SEOライティングとは?SEOを意識したライティングのコツとポイントを解説

インターネットの普及によりコンテンツが重視されている今の時代、サイト運営者にとってSEOライティングは欠かせないものとなっています。

 

SEOコンサルタント検索結果上位に自社のコンテンツを表示させることで、アクセス数が増えコーバージョン数の増加も期待できます。そこで本記事では、SEOライティングのコツやポイント、またその勉強方法を解説します。弊社のSEOライティングサービスはこちら

 

目次

SEOライティングとは

 

SEOライティングとは、検索結果の上位表示を目指すSEOを考慮したライティング技術のことを指します。検索結果の上位表示を目指す上では、ユーザー及び検索エンジンの二者に分かりやすいコンテンツである必要があります。

 

<SEOライティングのポイント>

  • ユーザーに分かりやすいライティング
  • 検索エンジンに分かりやすいライティング

 

以下では、各SEOライティングのポイントについて解説します。

 

ユーザーに分かりやすいライティング

ユーザーに分かりやすいライティングとは、ユーザーにとって読みやすく役に立つコンテンツであるかどうかを指します。

Googleは、ユーザーにとって有益な情報を提供しているページを評価するため、ユーザーの欲しい情報が分かりやすく記載されているコンテンツは上位表示されやすくなります。

そのため、SEOライティングでは読み手であるユーザーを意識した文章や構成である必要があります。検索エンジンに評価してもらうために、単に対策キーワードを散りばめたコンテンツはユーザーにとって有益とは言えません。

あくまでも、ユーザーに届けるコンテンツであるということを意識してライティングすることが重要です。

Googleはユーザーがなぜキーワードを検索したかを予測し、その疑問に応えられるサイトを上位表示させる仕組みとなっています。

よって、ユーザーの検索意図を予測し、その意図に基づいてSEOライティングを行うことができれば、ユーザーの満足度の高いページを作成することができます。

関連記事: SEOにおける検索意図の重要性!調べ方から利用方法まで

 

検索エンジンに分かりやすいライティング

検索エンジンに分かりやすライティングとは、検索エンジンのクローラーにとって分かりやすいコンテンツであるかどうかを指します。検索エンジンのクローラーは、定期的にサイト内を巡回しコンテンツを評価します。

ユーザーを意識したコンテンツ作りもそうですが、Googleがコンテンツの内容を理解し評価してくれるような構造になっている必要があります。検索エンジンに分かりやすい構造とは、キーワードの配置やHタグの最適化などがこれに当たります。

Googleに評価されなければ上位表示もされないため、検索エンジンにも分かりやすいライティングが重要となります。

SEOライティングをする場合、Googleのガイドラインを把握しておくことをおすすめします。Googleのガイドラインとは効果的なSEO対策におけるルールブックであり、自社サイトを上位表示させる上で理解しておくことが必須の考え方です。

Googleではユーザーニーズを満たしていないサイトをガイドラインに沿っていないと判断するため、Googleから評価されるためにもニーズを満たす記事を作っていくことが大切です。

関連記事: 【上級SEO対策】品質に関するガイドライン

 

SEOライティングの流れ

SEOライティングを行う際には、ユーザーを第一に考えつつ検索エンジンにも評価される内容である必要があります。次の3つの流れをふむことで、記事作成を行うことが可能です。

 

<SEOライティングの流れ>

  • 対策キーワードからユーザーニーズを考える
  • コンテンツの構成を作る
  • ライティングをする

ここでは、SEOライティングを行う際の各流れについて解説します。

 

 

対策キーワードからユーザーニーズを考える

まずは、対策したいキーワードを選定しそのキーワードからユーザーの求めているものが何かを探ります。ユーザーニーズを考えずにライティングを進めてしまうと、ユーザーが求めていない情報を記載したコンテンツができあがってしまう可能性もあります。

 

自身でイメージしてみることも大切ですが、実際に検索エンジンで対策したいキーワードを検索し、競合サイトのコンテンツ内容を見てみましょう。上位表示されているサイトは、ユーザーにとって有益なコンテンツであると検索エンジンに判断されているため、ユーザーニーズを満たしているコンテンツである可能性が高くなります。

 

コンテンツの構成を作る

ユーザーニーズを満たしたコンテンツを作成するために、まずは構成を作成します。いきなりライティングを始めてしまうと話がまとまらず方向性を見失ってしまうこともあるので、ユーザーと記事コンテンツのゴールの橋渡しができるような構成を作成しましょう。

 

まずは、骨組みとなる記事の見出しを完成させましょう。見出しに対策キーワードを含めることで、ユーザーはどのような内容が書かれてあるコンテンツであるかを簡単に理解することができます。

 

最終的にユーザーに伝えたい内容を伝えられるよう、記事内にきれいに導線を作ってあげることが重要です。

 

ライティングをする

コンテンツの構成ができたら、見出しに文章を肉付けする形でライティングを行います。同じ語尾を使わないことや代名詞を多くつかいすぎないなど、ユーザーにとってわかりやすく読みやすい文章を心がけることが重要です。

 

また、検索エンジンにもコンテンツの内容を分かりやすく伝えるために、検索キーワードや関連するキーワードを自然な形で散りばめることでユーザーニーズに沿ったコンテンツであると判断されやすくなります。

 

 

SEOライティングの5つのコツ

では、SEOライティングを行うためには具体的にどのようなことを意識すれば良いのでしょうか。次にあげる5つのコツを意識することで質の高いライティングを行うことが可能です。

 

<SEOライティングの5つのコツ>

 

  • ユーザーファースト
  • 専門性
  • 独自性
  • 対策キーワードとの関連性
  • 読みやすい構成や文章

ここでは、SEOライティングを行う際に、必ず意識したい5つのコツをご紹介します。

 

 

ユーザーファースト

ユーザーに分かりやすいライティングを行うためには、ユーザーファーストである必要があります。ユーザーファーストとは、ユーザーを優先することを指します。ライティングをする際は、常にユーザーを意識して書いてみましょう。

 

分かりやすく読みやすいコンテンツは、文章のみを指す分けではありません。文字の大きさやフォント、画像や表の利用など、ユーザーの理解を助けるための工夫も必要です。ユーザーニーズを満たしたコンテンツにするためには、ユーザーを第一に優先しユーザー目線に立ってライティングを行うことが重要です。

 

また、Googleはユーザーファーストを企業理念としているため、検索エンジンに評価してもらうためにもユーザーファーストを意識することは大切です。

 

専門性

コンテンツは専門性のある内容である必要があります。専門性は、Googleの検索品質評価ガイドラインにて公式に定義されてる項目であり、「E-A-T」の中に記載がある内容です。

1つのテーマについて多くの情報発信することで専門性を高める事ができます。違う分野のキーワードのコンテンツを作成するよりも、専門的な分野に絞って作成したほうが専門性の高いコンテンツとして評価されやすくなります。

 

特定の分野に詳しい人の話に信憑性があるように、コンテンツも同じく専門性が高いと信憑性のあるコンテンツになりやすいです。専門家の監修や経験者が書いたコンテンツなど、ライティングの際には専門性も意識してみましょう。

関連記事: 有用性の低いコンテンツを今すぐ改善するための10項目を完全解説

 

独自性

独自性も専門性と同じように、Googleの検索品質評価ガイドラインにて公式に定義されてる項目であり、「E-A-T」の中に記載がある内容です。独自性とは、コンテンツがオリジナルであるかということを指します。

 

誰でも書ける内容やコピーした内容は、オリジナリティがあるとは言えません。数多くのコンテンツが存在するネット上で、差別化をするためには独自性が重要なポイントとなります。

 

文章その中にオリジナルのノウハウや体験などを交えることで、独自性のあるコンテンツとして検索エンジンにも評価されやすくなります。構成を作成する段階で、独自性を意識した作成が重要です。

 

対策キーワードとの関連性

 

対策キーワードとコンテンツ内容に関連性がないものであれば、ページの離脱率が高くなり当然ユーザーからも評価されにくくなります。ユーザーが検索したキーワードに対する答えになるようにライティングを行う必要があります。

 

対策キーワードを軸に文章を作成するこだけでなく、対策キーワード以外にもサジェストキーワードや共起語などの、関連性のあるキーワードなどをつかいながらライティングすることが重要です。

 

コンテンツの文章もそうですが、まず始めにユーザーの目につくタイトルやディスクリプションに対策キーワードや関連語を含め、対策キーワードとの関連性を示すことが重要です。

 

読みやすい構成や文章

 

ユーザーファーストと共有しているところはありますが、SEOライティングでは読み手であるユーザーが読みやすい構成や文章を意識することが大切です。専門的な用語を使用しすぎないことや、代名詞をつかいずぎないことなどだれにでも読みやすいコンテンツである必要があります。

 

専門的な内容や情報量が多い場合などの文章だけでは読みづらいときには、箇所書きや画像・表の使用などできるだけ内容が伝わりやすいように心がけましょう。読みやすい文章や構成は、ユーザーファーストなコンテンツだと判断され検索エンジンからも評価されるため、上位表示される可能性が高くなります。

 

また、見出しなどの構成はユーザーニーズを満たしてい内容や順序になっている必要があります。

 

SEOライティングの18の実践編

 

SEOライティングを始める前につかんでおきたい5つのコツについて紹介しましたが、ここではライティングの際に実際に実践してもらいたいことを解説します。

 

タイトルにキーワードを含める

作成した記事のタイトルには必ず上位表示させたい検索キーワードを含めるようにしましょう。

また、含めるキーワードはなるべくタイトルの前方に用いた上で、タイトル全体も短い方が検索キーワードに対して高い効果を発揮できます。

しかし、キーワードの位置やタイトルの長さを意識しすぎるあまり、日本語自体が不自然になることは避けなくてはなりません。

タイトルを見てそのサイトページを閲覧するかどうかを決めるのはあくまでユーザーであり、内容を理解しやすく魅力的な記事内容であることをアピールできるタイトルであることが望ましいです。

 

キーワードの使用頻度に気を付ける

キーワードの使用頻度は多すぎないように注意が必要です。

SEOライティングにおいて、キーワードを文章に盛り込むことは不可欠ですが、必要以上にキーワードを使用した文章は「過剰SEO」と判断され、Googleからの評価を下げることになってしまいます。

SEOライティングにおいては、「1コンテンツに含まれるキーワードは5%程度」が最適と言われているため、キーワードを意識しすぎて不自然な文章を書かないように心がけておきましょう。

 

タイトルは30文字を目安に設定する

記事のタイトルは、30文字を目安に設定することがおすすめです。Googleでキーワードを検索していると、タイトルが途中で切れてしまい全文を読むことができないサイトを目にすることがあるかと思います。これは、Googleがタイトルの文字数の限界を設定していることが要因です。

また、モバイル版ではサイトによって表示文字数が異なるものの、内容が分かりづらいタイトルではユーザーのクリック数は増やせません。

記事を読む前から可能な限り多くの情報を伝えるためにも、30文字を目安に記事内容を端的に伝えられるタイトルを設定することが重要です。

 

内容が一目でわかるタイトルを設定する

タイトルは記事の内容が一目でわかるようなものを考えて設定しましょう。タイトルは、ユーザーがキーワードを検索して一番最初に目にする情報です。

よって、タイトルを見て自社サイトを詳しく見てみたいと思わせることができなければ、どんなに良質な情報を提供しても意味を成さなくなってしまいます。

タイトルを設定する際には、具体的な数字や「初心者」「上手くなりたい」といった単語を用いて、ユーザーがクリックしたいと感じるタイトルかどうかを考えるようにしましょう。

 

見出しにキーワードを含める

ページ内の見出しには可能な限りキーワードを含めることが重要です。見出しはGoogleからも評価項目として重要視されている要素であり、できるかぎりキーワードや関連した単語を含めることが望ましいです。

また、キーワードを含めておくことで、見出しを見ただけでユーザーが記事の全体像を把握できるという効果も期待できます。全体像がはっきりしている記事であれば結論や筆者の主張が分かりやすく、記事の途中の内容もストレスなく読み進めてもらえる可能性が高まります。

 

SEOライティングでは、見出しはページタイトルの次に重要な要素となります。見出しを設定することで、ユーザーはコンテンツの構成や内容を簡単に把握できます。

また、ユーザーだけではなく検索エンジンもこの見出しを見てコンテンツの内容を判断しているため、見出しにも対策キーワードや関連語含めるる必要があります。不自然にキーワードを詰め込まないように、自然な形で対策キーワードや関連語を含めることで対策キーワードとコンテンツの関連性を高めることができます。

特に長文コンテンツの場合は、見出しを階層に分けて組み立てることでユーザーの可読性も高められ、検索エンジンにも理解しやすいコンテンツとなります。

 

1つの見出しに複数テーマを含めない

1つの見出しには、1つのテーマだけを含めるようにしましょう。

SEOライティングを進める上で、見出し下の文章が長くなってくると、途中で複数のテーマが盛り込まれてしまうことがあります。

また、見出しに複数のテーマが登場してしまうと、読み手の混乱を招いてしまい、理解しづらい文章という印象を与えかねません。

複数のテーマを扱いたい場合には、見出しを新たに作成するといった手法で対応するようにしましょう。

 

関連記事: SEOにおける見出しタグの役割|h1~h6の使い方とルール

 

代名詞は多用しない

「これ」「その」といった代名詞は多用しないように注意が必要です。

指示語は、読み手に指示語が指す単語を追ってもらう必要があるため、読み手が内容をスムーズに理解する妨げとなることがあります。

スムーズに理解できない文章だと読み手に判断されてしまうと、途中で離脱されてしまい、最後まで文章を読んでもらうことはできません。

よって、SEOライティングを行う際には、指示語の数はなるべく少なくなるように調整し、読み手がストレスを感じずに読み進められるような文章を作るようにしましょう。

 

共起語を使う

共起語とは、特定のキーワードと一緒に文章に用いられることが多い単語を指します。SEOライティングにおいて、共起語の存在は検索キーワードに次いで重要です。

例えば、「大学生」の共起語には、「授業、サークル、時間、教育、アルバイト」といった単語が挙げられます。

共起語を用いてライティングができれば、ユーザーの検索意図に対して必要な情報を提供しているとGoogleの検索エンジンが判断する確率を高めることが可能です。共起語に関しては分析ツールを用いて検索することもできるため、文章の中で自然に盛り込んでいくことがおすすめです。

 

表現のゆれを考慮する

ユーザーが検索するキーワードに対して、表現のゆれを考慮することで上位表示の機会を増やすことにつながります。ユーザーは検索したい意図が同じであっても、さまざまなキーワードを用いて検索を行います。

例えば、海外旅行を検討している人がそれぞれ「航空券」「飛行機 チケット」と検索しても、検索結果に大きな違いは生じません。

よって、見出し本文に同じ事柄を指す単語を複数の言い方で説明することで、表現のゆれに対応し、他の類似したキーワードでも上位表示を狙うことができるようになります。

 

冗長表現を避ける

基本的に、SEOライティングにおいて冗長表現は避けることが不可欠です。ユーザーの検索ニーズに答えようとすることだけを考えて文章を執筆していると、どうしても文字数だけが多くなってしまい、全体的にだらだらと長い印象を与えてしまうことが考えられます。

ユーザーに豊富な情報を提供することはもちろん大切ですが、不必要な情報まで盛り込まないように、なるべくコンパクトな文章を書くことが望ましいです。

特にネット上の記事は流し読みする人も多いため、見出しや強調表現を活用して、端的に伝えたい情報をアピールすることも効果的です。

 

同じ語尾の連続を避ける

同じ語尾の連続は極力避けなくてはなりません。

同じ語尾を連続して書いてしまうと、文章全体が単調な印象を与えてしまい、内容の魅力も満足に伝えることができなくなってしまいます。

文末表現は意識することで連続使用を防ぐことができるため、執筆後に自分の文章を読み返したり、執筆中に自分がよく使う表現が連続していないか注意するようにしましょう。

 

誤字・脱字に気を付ける

誤字・脱字が文章に含まれていると、Googleからユーザビリティの低い記事と判断され、検索順位を落とすこととなってしまいます。

執筆終了後に文章を読み返すことで誤字・脱字を減らすことができるため、細かい作業であっても時間をかけて行うようにしましょう。

また、チェックツールもあるため、チェックする時間がない場合には活用するのがおすすめです。

 

盗用による著作権侵害に注意する

盗用による著作権侵害には十分に注意する必要があります。

基本的に、ネット上の記事や画像であっても無断で引用した場合には著作権侵害にあたるため、他人のコンテンツを使用する場合にはルールを遵守することが必須です。

具体的には、引用元を明記したり、参照元リンクを記載することで引用して自分の記事に用いることが許されます。無用なトラブルを避けるためにも、引用した際にはルール通りの記載があるか確認を忘れずに行いましょう。

関連記事: コピーコンテンツがSEOに与える影響や対処法について解説

画像のaltタグを設定する

文章だけでは読みづらく、伝わりづらいこともあります。そのような場合は、コンテンツ内容にあった画像を適度に使用して、全体的に読みやすいコンテンツになるように心がけましょう。画像を混ぜることで、テキスト以上の情報を与えることができユーザーの理解を深めるためにも有効です。

また、SEOの内部対策としてalt属性に画像を説明する文言を入れることも重要です。Googleのクローラーは、画像が何を指しているのかということを正しく認識できません。そのため、alt属性にテキスト情報を記述することで、クローラーにも画像の内容を理解してもらいやすくなります。

altタグとは、HTMLのimgタグの中に記述される要素のひとつであり、画像が表示できない場合にaltタグに設定したテキストが表示されるようになります。

altタグの設定はGoogleの評価においても重要であり、altタグを設定することで画像の内容を理解してもらい、上位表示されやすくなる効果があります。

ただし、不自然にキーワードを含めたテキストを設定することは逆効果となってしまうため、画像を表示できないユーザーが内容を理解できるように設定することが大切です。

 

キーワードを含めたURLを設定する

記事を掲載するページに関しては、キーワードを含めたURLを設定するようにしましょう。URLの設定を特に行わない場合、意味を持たない数字やアルファベットがURLとして設定されますが、上位表示を狙うならURLにも気を配りましょう。

URLを検索キーワードに関連したものに設定することで、わずかながら検索エンジンからの評価につながり、被リンクをもらう際にもキーワードを設定していない時と比べて、高いリンク効果が期待できます。

URLの設定は簡単に行うことができるため、基本的に全記事に対して設定することをおすすめします。

 

メタディスクリプション

メタディスクリプションは、タイトルの下に表示される説明文のことを指し、ページタイトル同様に検索結果画面に表示され箇所となります。コンテンツの中身を分かりやすく簡潔に伝えることができるため、ユーザーが最初に読む文章にもなりその他のコンテンツとの比較対象となります。

そのため、ユーザーの興味をそそりユーザーニーズを汲み取った文章を設定することが重要です。対策キーワードを含めることはもちろん、関連語を含めるなどしてキーワードとコンテンツの関連性を示しましょう。

また、タイトル同様文章の前半にキーワードを含め、130字前後で書くようにしましょう。他のコンテンツとの比較対象となるため、オリジナリティがありユーザーの興味を引くような文章にすることでクリックされやすくなります。

メタディスクリプションは、記事を実装するときに、その記事の要約を125文字前後で行い、設定すると良いでしょう。

 

関連記事のリンク切れをなくす

関連記事に関してはリンク切れに注意が必要です。外部サイトの文章やデータを利用する際に参照元のリンクを貼ることになりますが、記載したリンク先にアクセスできない場合はサイト評価を下げることになります。

外部サイトに関しては記事が完成して公開後にリンク切れとなることもあるため、定期的にリンクが有効であるかどうか確認する作業を行うことが重要です。

 

本文

作成するコンテンツは、対策したいキーワードで検索してきているユーザーのニーズに応えた内容になっている必要があります。キーワードとの関連性を高めるために、対策キーワードや関連語を含めながらライティングを行うことが重要です。

特に対策キーワードは、記事の前の方に入れたほうがより効果的とされています。しかし、無理にキーワードを含めようとすると分かりづらい文章になるため、不自然にキーワードを多用しないようにすることが重要です。

また、ユーザーニーズに応えようとして長すぎる文章にならないように気をつけましょう。ユーザーが本当に必要とする情報をコンパクトに分かりやすくまとめることが重要です。

 

SEOライティングをやってみよう

さて、ここまでSEOライティングのコツや実践テクニックを解説してきました。

早速、SEOライティングに取り掛かってほしいのですが、SEOライティング以外で大事なことにも触れておきます。

SEOライティングの目的は、狙ったキーワードでその記事が上位表示することです。コンテンツSEOで、成功するには、良質な記事を対策ワードごとにアップしていく事が大事です。

そのために、記事をアップして行く前に、どういった記事を書いていくのか。キーワード戦略が重要になってきます。

 

キーワード戦略

キーワード戦略を実例を使いながら見ていきましょう。

例えば・・・”札幌エリアの 整体院”のサイトをコンテンツSEOで上げていくとします。

キーワード月間検索件数
腰痛 札幌210
腰痛 治療 札幌20
肩こり 札幌260
肩こり 治療 札幌10
ぎっくり腰 札幌90
坐骨 神経痛 札幌140
ヘルニア 札幌50
脊柱 管 狭窄 症 札幌40
股関節 の 痛み 札幌10
札幌 腰痛390
札幌 肩こり320
札幌 マッサージ 肩こり170
札幌 腰痛 名医140
腰痛 病院 ランキング 札幌140
腰痛 病院 札幌110
札幌 駅 マッサージ 肩こり110

↑Google Adwrodsのキーワードプランナーでキーワードの月間検索件数を出していきます。

キーワード月間検索件数
整体 札幌1000
札幌 整体1600
札幌 市 整体140
整体 札幌 市10
カイロ プラクティック 札幌480
札幌 小 顔 矯正320
札幌 カイロ プラクティック390
クマカイロ 札幌210
札幌 整体 おすすめ170
札幌 ボキボキ 整体170
整体 札幌 中央 区170

たくさん、該当するであろうワードで調べていきます。そして、これをキーワードマッピング化していきます。

札幌の整体院キーワードマッピング

月間検索件数の多いワードをビックワードとし、ビックワード+複合ワードでカテゴリー分けしていきます。カテゴリー分けができたら、次にそのキーワードに対する記事を用意します。

 

●これで1つのカテゴリー記事を作ります=トピッククラスターSEO

ビックワード(月間検索件数1000以上)←ミドルワード(月間検索件数500以下)
←ミドルワード(月間検索件数500以下)
←ミドルワード(月間検索件数500以下)
←ミドルワード(月間検索件数500以下)

これを記事にすると

肩こり 改善”(月間検索件数1900)についての王道の厚い記事を書きます。文字数15000~20000文字←肩こり 悩み(月間検索件数:50)の記事を書きます。文字数3000~5000文字程度
←肩 ゴリゴリ 改善(月間検索件数:390)の記事を書きます。文字数3000~5000文字程度
肩こり 整体 おすすめ(月間検索件数:260)の記事を書きます。文字数3000~5000文字程度
←肩こり 治療(月間検索件数:1600)の記事を書きます。文字数3000~5000文字程度

このように、ビックワードを狙った分厚い質の高い王道の記事を1本用意して、メインページに入れます。そして、ミドルワードレベルのキーワードを狙った記事を数本作成し、メインページの下層ページに入れて、そこからビックワード記事の内部リンクを集めます。こうして、ビックワードの記事を上位表示させていくのです。これをクラスターSEOと言います。

 

記事の書き方

さて、記事を書いていくキーワードが決まったら、そのキーワード検索での上位表示している競合他社の記事を見ていきましょう。

ラッコツールで、キーワード検索します。

肩こり改善-ラッコツール検索

検索をクリックし、次ページで見出し抽出をクリックします。

見出し抽出

CSVダウンロードを押すと”シンプル版”のボタンが出てくるので、それを押すとCSVがダウンロードできます。

見出しのCSVデータ
現在1位表示しているサイトから20位までを抽出できます。
まず、文字数のチェックをします。次に、h1~h4まで使われている見出しを全てチェックしてみましょう。
まず、自社サイトにこの競合サイトがもっている見出しコンテンツの要素もほしいところです。競合の情報をまずは自社サイトにもより分かりやすく丁寧なコンテンツを意識して追加していきましょう。
次に、ここで抽出した見出し以外の何か対策キーワードについての記事を違う角度やテーマで書きたいところです。ここが非常に大事で、現在、インターネットの世界にまだ公開されていないオリジナルの記事が理想です。

 

SEOライティングにおすすめの本3選

 

SEOライティングは、コンテンツ作成者であれば必ず取得しておきたい技術です。ここでは、SEOライティングを学ぶことのできる本をたくさんある中からおすすめ3選をご紹介します。

 

沈黙のWebライティング: Webマーケッターボーンの激闘

 

SEOライティングの本①

参照元: 沈黙のWebライティング(Amazon)

 

沈黙のWebライティングは、マンガ形式でライティングのノウハウを紹介しているため本が苦手な方でも読みやすい1冊です。Webで成果を上げる実践的な文章の手法や思考法を学ぶことができます。

 

SEOのコンテンツ対策にフォーカスした実践向けの本になります。分かりやすい文章の書き方を学びたいSEOライティング初心者の方にはおすすめです。

 

SEOに強いWebライティング

 

SEOライティングの本②

参照元: SEOに強い Webライティング(Amazon)

 

SEOに強いWebライティングは、セールスにフォーカスをおいた書籍で、SEOライティングを学びながらセールスライティングも学ぶことができる本です。読み手に伝わる文章の書き方や商品を購入してもらうための文章術など、サイトへの集客・売上アップにつながるWebライティングのスキルを身につけることができます。

 

アフィリエイトブログを運営している人や売り上げを伸ばしたいWeb担当者の人にはおすすめの1冊です。

 

SEO対策のための Webライティング実践講座

 

SEOライティングの本③

参照元: SEO対策のためのWebライティング実践講座

 

SEO対策のための Webライティング実践講座では、SEOの基礎知識からライティング時の注意点まで解説する実践向けの本です。SEO効果を高める編集・校正の方法や、効果的なキャッチコピーの作り方などの実用的なライティングテクニックを学ぶことができます。

 

SEO初心者の人でもSEOの基礎から学べる点が特徴ですが、ある程度SEOライティングの知識があるライターや編集者の人にもおすすめの一冊です。

 

 

SEOコンサルタント【まとめ】コンテンツ作成の基本は、ユーザーファーストであることです。ですが、今回ご紹介したように、SEOライティングではユーザーと検索エンジンの両者にとって分かりやすい内容であることが重要です。ユーザー目線に立ったユーザーファーストなコンテンツは、自然と検索エンジンにも評価されやすくなりますが、SEOの内部対策も行うことでより検索エンジンに評価されやすくなります。今回ご紹介したSEOライティングのコツとポイントを抑えて、ユーザーからも検索エンジンからも評価される質の高いコンテンツを作成しましょう。

 

 

 

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで2000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事

  • 03-5394-8107
  • お問い合わせ・ご相談はこちら