SEO対策の東京SEOメーカー

コンテンツSEOとは? 対策のやり方や成功事例をご紹介

目次

contentSEO_1
contentSEO_2
contentSEO_5
contentSEO_6
contentSEO_7
contentSEO_9

コンテンツSEOとは、検索ユーザーの意図に沿ったコンテンツを作成し、GoogleやYahoo!JAPANなどの検索エンジンから集客を目指すSEO対策のことです。昨今では、コンテンツSEOが注目を浴びています。さらに、2022年〜2023年にかけて、Google検索エンジンにヘルプフルコンテンツシステムが導入されたことで、その重要性に拍車がかかりました。

 

2024年現在では、検索エンジンの流入を増やすならば、コンテンツSEOは必須といえる存在です。ただし、コンテンツSEOのみでWEBサイトが評価されるかというと、そうでもありません。コンテンツSEOでサイトの内の品質を追求しつつ、テクニカルSEOでサイト設計やページ操作時の快適性を高めるという、2つの軸でサイトを改良することが大切です。

 

SEOコンサルタント今回は、SEO対策として大切なコンテンツSEOについて解説します。コンテンツSEOは、主に、コンテンツディレクターやSEOライターに求められるスキルです。コンテンツディレクターとSEOライターの方は、本記事を最後までチェックしてください。また、個人でブログを運営している方も本記事を参考にしてください。

 

コンテンツ悩み解消

コンテンツSEOとは

コンテンツSEOとは、WEBサイト内のコンテンツ品質を高める施策のことです。昨今では、高品質コンテンツを作成することは、SEO対策として最高峰に重要と位置付けられています。基本的なコンテンツSEO対策として、次のような手法が挙げられます。

 

  • WEBページ構成を適切に組む
  • HTMLタグを適切に組む
  • わかりやすい文章を書く
  • オリジナル要素を付け足す
  • 説明文章を補完する画像データを作成する
  • リライト(ページ更新)する

 

WEB業界の現場では、このような作業をSEOライターやコンテンツディレクターが担当します。コンテンツディレクターは、WEBサイト全体の品質を高めるために、「どのようなWEBページが必要か」を検討します。そして、SEOライターに対して「このようなWEBページを作成する」旨を指示します。

 

そもそもコンテンツとは

ここでいうコンテンツとは、WEBサイト内のデジタルデータのことです。マクロ的にはWEBページやサイト構造を、ミクロ的にはテキストデータや画像データ、HTMLタグなどを指します。具体的には、下記のようなものがコンテンツに該当します。

 

  • 内部リンク
  • WEBページ
  • 発信する情報
  • テキストデータ
  • 画像データ
  • 動画データ
  • HTMLタグ(テキスト強調、表組、箇条書き、SNS埋め込みなど)
  • CSSコード(サイトやページのデザイン)

 

関連記事:コンテンツとは

 

SEO対策の種類

コンテンツSEOは、SEO対策の1つの施策にあたります。SEO対策には、下記のような種類があります。

 

 

SEO対策の種類 解説
コンテンツSEO WEBサイト内に良質なコンテンツを作成する施策。
SEO内部対策 サイト設計や内部のプログラムコードを改良する施策。
SEO外部対策 サイト外の環境を用いて自社サイトの評価を高める施策。
SXO対策 ユーザーの検索体験を最適化する施策。

 

関連記事:SEO対策とは

 

コンテンツSEOのメリットと注意点

コンテンツSEOを取り入れることで、下記のようなメリットが生じます。

 

  • 低予算で極めて高い効果がでる
  • SEO外部対策に直結することも

 

その一方で、次のような注意点があります。

 

  • 作業量が膨大になる

 

メリット1:低予算で極めて高い効果がでる

コンテンツSEO対策は、低予算でスタートできます。

 

コンテンツSEOを実施するためには、コンテンツディレクターとSEOライターを確保が必要です。ただし、ここで発生する費用は人件費のみです。

 

コンテンツ作成者に制作スキルが備わっていれば、6ヶ月〜1年ほどでビッグキーワードで上位表示することもありえます。さらに、高品質なWEBページは自社の財産となり、定期的に利益に結びつく役割を果たしてくれます。

 

メリット2:SEO外部対策に直結することも

コンテンツSEOは、SEO外部対策に影響を与えることがあります。

 

極めて優れたコンテンツは、サイト訪問者(読者)から称賛を受けることが間々あります。こうしたサイト訪問者は、自身のブログやSNSなどで有益なコンテンツとして、WEBページを紹介します。

 

つまり、コンテンツSEO対策が一定の成功を収めると、被リンクやサイテーション施策といったSEO外部対策に直結するケースもありえるということです。

 

関連記事:SEO外部対策とは

 

注意点:作業量が膨大になる

コンテンツSEO対策するとなると、コンテンツディレクターやSEOライターの作業量が膨大になるケースがあります。

 

これには、Google検索エンジンのヘルプフルコンテンツシステムが関与しています。同システムには、「サイト内に含まれる高品質ページの割合」をもとにサイトの評価をくだすという特徴があります。

 

 

有用ではないコンテンツ自体だけでなく、そうしたコンテンツを比較的多く含むと判断されたサイトにあるコンテンツも、ウェブ上の他のコンテンツを優先して表示すべきと判断されて、検索での掲載順位が下がります。そのため、有用ではないコンテンツを削除することで、他のコンテンツのランキングが改善する場合があります。

 

引用:Google 検索のヘルプフル コンテンツ システム | Google 検索セントラル | ドキュメント | Google for Developers

 

たとえば、WEBサイトに60記事のコンテンツが存在しているとします。このうち、1ページだけ高品質コンテンツであっても、検索順位で上位表示することが困難です。つまり、WEBサイト内のすべてのコンテンツ品質を底上げする必要があるということです。

 

関連記事:ヘルプフルコンテンツシステムとは

 

コンテンツ品質の評価方法について

コンテンツ品質の評価は、下記2つの切り口から決まります。

 

  • Google検索エンジンによる評価
  • 検索ユーザーによる評価

 

コンテンツSEOでは、いずれの評価者も重要視する必要があります。とくに、WEBサイトの運用者は、検索エンジンだけを重視したコンテンツ作りをしがちです。しかし、こうした偏った考え方は、コンテンツSEOの進め方として誤りですので注意してください。

 

Google検索エンジンによるコンテンツ品質の評価方法

Google検索エンジンは、検索アルゴリズムをもとにサイト評価を決めています。コンテンツ品質を見極めるうえで、検索アルゴリズムでは次のような要素をチェックします。

 

  • HTMLタグが適切か
  • キーワードに対する網羅性があるか
  • E-E-A-Tの評価基準を満たしているか
  • オリジナル要素が備わっているか

 

HTMLタグが適切か

検索アルゴリズムは、WEBページのHTMLタグが適切に組まれているかチェックします。記述や利用方法に誤りがあると、WEBページとしての欠陥につながりますので注意してください。

 

関連記事:HTMLとは

 

とくに、下記のタグはページ構成に関わる重要な要素として扱われます。

 

 

タグ名 解説
titleタグ ページタイトルのテキストを表示するタグのこと。一般的には、ページ内の情報を端的に説明する文言が用意される。
hタグ ページ内に設置する見出しのテキストを表示するタグのこと。テーマについて解説するうえで、情報を整理するために用いられる。見出しタグとも呼ばれる。

 

たとえば、情報記事ページであれば、「ページ内でなにを解説しているのか」をGoogleが判断するための材料として捉えられます。タイトルタグと見出しタグが噛み合っていないと、低品質コンテンツとして認識される可能性がありますので注意してください。

 

このほか、WEBページで頻繁に使われるHTMLタグや属性には、次のようなものがあります。

 

 

タグ名 解説
pタグ ページ内のテキストを示すタグのこと。この「p」は、パラグラフ(文章の段落)の意。
imgタグ ページ内の画像データを表示するタグのこと。通常、サーバーにアップロードした画像URLを指定する。
aタグ リンク先のURLを指定するタグのこと。内部リンクや外部リンクを設置する際に用いられる。
alt属性 imgタグの説明文を指定する属性のこと。imgタグで指定した画像データの説明文をテキストで入力する。
class属性 タグに反映するデザインを指定する属性のこと。CSSファイルとHTMLファイルを結びつけて利用する。

 

キーワードに対する網羅性があるか

検索アルゴリズムは、WEBサイトがキーワードに対する情報を網羅しているかチェックします。網羅性に関しては、下記画像のようにサイト全体で捉えられます。

 

キーワードに対する網羅性があるか

 

 

そのため、1ページにすべての情報を詰め込む必要はありません。上記図の例でいうと、「SEO」は大きなテーマのキーワードに該当します。その大きなテーマを1ページですべて完結するとなると、往々にして膨大すぎる文字数の記事に仕上がります。そのため、上記図のように、テーマを分解して、それぞれのページに役割を分散します。さらに、それぞれのページを内部リンクで結合することで、検索アルゴリズムは「1つの大きな情報のかたまり」と認識しやすくなります。

 

WEB構造(ディレクトリ構造)を設計するときは、このようにサイト全体を1つのコンテンツとして捉える考え方が大切です。

 

関連記事:SEOに強いディレクトリ構造の作り方について解説

 

E-E-A-Tの評価基準を満たしているか

検索アルゴリズムは、E-E-A-Tの指標に基づいてWEBサイトやページを評価します。

 

関連記事:E-E-A-Tとは

 

E-E-A-Tとは、信頼性や権威性の観点からWEBサイトを評価するための指標のことです。そして、下記の4要素の頭文字から構成されるSEO用語です。

 

 

E-E-A-Tの要素 解説
Experience(経験) 作者や監修者の経験に基づいてコンテンツが作られているか。
Expertise(専門性) 作者や監修者がテーマに対する専門知識を有しているか。
Authoritativeness(権威性) 作者や監修者がテーマに対して社会的な権威性を有しているか。

 

Trustworthiness(信頼性) 作者や監修者、またはWEBサイトに信頼性があるか。

 

E-E-A-Tを兼ね備えたWEBサイトやページは、高いSEO評価をえられます。ただし、こうした信頼性は、一朝一夕で獲得できるものではありません。長い時間をかけて、高い価値のコンテンツを生み出し続けて、徐々にE-E-A-Tの評価を高めていきます。

 

オリジナル要素が備わっているか

検索アルゴリズムは、コンテンツにオリジナル要素が備わっているかをチェックします。ここでいうオリジナル要素とは、自社サイトやページでのみ閲覧できる独自の情報のことで、一次情報を指します。

 

関連記事:一次情報とは

 

一次情報は、自社やコンテンツ作者が蓄積したデータや経験に基づく情報です。一次情報は、テーマに対する高い専門知識が不可欠です。そうした意味では、E-E-A-TのExpertise(専門性)とExperience(経験)を兼ね備えることで、はじめて生み出せる情報といえます。

 

検索ユーザーによるコンテンツ品質の評価方法

検索ユーザーは、検索意図を回収できたり、使いやすいページを高品質コンテンツと認識します。そのため、高品質コンテンツと判断されるためには、下記の2点が大きなポイントとなります。

 

  • 検索意図を満たせるか
  • わかりやすい説明か

 

検索意図を満たせるか

検索ユーザーは、検索意図を満たせるか否かでWEBページのコンテンツを評価します。仮に検索意図を満たせなかった場合、ブラウザバックして再検索して他の記事を探しにいってしまいます。

 

関連記事:検索意図とは

 

検索意図とは、検索ユーザーが検索エンジンを利用する目的のことです。厳密にいうと、検索意図は、ニーズとウォンツに分解されます。

 

 

用語 解説
ニーズ 検索ユーザーが持つ課題のこと。
ウォンツ 課題解決のための具体的な手段のこと。

 

WEBページの最大の役割は、検索意図を解消する点にあります。つまり、具体的な解決手段を提案してあげることで、検索ユーザーによろこばれるコンテンツに仕上がります。逆に、検索ユーザーの課題を解決できないコンテンツは存在意義を問われます。検索エンジンとしては、「検索結果に表示する必要がない」と判断されかねませんので注意してください。

 

わかりやすい説明か

検索ユーザーは、わかりやすい説明を好みます。逆に、検索ユーザーがわかりにくい記事であると判断すると、すぐにページを離脱するか、ブラウザバックして別記事を探しにいってしまいます。

 

わかりやすいページには、次のような特徴があります。

 

  • 文章が読みやすい
  • イメージ図や表を用いて直感的な理解を促している
  • ページ構成にストーリー性がある
  • 見出しに対して明確な答えを示している

 

たとえば、WEBページ内で検索ユーザーの課題に対する適切な回答を提示しているとします。ただし、検索ユーザーがWEBページの情報を理解できなければ意味がありません。「課題解決の手法をわかりやすく解説する」ことで、はじめて検索ユーザーは満足します。

 

SEOに強いライティングのやり方とコツ

コンテンツSEOの成果をだすためには、いくつかポイントがあります。具体的には、下記のような点を踏まえてライティング作業や編集作業を進めてください。

 

  • サイトテーマの専門知識を身につける
  • 自社サイトと競合サイトを分析して不足部分を洗い出す
  • 検索意図を考慮してページ内容を決める
  • オリジナル要素を組み込む
  • 見出しに対する明確な答えをテキストで表現する
  • 画像や表組みなどで視覚的に理解を促す
  • サイト内の関連記事に対する内部リンクを貼る
  • 情報が古くなった記事をリライトする
  • テクニカルSEOを実施して相乗効果をえる

 

また、以下の記事では、SEOライティングについて詳しく解説しています。本記事と合わせてチェックしてください。

 

関連記事:SEOライティングとは?執筆の手順や注意点などを詳しく解説

 

サイトテーマの専門知識を身につける

コンテンツSEOで成果を出す前提として、サイトで扱うテーマの専門知識が必要です。本来は、「特定のテーマに詳しくて、その知識が高じてサイトのコンテンツSEOに関わる仕事に就く」ことが理想です。ただし、現実的には、必ずしもそうなるとは限りません。

 

そこで、まずは、コンテンツディレクターやSEOライターとして担当するWEBサイトのテーマを学んでください。そのテーマに詳しくなることで、「自分だったらどのような記事を読みたいか」と検索ユーザー視点で作るべきコンテンツを判断できるようになります。

 

自社サイトと競合サイトを分析して不足部分を洗い出す

自社サイトに不足しているコンテンツを探して作成してください。手法としては、キーワード調査や競合調査、またはSNSでユーザーの声を聞くといったテクニックがあります。

 

 

手法 具体的な探し方
キーワード調査 キーワードプランナーなどのSEOツールにて、メインテーマに対するサジェストキーワードをチェックできます。
競合調査 ubersuggestなどのSEOツールにて、競合サイトが集客しているWEBページをチェックできます。
SNS調査 SNS上でキーワード検索すると、ユーザーの感情や課題をすくい上げることができます。

 

ツールURL:キーワードプランナー

 

ツールURL:ubersuggest

 

検索意図を考慮してページ内容を決める

検索ユーザーの検索意図を考慮して、書く内容を決めてください。もっとも効果的なやり方は、自身の経験に置き換えて考える手法です。

 

たとえば、「カップ麺 ちょい足し」をテーマに記事を書くことになりました。このとき、自身は「ふだんカップ麺を食べ飽きているから、アレンジに適切な追加食材を知りたい」という感情がありました。つまり、記事のなかで、アレンジにふさわしい追加食材を紹介すると検索ユーザーがよろこぶという仮説が立てられます。

 

関連記事:検索意図とは

 

オリジナル要素を組み込む

ページ内には、オリジナル要素を組み込んでください。このときのポイントは、自社や自身の経験を応用して記事を作る点にあります。

 

たとえば、東京SEOメーカー(本サイト)は、SEOサービスを展開しています。そして、これまでの業務のなかで、コンテンツSEOに対する成功事例を有しています。そのため、本ページには、「▼東京SEOメーカーの成功事例」という見出し項目を設けて、コンテンツSEOの事例紹介として、オリジナルコンテンツを埋め込んでいます。

 

関連記事:オリジナルコンテンツとは

 

見出しに対する明確な答えをテキストで表現する

ページ内の見出しに対して、明確な答えを書いてください。わかりやすくいうと、FAQ形式のアンサー部分を原稿として書くということです。

 

本項目では、「見出しに対する明確な答えをテキストで表現する」という見出しを設置しています。そして、これに対する回答として、「FAQ形式のアンサー部分を原稿として書く」という手法を提示しています。このときの考え方のコツとしては、見出しに仮の疑問符(?)をつけて、その答えとなるテキストを用意することです。たとえば、下記のようにイメージします。

 

 

Q:見出しに対する明確な答えの提示方法とは?

A:FAQ形式のアンサー部分を原稿として書く手法があります。

 

画像や表組みなどで視覚的に理解を促す

ページ内の解説文を視覚的に見せると、検索ユーザーが解説文を理解しやすくなります。具体的な手法としては、画像データやHTMLタグ、CSSのクラス属性を用います。

 

 

手法 効果
画像データの挿入 解説文をイラストやイメージ図で補完する。
HTMLタグの設定 テキストを読みやすく整理する。表組み、箇条書き、文字強調など。
CSSのクラス属性の設定 デザインを施して視覚的な楽しみを与える。表組み装飾、箇条書き装飾、文字装飾など。

 

たとえば、本項目にイメージ画像を挿入するならば、下記のようなイラストの配置が適切です。

 

画像や表組みなどで視覚的に理解を促す

 

サイト内の関連記事に対する内部リンクを貼る

サイト内にて、ページテーマに関連する記事に対して内部リンクを設置してください。すると、検索ユーザーがサイト内を回遊してアクセス効率が高まります。

 

検索ユーザーとしては、ページ内でわからないことがあると、下記2つのいずれかの行動をとります。

 

  • ブラウザバックして、わからなかった部分について再度検索する
  • わからないまま読み進める

 

しかし、このいずれのユーザー履歴もユーザーの不満を意味します。そこで、難しい用語を解説する別記事に対する内部リンクを設置することで、第3の選択肢を与えられます。

 

  • 内部リンクをクリックして、別記事を読みにいく

 

関連記事:内部リンクとは

 

情報が古くなった記事をリライトする

公開記事の情報が古くなったら、リライトして最新情報に書き換えてください。この作業を徹底することで、検索ユーザーに「このサイトでは、常に最新情報をえられる」という印象を与えます。

 

通常、記事ページを書いたのち、時間が経過するにつれて情報が古くなっていきます。そして、古い情報をそのままにしておくと、検索ユーザーに誤った情報を提供することになります。

 

関連記事:リライト方法と進め方

 

テクニカルSEOを実施して相乗効果をえる

コンテンツSEOだけでなく、テクニカルSEOも実施してください。

 

コンテンツSEOとテクニカルSEOの関係性は、わかりやすく自動車に置き換えると、次のようにたとえられます。

 

 

SEOの種類 自動車にたとえると
コンテンツSEO 車体の外観と内観 / 乗車時の乗り心地
テクニカルSEO エンジンの性能 / 運転時の操作性や快適性

 

このうち、テクニカルSEOを疎かにしていると、WEBページの安全性、ページ表示速度、ページの反応性などで欠陥が生じることがあります。いかに優れた情報を提供するページであっても、検索ユーザーは、こうした欠陥を持つWEBサイトの利用を避けようとします。つまり、コンテンツSEOとテクニカルSEOの両軸でサイトを改修することで、最大限の効果をえられるということです。

 

関連記事:テクニカルSEOとは

 

コンテンツSEOにおける誤った対策

コンテンツSEOの誤った対策として、次のような行為が散見されます。

 

  • 競合ページの模倣ページを作成する
  • キーワードを乱用する
  • 文字数やキーワード出現率を最優先にしてページを作成する

 

こうした行為は、SEO対策として、キーワード設定や網羅性が重要といわれていることが原因です。しかし、昨今では、ヘルプフルコンテンツシステムが注目を集めています。ヘルプフルコンテンツシステムとは、Google検索エンジンのアルゴリズムの1つのことなのですが、次のような特徴を持ちます。

 

  • ユーザーに有益でないコンテンツの評価を下げる
  • ユーザーに有益なコンテンツの評価を上げる

 

そのため、過剰なSEO対策を進めると、マイナス評価の要因にもなりえますので注意してください。

 

競合ページの模倣ページはNG

競合ページなど、自社サイト外のページのコピーコンテンツを作らないでください。このような行為を働きかける人物は、SEO対策として網羅性や網羅性が重要であることを把握しています。つまり、一定のSEO知識を有しているということです。

 

そして、テーマに対する情報を網羅することで、自社サイトの専門性を向上させようとしています。さらに、作業効率を高めるために、コピーすることが合理的と判断しています。ただし、コピーコンテンツ自体がSEO対策として不適切であることは知っています。そのため、次のような手法をとります。

 

  • データやページ構成をコピーして、語尾や表現だけ変更して記事を作る

 

現実的には、こうした記事に対して「あそこのサイトのコピーをしている」と感じる読者がいます。こうした評判が広がると、サイテーションの観点からSEO評価に悪影響を及ぼしますので注意してください。

 

キーワードの乱用は適切な考えではない

キーワードを過剰に使用しないでください。現実的には、「SEO対策ではキーワード設定が必須」という言葉が一人歩きして、キーワードが乱用されるケースが見受けられます。

 

たとえば、営業をテーマに仕事の進め方を解説する記事を書くことになったとします。さらに、SEOの観点から「効率」というキーワードで上位表示したいというサイト側の都合があるとします。そこで、「効率的な営業の仕事術」というタイトル名にしました。しかし、実際に完成した記事は、営業職の業務フローを一般論として述べているといったものです。さらに、営業活動の効率化については解説していません。つまり、タイトル名と記事内容でミスマッチが発生しています。

 

キーワードの乱用は適切な考えではない

 

このケースでは、不適切なタイトルで検索ユーザーの注目を集めようとしています。しかし、タイトルと記事内容が合致していないと判断したユーザーは、すぐにブラウザバックして再検索します。こうした履歴は、SEO面ではマイナス要素となりますので注意してください。

 

文字数やキーワード出現率は最優先事項ではない

文字数やキーワード出現率を最優先してWEBページを作成すべきではありません。ただし、文字数を設定することで、効果を発揮するケースもあります。問題なのは、文字数制限をページ作成のルールとして設定する点にあります。

 

文字数について

ここでいう文字数とは、ページ内のメインコンテンツにおけるテキストの総合文字数を指します。文字数に比例して、ページ内の情報量が変化することから、ページ作成時のルーリングとして取り入れられるケースが間々みられます。具体的には、「最低でも3000字」といった具合に、文字数が設定されます。

 

しかし、文字数は、解説するテーマや内容によって異なります。たとえば、「天気予報 東京 明日」と検索した人がいたとします。この検索意図は、「明日の天気予報を知ることで、傘が必要か判断したい」などが想定されます。実際に、天気情報サイトのウェザーニュースを見てみると、メインコンテンツの部分は400字程度の文字数となっています。

 

文字数について

引用:ウェザーニュース

 

このケースでは、むしろ、「3000字」の文字数は不要とわかります。つまり、検索意図に応じて、適切な文字数は変化するということです。

 

ただし、文字数を設定することが効果的なケースもあります。それは、検索上位の記事の文字数を参考にする場面です。検索で上位表示されているということは、評価されているページという裏付けでもあります。ですので、「このテーマに対しては、3000字程度」といった具合に、あくまで目安として参考にする分には問題ありません。

 

キーワード出現率について

キーワード出現率とは、ページ内に含まれるキーワードの割合のことです。そして、キーワード含有率を一定割合にキープすると、SEO効果をえられるといったものです。しかし、この考え方は、以前に流行していたSEO対策の1つです。その名残で注視され続けている傾向にあるというのが実情です。

 

キーワード出現率を意識するシーンとしては、コンテンツディレクターが品質チェックする際が挙げられます。極端な例ですが、ページ内でキーワードや関連キーワードがまったく使われていないのは問題です。そこで、最低限、使用すべきキーワードが組み込まれているかチェックします。ただし、「キーワードを○○個以上入れる」といった細かいルーリングは不要です。

 

コンテンツ品質の評価を見極める方法

WEBページの品質が高いと評価されるのか、それとも低いと評価されるのかを見極める方法があります。それは、Googleアナリティクス4(GA4)でアクセス解析する手法です。具体的には、平均エンゲージメント時間という指標を確認します。

 

平均エンゲージメント時間(旧:平均ページ滞在時間)の見方

平均エンゲージメント時間(旧:平均ページ滞在時間)とは、1ユーザーがWEBページを利用していた平均時間のことです。簡単に説明すると、この指標から「WEB記事が読まれている時間」や「利用されている時間」を割り出せます。

 

仮に、平均エンゲージメント時間=3分だったとします。このとき、ユーザーは記事はしっかりと読み込んでいると判断できます。逆に、平均エンゲージメント時間=10秒だったとき、記事が読まれていないと予測されます。後者では、大半のユーザーが即ブラウザバックしている可能性すらありえます。つまり、WEBサイトやページがなにかしらの課題を抱えているという仮説がなりたちます。

 

平均エンゲージメント時間は、次の手順で確認できます。

 

  1. Googleアナリティクス4にアクセスしてログインする
  2. 画面左のメニュー「レポート」をクリックする
  3. レポートメニュー「エンゲージメント」→「ページとスクリーン」をクリックする

 

平均エンゲージメント時間(旧:平均ページ滞在時間)の見方

 

手順どおりに作業を進めると、ページごとの平均エンゲージメント時間を閲覧できます。また、特定のWEBページの情報を調べたい場合は、下記画像からURLやページタイトルで検索絞り込みが可能です。

 

URLやページタイトルで検索絞り込み

 

関連記事:Googleアナリティクス4とは

 

コンテンツSEOにかかる費用

コンテンツSEOを進めるうえでは、費用が発生します。ただし、自社で作業するか、SEO会社に依頼するかによって、かかる費用は大きく異なります。

 

  • 自社で進めるときの費用
  • SEO会社に発注するときの費用

 

自社で進めるときの費用

コンテンツSEOを自社で進める場合は、コンテンツディレクターとSEOライターを配置することになります。そのため、人件費がかかります。具体的には、ざっくりとですが、下記のような人件費がかかります。

 

 

職種 人件費
コンテンツディレクター 【社   員】年収400万円〜(※経験者の相場)

 

SEOライター 【社   員】年収400万円〜(※経験者の相場)

【アルバイト】時給1004円〜(※国内における2023年以降の全国加重平均額)

【業務委託】 1文字=2円〜など(※経験者の相場)

 

さらに、これから人材を集める場合は、求人広告費がかかります。

 

SEO会社に発注するときの費用

コンテンツSEOを外部のSEO会社に依頼する場合は、記事作成のサービスを利用することになります。

 

 

サービス 費用
コンテンツSEO 【月  額】数千円〜50万円

【記事単価】数千円〜10万円

 

記事単価は、ジャンルや記事のボリュームによって異なります。ジャンルにおいては、高い専門性が求められるほど高額になります。東京SEOメーカー(本サイト)でも、SEOライティング記事作成代行サービスを提供していますが、記事内容に応じて、サービス料金が変化します。

 

 

サービス名 サービス内容
SEOライティング ヒアリング / ペルソナ設計キーワード調査 / 日本語、英語、タイ語の記事作成

※1記事5000文字以上から発注可能

 

東京SEOメーカーの成功事例

東京SEOメーカー(本サイト)がこれまでに手がけた、コンテンツSEOの紹介事例をご紹介します。

 

 

事例1:クラウンワールドワイド社

事例2:生出社

 

事例1:クラウンワールドワイド社

事例1:クラウンワールドワイド社

引用:東京事務所 | 文書管理や機密文書の保管や廃棄なら Crown Records Management Japan

 

クラウンワールドワイド社は、会社情報の管理サポートを事業とする企業です。具体的には、クライアント企業の文書保管や管理、情報管理コンサルティング、機密文書の破棄といったサービスを提供しています。同社は、世界中にオフィスを構えるクラウンワールドワイドグループの日本支社として活動しています。

 

当時の同社では、集客にあたり、これまでリスティング広告を利用していたものの、大きな効果がみられなかったといいます。そこで、WEBサイトを用いて、集客することを検討したとのことです。同社がSEO対策を視野に入れた狙いをまとめると次のとおりです。

 

  • 自社サイトのセッション数を増やす
  • 自社サイトに対するアクセスをコンバージョン(顧客化)につなげる

 

そこで、東京SEOメーカーでは、2023年上半期から次のような施策を進めました。

 

  • コンバージョンにつながるキーワード抽出
  • クライアントサイトのキーワード最適化
  • 新規記事の作成と内部リンクの設置
  • 専門サイトによる被リンクの獲得

 

その結果、施策前では圏外だったキーワード「機密 文書」(検索ボリューム=2900回/月)の検索結果にて、2023年4〜5月ごろに1位を獲得しました。また、2024年2月現在でも6位と、トップ10をキープし続けています。

 

seo

 

さらに、関連キーワード「機密 書類」でも、施策前で圏外でしたが、2023年7月には3位にまで上昇しました。

 

機密書類

 

参考記事:コンテンツSEOで、月間検索件数2900回のキーワード1位獲得、他上位獲得事例|クラウンワールドワイド株式会社様

 

事例2:生出(おいづる)社

事例2:生出(おいづる)社

引用:梱包材や緩衝材を使った包装なら株式会社生出

 

生出(おいづる)社は、緩衝梱包材の設計や加工、販売を事業としています。2024年現在では、国内に本社を含む5つの拠点を持ち、海外(タイ)拠点も構えています。

 

同社の課題は次のようなものでした。

 

  • 自社でSEO対策していたが、検索順位とアクセスが大きく下落した
  • サイトを改善して、売上増の流れを維持したい

 

そこで、東京SEOメーカーは、次のような施策を展開しました。

 

  • キーワード洗い出し
  • キーワードの網羅
  • ロングテールSEO
  • 既存ページの修正(titleタグなど)
  • (包材業界の)専門用語集ページの強化
  • リンクビルディング
  • コンバージョン対策

 

そして、施策開始から1〜2年ほどで、ビッグワード「包装」、「包装材」、「梱包材」で検索結果の上位10位入りを実現しました。とくに、「包装」(検索ボリューム=8100回/月)に関しては、2024年2月現在でも1位をキープしています。

 

2020年SEO実績

 

2019年では、オーガニックトラフィックが265回でした。そして、2022年11月には59倍にあたる15789回にまで伸びました。

 

セッション数の推移

 

参考記事:2年でオーガニック検索のトラフィック数59倍に伸びた事例|株式会社生出様

 

コンテンツSEOのよくある質問

本項目では、コンテンツSEOに関するよくある質問をまとめています。
 

Q:なぜコンテンツSEOが注目されているのか?

Answer)Google検索エンジンのアルゴリズムがコンテンツ品質を重視しているためです。

 

最近の事例でいうと、2022〜2023年にヘルプフルコンテンツアップデートが実施されました。これは、簡単に説明すると、「役に立たないコンテンツの評価を下げる」といったものです。このマイナス評価は、サイト全域に影響を及ぼします。そのため、サイト内のコンテンツ品質を高めるコンテンツSEOが注目を浴びています。

 

Q:ヘルプフルコンテンツシステムとは?

Answer)ヘルプフルコンテンツシステムとは、Google検索エンジンのアルゴリズムの1つです。同システムの導入により、検索ユーザーにとって役立つコンテンツの評価を高めて、そうでないコンテンツの評価は下がりました。

 

関連記事:ヘルプフルコンテンツシステムとは

 

Q:コンテンツSEOとコンテンツマーケティングの違いとは?

Answer)コンテンツSEOとは、コンテンツマーケティングの一種という位置付けです。

 

コンテンツマーケティングとは、見込み顧客に情報(コンテンツ)を提供して、顧客化することを目的とする一連の施策を指します。その手法は、SNS上のコミュニケーション活動、広告活動、メールマガジン送付とさまざまあります。一方、コンテンツSEOとは、あくまでも、検索エンジンから見込み顧客を集客する手法を指します。

 

Q:コンテンツSEOとテクニカルSEOの違いとは?

Answer)コンテンツSEOとテクニカルSEOは、対になるSEO対策の手法です。

 

前者は、情報の質やテキストの質を高めて、検索ユーザーが満足するコンテンツを追求することです。一方、後者は、サイトの内部を改良して、ページの操作性や反応性を高めたり、サイト全体の使いやすさを追求する施策です。

 

Q:コンテンツSEOとテキストの文字数は関係ありますか?

Answer)文字数とSEOに因果関係はありません。ただし、極端に文字数が少ないと、説明不足のページが、文字数が多すぎると無意味な説明が多いページといった低品質コンテンツができあがりがちです。

 

「ページテーマを説明するために必要な要素」を洗い出して、原稿を書いてください。そうすることで、低品質コンテンツを避けることができます。

 

Q:コンテンツSEOとキーワード含有率は関係ありますか?

Answer)ほぼ無関係です。かつては、ページ内にキーワードが含まれる適性割合があると一部では考えられていました。

 

ただし、キーワードや関連キーワードがまったくない状態は、コンテンツSEOの観点から不適切です。しかし、現実的には、キーワードに関する記事を書いていれば、自ずとキーワードや関連用語を用いることになります。そのため、常識的な記事の作成方法を採用していれば、この点も気にする必要性が薄いといえます。

 

まとめ

SEOコンサルタントコンテンツSEOは、SEO対策をするうえで欠かせない施策です。しかし、すぐに効果が出るわけではなく、効果を保証するものでもありません。とはいえ、コンテンツSEOを習得できれば、自社サイトの運用効果が大きく高まることが見込まれます。まずは、「質の高いコンテンツとはどのようなものか」を理解してください。そのうえで、自社サイト内に良質なコンテンツを増やしていって、サイト評価を高めていってください。

 

 

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、11期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで2000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

WEBマーケティング

SEO対策