興味を持ったユーザーがどこでも商品を購入できるようなしくみを併せて準備することが必要です。

 

Webマーケティングとデジタルマーケティングの違い

 

Webマーケティングとデジタルマーケティングは一見するとよく似ていますが、以下の通りカバーしている範囲が大きく異なっています。

種類 対象範囲
Webマーケティング ・ウェブサイト、SNS、アフィリエイト、SEO対策等
デジタルマーケティング ・マーケティングの範囲 + IoT、VR、AI、Web

したがって、デジタルマーケティングはWebマーケティングもカバーしつつ、より多くの分野に対応した手法であることから、混同すると社内やクライアントとのセッションも噛み合わなくなってしまうため、注意しましょう。

 

Webマーケティングのステップとは

 

ここからは、Webマーケティングの基本ステップである、戦略構築、集客施策、回遊施策、CRMについて解説していきます。

 

 

  • 戦略構築
  • 集客施策
  • 回遊施策
  • CRM

いずれも確実な成果を得るには必要なプロセスであるため、是非参考にして下さい。

 

戦略の構築

 

Webマーケティングといえば広告やウェブサイト制作ばかりに注目してしまいがちですが、その前にまず以下のポイントを整理して、戦略を構築しなければなりません。

 

ターゲットの確立

 

最初に取るべきステップは、自社サービスのニーズが見込めそうなターゲットの確立であり、具体的に次のポイントを絞り込むことでより効果的なアプローチが可能となります。

 

  • どのようなSNS、メディアを利用しているか
  • 抱えていそうな問題や悩み
  • ライフスタイル
  • 年齢、性別、家族構成

一方、収入水準や職業等を追加して可能な限り詳細にするのも重要ですが、あまりピンポイントに設定し過ぎるとかえってリーチできる層が狭くなってしまうため、取り扱う製品やサービスの特徴がマッチするようなモデルをいくつか洗い出し、バランスを調整していくのがおすすめです。

 

競合を把握する

 

設定したターゲットがサービスの利用を検討する際、自社と比較対象になりそうな競合に関しても把握しておく必要があります。

 

具体的には、自社サービスに関連するキーワードを検索して、表示された競合サイトのコンテンツや製品、できればSNSもチェックしましょう。

 

そして、ユーザーに対するアプローチ、訴求方法等を押さえてウェブサイト制作における1つの指標に活用するのがおすすめです。

 

自社の課題と強みを整理する

 

自社サービスを競合と比較して特徴の整理を行い、不足している要素の改善、そして優れているポイントを押しだせるようにしていきましょう。

 

また、既存ユーザーによる口コミ、他サイトにおける評価等も有力な判断材料となるため、積極的に活用して下さい。

 

以上のアクションを通して「どんな人に」「どのような方法で」「自社のどのサービスを」という3点を明確にしていきましょう。

 

集客施策

 

効果的な戦略が構築できたら、次に行うのは集客施策です。

マーケティングにおいては何よりも「認知」してもらうことが重要であるため、ここで解説する手法を効果的に活用して下さい。

 

SEO

 

SEO(検索エンジン最適化)とは、自社サイトに関連するキーワードが検索された際、上位に表示されるよう検索エンジンからの評価、あるいは理解度を高めることを指しています。

 

ちなみに代表的な対策は以下の通りですが、ユーザーニーズやトレンドによって評価基準は度々変更されるため、GoogleやYahoo!のアナウンスをこまめにチェックしていきましょう。

 

 

  • 良質なコンテンツの継続的な制作
  • ユーザーニーズを満たせているかどうか
  • 被リンクの獲得
  • ページ更新速度の改善

関連記事: SEO対策とは?

 

SNS

 

ターゲットとする年齢層によって差はありますが、TwitterやInstagramは現在高い利用率を誇っていることに加えて、Googleに変わる検索ツールとして活用されるケースもあるため、集客プラットフォームとしては大変おすすめといえるでしょう。

 

また、Facebook、TikTok等ももちろん有効であり、拡散されやすいコンテンツを定期的に配信し、ユーザーと直接やり取りできるような仕組みを構築するとより効果的です。

 

ちなみにこの項目に関してはSNSマーケティングという別ジャンルに分類されるのが一般的ですが、Webマーケティングにおいてはセットで行うのがスタンダード化しているため、あえて本記事で解説しています。

 

メールマガジン

 

メールマガジンは既存ユーザーに対する継続的なアプローチはもちろん、購入の手前でスタックしている見込みユーザーが意思決定するまでの期間、自社サービスの関心を維持することが可能です。

 

また、テンプレートを策定すればほぼコストをかけずに行えるポイントも魅力であり、SNSよりも長く活用されている集客施策の1つとなっています。

 

広告

 

Webマーケティングでは適切な広告の運用も重要である一方、現在は以下のように多くの種類が存在しています。もちろんそれぞれに特徴があるため、自社サービスにマッチしたものを選んで下さい。

広告の種類 特徴
リスティング広告 ・Google等で検索した際に表示される広告

・掲載順位はオークション形式で決定

バナー広告 ・ウェブサイトに表示させる広告

・画像等を用いて視覚的に訴求できる

SNS広告 ・TwitterやInstagram等のSNSに表示できる広告

・SNSのツールを用いて詳細にターゲットが絞り込める

アフィリエイト広告 ・購入や申し込み実績に応じた報酬を掲載側に支払う

・基本的に成果報酬型なのでコストが抑えられる

リターゲティング広告 ・ウェブサイトに訪問したユーザーに向けた広告

・クッキーのあるユーザーに限定できるためピンポイントにアピールできる

 

回遊施策

 

Webマーケティングにおいては、アクセス数を増やすだけでなく、最終的に自社サービスを購入してもらわなくてはなりません。

 

そのため、ここから解説する回遊施策をしっかり行い、ユーザーに対して最後の一押しをしましょう。

 

LPO

 

ランディングページとは、通常検索やリスティング広告から流入したユーザーが最初に見るページを指しており、CVR(成約率)を高めるために行うのがLPO(ランディングページ最適化)となります。

 

具体的には、訪問ユーザーの行動や過去の閲覧履歴からよりマッチした内容を表示させるパーソナライゼーション、そしてページ更新速度の改善等が代表的な対策といえるでしょう。

 

EFO

 

カートや入力フォームは自社サービスの購入、または申し込みのために便利なシステムですが、この段階で細かい全角半角の指示やエラーメッセージの煩わしさを感じると、ユーザーは簡単に競合へ切り替えてしまうでしょう。

 

そこで重要となるのがEFO(入力フォーム最適化)であり、レイアウトを見やすく、最大限入力を簡素化する等して、ユーザーの購買欲を維持する施策です。

 

CRM

 

Webマーケティングは成約すれば終わりというわけではなく、1度サービスを利用、あるいは購入したユーザーとの関係を維持するCRM(カスタマー リレーションシップ マネジメント)も実施する必要があります。

具体的には、購入後のフォローやキャンペーンの配信を行い、既存ユーザーによる口コミ内容を良質なものにし、新規ユーザーに対する効果的な判断材料に昇華させるといった対策であり、丁寧に実施すれば長期的なリピーター化も期待できるでしょう。

 

Webマーケティングの主な手法

 

最後に、Webマーケティングにおいて用いられる主な手法を紹介します。現在Webマーケティングの主な手法としては次にあげる手法が用いられます。

 

  • SEO
  • リスティング広告
  • メールマーケティング
  • SNS広告
  • バナー広告
  • アフィリエイト広告
  • アドネットワーク広告
  • リターゲティング広告
  • チャットボット

ここでは、各手法の特徴についてご紹介します。

 

SEO

 

SEOとは「Search Engine Optimization」の略称であり、日本語では検索エンジン最適化を意味します。検索エンジンで消費者が特定のキーワードを検索した際に、自社のサイトが上位に表示されるようにWebページ内のコンテンツを作成する施策です。

 

また、検索エンジンを提供しているGoogleは定期的にアップデートを行い、ユーザーの検索意図に応えられるサイトを上位表示しようとします。よって、自社のWebページもアップデートによって大きく検索順位が変わってしまう可能性がある点には注意が必要です。

 

関連記事:  SEO対策とは?

 

リスティング広告

 

リスティング広告とは、特定のキーワードを検索した際に検索結果画面の上部に広告を掲載する手法です。自社サイトを上位表示できるため、SEOと同水準以上のアクセス増加が期待できます。

 

CV獲得が期待できる取引型クエリからの獲得に向いており、顕在層へリーチしやすい点が魅力です。

 

関連記事:  SEOとリスティング広告の違いとは?集客の最大化を図る使い分け方を解説

 

メールマーケティング

 

メールマーケティングとは、MAツールで獲得したユーザーをセグメント分割して、特定のセグメントに対してメールを送信し、集客に繋げるマーケティング手法です。

 

セグメントごとにコンテンツをカスタマイズしているため、離脱が起こりにくく、CV獲得が見込めます。MAツール導入にコストがかかるため、導入時には注意が必要です。

 

SNS広告

 

SNS広告は、TwitterやInstagram等のソーシャルメディアに広告を掲載する手法です。

各ソーシャルメディアが大量のアクセスログを保有していることから、ユーザーの興味カテゴリやエリアなどでターゲティング設定ができることから、自社製品・サービスと相性の良いユーザーに対して、効果的にリーチできる点が魅力です。

ただし、広告の機能があまりにも充実しているため、運用には専門知識が必要となります。また、各媒体のアップデートが頻繁にあることから、媒体のアルゴリズムや仕様についての理解も必要となる点に注意しましょう。

 

アフィリエイト広告

 

アフィリエイト広告は個人ブログや他社サイトに広告を掲載してもらい、自社サイトへのアクセスを促す手法を指します。

アフィリエイト広告の大半は、商品が購入された段階で広告費が発生する「成果報酬型」を採用しているため、成約するまでは広告費がかからない点が特徴です。

しかし、集客方法について明らかにされないため、悪質なアフィリエイトサイトから自社サイトにアクセスしたという顧客がいる可能性にも注意が必要です。

 

関連記事: アフィリエイトでSEO対策が必要な理由とは?対策と注意点を解説

 

アドネットワーク広告

 

アドネットワーク広告とは、複数のWeb広告媒体に対してまとめて広告を配信する手法です。

一度に複数の媒体で広告を配信できるため、1つ1つの広告掲載依頼をせずにユーザーの目に触れるしくみを作ることが可能です。

一方で、広告掲載先の選定は自社で行うことができません。

よって、掲載したいWebサイトやSNSを明確に定めている場合は、一括で掲載せずにそれぞれ広告を作成し、掲載依頼を行うことがおすすめです。

 

リターゲティング広告

 

リターゲティング広告とは、ユーザーが過去に閲覧したWebサイトを元に、関連広告を掲載する手法です。「追跡型広告」とも呼ばれており、ユーザーの興味や関心に基づいて繰り返し広告を表示することが大きな特徴です。

サイトを初めて訪問したユーザーを刈り取れなくても、再訪した際にコンバージョン獲得ができる可能性があり、機会ロスを減らす効果があります。

 

チャットボット

 

チャットボットとは、「Chat」と 「bot」を組み合わせた言葉であり、ユーザーが入力した言葉に対してコンピュータが自動で応対してくれるサービスを指します。

チャットボットはコンピュータが自動で会話をしてくれるため、24時間365日稼働し続けることができます。ユーザーが自社商品を利用しようと決断した瞬間を逃さずに対応することができるため、機会損失することなく売上につなげることが可能です。

 

Webマーケティングの注意点

 

メリットを把握したところで、次はWebマーケティングの注意点を見ていきましょう。

成果をだすためには重要なポイントであるため、是非参考にして下さい。

 

Web担当者のネットリテラシーが必須

 

Webマーケティングの拡散性は1つの魅力である一方、担当者のネットリテラシーが不足していると一瞬で炎上するデメリットがあります。

 

そして、内容によっては自社ブランドのイメージが悪化し、成約率も低下させてしまう可能性もあるため、人選に不安がある場合は多少コストをかけてもWebコンサルタント等を外注した方が良いでしょう。

 

トレンドや手法のアップデートが重要

 

Webマーケティングは市場のニーズやシェアの変化に対して大変素早く反応する特徴があり、その都度で適した手法も頻繁に移り変わってしまいます。

 

そのため、こまめにトレンドをキャッチして情報をアップデートし続けなければならないデメリットがあり、片手間で取り組んでいると早い段階で取り残されてしまう可能性もあるでしょう。

 

したがって、もし十分なリソースが確保できない場合は、先ほどと同じように外部サービスを活用するのがおすすめです。

 

 

Webマーケティングを成功させるには

 

ここからは、Webマーケティングを成功させる2つのポイントを解説していきます。適切な施策を講じれば高い確率で成果はついてくるため、しっかり押さえておきましょう。

 

社外のノウハウを収集する

 

社内におけるディスカッションや検証も当然重要ですが、社外のノウハウを収集することもあわせて行いましょう。

特にWebマーケティングで確かな実績を上げている企業とは、積極的に関係性を構築してパートナーシップを結ぶのも大変有効であるため、決して内向的にならず広い視野を持って取り組んで見て下さい。

 

自分の求める手法を研究する

 

Webマーケティングは手法やスキルの移り変わりが激しい世界であることから、つい目移りして結果的に全体の習熟度が低下してしまうケースもあります。

 

したがって、自分の求める手法や運営するメディアにマッチしたものを的確にピックアップし、集中的に情報をアップデートしていった方が最終的な効率は飛躍的に向上するでしょう。

 

WEBマーケティング関連の記事

WEBマーケティングに関する他の記事は下記をご覧ください。

 

WEBマーケティングの基礎を学べる記事

 

WEBマーケティングのツールと事例の記事

 

その他のWEBマーケティング関連記事

 

まとめ

SEOコンサルタントWebマーケティングは時代とともに変化し、今までの手法が消えては新たな手法が生まれる変化の激しい領域です。初めてWebマーケティングの領域に関わる人ほど、難しいと感じることが多いでしょう。今後、自社製品・サービスの販売拡大のためにWebマーケティングを積極活用しましょう。

 

 


 

SEOとWEBマーケティングの東京SEOメーカーTOPへ戻る

 

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、11期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで2000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

監修者:アドマノ株式会社 代表取締役 天野剛志
マーケティングのエキスパート。Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持。大学では経営法学を専攻。オーストラリア・イタリア・フランス・タイ・カンボジアなど世界各国を旅した後、イギリスで1年半生活し語学力と国際的視野を磨く。日本帰国後は広告代理店で営業を12年経験。SEOは草創期から独学で研究し、100以上のサイトで検証しつつノウハウを蓄積。2012年にSEO専門会社のアドマノを設立。
facebookで共有 Xで共有 LINEで共有

新着記事

人気記事

WEBマーケティング

SEO対策