有用性の低いコンテンツを今すぐ改善するための10項目を完全解説

有用性の低いコンテンツを改善するための10項目

検索エンジンから「有用性の低いコンテンツ」と判断されたものの、原因や対処法が分からずに困っている人も多いのではないでしょうか。大抵の場合は明確な理由を知ることができないため、自分自身で判断する必要があります。

 

SEOナビゲーター本記事では、有用性の低いコンテンツと判断されてしまうWebサイトの特徴から、具体的な10項目の改善ポイントについて解説していきます。

 

有用性の低いコンテンツとは

 

有用性とは、役に立つかどうかを意味する言葉です。つまり検索エンジンにおける有用性の低いコンテンツとは、Googleからユーザーの役に立つとは思えないコンテンツであると判断されていることになります。

ここでは、有用性の低いコンテンツにおける特徴について詳しく解説していきます。

 

Googleアドセンスの審査に落ちる「有効性の低いコンテンツ」

 

Googleのアドセンス広告の審査に落ちる理由として「有用性の低いコンテンツ」である場合は多いです。

 

そもそもGoogleアドセンス広告とは、自分のWebサイトで広告を表示させることができる仕組みになります。広告を表示させるにはGoogleアドセンスの審査に受かる必要があり、アドセンスの資格条件では以下の3つが求められています。

 

  • ユーザーにとって興味を引くコンテンツであるか
  • アドセンスのポリシーに沿った内容のコンテンツであるか
  • 18歳以上であるか

中でも1番重要視されているのが「ユーザーにとって興味を引くコンテンツであるか」となり、有用性が高いかどうかの判断基準です。

 

審査に落ちたとしても具体的な理由は明かされないため、有用性が低いと判断された要因を考え改善を重ねていくことが対策方法になります。

 

 

有用性の低いコンテンツの特徴

 

有用性の低いコンテンツと判断された場合、ユーザーにとって役立つ要素が少ないと考えましょう。

 

自分の中では専門性や質の高い情報を記載したつもりでも、検索エンジン上ではより役立つWebサイトがある場合がほとんどです。そのため、主観的ではなく客観的に自分のWebサイトを見ることが重要になります。

 

有用性の低いコンテンツの具体的な特徴は以下のとおりです。

  • 記事がそもそもインデックスされていない
  • 対策キーワードと記事内容がズレている
  • 操作が分かりづらいサイト設計である
  • 記事の内容が判断できないタイトルや見出しである
  • 競合サイトと似た内容の記事・競合サイトよりも質が劣っている記事内容
  • Webサイト内にリンクが1つもない
  • 文章のみで記事が書かれており見づらい
  • Webサイトの運営者情報が一切ない

有用性の低いコンテンツを脱却するには、ユーザーの立場で本当に役立つ内容なのか、価値のあるWebサイトかを判断することが大切です。

 

 

有用性の低いコンテンツの原因を確認する方法 

 

有用性の低いコンテンツは具体的な理由が明記されないため、自分自身で原因を発見しなければいけません。原因を探すには地道な作業が必要ですが、有用性が低い要因は必ずあるため諦めずに追求していきましょう。

ここでは、有用性の低いコンテンツの原因を確認するための、おすすめの方法を詳しく解説していきます。

 

Googleのポリシーと規約を確認する

 

有用性が低いコンテンツと判断された場合には、改めてGoogleアドセンス広告におけるプログラムポリシーを確認しましょう。可能性として、何かしら違反となる要素を含んでいる場合も考えられます。

 

プログラムポリシーで禁止されている行為は以下の項目です。

  • Googleのコンテンツポリシーに違反している場合
  • 不正なコンテンツと判断される内容の場合
  • Webサイトの操作に異常がある場合
  • 故意に広告のクリックを促すような表示
  • 過度な量の広告を表示している場合

また、プログラムポリシーとあわせて確認すべきなのがGoogleの利用規約です。根本的な部分ではありますが、Googleが禁止している内容のコンテンツでないことも一度確認することをおすすめします。

 

Google Search Consoleを確認する

 

有用性の低いコンテンツの具体的な理由を表示させることはできませんが、Google Search Consoleを活用し原因を発見できることはあります。

Google Search ConsoleはWebサイトと連動することで、検索流入やWebサイトの問題点などを確認できる無料のツールです。

確認すべき項目は以下のとおりです。

  • カバレッジのエラー
  • モバイルユーザービリティ
  • パンくずリスト
  • ページエクスペリエンス
  • ウェブに関する主な指標

なにかしらの問題が発生している場合、エラーとして対象のURLと原因が表示されるため、内容を確認し改善しましょう。

Google Search Consoleのエラーが必ずしも有用性の低いコンテンツに関係あるとは限りません。しかし、Webサイト上の問題が原因の可能性は十分あるため、早めの対象をおすすめします。

 

 

有用性の低いコンテンツの改善ポイント10選 

 

有用性の低いコンテンツの特徴として挙げた項目が原因となっている場合がほとんです。そのため1つ1つを丁寧に確認し対処することが、アドセンスの審査に合格する近道だといえます。

ここでは、有用性の低いコンテンツの10個の改善ポイントを、具体的な対処法を踏まえて詳しく解説していきます。

 

  1. 記事がインデックスされているか
  2. 検索ユーザーに求められる記事内容であるか
  3. 競合サイトと内容が重複していないか
  4. 分かりやすいタイトルや見出しであるか
  5. 画像や図を使って構成された記事であるか
  6. リンクを適度に使用した記事であるか
  7. 操作性が良いWebサイトであるか
  8. 表示速度が遅すぎないか
  9. サイト運営者情報が記載されているか
  10. 適度に更新しているWebサイトであるか

 

記事がインデックスされているか

 

Webサイトの記事が検索エンジンにインデックスされているかは必ず確認しましょう。

 

そもそも、何もインデックスされていなければ検索エンジンから審査を受ける対象がないため、審査に受かる受からない以前の問題となります。特にWebサイトの立ち上げたばかりのときは、インデックスされるまでに時間がかかるため注意しましょう。

 

インデックスを確認するには、Google Search Consoleの「カバレッジ」から確認できます。有効の数字に正しい記事数が反映されていれば問題ありません。

 

インデックス登録されていない場合には、Webサイトのサイトマップを送信するか、「URL検査」から1ページずつインデックス申請することで対処できます。

 

検索ユーザーに求められる記事内容であるか

 

有用性の高さで意識すべき点が、検索ユーザーが求めている内容の記事であるかどうかです。具体的には、自分が対策している検索キーワードにおいて、適切な内容のコンテンツが用意されているかが重要になります。

 

例えば「Webライター」という検索キーワードに対して、記事内容がWebデザイナーについて書かれていれば有用性は低いコンテンツであると判断されます。

 

もし自分の記事に対する対策キーワードが不明な場合は、Google Search Consoleの「検索パフォーマンス」→「クエリ」から確認しましょう。

 

検索クエリでは記事が表示される際の検索キーワードが表示されるため、自分のWebサイトで対策すべきキーワードを判断できます。

 

競合サイトと内容が重複していないか

 

有用性の低いコンテンツと判断される要因として最も多いのが、他のWebサイトと記事内容が重複している場合です。既に書かれている内容であれば、検索エンジンからはオリジナル性が欠けていると判断されてしまいます。

 

また、著しくコンテンツ内容が似ている場合はコピーコンテンツと判断されてしまう可能性もあるため注意しましょう。

 

中には知らぬ間に似た内容になっている場合もあるため、記事の公開前には検索キーワードで表示されるWebサイトを確認することをおすすめします。コピーコンテンツの判定も無料ツールで行えるため、ぜひ参考にご活用ください。

 

分かりやすいタイトルや見出しであるか

 

タイトルや見出しには検索キーワードを含め、記事内容の概要が伝わる工夫を行いましょう。具体的には、タイトルを見て記事全体の内容が分かる状態、見出しを見てそのパートの内容が分かる状態が理想です。

 

実際、検索ユーザーが記事全体を細かく閲覧することは稀であるといえます。ほとんどの検索ユーザーは求めている情報を早く知りたいと考えているため、必要となる部分のみを閲覧することが多いです。

 

そのため、ユーザーにストレスを与えることなく閲覧をしてもらうためにも、タイトルや見出しの分かりやすさは大切な要素となります。

 

画像や図を使って構成された記事であるか

 

適度に画像や図を用いられている記事やWebサイトは、有用性が高いコンテンツであるといえます。そのため、記事レイアウト面も最低限の配慮を行うことが大切です。

 

実際、Webサイトを立ち上げたばかりの方にありがちなことが、文章のみで構成された記事です。中には文章のみでも検索上位に表示されるWebサイトもありますが、基本的にはかなり厳しいと考えましょう。

 

仮に自分がWebサイトを閲覧する場合で考えても、黒文字一色で書かれた記事より、画像を多く使われている記事のほうが理解しやすいと感じるのではないでしょうか。

 

図や箇条書きも、メリハリを持たせ見やすさを向上させることにつながるため、積極的に活用することをおすすめします。

 

リンクを適度に使用した記事であるか

 

Webサイトの評価では、リンクの使用も影響を与える要素になります。ただ、適当にリンクを貼ればいいわけではないため誤って考えないようにしましょう。

 

有用性を求めるコンテンツであれば、適度なリンクが重要です。例えば外部のサイトを紹介しているならばURLをリンク付けすることや、Webサイト内で関連性のある記事の場合には、内部リンクを貼ることが効果的な手法となります。

 

ユーザーが再度検索し直すことがないような構成を意識できれば、自然と適度なリンクの設置につながります。

 

操作性が良いWebサイトであるか

 

Googleアドセンスのプログラムポリシーでも記載がある項目ですが、Webサイトの操作性は大切な要素です。仮に操作性のないWebサイトであればユーザーにとって扱いづらく、利便性が損なわれたコンテンツと判断されます。

 

操作性で確認すべき項目は以下です。

 

  • 目次の有無
  • トップページの見やすさ
  • カテゴリー設定
  • Webサイト内の検索窓の設定

誰がWebサイトに訪れても、求めている情報を簡単に見つけることができる構造やレイアウトを意識しましょう。Webサイト内の記事を複数見てもらうためにも、操作性は大切な要素になります。

 

 

表示速度が遅すぎないか

 

Webサイトの表示速度が遅い場合には、有用性の低いコンテンツと判断される原因となるため早急に改善しましょう。

 

自分のWebサイトにおいて表示速度が改善すべきかについては、Google Search Consoleの「ウェブに関する指標」から確認できます。ページの読み込み速度を示す指標としてLCP(Largest Contentful Paint)があり、LCPに問題が発生している場合はエラーとして表示されます。

 

表示速度はユーザーの離脱率の改善にもつながるため、早めに対処しWebサイトの有用性を高めることが大切です。

 

サイト運営者情報が記載されているか

 

検索エンジンはWebサイトの権威性も確認しているため、運営者情報は忘れずに記載しましょう。運営者情報を記載する際は、プロフィールとして1ページ分を用意すれば問題ありません。

 

また、運営者情報の他にも最低限用意すべきページを紹介します。

  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせフォーム
  • サイトマップ

Googleアドセンスの審査では必ず確認されるページとなるため、プロフィールページと一緒に用意しましょう。

 

適度に更新しているWebサイトであるか

 

Webサイト運営では、最低でも月に一回以上は更新することを意識しましょう。Googleアドセンスの審査や検索エンジンの評価基準では、Webサイトの更新頻度は確認される項目であるといえます。

ドメインを取得してからの期間やWebサイト運用期間も重要ではありますが、数年間更新がなく放置されているようなWebサイトは評価が下がるのも時間の問題です。

Webサイトを立ち上げたばかりの場合は、より更新頻度が問われる部分でもあるため、1週間や数日に1回以上など定期的な更新をアピールすることが効果的となります。

 

 

SEOナビゲーター有用性の低いコンテンツと判断された場合、まずはGoogleのポリシーやGoogle Search Consoleから原因として考えられる要素を確認しましょう。もしエラーとなる項目があれば、早急に対処することで改善に期待ができます。また、改善ポイント10選も同様に確認することをおすすめします。項目ごとにWebサイトと照らしながらチェックしなければいけませんが、質の高いコンテンツにつながる要素も多いため、丁寧に対処していきましょう。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る