ライティングの種類とライティングで知っておきたいコツ9つを紹介

ライティングの種類と知っておきたい9個のコツ

ライティングにはさまざまな種類があり、それぞれスキルとして身につけることで自分のビジネスや、副業としても役に立つことがあります。

 

SEOナビゲーターそこで本記事を通して、主なライティングの種類やライティングスキルが役立つ理由、ライティングをする上で知っておきたいコツについてみていきましょう。

 

主なライティングの種類

ライティングとは主に記事やコンテンツの文章を書くことを指しますが、それぞれ異なる性質を持っていることが特徴です。

そこで、ライティングにはどんな種類があるのか詳しくみていきましょう。

 

  • SEOライティング
  • セールスライティング
  • コピーライティング

 

SEOライティング

 

SEOライティングとは、Google等の検索エンジンにおいて自社ページを上位表示させることを意識して記事作成を行うことを指します。

 

上位表示させるためにはGoogleから「ユーザーが欲しい情報を満たしている」と判断されるコンテンツを作成することが必要です。

 

よって、SEOライティングを行う際にはユーザーが検索するキーワードに対して、ユーザーが求める情報を過不足なく提供するようにしましょう。

 

関連記事: 「SEOとは」をわかりやすくまとめました【2021年完全版】

セールスライティング

 

セールスライティングとは、自社の商品やサービスを見た消費者が「買いたい、使いたい」と思えるような文章を書くことを指します。

 

最近ではネットショッピング等のオンラインサービスが増えてきたため、ネット上の文章によって消費者に購買行動を促すセールスライティングの重要性が増しつつあり、売上向上に直結する文章を書きたい場合にはセールスライティングのスキルが不可欠です。

 

コピーライティング

 

コピーライティングとは、広告文を書くことやその技術を指します。一般的に「キャッチコピー」と呼ばれているものもコピーライティングの1つです。

 

また、コピーライティングの「コピー」とは「広告文」の意味であり、テレビCMやネット上のバナー広告、雑誌広告、メルマガ等に用いられるテキスト全般が含まれます。

テキストを用いて消費者の興味を惹き、自社商品のコンセプトや魅力を伝えられることがコピーライティングの特徴です。

 

ライティングにおいて意識するべき文章の型

 

次に、ライティングを行う上で意識するべき文章の型を紹介します。書きたい文章によって意識するべき文章の型も変化するため、それぞれの特徴を把握しておきましょう。

 

  • PREP法
  • PASONAの法則
  • SDS法
  • CREMAの法則

 

PREP法

 

PREP法とは、「結論(Point)・理由(Reason)・具体例(Example)・結論(Point)」の順番で記述する文章の型を指します。

 

PREP法では最初に結論を述べるため、言いたいことを素早く伝えることができます。

 

最初に結論を伝えることができれば、書き手の意図を理解してもらった上で文章を読んでもらうことができます。自分の結論を伝え、説得力のある文章を書きたい場合には必須の文章術です。

 

PASONAの法則

 

PASONAとは「Problem(問題)・Agitation(煽り・共感)・Solution(解決策)・Narrowing Down(絞込)・Action(行動)」の略称であり、消費者の購買行動に関するマーケティングの法則です。

 

問題や解決策を消費者に提示しながら行動を促すことができるため、自社商品の紹介文や、メルマガ等におけるライティングに用いることで、特に有効な文章術と考えられています。

 

SDS法

 

SDS法とは、「Summary(要点)・Details(詳細)・Summary(要点)」の順番で記述する文章の型です。

 

要点を最初に伝える部分はPREP法に似ているものの、SDS法はよりシンプルに読み手に対して全体像を伝えることができます。

 

また、要点と詳細に絞って伝えることで読み手は頭の中で情報を整理しやすくなるため、記憶に残りやすくなるということも大きな特徴です。

 

CREMAの法則

 

CREMAとは「結論(Conclusion)、理由(Reason)、証拠(Evidence)、手段(Method)、行動(Action)」の略称を指します。CREMAの法則を活用することで、消費者の行動を促す文章を書くことが可能です。

 

PASONAの法則と同様にメルマガ等に活用できる上に、より端的な文章を書くことができるため、最後まで文章を読ませたい時に有効な文章術です。

 

ライティングスキルが役立つ理由

 

ライティングにおける文章の型を紹介してきましたが、本当にライティングスキルが役立つのか気になる人もいるかもしれません。

 

ここでは、ライティングスキルが役立つ理由について解説していきます。

 

Web集客に活かせる

 

ライティングスキルを身につけることで、ホームページ等を通じて集客を行うことが可能です。

 

これは、企業のホームページだけでなく、自分で事業を始めた際にも同様に活かすことができます。大企業を除いて、多くの新しい商品やサービスはリリース当初に存在を認識してもらえず、売上に繋がるまで時間がかかります。

 

しかし、ライティングスキルを活かした情報発信等を行うことで商材を認知してもらい、購買を促すことが可能です。

 

関連記事: SEOあるある「量より質のコンテンツSEO」

 

訴求力の高い文章が書ける

 

訴求力が高い文章を書くこともライティングスキルの1つです。最近ではECショップやアフィリエイトといった、ネット上で自社の商品を販売する手法が盛んであり、今まで以上にセールスライティングの重要性が高まっています。特に、ネット上では直接アプローチする手段が文章や画像等の手段に限られています。

 

よって、ネット上のビジネスで売上を挙げる上で不可欠な訴求力の高い文章を書くためには、ライティングスキルが重要です。

 

副業にできる

 

ライティングスキルを身につけることで、副業にも役立てることが可能です。ライティングスキルがあれば、他社のホームページのコラム記事を執筆したり、商品を紹介してアフィリエイト報酬を得ることもできます。

 

また、副業として仕事を受注するためにも自分自身のスキルをアピールする必要があり、ライティングスキルを活かして分かりやすい提案文を送ることもできるようになります。

 

ライティングをする上で知っておきたいコツ9選

 

最後に、ライティングをする上で知っておきたいコツを9つ紹介します。

知っているだけで自分の文章の質を高めることができるコツも含まれているので、今日から文章を書く際には実践してみてください。

 

いきなり書き始めない

 

ライティングをする場合、いきなり文章を書き始めることはおすすめしません。

 

基本的にライティングをする際には、見出しを作成するとともに文章全体の構成を決めてから書き始めるようにしましょう。もし、文章の構成を決めずに書き始めてしまうと、文章ごとのつながりが薄れてしまい、書いている内容がズレる可能性が生じてしまいます。

 

見出しを設定してから書くことで、全体の流れを不自然に感じさせない文章を書くことが可能です。

 

見出しと内容を一致させる

 

設定した見出しと、その内容は必ず一致させましょう。特に見出しの中身の文章量が多い場合、自分が気付かないうちに途中でテーマが変わってしまうことがあるため注意する必要があります。

 

基本的に読み手は見出しを見て内容を想像してから文章に目を通すため、見出しと内容の不一致から混乱を招くようなことはあってはいけません。各見出しの執筆をする際には、その見出しで伝えたいことをしっかり打ち出すようにしましょう。

 

また、文章を書き終えた後に自分の文章を見返すことで、見出しと内容が一致しているか再確認することも有効な手段です。

 

関連記事: 誰でも反響を得られるコンテンツの作り方8ステップを解説

 

結論から書く

 

基本的に、すべての文章は結論から書くと心がけておくことが大切です。

 

これは前述したPREP法と同様の効果を発揮し、見出しにおいて伝えたいことを端的に読み手に理解させることができます。

また、自分自身がネット上の記事を読む場合、流し読みすることがほとんどかと思います。

流し読みされたとしても言いたいことを理解してもらうために、冒頭に結論を書くことで興味を惹き、読者の離脱を防ぐようにしましょう。

 

同じ文末表現を連続させない

 

同じ文末表現は文章全体のリズムを悪くします。

例えば、このような文章は単調な印象を与えてしまう可能性が高いです。「明日は友達に会います。2人で買い物に行きます。だから、明日は早起きします。」

しかし、同じ文章でも下記のように文末を変えるだけで印象も変えることができます。

「明日は友達に会います。2人で買い物に行く予定です。だから、明日は早起きしなくてはなりません。」

文末表現を少し変えるだけでも単調な印象を与えにくくなるため、文章レベルを下げないために意識しておきたい点の1つです。

 

かなと漢字のバランスに注意する

 

かなと漢字はそれぞれ多すぎても少なすぎても、読み手に負担を与える文章になってしまいます。

ユーザーが読みやすい文章を書きたければ、「漢字3割:かな7割」のバランスを意識することが大切です。漢字の割合が3割以下だと締まりのない印象を与え、4割程度になると硬い文章だと感じさせる傾向があります。

しかし、実際に文章を書く際にそれぞれの文字数を数えるほど敏感になる必要はありません。文章の中で、ひらがなでも不自然ではない漢字をひらがなにしたり、難読漢字の使用を控えるだけでも自然とバランスの整った文章を書くことができます。

 

1つの文章を長くしすぎない

 

1つの文章が長くなってしまうと、読み手にストレスを与えてしまうため注意が必要です。基本的に、1つの文章には伝えたいことを1つだけ書く「一文一義」を頭に入れておきましょう。

特に、「〜から」「〜ですが」といった接続詞を使うと一文が長くなりやすくなるため、使用は最低限に留めておく必要があります。

また、自分の文章を読み返して1文が長いと感じた際には、思い切って2文に分けてしまうことも効果的です。文章の意味が変わってしまわないように気をつけつつ、読み手が見やすいと感じる長さを考えて調整しましょう。

 

体言止めを使いすぎない

 

文章を名詞で締める「体言止め」は多用しすぎないことがポイントです。体言止めを多用すると冷たい印象を与える文章となってしまい、読み手の共感や文章に対する興味を半減させてしまうことがあります。

文章を掲載する媒体によっては体言止めをまったく使わない方が適しているケースもあるため、状況に応じて体言止めを使用するかどうか判断していくことをおすすめします。

 

指示語の使用を控える

 

「これ」「あの」「それ」といった指示語の使用はなるべく控えましょう。

指示語を使用すると読み手が脳内で単語を補完する必要があり、読み手に分かりづらい印象を与えてしまいます。

特に、指示語の指す単語が離れていればいるほど文章をさかのぼる必要が出てしまい、文章を読む体力を奪ってしまうことになります。読み手の文章を読む体力が無くなれば、途中で離脱することは避けられず、最後まで文章を読んでもらうことは難しいです。

文章を書く際には指示語の数を極力減らし、文章を読みながらスムーズに理解できる単語選びを心がけましょう。

 

読みやすさを考えて段落を分ける

 

段落は、ユーザーの読み手を意識して分けることが重要です。段落を分けることで文章の意味を理解しやすくなり、読み手がストレスを感じずに読み進めることができる文章を作れます。

また、段落間に空白を作ることで視覚的に文章量を少なく感じさせることができるため、読むハードルを下げる効果も期待できます。

段落を分ける際には、読み手が負担を限りなく減らすことを意識して調整するようにしましょう。

関連記事: 有用性の低いコンテンツを今すぐ改善するための10項目を完全解説

 

 

SEOナビゲーターライティングは文章を書くこと全般を指しているものの、文章に期待する効果によって発揮するべき文章術は異なってきます。つまり、状況に応じて必要な文章術を見極めることで質の高い文章を書くことができると言えます。文章を掲載する媒体や、目的に応じて必要なライティングスキルを身につけ、積極的に活用していきましょう。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る