インハウスSEOとは?SEOを社内で対策するのに必要なことを解説

インハウスSEOとは? インハウスSEOとは、外部委託せずに自社でWeb担当者を割り振り、SEO対策に関する一連の業務を行うことを指します。インハウスSEOに成功すれば、費用対効果の高いSEOを実現できるため、注目を集めている方法です。ただし、SEOの知識がない状態で着手しても、成功させることは困難です。インハウスSEOを成功させるためには、SEOに関する知識を深く理解しておく必要があります。

SEOコンサルタントそこで、今回はインハウスSEOの定義・メリット・デメリットなどを解説します。初心者にも分かりやすいように解説するため、是非参考にしてください。

 

インハウスSEOとは?

インハウスSEOとは、Web担当者を社内でまかない、一連のSEO対策に関する業務を行うことを指します。コンテンツSEOを成功させるためには、読者の潜在・顕在ニーズを満たせるコンテンツを作成する、検索エンジンから評価を受けやすいサイト設計を整える、といったことが必要です。

インハウスSEOとは逆にSEOを外注することを「SEOアウトソーシング」と言います。また、一部業務だけを外注して他は社内で行う「セミインサイトSEO」という手法もあります。

 

インハウスSEOのメリット

インハウスSEOを実行することで、一体どのようなメリットが得られるのでしょうか。ここでは、インハウスSEOのメリットを4つ紹介します。

  1. コスト削減ができる
  2. SEOノウハウが蓄積できる
  3. コミュニケーションコストを下げられる
  4. 社内でPDCAを速く回せる

コストが削減できる

SEOに関する業務を外部の専門業者に依頼する場合、外注費用がかかります。社内で他に注力すべき業務があるなかで、予算の都合上外注にお金をかけられない企業も多いでしょう。
その点、インハウスSEOをすれば社内の人材を活用するため外注費用がかかりません。コストを抑えてSEO対策をしたい人にうってつけの方法だと言えます。ただし、社内の人件費や教育コストは発生するため、その点は注意が必要です。

 

SEOノウハウが蓄積できる

外部の企業にSEO関連の業務を依頼する場合、SEOのノウハウを蓄積することは難しいです。自社でSEOに関する分析をする機会がないからです。しかし、SEOノウハウを蓄積していかないと、永久的にSEO業務を外部に依頼し続けることになります。
一方、インハウスSEOを実践すれば、施策を実行して効果測定をした分だけノウハウを蓄積できます。蓄積したノウハウをもとに効率的にSEO関連の業務を進められるため、好循環が生まれるでしょう。

 

コミュニケーションコストを下げられる

インハウスSEOを実践する場合、社外の人とコミュニケーションを取る必要がないため、SEOアウトソーシングに比べコミュニケーションコストを削減できます。
コミュニケーションコストを削減できれば、スピード感を持ってSEO業務を進められるため、成長スピードが速くなるでしょう。成長スピードが速まれば、短期間で売上を上げられるようになり、新たな事業も打ち出しやすくなります。

 

社内でPDCAを速く回せる

社内でPDCAを速く回せる点も、インハウスSEOを実践するメリットのひとつです。PDCAサイクルとは、事業をスピーディーに成長させるためのフレームワークのことを指します。

具体的な内容は、以下のとおりです。

  •  P:Plan(計画)
  •  D:Do(実行)
  •  C:Check(確認)
  •  A:Action(行動)

外部の人材とやり取りをする必要がないインハウスSEOでは、PDCAを高速に回せるため事業を発展させやすいです。

 

インハウスSEOのデメリット

インハウスSEOには、メリットだけでなくデメリットも存在します。ここでは、インハウスSEOのデメリットについて解説します。デメリットに関しても正しく理解しておくことで、インハウスSEOに取り組むかの判断材料となります。

インハウスSEOのデメリットは、「社内で専門知識のある人材を確保する必要があること」です。インハウスSEOを成功させるためには、SEOに関する専門知識が必要です。

Googleは定期的にアップデートされるため、SEOに関する情報も刻一刻と変わっていきます。そのため、時代に合ったSEOの知識がないと、非効率的なインハウスSEOになってしまったり、効果が出なかったりする恐れがあります。
社内にSEOに詳しい人材がいない場合、インハウスSEOをする際には教育コストがかかります。この点は、インハウスSEOのデメリットだと言えます。

また、昨今のSEOは、本を数冊読んだ、2,3のサイトSEOを手がけたことがある程度のSEOリテラシーでは、太刀打ちできません。やみくもにコンテンツSEOだけやってみたり、ネットで落ちている情報をうのみにして施策に取り入れてみたり、プロの力を借りず独力でSEOに取り組んで失敗するケースが多いです。インハウスSEOで成功させるにはかなり難易度が高いこともデメリットの一つです。

関連記事:難しいインハウスSEO【採用失敗?】SEOできないSEO担当者

 

インハウスSEOに適している企業の特徴

ここでは、SEOアウトソーシングではなくインハウスSEOが向いている企業の特徴を2つ紹介します。自社に該当している場合、インハウスSEOを実践すると高い成果を上げられる可能性が高いです。

 

社内にSEOに詳しい人材がいる

社内にSEOに詳しい人材がいる場合、インハウスSEOをするのに適しています。なぜなら、SEOに関する教育をすることなく、スピーディーにSEO施策を実行できるからです。定期的に社員と面談をしたりアンケートを取ったりして、SEOに詳しい人材がいないか調べてください。SEOに取り組みたいというモチベーションも重要です。モチベーションの高いスタッフがいればインハウスSEOに取り組める可能性が高いです。

社内にSEOに詳しい人材がいないもののインハウスSEOをしたい場合は、コストを費やして社員にSEOに関する教育を行う必要があります。

 

SEOの重要性が社内に浸透している

SEOの施策を実行して効果を上げるまでには長い時間がかかるケースが多いため、場合によっては予算が降りないこともあります。とくに、役員や経営者がSEOの重要性を理解していない場合、承認が降りないことが多いです。
このことから、インハウスSEOに適している企業の特徴として、SEOの重要性が社内に浸透していることが挙げられます。現状浸透していない場合、SEO施策を行うことで売上向上や企業の成長に繋がることをデータとして示し、説得するのも手段のひとつです。これは、SEOをアウトソーシングする場合にも当てはまります。

関連記事:SEO対策を自分で行うには?インハウスSEOのポイントと外注した方がいいケースをご紹介

 

インハウスSEOの主な業務

インハウスSEOの主な業務は4つあります。この項では、それぞれの業務内容を解説します。

  1. コンテンツ制作
  2. 内部対策
  3. 外部対策
  4. アクセス解析と検索順位の確認

 

コンテンツ制作

コンテンツ制作は、最も時間をかけるべきインハウスSEOの業務です。まずは検索されるSEOキーワードを選定から入ります。例えば、「転職 20代」をキーワードとする場合、「転職 20代」で検索したユーザーのニーズを満たすコンテンツを作る必要があります。
また、コンテンツを作成する際にはターゲット設定も重要です。年齢・性別・価値観・年収・学歴・居住地などの細かなターゲット設定を行うことで、ユーザーの心に響くコンテンツを作成できるでしょう。ターゲット設定するには、ペルソナを抽出することが必要です。コンテンツSEOを勉強して検索意図ユーザーインサイトにあった良質なコンテンツ作成をする必要があります。

 

内部対策(オンページSEO)

検索エンジンには、クローラーと呼ばれるロボットが存在し、Webサイトに評価をつけて検索順位を決定しています。内部対策として、クローラーから正しく評価されるための施策を打ち出す必要があります。

SEO内部対策にはたくさんの施策があります。
ページネーションタグの設置やサイトの階層構造の最適化、内部リンクの最適化など、検索エンジンのロボットであるクローラーが巡回しやすくなるような施策をクローラビリティといいます。検索エンジンのクローラーが巡回しやすくなると、SEO評価が素早く得られるというメリットがあります。

最優先で取り組みたいのが、タイトルタグとメタディスクリプションタグの修正です。SEOとは?[SEO対策最新ガイド]上位表示の対策を解説を参考に取り組んでみてください。

 

外部対策(オフページSEO)

外部対策とは、外部サイトに掲載される自社サイトのリンクの数を増やすことを指します。Googleは、たくさんの被リンクを集めているサイトを「有益な情報が掲載されているサイト」と認識するため、検索順位が上がりやすくなります。
被リンクを獲得するためには、良質なコンテンツを多数公開し、自然にリンク掲載を促すことが大切です。被リンクを獲得していくのにスカイスクレイパーテクニックというのもあります。良質な自然リンクを獲得していく事が外部対策では大切です。

 

アクセス解析と検索順位の確認

SEO対策をして成果を上げるためには、アクセス解析と検索順位の確認がかかせません。以下のツールを使って、アクセス解析や検索順位の確認をしましょう。

アクセス解析や検索順位の結果奮わない記事があった場合、リライトを行いましょう。リライトとは、記事の検索順位を高めるために、加筆修正をする作業のことです。適切なリライトを行えば、検索順位の低かった記事を上位にあげられる場合もあります。

 

インハウスSEOのためのSEOの勉強方法

インハウスSEOのためのSEOの勉強方法について解説します。自社にSEOに関する専門知識を持つ人材がいないもののインハウSEOを実行したい場合、ぜひこれから紹介する勉強方法を実践してみてください。

本で学習する

本を読めば、SEOについて体系的に学習できます。また、あとから好きなタイミングで読み直せるのも魅力のひとつです。ただし、本では最新の情報を学ぶのは困難なため、その点は注意が必要です。
SEOに関するおすすめの本はこちらの記事「SEOは本で学べる?SEOを学べるおすすめの本を種類別にご紹介」をご覧ください。

 

動画で学習する

SEOに関して動画で学習すれば、わかりやすくまとまった知識を得られます。さらに、最新の情報を得られるのも動画学習のメリットのひとつです。動画でSEOを学ぶにはこちらの記事「初心者向け!動画で学ぶSEO対策」をご覧ください。

 

Webサイトで学習する

SEO関連の学習をする方法として、Webサイトで学習することも挙げられます。Webサイトなら、わからないことをピンポイントで学習できます。ただし、本のように体系的に学べるわけではないため、注意が必要です。おすすめは「SEO」で検索して1ページ目に表示されているSEO専門会社の記事を1社ではなくて数社の情報を見ることです。東京SEOメーカーの記事もSEO専門会社の記事ですのでもちろんおすすめです。

 

まとめ

SEOコンサルタントインサイトSEOを実行すれば、外注費用がかからないうえに社内にSEOノウハウが蓄積されます。また、社外とのコミュニケーションコストがかからないのもメリットです。ただし、SEOに関する専門知識のある人材がいない場合、教育コストがかかる点は難点だと言えますし、昨今のSEOの難易度を鑑みると壁は高いです。インサイトSEOに向いている企業の特徴は、社内にSEOに詳しい人材がいること・社員がSEOの重要性を理解していることです。慎重にインハウスSEOが可能かどうかを見極めてください。

 

 

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、11期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで2000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事

  • 03-5394-8107
  • お問い合わせ・ご相談はこちら