WordPressプラグインAll in One SEOでできること

All in one seoでできることワードプレスでホームページを運営する際に、非常に重要なのがSEO(Search Engine Optimization)対策です。SEO対策を適切に実施しなければ、WEBサイトが検索上位に表示されず、検索流入の減少につながるからです。しかし、SEOには明確な正解がなく、短期間で全容を捉えることはむずかしいという一面があります。

 

SEOコンサルタントそこで役に立つのが、All in One SEO(旧名:All in One SEO Pack)というプラグインです。SEOに効果的な機能が多数用意されており、難解な操作を必要としません。初心者の方でも、簡単にSEO対策ができます。詳しく解説していきます。

 

All in  One SEOでできること

 

All in One SEOは無料版と有料版がありますが、無料版でも十分SEO対策が可能です。無料版All in ONE SEOでできることは以下の6つです。

 

  • Google Analyticsとの連携
  • Google Search Consoleとの連携
  • XMLサイトマップの生成・送信
  • メタタグの設定
  • noindexの設定
  • SNSの設定

 

Google Analyticsとの連携

 

Google Analytics(グーグル アナリティクス)は、自分のホームページにアクセスしたユーザーを解析できるツールです。こちらの機能を利用するには、ワードプレスとアナリティクスアカウントを連携する必要があります。

 

テーマに直接トラッキングIDを埋め込む、プラグインを利用するといった連携方法がありますが、簡単で初心者にもわかりやすいのは、All in One SEOを利用する方法です。

 

アナリティクスで解析できる要素は、下記のようなものが挙げられます。

 

  • いつ
  • 誰に
  • どれくらいの時間
  • どの経路で

 

これらの分析結果からPV数、セッション数を増やすための改善案を模索するため、SEO対策にアナリティクスは必須なのです。

 

Google Search Consoleとの連携

 

Google Analytics同様に、SEO対策に必須なのがGoogle Search Consoleです。サーチコンソールは、ページにアクセスする前の段階を分析するツールで、アナリティクス同様、All in One SEOを使っていれば、簡単に連携できます。

 

まずは、サーチコンソールにログインして、プロパティにカーソルを合わせ、「プロパティを追加」から、自分のホームページのURLを入力します。所有権の確認というステップは、先にアナリティクスに登録しておくと、確認作業が簡潔になります。管理画面が表示されたら連携完了です。

 

サーチコンソールに連携すると、自分のホームページに関する、下記の要素を計測できます。

 

  • 検索クエリ
  • 表示回数
  • クリック数
  • クリック率
  • 平均掲載順位

どのようなワードで検索されたときに表示されるのか、その内、何回ページがクリックされたのか、各キーワードにおける、自分のホームページの平均検索順位を確認できます。

 

XMLサイトマップの生成・送信

 

新規作成、改修したページはクローラーに認識されないと評価がつきません。XMLサイトマップはすべてのページを記載したxmlファイルで、クローラーが無駄なくページを認識する手助けをします。

 

All in One SEOには、XMLサイトマップを自動で生成する機能が付いており、任意のタイミングで手動送信も可能です。

 

メタタグの設定

 

メタタグ(metaタグ)とは、ページの情報をブラウザや検索エンジンに伝えるために使われます。特にページタイトルとdescription(ディスクリプション)の2つは、SEO対策に重要なタグです。これらのタグに、狙ったキーワードを含めることで、検索上位に表示されやすくなります。

 

長すぎるタイトルは、PCスマートフォンで検索した時にすべての文字が表示されず、SEOに不利に働きます。ディスクリプションとは、検索結果画面のタイトル下に表示される説明文です。クリック率が飛躍的に伸びます。

 

noindexの設定

 

noindexは検索結果に表示しないようにする設定のことを指します。404ページのようなエラーページや、サイトマップなど、検索する必要がないページに対して設定します。All in One SEOは、noindexを有効化したいページにて、チェックボックスにチェックするだけで、オンオフの切り替えが可能です。

 

SNSの設定

 

TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアは、バズるという言葉があるように、拡散力が強く、適切に用いればページアクセスが増えます。

 

例えば、SNSユーザーが友人やフォロワーに紹介したいページを見つけたとします。何も設定していない状態では、そのサイトURLをSNSでシェアしようとすると、文字だけになってしまい、URLがクリックされる可能性は低いです。

 

All in One SEOはソーシャルメディアの設定をおこなうことで、URLがシェアされたときに画像と要約文を表示できるようになるため、視認性向上やクリック率の向上につながります。

 

All in One SEOを導入するメリット

 

All in One SEOを導入するメリットは次の3つです。

 

  • SEO知識のない初心者でも使いやすい
  • 無料版でも十分使える
  • ページごとに詳細設定ができる

 

SEO知識のない初心者でも使いやすい

 

All in One SEOはSEOやHTMLの知識がない方でも最低限のSEO対策ができます。

 

All in One SEOを導入すると、noinex設定やWEBページのアクセスをカウントするといった機能のオンオフを、チェックボックスだけで切り替えられます。直感的にわかりやすいため、初心者でも効率的なSEO対策が可能です。

 

無料版でも十分使える

 

All in One SEOには無料版と有料版があります。有料版は全部で4つのプランがあり、年間利用料49.50$〜299.50$という価格で、自分に応じた機能を選べます。

 

有料版にするメリットは、ビデオサイトマップやニュースサイトマップといった、細かな設定が解放されるほか、それらの機能を使えるサイトを増やすことができる上級者向けのコンテンツが得られることです。

 

SEO対策に使う主な機能は無料版で十分賄えるため、無理に有料版を購入しなくてもSEOの対策はできます。

 

ページごとに詳細設定ができる

 

All in One SEOでは、タイトル、メタディスクリプション、コメント設定など、ページごとに設定したい詳細な項目を調整できます。本文と区切られた、フォーム入力欄のような箇所で詳細な設定をおこなうため、視認性とメンテナンス性が向上します。

 

All In One SEOのインストール手順

 

All in One SEOをインストールする方法は非常に簡単で、以下の3ステップで完了します。

 

  • プラグインの追加
  • 検索ボックスにAll in One SEOと入力
  • インストールして有効化する

 

プラグインの追加

 

allinoneseoのプラグインの追加

WordPressの管理画面の左サイドメニューを開いたら、プラグインを選択して、新規追加をクリックします。

 

検索ボックスにAll in One SEOと入力

allinoneseoのインストール

プラグインの画面に遷移したら、右上の検索ボックスにAll in One SEOと入力します。人気の高いプラグインなので、画面の上の方に出てきます。

 

インストールして有効化する

Allinoneseoの有効化

All in One SEOと検索してヒットしたら、インストールを押します。インストールが完了したら、有効化という表示に切り替わるため、有効化ボタンを押して、All in One SEOのインストールは完了です。有効化する前に画面を閉じてしまった場合は、インストール済みのプラグイン画面から有効化できます。

 

All in One SEOの設定

 

All in One SEOで主に使う3つの設定と、それぞれの設定の役割を順に説明します。

 

  • 一般設定
  • ソーシャルメディア
  • XMLサイトマップ

 

一般設定

 

WordPress管理画面の左メニューからAll in One SEOを開き、General Settings(一般設定)を選択します。

 

一般設定からは、アナリティクスやサーチコンソール、パンくずリストといった、サイトに関わる基本的な設定が可能です。

 

All in One SEOの初期セットアップ時に、アナリティクスやサーチコンソールを設定しなかった場合でも、一般設定画面にて設定が可能です。

 

ソーシャルメディアの設定

 

WordPress管理画面の左メニューからAll in One SEOを開き、Feature Managerを選択します。Social Metaという表示の下部にActivateというボタンが表示されるため、そこから詳細設定が可能です。

 

Twitter、Facebookでシェアされた際、どのように表示するかを設定できます。例えば、URL以外に要約文を付ける、アイキャッチ画像を表示する、表示するアイキャッチ画像サイズを変更するといったことが可能です。

 

ソーシャルメディア(SNS)は、SNS流入数を向上させるための重要なツールです。魅力的な要約文や画像を設置することは、クリック率を高めることにつながります。

 

XMLサイトマップの設定

 

WordPress管理画面の左メニューからAll in One SEOを開き、Feature Managerを選択します。XML SiteMapsという表示の下部にActivateというボタンが表示されるため、そこから詳細設定が可能です。

 

例えば、画像やカテゴリーページはURLが存在しますが、サイトマップに含める必要はありません。そういったサイトマップに不要なページを、設定画面から省くことができます。

 

All in One SEOと競合の違い

 

ワードプレスで使用できるSEO対策プラグインは、All in One SEOだけではありません。3つのSEO対策プラグインと、それぞれのプラグインと比較したときのAll in One SEOのデメリットを紹介します。

 

  • Premium SEO Pack
  • SEOPress
  • The SEO Framework

 

Premium SEO Pack

 

Premium SEO Packは、上級者向けの性能が揃うSEO対策プラグインです。無料版と有料版があり、基本的な性能はAll in One SEOとそこまで差はありませんが、無料版ではサポートが含まれません。

 

All in One SEOにはない点として、より高度なSEO対策ができる点が挙げられます。

 

  • 表示速度の測定
  • Facebookへの直接投稿
  • SNSの反響チェック

また、All in One SEOにない機能として、画像サイズの自動最適化があります。最適化によって容量が削減され、ページの読み込みスピード向上につながります。All in One SEOは、画像軽量化プラグインを組み合わせて使うと、動作がかなり重くなるため、サイトにアップロードする前に、画像最適化ソフトを通す必要があります。

 

SEO Press

 

SEO Pressは、シンプルで使いやすいUIが特徴のプラグインで、コストを抑えてSEO対策をしたい人に向いています。All in One SEOの最低価格が49.50$なのに対し、SEOPressは39 $で利用できます。

 

機能の豊富さではAll in One SEOの方が優れていますが、SEO Pressの優れている点は、無料版・有料版、どちらも対応サイトが無制限な点です。All in One SEOは、99.50$以上かけなければ、複数サイトの一括管理ができません。

 

The SEO Framework

 

The SEO Frameworkはシンプルかつ効率的にSEO対策をしたい人向けのプラグインです。搭載機能はAll in One SEOに劣りますが、組み込まれたAIによるコンテンツの自動最適化に優れています。また、改善が必要なSEO要素を色で分けて表示する機能もあります。

 

All in One SEOとの最大の違いは、動作のスピードです。The SEO Frameworkは、余分な機能を削ぎ落として軽量化しているため、ページの読み込みスピードにネガティブな影響を与えづらいです。All in One SEOは、機能の多さゆえに、ページの表示速度や、動作を重くしてしまう可能性があります。

 

まとめ

SEOコンサルタントAll in One SEOは無料版でも十分SEO対策ができるプラグインです。インストールは3ステップで完了し、アナリティクスやサーチコンソールとの連携、メタタグ設定といった基本性能を備えており、SEO初心者でも簡単に対策ができます。サイト自体の設定以外にも、Twitter、Facebookのシェア設定が可能で、検索流入だけでなく、SNS流入の向上も図ることができます。日本語に対応していて、初心者でも使いやすい、無料のSEO対策を探している方は、All in One SEOとの相性が良いです。

 

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

 

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで2000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事