中小企業がコンテンツマーケティングを活用すべき理由や実践方法を解説

中小企業のコンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは、見込み顧客の育成から自社へのファン化を目的としたマーケティング手法のことです。一連の流れに沿って実行するため、従業員の少ない中小企業であっても段階ごとに適切な施策が取り組めます。

 

SEOコンサルタントそこで本記事では、中小企業がコンテンツマーケティングを活用すべき理由や実践方法を解説していきます。

 

コンテンツマーケティングとは? 

 

コンテンツマーケティングとは、価値のある情報やコンテンツを発信し、見込み顧客の育成から自社へのファン化を目的としたマーケティング手法のことです。

 

一般的なマーケティング手法ではニーズが明確化している顧客をターゲットにしますが、コンテンツマーケティングでは潜在客に向けた発信から行います。

 

そのため長期的なスパンで対策し、自社のファンを確立するまで、一連のプロセスを段階ごとに実行していく手法になります。ここではコンテンツマーケティングの目的や流れについて、詳しく解説していきます。

 

関連記事: コンテンツマーケティングの代行を依頼するメリット・デメリットは?

 

コンテンツマーケティングの目的

 

コンテンツマーケティングの最終的な目的は、顧客を育成し自社のファンにさせることです。

 

もちろんファン化までに自社サービスや商品のセールスも行いますが、あくまで最終的な目的の通過点といえるでしょう。

 

「ユーザーが価値を感じるコンテンツ提供」が軸となり、そのためにさまざまな情報発信や、商品のセールスを行っていきます。

 

したがってコンテンツマーケティングで重要なポイントは、以下の3つと押さえておきましょう。

 

  • 顧客のファン化
  • 顧客の育成
  • 価値のあるコンテンツ提供

 

コンテンツマーケティングの流れ

 

コンテンツマーケティングでは自社へのファン化が最終的なゴールですが、顧客をいきなりファン化させることはできません。そのため、段階ごとに適切なアプローチを行う「育成」が重要な役割を持ちます。

 

具体的には、以下の流れで育成を行います。

 

  • Awareness:認知
  • Interest:興味
  • Consider:検討
  • Purchase:購入
  • Repeat:継続
  • Advocacy:応援

まずは会社や商品の認知からはじまり、ニーズに合致する発信によって興味を持たせます。その後有益なコンテンツによって、商品やサービスの検討。そして購入につながる行動を促します。

 

さらに発信を継続し続けながらリピートを促し、自社のファンとしてロイヤルカスタマー化を行う流れです。大きな流れではありますが、上記のような手順をすすめることで、ユーザーの段階に合わせた育成を行います。

 

中小企業がコンテンツマーケティングを活用すべき理由 

 

コンテンツマーケティングは、中小企業こそ取り組むべきマーケティング手法といえます。なぜならコストがかからないことや、自社が得意とする専門分野の発信によって、ユーザーからの信用度やブランディング力を高めやすいからです。

 

ここでは、中小企業がコンテンツマーケティングを活用すべき理由について解説していきます。

 

専門分野の発信が信用やブランディングにつながる

 

コンテンツマーケティングでは「ユーザーが価値を感じるコンテンツ提供」が重要となり、中小企業であれば、自社の専門分野における情報発信が効果的です。

 

なぜなら自社の専門分野を発信することで、

 

  • ユーザーの悩みを解決し、役に立つ
  • ユーザーの満足度が高まる
  • ユーザーから自社への信頼度を高まる

という流れが生まれるためです。

 

またユーザーの満足度を高められれば、信頼度だけでなく企業ブランディングにもつながります。

 

中小企業でブランディング力を高めようとした場合、一般的には多額の広告費用によって企業宣伝をしなければいけません。しかしコンテンツマーケティングを活用することで、多額の費用をかけることなく、ユーザーからの信頼度とブランディング力の向上が行えます。

 

価格競争に巻き込まれにくくなる

 

コンテンツマーケティングによって企業ブランディングが確立できている中小企業であれば、価格競争に巻き込まれにくくなるでしょう。

 

なぜならブランディング効果によって競合他社との差別化が図れており、市場価格に左右されることなく自社を選んでもらえるためです。

 

例えばブランディング力がない企業の場合、市場よりも割高な商品を販売していても、付加価値がなければ売れることはありません。しかし企業ブランディングとして何かしらの付加価値が備わっていれば、市場価格に影響されずに商品を売り続けられます。

 

このようにコンテンツマーケティングに取り組むことによって、市場や競合に影響されない企業に成長できます。

 

コストを抑えたマーケティング施策が行える

 

中小企業がコンテンツマーケティングに取り組むべき理由として、コストを抑えられるという費用面の削減も重要な要素です。

 

マーケティングといってもさまざまな手法がありますが、Web広告やSNS広告など即効性の高い方法であれば、多額の費用が必要になります。

 

しかしコンテンツマーケティングの場合、コンテンツの制作費用はかかるものの、長期的に考えると費用対効果が高い手法です。

 

また成果が出てからは費用をより抑えられるため、できるだけコストをかけないたくないと考えている企業には必須のマーケティング手法になります。

 

中小企業がコンテンツマーケティングを行うメリット 

 

中小企業がいま以上に売上を増加させるためには、新規集客から既存客へのアプローチまで、流れに沿って対策することが重要です。仮に一つでもうまくいかない段階があれば、最終的な目標へとは到達できません。

 

そのため効率良く顧客を育成するうえでも、コンテンツマーケティングはメリットが多い施策といえるでしょう。ここでは、中小企業がコンテンツマーケティングを行うメリットについて解説していきます。

 

安定した新規集客につながる

 

コンテンツマーケティングでは、潜在客へ響くコンテンツの制作さえできれば安定した新規集客につながります。

 

なぜなら一度発信した情報やコンテンツは、資産として残り続けるからです。

 

仮に営業マンが新規営業を行うと考えた場合、時間や肉体に限界があります。また安定して獲得し続けることは至難の業といえるでしょう。

 

しかしコンテンツマーケティングの場合「24時間働く営業マン」として動き続けるため、限界はありません。人間よりも獲得数の安定化を行いやすく、持続性も高いことがメリットです。

 

既存客のリピート率を高められる

 

コンテンツマーケティングでは潜在客へのアプローチから自社へのファン化まで、一連の流れを行います。そのため新規集客だけでなく、既存のリピート率を高められる点もメリットです。

 

特に中小企業の場合、潜在客・見込み顧客・既存客の顧客ごとに、0から施策を考えて実行するには大変な労力が必要です。

 

まったくつながりのない施策であれば、上手に顧客を育成できずリピート率を高めることはできません。

 

そのため流れが定まっているマーケティング手法を活用することで、段階ごとの施策が管理しやすく、最終的なリピート率の向上へと効果的にすすめられます。

 

中小企業がコンテンツマーケティングを行うデメリット 

 

コンテンツマーケティングで重要視すべき点は、成果がいつ出はじめるかが不明なため、継続して取り組み続けることです。また質の高いコンテンツ制作が欠かせないため、実際に制作できる人材の確保が必須になります。

 

ここでは、中小企業がコンテンツマーケティングを行うデメリットについて解説していきます。

 

継続した発信や取り組みが必要

 

コンテンツマーケティングで成果を出すためには、継続した発信や取り組みが必要になります。

 

従業員数の多い企業であれば問題ありませんが、少ない企業の場合コンテンツマーケティングに人員を割り当て、成果が出るまで取り組み続けることは簡単ではないでしょう。仮に途中で更新が止まるようであれば、閲覧していた既存客が離れていくかもしれません。

 

逆にしっかりと更新が続けば、少しずつでもファンの増加につながります。そのため長期スパンで計画を考え、確実に継続することが重要です。

 

質の高いコンテンツを制作できる人材の確保

 

コンテンツマーケティングの成功には、ユーザーが有益だと感じられる質の高いコンテンツが必須です。そのためユーザーのニーズをしっかり捉え、コンテンツ制作に落とし込めるような人材が欠かせません。

 

例えば記事コンテンツを一つ作るにしても、以下の知識やスキルが必要です。

 

  • 検索ユーザーのニーズ分析
  • 競合サイト・市場の分析
  • 記事コンテンツの構成案
  • 記事コンテンツの執筆

とはいっても、社内だけで必要な人材を確保することは難しいといえます。

 

そのため委託として業務を依頼するか、専門会社に外注し任せるなど、外部の活用も視野に入れて取り組むとよいでしょう。

 

中小企業におすすめのコンテンツマーケティング6選 

 

コンテンツマーケティングにはさまざまな手法がありますが、中小企業におすすめなものは以下の6つです。

 

  • 記事コンテンツ
  • 動画コンテンツ
  • プレスリリース
  • メールマガジン
  • セミナー
  • SNS

各々、詳しく解説していきます。

 

記事コンテンツ

 

記事コンテンツは、ブログやオウンドメディアなど、ストック型のコンテンツマーケティングになります。

 

最も活用しやすい手法となり、コンテンツ量が増加するにともなって検索エンジンからの評価を高められる点が特徴です。

 

基本的には潜在客に向けた情報発信となるため、ユーザーの検索意図やニーズ分析を意識することが重要になります。

 

また自社サービスの導入事例に関するコンテンツがあれば、見込み顧客に商品購入の促しを行うなど、段階に応じてアプローチできるでしょう。

 

関連記事: SEOに効果的な記事の書き方とは?上位表示に重要なポイントも解説

 

動画コンテンツ

 

動画コンテンツは、記事コンテンツよりも訴求力が高く、インパクトを与える際に役立つコンテンツマーケティングです。

 

テキストよりも多くの情報を伝えられるため、会社紹介の動画や事例紹介の動画など、幅広い活用方法があります。

 

特に近年は動画市場が拡大していることもあり、動画コンテンツを活用している企業は増加傾向にあります。

 

今後も市場の拡大が予想されるため、早めに取り組むとストック型ビジネスとして有効活用できます。

 

プレスリリース

 

プレスリリースは、テレビ局や新聞社などの報道関係者に向けて、自社の情報を発表するコンテンツマーケティングです。

 

大手企業が打ち出すイメージが強いですが、効率良く認知拡大する手段として中小企業にもおすすめの手法となります。

 

なぜなら報道関係者から各メディアに拡散されていくため、宣伝費用以上の広告効果を得られる可能性を十分秘めているからです。

 

実際プレスリリースをきっかけにTVで取り上げられることや、直接取材につながることも多く、企業の規模を問わずに情報を広められます。

 

メールマガジン

 

メールマガジンは、見込み客に向けて、自社の情報を定期的に発信するコンテンツマーケティングです。

 

主な発信内容はこちら。

 

  • 企業のセミナー情報
  • 企業のイベント情報
  • プレスリリース情報
  • 商品のセール情報
  • 資料のダウンロード案内

コンテンツマーケティングでは顧客の育成が重要ですが、メールマガジンはまさに育成に役立つ手法になります。

 

なぜなら定期的な情報発信によって顧客との接点を作りつつ、長期的な関係性を構築できるからです。

管理の手間が少なく低コストで実現可能なため、見込み客のリストさえあれば積極的に活用すべき施策といえます。

 

セミナー

 

セミナーは古典的な手法と捉えがちですが、顧客と直接コミュニケーションを取れるため、見込み客の育成や顧客の満足度向上に役立つコンテンツマーケティングです。

 

特に近年では新型コロナウイルスの影響もあり、ZOOMなどを活用したオンラインセミナーが増加しています。

 

場所や時間を問わずに開催でき、複数人を相手にすることも可能なため、顧客を選ばずに活用できる点も特徴です。

 

ただし商品やサービスの販売を行う際は、セミナーでの向き不向きが存在するため、商材を考えたうえで実施するようにしましょう。

 

SNS

 

SNSも近年では多くの企業が活用している手法となり、潜在客へのアプローチに役立つコンテンツマーケティングです。

 

特にSNSは複数の媒体が存在するため、自社のターゲットに適した媒体を選択する点は押さえておきましょう。

 

またSNSからサイトやYouTubeの誘導などコンテンツの流入増加に効果的なため、他の手法と組み合わせることでより効果を発揮します。

 

記事コンテンツ同様にユーザーニーズ分析は欠かせない要素になります。したがって明確なターゲット設定も忘れずに対策しましょう。

 

関連記事: SNS運用のメリットは?企業に合ったSNSや運用の注意点など

 

コンテンツマーケティングの実施方法

 

コンテンツマーケティングの実践方法は、以下の大枠に沿ってすすめていきましょう。

 

  1. 目的とペルソナの設定
  2. SEO対策をふまえたコンテンツ制作
  3. PDCAサイクルを繰り返す

具体的な方法は手法によっても異なるため、ここでは軸となる内容について解説していきます。

 

目標とペルソナの設定

 

コンテンツマーケティングに取り組むうえで最初に決めるべきことが、最終的な目標とペルソナの設定です。

最終的な目標は「売上を高めること」や「認知度を向上させアクセスを増加する」など、具体的な数字と合わせて決めましょう。

ペルソナは自社がターゲットとする人物像のことをいい、実在する人物に見立てた設定が重要です。

仮に目標とペルソナの設定を行っていない場合、詳細な効果検証が行えないため、質の高い改善が行なえません。したがってより良い施策を行うためにも、欠かすことなく取り組みましょう。

 

SEO対策をふまえたコンテンツ制作

 

取り組む手法によっても異なりますが、仮に記事コンテンツの場合、SEO対策をふまえて制作しましょう。

 

SEO対策とは検索エンジン最適化のことをいい、検索結果の上位に表示させるための対策です。

 

記事コンテンツでは潜在客に向けた内容も重要ですが、検索結果の上位に表示されなければ、そもそもアクセス数を増やせません。

 

ユーザーに閲覧されなければ発信している意味がないため、内容の制作と同時にSEO対策による検索上位化にも取り組みましょう。

 

PDCAサイクルを繰り返す

 

コンテンツを制作し発信を行った後は、PDCAサイクルにもとづき効果検証を繰り返しましょう。

 

PDCAサイクルとは、以下のプロセスのことをいいます。

 

  • Plan:計画
  • Do:実行
  • Check:評価
  • Action:改善

上記のプロセスを繰り返すことによって、継続的な改善が可能となります。マーケティングに精通している人間であれば簡単に施策を改善できますが、慣れていない場合は原因を考えるだけでも時間がかかるでしょう。

 

改善における実践手順も中途半端になりやすいため、まずはPDCAサイクルをもとに改善のプロセスを実行することが大切です。

 

 

SEOコンサルタント【まとめ】本記事では、中小企業がコンテンツマーケティングを活用すべき理由や実践方法を解説してきました。コンテンツマーケティングはコストを抑えて実践でき、新規集客やリピート率の向上に効果的です。また従業員の少ない中小企業であっても売上の安定化を図れるため、取り組むべきマーケティング手法になります。コンテンツマーケティングのなかにもさまざまな手法が存在するため、自社の商品や顧客の段階に合った方法を選択し、実践していきましょう。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

 

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。