格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。2020年最新SEOアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

歯科SEO

歯科のSEOでは、

“歯科+エリア” “歯科医院+エリア” “歯科医+エリア”でSEO対策をするのが定番です。
エリアには、駅名や○○区などいれます。どのキーワードがいいかは、Googleのadwordsで各キーワードの月間検索件数を調べて決定します。

例えば・・・

弊社がある豊島区巣鴨エリアの場合ですと、各キーワードの月間検索件数は下記のようになります。

巣鴨 歯医者 720
巣鴨 歯科 320
巣鴨 歯科 医 10
巣鴨 歯科 医院 40
巣鴨 駅 歯医者 10
巣鴨 駅 歯科 10
巣鴨 駅 歯科 医院 10
歯医者 巣鴨 110

上図から駅名よりもそのエリア名(この場合”巣鴨”)で対策したほうが良いことがわかります。この場合は、対策ワードを”巣鴨 歯医者””巣鴨 歯科”の2つに大きく絞ります。

格安SEO対策の東京SEOメーカー

《歯科医院のサイト内部のSEO対策》

対策ワードを”巣鴨 歯医者””巣鴨 歯科”の2つに大きく絞ったら、サイトの内部対策をすすめていきます。

①サイトタイトル

サイトタイトルを

<title>巣鴨の歯医者や歯科をお探しなら○○歯科医院</title>

とするのがベストです。

TOPページのタイトルが決まったら、下層ページのタイトルも決めていきます。

基本ルールは、

<title>ページタイトル|巣鴨の歯医者や歯科をお探しなら○○歯科医院</title>

という感じでページタイトルの後ろに縦棒、+TOPページのタイトルを入れていきます。

お問い合わせページであれば、

<title>お問い合わせ|巣鴨の歯医者や歯科をお探しなら○○歯科医院</title>

といった具合です。

②メタディスクリプション

次に、メタディスクリプションですが、これは、125文字程度で月間検索件数のあるワードを入れてあげながら文章を作っていきます。各ページ全てオリジナルの文章で構築するのが良いです。各ページのページ説明文です。このメタディスクリプションが検索一覧結果ページのタイトルに出る場合が多いのでここも重点的に力をいれましょう。

③H1タグ

次にH1タグです。H1タグも重要です。ここはタイトルに使った対策ワードを違った言い回しと語順で構成しましょう。

例えば、

<h1>○○歯科医院は巣鴨歯医者として15年の老舗です。巣鴨駅徒歩3分の歯科</h1>

☑巣鴨 歯医者
☑巣鴨 歯科
のキーワードをタイトルと違った言い回しで構成しました。

④内部リンク構築

下層ページからTOPページに向けて内部リンクを構築します。TOPページへ対策ワードを内包したアンカーテキストでリンクをはります。

<a href= ”https://www.top-page.com/”巣鴨の歯医者や歯科をお探しなら○○歯科医院のTOPへ戻る</a>

として、各下層ページよりTOPページに発リンクしましょう。特に、コラムやブログを新しく作った場合、この内部リンクを構築することが重要です。

⑤画像について

全ての画像のalt属性にその画像の説明を入れますがうまく対策ワードを入れてもおかしくないときは入れます。無理に入れるのは厳禁です。

【修正】alt=“その画像の説明文”  alt=“~~の写真”

⑥フッター

フッターのcopyrightのところタイトルをいれた医院名を入れます。

© Copyright 2020 巣鴨の歯医者や歯科をお探しなら○○歯科医院all right reserved.

⑦サイトページ内のコンテンツについて

Google の検索アルゴリズム「Hummingbird(ハミングバード)」では「ConversationalSearch」(会話型検索)の処理能力の向上が顕著で、検索クエリに含まれる特定の単語ではなく、文章全体が持つ意味を理解しようとします。対策ページには、対策ワードとテーマ一致した自然な文脈を持つテキストコンテンツを、適切なボリューム(800 文字〜1,500 文字程度)で記載されている形が良いです。テキストコンテンツのない画像中心のウェブサイトなどは title 他の主要タグのみの最適化を実装しても上位表示が困難な状況になりつつあります。

対策ページと対策ワードの整合性 【必須】が非常に大事です。

TOPページや対策ページに文章を多めに足すことを推奨します。コンテンツSEOのアルゴリズムは長文であるURLを上位表示する傾向にあります。最近では、さらに、文章の質が問われています。文章の”質””とは、ユーザーが必要とする情報を持っていることと他社にはないオリジナルコンテンツを持っているとGoogleの評価が高くなります。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

《歯科医院のSEO外部対策》

SEO外部対策とは優良なリンクを受けることですが、普通にサイト運営をしていてリンクを受けることはめったにないので外部対策をしていくのは至難の業です。また、昨今、”外部リンクは効きにくくなった”、””ペナルティになるのでやらない”といったコンサル会社やSEO会社が増えていると聞きます。しかし、サイト内部のパワーだけで上位表示できるサイトは、数万ページのGoogleインデックスがあるサイトやまとめサイト、口コミサイトです。上位表示しているサイトの外部リンクを確認すると必ず外部リンクを獲得しています。外部リンク対策をするのが怖いので一生懸命、コンサル会社に言われたコンテンツマーケティングに注力して消耗している歯科医院様が多いです。言われたことをやっているのに結局順位が上がらなかったのは、この外部対策がないからなのです。何故、コンサル会社やSEO会社が外部対策をやらないか、推奨しないのかは”外部対策の成功ノウハウ”がないからなのです。

外部対策の絶対に守らなければならないルール

  1. コピーコンテンツではない質の高いサイトからのリンク
  2. 同一コンテンツのサイトからのリンク(歯科医院、歯科に関する事のサイト)
  3. サーバーのIPアドレスが違うサイトからのリンク
  4. 被リンク元のサイト自体、ユーザーに閲覧されても問題ないサイト
  5. 違う種類のサイトコンテンツからのリンクを集める
外部リンクは現在、SEO会社であっても有効なリンクの精査は難しいです。弊社の外部対策においてはトライ&エラーを繰り返し独自に蓄積した完全非公開の”ノウハウ”は沢山の失敗と成功の元、確立されています。

自分で行う外部対策

メインの歯科医院サイトとは、別に余力があれば、自分で外部リンクを獲得するためのサテライトサイトを構築してみましょう。サテライトサイトといっても、メインサイトを上位表示させるためのサイトではなく、メインサイトではリリースしない情報をリリースできるサイトと位置づけコンテンツを作っていきましょう。

例えば、メインサイトでは、一般歯科、小児歯科を専門に歯科サービスを展開しているとします。サテライトサイトでは、小児歯科に焦点を絞り、子供の予防歯科や小児歯科に関することをまとめてみたり、小児歯科の他の医院を紹介したり、歯医者だからこそわかるプロの目で選ぶ小児歯科の情報などもユーザーにはありがたいです。こうして、オリジナルのコンテンツをもった別サイトを増やしていきます。新しく作ったサテライトサイトからは、メインサイトに発リンクします。その場合、必ずアンカーテキストに

<a href= ”https://www.top-page.com/”巣鴨の歯医者や歯科をお探しなら○○歯科医院</a>

とメインサイトのサイトタイトルを入れて、テキストで発リンクするか

バナーで発リンクするか

色々と違ったパターンで発リンクをします。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

SEO対策のお申込みボタン