ブログ集客について役立つ手法を徹底解説!成功させるポイントも紹介

ブログ集客SEOで検索ワードの上位表示ができれば、効率的にブログ集客を成功させられます。ブログサイト自体の質を向上させるためには、ブログ記事の品質を高めることが重要です。

ブログ記事の品質を高めたあとは、SNSで拡散したり有料広告を出稿したりすることで、より高い集客効果が期待できます。まずすべきことは、SEO対策をしながらブログ記事の作成に力を入れることです。

SEOコンサルタント本記事では、ブログ集客のコツや方法などを、初心者の方でも理解しやすいようにポイントをまとめて説明していきます。ブログ集客をしていきたい人は、ぜひ参考にしてください。

 

ブログにおける集客の意味とは

ブログにおける集客の意味とは、「ブログに人を集めること」です。ブログにユーザーを集客して、最終的には商品やサービスの購入をしてもらうことが狙いです。

ブログ集客の最も一般的な方法は、SEO対策を施すことです。SEO対策とは、検索エンジン最適化のことであり、検索結果の上位にWebサイトを表示させることを指します。

また、SEO対策で成果を出すのには時間がかかるため、短期的に成果を出したい場合は有料の広告を出稿するのもおすすめです。その他にも、SNSが普及している昨今においては、SEOとSNS発信を組み合わせてブログ集客をするのも有効な手段です。

 

ブログ集客を行う前に注意すべきこと

ブログ集客を行う前に注意すべきことは、ブログ運営に利用するサービスを決めることです。WordPressというサービスが主流ですが、はてなブログなど無料で使えるものもあります。ブログ集客で高い効果を得たい場合は、無料のサービスよりもWordPressが断然おすすめです。WordPressはSEO対策がしやすいからです。

その他にも、ブログ集客を行う前には、必ず目標設定(KPI)をしてください。例えば、商品の売り上げを伸ばすためにブログ集客を行う場合と知名度の向上のためにブログ集客を行う場合とでは、有効な施策や戦略が異なります。そもそもなんのためにブログ集客を行うのか、じっくりと考えて目的を確立すべきです。

 

ブログ集客の方法論3選

ここでは、ブログ集客の3つの方法論について解説します。ブログ集客のための具体的な方法が知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

 

上位表示を狙うためにSEO対策をする

ひとつめの方法は、上位表示を狙うためにSEO対策をすることです。SEO(検索エンジン最適化)とは、Googleなどの検索エンジンの検索結果で上位に表示させるための施策のことです。SEOについては、SEOとは?[SEO対策最新ガイド]上位表示の対策を解説の記事をご覧ください。

基本的なSEOとSEO対策について理解したら、あとは、コンテンツの内容を充実させていく事が大事です。コンテンツSEOコンテンツマーケティングも理解が必要です。

Googleは定期的にアップデートをしているため、よくSEOの情報を取得して適切なSEO対策を行っていきます。

対策キーワードでSEOに成功すれば、トラフィックが伸びてセッション数が増えます。SEO対策がブログ集客にとって直接的な集客方法であると言えます。

 

SNSで告知する

SNSで告知することも、ブログ集客をするための有効な手段です。SEO対策は、始めてから効果が出るまでに半年以上かかるとされているため、それまでの期間はSNSに力を入れるのがおすすめです。

関連記事:SNSのSEO効果とは?SEO効果を高めるための方法

SNSとはソーシャルネットワークサービスの略称で、Twitter・Instagram・TikTok・Facebook・YouTubeなどが代表的です。それぞれの特徴や利用者層は、以下のとおりです。

 

  • Twitter:140文字以内のテキスト・4枚までの画像を投稿できるSNS。幅広い年代の利用者がいる。また、拡散機能があるため投稿が一気に注目を集める可能性がある。
  • Instagram:画像や動画を投稿できるSNS。20~30代に特に人気で、女性利用者数も多い。24時間で消えるストーリズに投稿し、閲覧者からメッセージを募ることも可能。
  • TikTok:若者人気の高い動画投稿SNS。以前はショート動画が主流だったが最近10分間のロング動画も解禁され、企業のマーケティングにおいても注目を集めている。
  • Facebook:他のSNSよりも利用者層が高齢。ビジネスパーソン向けにサービスを展開している企業にとくにおすすめのSNS。

 

広告を出稿する

有料の広告を出稿するのも、ブログ集客の手段のひとつです。SEOは中長期的に効果を発揮できる方法であるのに対し、広告出稿は短期的な効果を狙えます。

関連記事:SEOとリスティング広告の違いとは?集客の最大化を図る使い分け方を解説

また、一言で「広告出稿」といってもさまざまな種類があります。具体的には、以下のとおりです。

 

  • リスティング広告:ユーザーの検索するキーワードに基づいて画面に広告を表示させる。「検索連動型広告」とも呼ばれる。最低出稿額が決められていないため、予算があまりない人にもおすすめ。
  • ディスプレイ広告:Webサイト・アプリなどの広告枠に表示される広告。画像や動画とテキストを組み合わせて表示させる。リスティング広告よりもユーザーの目に留まりやすい。
  • アドネットワーク広告:さまざまな広告媒体が集まった広告配信ネットワークに配信する広告。「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク」、「Googleディスプレイネットワーク」などの媒体がある。インターネット利用者の90%に訴求できるため、高い効果を期待できる。
  • リターゲティング広告:過去に自社Webサイトに訪れた人に対して表示される広告。すでに自社に興味関心を持っている人にアプローチできるため、高い成約率が期待できる。インターネット上に情報があふれている現代において、複数のサイトを見比べて購入する商品を検討したいユーザーが多いことから、リターゲティング広告は注目を集めている。
  • 純広告:「食品メーカーであれば食品情報メディアに広告を出稿する」といった具合に、特定のメディアに出稿する広告のこと。運用の手間を削減できる点や、ブランディングを確立しやすい点がメリット。
  • SNS広告:TwitterやInstagram、Facebookなどに出稿できる広告のこと。SNSを利用している層に対し訴求できるため、時代に合った広告手法だと言える。表示形式は媒体や広告の種類によってさまざま。
  • アフィリエイト広告:成果報酬型の広告のこと。広告を掲載したメディアで成果が確認された時点で費用が発生するため、資金が無駄にならないのが嬉しいポイント。ただし、広告主が自由に掲載する広告を選べるため、意図しないサイトで宣伝されてしまい、ターゲットに訴求できない恐れがある。
  • 記事広告:第三者が商品やサービスの魅力を記事にまとめた広告。広告らしさが少ないため、広告に抵抗のある層にも訴求できる点が魅力。なかでも、ユーザー自身が自覚していない潜在ニーズのある人にアプローチできる。ただし、良い点だけでなく悪い点も書かれる恐れがある。
  • 動画広告:名前の通り、動画を用いて配信する広告。テキストでの広告に比べ、短い期間で多くのユーザー情報を届けられるのが嬉しいポイント。ただし、動画制作にはノウハウが必要なうえ、時間がかかるため注意が必要。動画制作を外注するのも手段のひとつ。
  • メール広告:電子メールを用いてユーザーに広告を配信する手法。「HTML形式」と「テキスト形式」の2種類があり、「HTML形式」の場合は画像・動画・イラストなども配信可能。

このように様々な種類の広告がありますが、手っ取り早く即時に自分で広告を出せるのがリスティング広告です。入札する価格の設定も自分ででき、1日の上限金額を決めておけば予算をコントロールしながら広告を打つことができます。SEO対策と合わせて行うと良いです。

 

ブログ集客に有効な記事の書き方

ブログ集客に有効な記事の書き方を紹介します。ブログ集客を行いたいものの、どのような記事を書けば良いか分からず困っている人は、ぜひ参考にしてください。

 

ターゲットを設定する

ブログ集客に有効な記事の書き方のひとつめは、ターゲットを設定することです。ターゲットとは、想定読者のことを指します。

同じテーマで文章を書いていても、設定するターゲットによって有効な文章の内容は異なります。具体的には、年齢・性別・居住地・学歴・年収・価値観・悩みなどを決めると良いでしょう。多くの人に訴求したいあまり広いターゲット設定をする人もいますが、細かく決める方が心に響く記事を書けます。

ターゲットを決めるためにはペルソナを抽出する必要があります。

関連記事:ペルソナとは?マーケティングに必要な理由と設定方法

 

独自性の高い内容にする

ブログ集客をするためには、内容の独自性の高さも大切です。独自性とは、ライバル記事にはないオリジナル性のことです。例えば、「沖縄 料理 おすすめ」というキーワードの記事で沖縄の美味しい料理を紹介しているWebサイトが多い場合、あえて沖縄でおすすめできない料理も掲載する、といった具合です。

ライバルサイトの内容は網羅しつつ独自性の高い内容を付け加えれば、読者に満足してもらえる記事を作成できるでしょう。

関連記事:SEOに強いブログとは!? 上位表示されるおすすめの書き方を解説

SEOライティングを心がける

ブログ集客をするためには、SEOライティングが不可欠です。SEOライティングとは、検索結果で上位表示させるためのライティング方法のことです。

狙うキーワードをタイトル・見出し・記事内に含める、パーマリンクやメタディスクリプションを設定する・H2見出しの下に画像を設置するといった方法でSEOライティングに取り組んでください。

関連記事:SEOライティングとは?SEOを意識したライティングのコツとポイントを解説

 

検索クエリと関連性を持たせる

検索クエリとは、利用者が検索エンジンに入力した語句のことで、キーワードに近い意味を持つマーケティング用語です。

読者が検索欄に入力するキーワードとWebサイトのコンテンツ内容やタイトルが一致していれば、検索クエリとコンテンツに関連性を持たせられます。

 

専門性・信頼性・権威性を高める

Googleは、専門性・信頼性・権威性(E-A-T)のあるWebサイトを高く評価する傾向にあります。Googleから高い評価を得られれば検索結果で上位に上がりやすくなります。

単一のジャンルに絞ってコンテンツを増やすことで、専門性を高められます。また、コピーコンテンツなどを絶対に作らないようにすれば、信頼性も担保できるでしょう。権威性を高めるためには、運営実績の長さや被リンク(外部サイトでのリンク掲載数)の数などが重要となります。

これらの内容をふまえれば、専門性・信頼性・権威性の高いブログに仕上がります。

関連記事:E-A-Tとは?GoogleのEAT評価基準や対策方法を徹底解説

 

ブログ集客用の記事にCTAの設定をする

CTAとは、行動喚起を促すことをさします。ブログ集客用の記事にCTAを設定すれば、ユーザーの行動を促せて、高いブログ集客効果を期待できます。

 

ステップメールを用意する

ステップメールとは、あらかじめ設定したメールを5~8日程度のスケジュールに沿って配信することです。ステップメールは、見込み顧客を育成するのに適しているマーケティング手法だと言われています。

ブログ内に、ステップメールへの申し込みフォームやメールアドレスを設置しておきましょう。また、ステップメールの配信が終了したら、通常のメールマガジンに切り替えることをおすすめします。

 

ランディングページを用意する

ランディングページも、ブログ集客用の記事に設定するCTAのひとつです。ランディングページとは、商品やサービスの購入に向けて直接アプローチができるページのことを指します。CTAによってランディングページへの誘導をすれば、ブログを読んだ読者が商品やサービスを購入する可能性が高まります。

 

コンバージョンを計測

CTAの設置により、ブログ集客を行うためには、コンバージョンの計測が欠かせません。コンバージョンとは、顧客が、商品の購入やサービスの加入などを行うことを数値化したものです。コンバージョンを測定して、良い部分はさらに伸ばし、コンバージョンの低い記事やページは改善することで、ブログ集客の高い効果を得られます。

 

まとめ

SEOコンサルタントブログにおいて、集客とは「ブログに人を集めること」を指します。また、ブログ集客を行う前には、利用するサービスを決めたり、ブログ集客を行う目的を明確に決めたりする必要があります。また、ブログ集客の方法論としては、SEO・SNS・広告出稿の3つが挙げられます。なかでも、SEOとSNSは組み合わせることでより高い効果を発揮できます。資金に余裕のある人や短期間で成果を出したい人は広告出稿を活用するのも手段の一つです。SNSはTwitterやInstagramを活用すると良いでしょう。さらに、CTAを設定して読者に次の行動を促すことも重要です。ぜひ、本記事の内容を参考にして、ブログ集客で高い成果を得てみてください。

 

 

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、11期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで2000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事

  • 03-5394-8107
  • お問い合わせ・ご相談はこちら