格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。2020年最新SEOアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

HTTPステータスコード

サイト内のファイルやページを表示するプログラムの動作に問題が出てクロールエラーが発生することがあります。ウェブサーバーではブラウザやクローラからのリクエストに対してレスポンスとしてデータを返す形で通信を行います。このときのエラーの数字をHTTPステータスコードと呼びます。Search Consoleではレスポンスコードと表示されます。HTTPステータスコードのエラーコードには、401,403,404,500,503等があります。

アクセス成功を表すHTTPステータスコードは200が送られます。

コード 内容 意味
401 Unauthorized(未認証) 認証が必要なURLで認証ができなかったことを示します
403 Forbidden(禁止) アクセス禁止を示す。アクセス権がない場合など。
404 Not Found(未検出) リクエストしたURLが無い場合を示す。
500 Internal Server Error(サーバーの内部エラー) サーバー内部にてエラーが発生したことを示す。
503 Service Unavailable(サービス利用不可) メンテナンスなどでサービスが一時的に使用不可能であることを示す。

格安SEO対策の東京SEOメーカー

404エラーについて

404エラーが出た場合には3つの原因が考えられます。

  1. 正しいURLにアクセスしたがページが存在しない
  2. URLが間違っており存在しないページにアクセスしようとしてしまった
  3. 意図的に削除されたページ

まず、エラーになったURLが正しい、本来あるべきページなのか間違ったURLでないかチェックしましょう。正しいURLのページが存在していなければファイルを正しく配置するなどしてページ修正すれば大丈夫です。

URLが間違っていたら、URLの記述ミスかページが移転したのに古いURLを指定していたのかリダイレクトのミスがあったのか原因を追究しましょう。意図的にページを削除した場合は404エラーが発生するのが自然なので問題ないです。

500エラーについて

500エラーは、アクセスしようとしたURLにあるページを表示するために必要なプログラムが何らかの原因で動作に失敗したために起こるプログラムのエラーかプログラムを動かすサーバー自体に問題がある可能性があります。

ブラウザでURLにアクセスし数回アクセスしてもエラー表示になる場合はサーバーやプログラムに不具合がある事が考えられます。サーバーアクセスが集中し、一時的な負荷でプログラムが動かなくなるケースもあります。特定の条件下で発生するプログラムのバグの時もあります。これらの不具合にはエンジニアの対応となります。エンジニアと情報を共有し原因究明していく事が必要です。

  • エラーが無くきちんとクロールされているどうか確認する
  • エラーはすぐに対応する
  • エンジニアが必要なエラーかどうか判別する

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

SEO対策のお申込みボタン