東京SEOメーカーはSEO業界No.1最安値1ワード1日50円~格安でSEO対策の上位表示を獲得します。2021年最新Googleアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

SEO対策会社の選び方

SEO対策は勉強すれば自分でもある程度できることがあります。インハウスSEOといいます。しかし、順位が頭打ちになってしまったり、何をやってもこれ以上順位を上げることができなくなったり、最悪のケースは自分でやってペナルティーを受けて圏外に飛んでしまった、なんてこともあります。

>>SEOを学びたいときに読むべき5冊の本【上級WEB解析士厳選】

ですから本当のSEO対策のプロに頼みたい方も大勢いらっしゃいます。しかしどのSEO対策会社に頼めば”一番費用対効果が良くて””更に結果がでて成功する”かわからずに「SEO会社選びで悩んでしまう」方が非常に多いのが現状です。

せっかくこのサイトに訪れていただいたのでもちろん、「東京SEOメーカーにお願いすればすべてがうまくいきます!」といいたいところですが、色々と目的によって異なるSEO対策のサービスがあるので見ていきましょう。

これからSEO対策を外注しようとなった場合、まずはじめにどういうことをしてくれるSEO対策の会社なのか理解することです。SEOサービスは大きく分けて6つに分類されます。

  • 固定費型
  • コンサル型
  • 成果報酬型
  • 作業代行型
  • 被リンク販売型
  • ツール型

どのタイプがいいのかよく考えて理解したうえで発注しましょう。

SEO対策会社を利用する前に

専門の実力のある良心的なSEO対策会社を利用すると、サイト改善やキーワードの上位表示に成功しますが、無責任なSEO対策会社に依頼してSEOに失敗するとその対策サイトや運営者の会社の信用が失われてしまう事もあります。SEO対策を依頼するSEO業者は慎重に選ばなくてはいけません。

優秀なSEO対策会社やWEBコンサルタントは、ウェブサイトの管理者向けにSEOを中心にサイト全体のコンサルティングができます。

  • WEB解析士によるサイト分析によるサイトコンテンツやサイト構成の見直しができます。
  • SEOに詳しいエンジニアによるホスティング、リダイレクト、エラーページ、JavaScript の使用など開発に関する技術的なアドバイスができます。
  • キーワードに関する調査を行いPPC広告とSEO提案ができます。
  • オンラインビジネス促進キャンペーンの管理と特定のマーケットや地域に関する専門知識によるSEO提案ができます。

これらのことは、東京SEOメーカーでもすべて可能ですが、SEOに対してサイトを最適化する方法は、Google Search consoleやGoogle検索セントラルなどで無償で情報を獲得できます

ある程度、SEOに関して勉強をしてSEO対策会社に依頼した方が、その会社が何をやってくれるのかがわかります。失敗しないSEO施策を行うためにもまずは、SEOを勉強して色々な質問をSEO対策会社に投げてみましょう。誠実に紳士ある返答をしてくれるSEO対策会社を選ぶとい良いでしょう。

>>SEOを勉強するなら”SEOを学びたいときに読むべき5冊の本【上級WEB解析士厳選】”

 

良いSEO会社を選ぶために、まずはSEO スターター ガイドを一読しましょう。ここにはSEO対策会社の業務内容が説明されています。

SEOスターターガイドを一読することで、SEOとは何なのかを理解してSEO対策会社に丸投げすることのないようにしておくことが重要です。また、SEO業者が非推奨の手法や禁止されている手法を行わないかどうかを識別できるようになります。

 

SEO対策会社の選択方法

SEO対策を依頼するタイミングは、サイトを構築した時やリニューアルした時です。一旦、SEO対策会社にSEO施策を依頼すると最低でも6カ月から1年は対策は続きます。

途中でSEO業者を変更すると今まで行ってきたSEO対策が無駄になったり、リスタートになってしまうケースもあります。最初から実力のあるSEO対策会社を選ぶのが成功するSEO対策のはじめの一歩となります。

サイト構築前であれば、対策ワードと検索エンジンとの相性を考慮してサイト設計から始めることもできます。SEO対策会社に依頼するには時間と労力がかかるので、中途半端に依頼するのは禁物です。

本腰を入れてSEO対策会社とともにサイト(ドメイン)を育てていく姿勢が大事です。

 

SEO対策会社の選び方

SEO対策会社に確認すること

SEO対策会社を選ぶときに下記の事をチェックしてみましょう。

  • 過去の作業と成功事例、同業種の事例を見せてもらう。
  • 必ず面談して打合せする。
  • Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に従っているか確認する
  • SEO以外にもWEBマーケティング全般のコンサルティングが可能かどうか。
  • 創業年数とSEO歴
  • どういったSEO技術をもっているのか
  • 電話、メール、対面での相談ができるかどうか
  • 競合相手、サイトの業界に対する知識や経験があるか

SEO対策会社を選ぶ前に注意すること

Googleのガイドラインに違反する行為を行うSEO対策会社に依頼するのは辞めましょう。ガイドラインに違反してしまうと場合によってはGoogleのインデックスからサイトが削除されて検索順位が圏外に飛ばされてしまいます。

以下の点に注意しましょう。

  • ユーザーを1つのサイトに集中させる手法・・・不正リダイレクトを使ってユーザーを1つのサイトに集中させるためにシャドードメインの作成をします。このようなSEO対策会社は、継続発注が無くなるとそのドメインを別のサイトや競合他社にリンクさせることもあります。お金を払って競合サイトのサイトを開発したことになってしまうので注意しましょう。
  • キーワードを大量に入れた誘導ページ・・・外部リンクに大量のキーワードがあり、そこから大量に発リンクしている場合は辞めましょう。誘導ページに不快なコンテンツや違法なコンテンツを含んだサイトへのリンクが含まれていたら最悪です。
  • リンク売買やリンク集に参加するのは辞めましょう。Google の品質に関するガイドラインで違反する行為であると言われています
  • Google検索で一番上に掲載できると保証するSEO業者は辞めましょう。
  • 特に外部対策でなにをやるのか開示しないSEO対策会社は辞めましょう。人を欺くようなコンテンツをユーザーの代わりに作成した場合は、 Google インデックスから完全に削除されることもあります。
  • 自由参加型のリンク、リンクのトラフィック対策、何千もの検索エンジンへのサイトの登録申請のSEO対策会社は辞めましょう。

 

固定費型の特徴

月額いくらでの契約になります。東京SEOメーカーもこのタイプになります。本当に正攻法で長く上位表示させるにはそれなりの持ち出しのお金が必要になってきますので、実はこの固定費型が一番まともなことを確実にやってくれるSEO対策会社だと思います。

事業計画、戦略やSEO施策案を発注前に打ち合わせができ、キーワード選定から順位だけでなくアクセス数やコンバージョン数の測定などWEBマーケティング全体のフォローもしてもらいつつSEO対策をしてもらえる場合が多いです。多くの成果報酬型のケースとは違い、計画に対し希望も伝えやすいですし、二人三脚でWEBサイトを育てていくことができます。

費用はキーワードの難易度で変わってきて、順位上昇するまでの間も費用は掛かります。上位表示出来なかった場合のリスクも依頼者側が取りますので成果報酬型に比べ料金は安価になります。

メリット:何をやるのか全て説明してもらえる。納得して発注できる。
デメリット:順位獲得できなかった場合も費用が掛かる。

SEOナビゲーター実はこの固定費型が一番信頼ができてお勧めです。但し、何をやってもらえるのか。コンテンツを定期的に追加してくれるのか。良質な外部リンクを増やしてくれるのか。SEOで結果を出していくには、必ずそれなりの予算が必要です。しかし、その固定費も費用対効果にあった”高くない固定費”にしたいところです。月額費用が高いSEO会社は要注意です。

>>【高すぎる】SEO対策に月50万円も払っているんですか!?

コンサル型の特徴

コンサル型とはまさにWEBコンサルです。どのような目標KPIを達成したいのか、全て相談に乗ってもらい、キーワードの選定や上位表示までの道筋を提案してもらいます。多くの場合で実務作業はしないで、経営者やサイト管理担当者に代わりサイトの設計や管理をしてもらいます。

東京SEO メーカーは、固定費型のSEO対策会社ですがこのコンサル型でもあります。
社内である程度サイトの編集やページの追加等が出来る場合や、WEB制作会社にWEBの修正を委託している開発会社がある場合には、コンサル型を選ぶことが向いています。

コンサル型は知識と情報はもらえますが、実際に外部リンクの獲得をしてくれたりはしません。東京SEOメーカーでは、外部リンクや内部対策の実作業も行いながら上級WEB解析士によるWEBコンサルもできるのでかなりいいでしょう。

>>上級WEB解析士によるアクセス解析はこちら

メリット:WEB全般のコンサルの知識、情報が手に入る
デメリット:実作業は自社で。コンサルしてくれる人の力量に大いに左右されてしまう。

成果報酬型の特徴

成果報酬型は、上位表示希望キーワードによる検索順位が既定の順位(20位以内・10位以内等)に入った場合にのみ課金となるサービスです。発注者にとっては一見一番リスクが少ない発注方法に思えます。
ランクインした日額料金の場合や月間何日以上のランクインで月額費用が発生する場合など、細かい料金設定はSEO対策会社ごとに違います。定額固定型と成果報酬型の両方のサービスを行っている会社もあります。

業者選定に自信がなければ、成果報酬型を選ぶのは一つですが実は、こちらの方が固定型よりお客様にとってはリスクが高いのです。なぜなら、ほとんどの成果報酬型のSEO対策会社は何をやるのか全く情報開示してくれません。

SEOナビゲーター【要注意】やっていることの内容を開示してくれないSEO会社は、固定費型にせよ、成果報酬型にせよ辞めた方が良いです。何も対策をやらないでお金だけとられてしまう事もあります。

リスクのない自社で希望する対策手法をSEO対策会社が行うとは限りません。何をやるか言えないけれど、順位が上がったら料金が発生しますという事ですが、ひと昔、外部リンクを大量につけて順位が上がったブラックハット的なSEOの手法が成果報酬型に残っているケースもあります。適当なリンクを付けて順位が上がれば、”ラッキー”であがらなかったらそのまま放置なんてこともあります。

大半の成果報酬型SEO企業では、そこで行われる手法について注文を付けにくくなってしまうので、よく考えましょう。発注後、サイト内部の対策をしないで外部リンクだけをつけていくだけの業者の場合、外部リンクだけだと低品質な被リンクの影響を受けてしまう可能性も高いことから、よく注意する必要があります。

>>【本当は怖い】完全成果報酬型のSEO会社

メリット:希望順位獲得まで料金が発生しない
デメリット:何をやってもらえるか情報開示されない場合、知らないうちに低品質の被リンクをうけてしまったり、後々にペナルティーの要因となることをされてしまう。

作業代行型の特徴

WEBサイトの最適化作業を依頼する場合やコンテンツ作成依頼を行う場合などが該当します。サイトドメインだけの購入など部分的な作業をスポット的に外注する方法です。ノウハウはあるが実作業をするのに外注したい場合など自社で全てをコントロールして発注できます。SEO対策の知識や経験があり自社主導で全て進めたいときに選ぶのにいいです。東京SEOメーカーも対応可能です。

メリット:自社で全てコントロールできる
デメリット:社内にSEOに詳しい担当者がいないとうまくいかない

被リンクのみ購入

被リンクのみ売っているSEO対策会社もあります。被リンク10本で月額いくらですとか、レンタルの場合もありますし、完全販売の場合もあります。サテライトサイトの販売やオールドドメインだけの販売業者もあります。それなりにSEO全般の知識を持つ担当者がいる場合、よく被リンクを精査して購入すれば順位上昇を見込める場合があります。しかし、検索結果の操作を目的としたPageRank を転送するリンクの売買は、Googleガイドラインでぺナルティの対象となるので気を付けましょう。

 

メリット:低料金から被リンクを得られる
デメリット:スパムまがいの低品質の被リンクも中にはあるので注意が必要

 

東京SEOメーカーはどのタイプか

さて、色々なSEO業者のタイプを見てきましたが、東京SEOメーカーでは、

  • 固定費型
  • コンサル型
  • 作業代行型

の3つをおこなうSEO対策会社であることが言えます。

SEOコンサルタントそして業界内では格安と言える料金設定です。”実力があるからこそ””自信があるからこそ””お客様満足に応えたいからこそ”格安にもかかわらずサービス満点のSEOをご提供しています。
何よりも創業者がSEOが大好きでSEO対策にかなりのめり込んでしまっているSEOオタクかもしれません。お客様のWEBサイトを見ると上位表示させたくてうずうずしてしまうのは、もはや職業病かもしれません。

>>”安かろう悪かろう”ではない!低価格高価値の格安SEOができるわけ

>>SEO本当にあった事件簿FILE3‐格安SEOと利他の精神

2017年にキュレ-ションサイト問題によりGoogle日本法人による大規模なアップデートがありました。このアップデート後に、キュレ-ションサイト、低品質なサテライトサイトなどからの被リンクを受けているサイトなど大きく順位を落としました。

こういった大規模なアルゴリズムのコアアップデートに対しても弊社は沢山のサイトの運用とアルゴリズムの調査、研究、ABテストなどによりどのようなWEBサイトがGoogleから評価を落とし、逆にどういうサイトであれば順位を上げていくかノウハウとSEOの技術を社内に蓄積しており、変わりゆくGoogleのアルゴリズムにも難なく対応し成果を出し続けています。

弊社のノウハウや実績の一部をSEO講座やセミナーでも公開しています。度々、SEO講座を開催しています。ここでまず、SEOの基本を抑え、やることを明確にしましょう。SEO対策は長期に対策をして成果を出していく施策です。一緒に施策を展開していくパートナー選びは本当に重要です。

SEOコンサルタントSEO対策会社の選定は非常に大事なポイントです。成功するSEO対策は、SEO対策会社選びにかかっているといっても過言ではないでしょう。SEO対策会社の東京SEOメーカーは、2021年最新SEOで上位表示に成功しています。確かな技術と費用対効果とパートナーの人柄といいサービスと全て満足のいくSEO業者をみつけるのはなかなか難しいと思います。迷っている方は、是非、東京SEOメーカーにご相談ください。必ず、成功に導きます!

 

SEO対策のお申込みボタン

本物のSEO対策会社の見つけ方

ここまでサイトを読み込んできた方は、本当にSEO対策で困っている方と思います。(ではないと、下までスクロールして文章を読みませんよね。)

そんな方々のお役に立てればと僭越ながらアドバイスさせて下さい。

まず、SEO対策で成功するにはこの5つのポイントを押さえてください。

  1. SEO対策のSEO専門会社に依頼する。・・・全国のSEOをやっている会社をピックアップ(下記にピックアップしてます)して色々見えてきましたが、多くのSEOをやっている会社はほとんどがWEB制作会社であったり、WEBマーケティング会社であったりします。SEOを本気で研究してアルゴリズムの検証をしているわけではありません。WEB制作会社もデザインよりの会社であったりエンジニアよりの会社であったりするとそのSEOの強みも違ってきます。エンジニアが強いWEB制作会社であればコーディングやクローラビリティ向上の為のSEO施策になってきますし、UIやUXが得意なデザイナーが強いWEB制作会社であれば、ユーザビリティ向上の為のSEO施策よりになります。WEBマーケティング会社では、PPC広告やSNS広告とともにSEO対策もやっているので深いSEO研究があるわけではありません。こうした理由から、本当にSEOに成功したいのであれば、SEO対策をメインの事業柱としているSEO専門会社に依頼するのが成功の最短距離です。
  2. 提供されるサービスに関して月額費用をよく考える。・・・SEOをメイン事業に沿えてかなりのSEOのノウハウを持っているSEO専門会社を見つけることができたとしても自分のビジネスの利益の単価を考えて適正な月額予算を算出し、適正価格でSEO対策を遂行してくれるのかどうかを見極めなければなりません。月額費用が高すぎるSEO対策会社には気を付けなければいけません。また、逆に安すぎるSEO対策会社も気を付けなければなりません。料金が高く経営を圧迫しても良くありませんし安かろう悪かろうでもよくありません。
  3. 対面で話ができるかどうか・・・SEOは始めて見て3カ月、6カ月と長期で対策をしていくので当初の見立てよりもうまくいかないケースも中には出てきます。そういったときに、現状の把握、今後の施策の方向性など膝と膝を突き合わせて話ができる会社でないと難しいSEOを攻略して成功することはできません。この場合、フットワークの軽い営業マンではなく実際にSEO全体をコントロールしているポジションの人間と話せるのかどうかが鍵となります。担当が変わる、会って話しても即答できない担当者などは論外です。
  4. 相見積もりサイトや比較サイトは参考程度に・・・SEO対策をやっている会社情報を大量にサイトに集めて一括の相見積を出せるサイトが最近隆盛ですが、これらのサイトは一括に見積もりを出させてSEO会社を競争させ提案させますが、本当にSEOの実力がある会社もそうでない会社も玉石混交です。そもそもSEO対策で実力のある会社は、これらの一括サイトからの依頼が無くてもクライアント様が沢山そのサイトを探し当て依頼をするので本当のSEO会社に会える可能性は高いとは言えません。参考程度に利用しましょう。
  5. SEO関連ワードで上位表示しているか・・・最後にSEO会社の実力を見るには、SEO関連ワードで上位表示しているかどうかです。例えば、弊社(東京SEOメーカー)は格安のSEOを理念としてブランディングしているため、”格安SEO””SEO対策格安””格安SEO対策などSEO+安い、格安のワードで1位が多く、上位表示しています。(SEO 東京などでも上位表示)その他、”SEO対策”や”SEO対策会社””SEO会社”などのワードで上位表示しているSEOの”専門会社”を見つけましょう。本当にSEOの実力がある会社であれば、SEO関連ワードでも上位表示させる実力があるはずです。また、競合もSEO会社なので、他のSEO会社を押さえて1位表示している会社は”実力”がある証明です。但し、”SEO対策”などのビックワードになると、ページ数と情報量だけで上位表示しているケースもあります。その手法は中小企業のクライアント様のサイトには使えない手法ですので、どういうSEOをやってもらえるのか見極めないといけません。

SEOコンサルタント このように、SEO対策会社を1つ見つけるのも大変な作業です。しかし、自社に合ったSEO会社を見つけることができればSEOに成功し、WEB集客で利益を上げ事業拡大し成功することができます。諦めないで頑張りましょう。

気を付けろ!こういうSEO対策会社には要注意

今度は気を付けたいSEO対策会社を自称するSEO会社の特徴をまとめました。

  • 何か施策をした後、順位が落ちたり特定キーワードで圏外に飛ばされたりした場合の言い訳をアルゴリズムのせいにする会社
    「Googleのアルゴリズムは非公開でブラックボックスなのでどの要因で落ちたかわからない。」
    「うちの施策のせいで順位が飛んだのではない。その証拠を示して下さい。違う要因でしょ。」
    等と言う会社は気を付けましょう。
  • 特定キーワードの順位について責任感が無い
    「このビックワードで順位下落しましたが、ロングテールではセッション数が伸びています・・・。」
  • 外部リンク非公開、やった施策を教えてくれない
     問答無用です・・・・。
  • 電話に出ない。折り返しが遅い。担当者がころころ変わる
  • 自社の売り上げの事しか考えてない担当者、お客様のサイトをどうにかしてSEO順位アップさせることに情熱があり自信があると感じられない
  • 弊社はナショナルクライアントのSEOをやっていると豪語する
    「大企業の歴史が古いドメインでのSEO対策と中小企業のSEO対策ではそもそもその戦略が大きく異なります。同じSEO対策をする必要はありません。」
  • SEO関連ワードで自社サイトが検索に引っかからない
    かなりこのケースでSEO会社を自称しているケースが多いです。数個~数十個程度のサイトのSEOをやった程度でSEO専門会社を自称してるのは、SEO専門会社とは言えません。

SEOナビSEO自体は、数冊の本とネットから情報を拾って手探りでも自分で始められます。SEOの本当の実力がある無いの違いは、その経験値とトライ&エラーの検証数です。現在は、良いコンテンツだけアップすればもともとドメインが強ければ上位表示できるケースもあり、それはSEO専門会社とは呼べません。本当の実力のあるSEO対策会社は全くのゼロからサイトを育てて圏外からビックワードで上位表示させる技術とノウハウを持っている会社です。

全国のSEO対策会社ピックアップ

インターネットや検索エンジンとは切っても切り離せない生活を送る現代では、SEO対策への需要は年々高まっており、その需要に応えるべくSEO対策事業を行っている企業も日本全国に数えきれないほど存在しています。

ここでは、全国47都道府県別のSEO対策会社ピックアップしてみました。
異なる都道府県に支店が存在する場合、基本は本店所在地に分類しています。

なおSEO対策というのは非常に幅広くなっていることから、各企業により提供可能なサービスは異なっているかと思います。
現在どのような事業・サービスを提供しているかについては、各企業のサイトをご確認いただくか、直接お問い合わせしてください。

また以下のデータは、主に2021年5月現在、各公式ホームページに掲載されているデータに基づく情報となっております。
随時状況が変化する可能性もあることから、お手数ですが最新情報は各サイトを閲覧してご確認いただくか、こちらも各企業へとお問い合わせいただくのが確実です。

SEO対策会社のピックアップのポイント

  • SEO会社を探している方向けに個々のSEO会社の特徴を明記
  • 資本金が1000万以上(それ以下の場合は資本金を明記)・・・信頼性の問題
  • SEO専門会社やWEBマーケティング会社、WEB制作会社でSEOも付随して対応しているケース
  • 個人事業主は除外

【全国SEO対策会社一覧】

北海道・東北のSEO対策会社

関東のSEO対策会社

中部地方のSEO対策会社

近畿地方

中国地方

四国地方

九州地方

沖縄地方

 

最後に・・・・本格的SEO対策会社をご紹介して終わりにします↓

SEOのプロが選ぶSEO専門業者

格安SEO対策の東京SEOメーカー

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのトップページへ戻る

SEO対策のお申込みボタン