SEO対策の東京SEOメーカー

美容室のSEO対策とは?美容院やヘアサロンなど美容業界のSEO対策について解説

目次

美容室のSEO対策とは?美容院やヘアサロンのSEO対策について解説全国における美容室の店舗数が年々増加していて、競争が激化しています。そこで、プロモーションを強化して顧客を集めることが急務となっています。主な集客方法として、HOT PEPPER Beautyなどの大手メディアに掲載する方法がありますが、価格競争に巻き込まれて、なかなかうまくいきません。

 

そんななか、ローコストで効果的に集客する手法として、店舗サイトを作り、直接店舗サイトへ集客するためのSEO(Search Engine Optimization)対策があります。

 

SEOコンサルタント今回は、美容室におけるSEO対策についてお伝えします。具体的にどのような施策を実行するのか、どのようなキーワード設定をすべきかといったことを、SEO専門メディアの東京SEOメーカーが解説していきます。

 

SEO相談

美容室がSEO対策すべき理由

美容室がSEO(Search Engine Optimization)施策を取り入れることで、店舗サイトに対するアクセスが増加し、実店舗への来店につながります。そのため、より多くの顧客を確保できるといったメリットがあります。

美容業界のサイトは店舗紹介として活用していることが多く、サービス料金やヘアカタログなどを掲載しているケースが一般的です。業界の特徴として地域密着型のビジネスモデルが多いため、SEOでは全国を対象にするようなキーワードを避け、地域特化や店舗の強みを打ち出す方法が効果的といえます。

またSEO対策として、Googleビジネスプロフィールの活用も重要です。位置情報に関連した検索結果が表示されるからこそ、ローカルビジネスの美容業界とは親和性が高く、欠かせない集客方法になります。

 

全国で23万店超えと競争が激化している

総務省が2023年1月に発表した令和3年度衛生行政報告例によると、2021年度では美容室の施設数が全国で264,223件に達したとのことです。

 

さらに、ここ数年の推移をみてみると、国内における美容室の施設数は年々、右肩上がりで増えています。逆に、国内の総人口は年々減少傾向にあります。こうした背景から、美容室の顧客母数は減少しつつも、競合店舗は増加する一途を辿り、顧客の奪い合いが激化していることが伺えます。

 

西暦 美容室の施設数
1995年 193,918件
2000年 202,434件
2005年 215,719件
2010年 223,277件
2015年 240,299件
2020年 257,890件
2021年 264,223件

 

このような時代背景から、美容室の各店舗が顧客を集めるために工夫を凝らしたプロモーション活動が求められてきます。その手法として、ローコストで展開できるWEBサイトの運用が挙げられます。

 

インターネットが普及した現代においては、調べごとをする際に、検索エンジンの利用が一般化しています。例えば、「髪をカットしたいけど、どこの美容室にいくか迷っている」といった場面でも同様です。検索ユーザーは、「美容室 おすすめ」といった検索ワードで美容室を探すケースが散見されます。顧客を増やすためには、SEO対策することで、こうした見込み顧客を店舗サイトに呼び込むことが大切です。

美容業界では多くの店舗が、HOT PEPPER Beautyをはじめとしたポータルサイトを軸に集客をおこなっていることが特徴です。そのためポータルサイトの影響が強く、サイトは持っているものの集客ツールとして活用しきれていないことが多いといえます。

例えば検索エンジンで「美容室」や「エステ」などのキーワードで検索しても、上位にはポータルサイトばかりが表示されます。しかし近年ではポータルサイト内の競争も激しくなっており、ホームページを活用した自社集客が必要不可欠といえるでしょう。

そのため簡単なキーワードではなく、美容に関連あるキーワードから潜在客にアプローチするなど、実践的なSEO対策が必要不可欠です。

 

 

そもそもSEOとは

そもそもSEOとは、検索エンジン最適化と呼ばれるとおり、検索エンジンで上位表示されるようにWEBサイトをカスタマイズすることです。一般的には、検索サイトとして圧倒的なシェアを誇る、Google検索エンジンがSEO施策の対象となります。

詳しくは、「【2024年最新版】SEOとは? SEO対策のやり方を初心者にわかりやすく解説」をご一読ください。

 

美容業界におけるSEO対策のメリット 

 

美容業界における潜在客は多く、SEO対策によってさまざまなニーズを持ったユーザーにアプローチできる点は強みです。

またサービスをとおして直接関わる業界だからこそ、サイトの活用によってファン化させやすいこともメリットといえるでしょう。

ここでは、美容業界におけるSEO対策のメリットについて詳しく解説していきます。

 

美容に関する潜在客にアプローチしやすい 

 

美容に関するキーワードは肌の悩みや髪のセット方法など、日常的なことから悩みに関する事柄まで幅が広く、潜在客の多さが特徴です。仮に日常的な事柄であれば検索される回数が多いため、SEO対策によって上位表示された記事はアクセス数を増やしやすいでしょう。

また悩み系のキーワードであれば、人に話せないことからインターネットで調べる人が多く、潜在客としてアプローチ対象のユーザーがたくさんいます。

日常的の内容と悩み系のではまったく異なるコンテンツではありますが、両方とも調べるユーザー数が多く、効率的に潜在客へアプローチできる点が強みです。

 

サイト内の商品販売にも効果がある 

 

美容サイトのSEO対策で多くのユーザーを集客できれば、店舗への予約や問い合わせだけではなく、商品販売にも効果的です。例えば美容室の場合、ヘアシャンプーやヘアワックスなど自社開発の商品を販売していることも多いでしょう。

 

エステサロンやネイルサロンでも同じように、商品を扱っている店舗は多いです。通常、店舗の場合は一度でも来店した人に販売することが一般的ですが、サイトであれば来店状況にかかわらず、求めている人に売ることができます。

サイトへのアクセス数が増えれば増えるほど商品が購入される頻度も高まるため、SEO対策によって新しい売上を作れる点はメリットだといえるでしょう。

 

顧客をファン化しやすい 

 

SEO対策の一環としてコンテンツを制作し発信を続けていれば、顧客を自社のファンに定着できます。特に美容業界では施術時に1対1になることや施術者が指名制など、施術者と顧客の仲を深められ、ファンとして定着しやすいことが特徴です。

また基本的には定期的に通うことが前提となり、店舗に来店していない期間だとしても、サイトをとおして情報発信やコミュニケーションが行えます。来店の状況に関係なくアプローチができるため、美容サイトにおいてSEO対策やコンテンツ発信は重要な役割といえるでしょう。

 

美容業界におけるSEO対策のデメリット 

 

美容業界では集客効果の高いキーワードの上位表示が難しいことや、検索アルゴリズムの影響を受けやすいことがデメリットとして挙げられます。ただしデメリットを補う対策方法もあるため、合わせて確認しましょう。ここでは、美容業界におけるSEO対策のデメリットについて詳しく解説していきます。

 

「美容室+地域名」のキーワード対策は難易度が高い

 

美容業界でSEO対策を行うと考えた際、一般的に「美容室+地域名」の形でキーワード選定することが多いです。実際、検索されやすいキーワードのため、上位表示できれば成果を高めやすいといえるでしょう。しかし「美容室+地域名」はポータルサイトが検索上位に表示されており、一般サイトのSEOでは勝てないことがデメリットです。とはいってもGoogleマイビジネスであれば、対策することで十分に上位表示の可能性があります。

また、Googleマイビジネスとしてのほうが注目を集めやすいため、最初からMEO対策を行うほうが効果的といえるでしょう。仮にどうしてもSEO欄で表示させたい場合には、ポータルサイト内で上位を目指すかWeb広告を活用するなどの方法になります。

 

関連記事: SEOにおける検索意図の重要性!調べ方から利用方法まで

 

ジャンルによってGoogleアルゴリズムの影響を受けやすい 

 

美容業界はジャンルによってはYMYLに該当するため、Googleアルゴリズムの影響を受けてしまう可能性があります。YMYLとは(Your Money or Your Life)の略となり、ユーザーのお金や健康面で影響を与えやすいジャンルを示す言葉です。

 

通常のSEOと比べて専門性や権威性が重要視されやすく、SEOの上位表示が難しい特徴があります。美容業界では「化粧品」などがYMYLに該当するジャンルです。ただしかならず検索順位が落とされるわけではないため、コンテンツの制作時に監修をつけることや、独自調査の内容にするなどの方法であれば可能性はあるといえます。

 

関連記事: YMYLとは?対象ジャンルとSEO対策方法

美容業界で実践すべきSEO対策 

 

美容業界でSEO対策に取り組む際は、店舗としてのコンセプトや専門性をアピールし、競合店舗との差別化を図っていきましょう。また周辺地域での集客を行う場合はSEO対策ではなく、Googleマイビジネスを活用したMEO対策によってアプローチすることが大切です。

ここでは、美容業界で実践すべきSEO対策について詳しく解説していきます。

 

店舗のコンセプトを明確にする 

 

美容業界がSEO対策に取り組むうえで、最初に取り組むべきことが店舗のコンセプトを明確にすることです。今後のSEO対策に通ずる部分ですが、SEO対策では発信するコンテンツやサイト全体に関して、専門性が評価されます。そのため、ただの美容室やエステサロンとして情報を発信しても、専門性は評価されることはなくSEOにも良い影響を与えらえません。

しかし仮に「女性専用エステサロン」や「ロングヘアー限定美容室」などのコンセプトがあれば、関連するコンテンツの発信によって専門性をアピールできます。

対策キーワードにおいても非常に効果的なため、SEO対策するからには事前に店舗のコンセプトを明確にしてから発信しましょう。

 

施術事例を掲載する 

 

美容業界では、基本的に顧客を施術するサービスとなるため、ユーザーが求めるコンテンツ内容として施術事例をサイトに掲載することが重要です。SEOにおいてユーザーのことが考えられたサイトであることは欠かせない要素になります。そのためユーザーに求められている内容は積極的に取り組んでいきましょう。

美容業界の場合、ユーザーが新しく行くエステサロンであれば、具体的な施術内容や施術後の効果などを知りたいと考えるのが普通です。

料金形態やサービス内容はもちろんのこと、過去の施術事例なども掲載し、ユーザーが安心して来店できるような内容を作っていきましょう。

 

MEO対策で周辺地域にアプローチする 

 

MEO対策はマップエンジン最適化の略となり、ローカルビジネスに特化したGoogleの無料ツールです。前述にもありましたが、SEO対策では「美容室+地域名」のキーワードは競合が多く、対策しても上位表示が難しいといえるでしょう。

しかし、Googleマイビジネス上ではポータルサイトなどは表示されないため、実店舗のみが競合となり、十分に上位表示を狙えます。また、Googleマイビジネスが掲載される位置も、検索結果の画面上ではGoogle広告の下に表示されるため、SEOよりも注目を集めやすい点が特徴です。商品欄や投稿欄においても充実した情報を掲載し、Googleマイビジネスからの問い合わせを増やすような対策に取り組んでいきましょう

 

関連記事:Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)とは?集客ツールとしてのメリットや登録方法などを解説

美容室のキーワード例

下記のような種類があります。

 

  • 美容室の類義語
  • 地域名
  • 検索ユーザーの目的
  • 店舗や美容師の名前

 

美容室の類義語

検索ユーザーが美容室を探すときに、一般的に「美容室」と検索ワードを入力します。しかし、類義語や同義語で検索することがあります。例えば、美容室と似た言葉には、下記のようなものがあります。

 

  • ヘアサロン
  • 美容院

 

美容室が所在する地域名

検索ユーザーは、居住している地域名や職場付近の地域名を用いて検索することがあります。具体的には、下記のように地域名とセットで美容室が検索されます。

 

  • 「美容室 ○○県」
  • 「美容室 ○○区」
  • 「美容室 ○○市」

 

このほか、通勤や通学で駅を利用する生活者は、駅周辺の美容室を探すケースもあります。例えば、下記のように検索されます。

 

  • 「美容室 ○○駅」
  • 「美容室 ○○線」

 

検索ユーザーの目的

検索ユーザーの目的に則したキーワードが検索に利用されます。

 

例えば、「髪が伸びたからカットしたい」と考えていて、どこの美容室に行こうか迷っていたとします。この場合は、「○○市 カット 美容室」といった検索ワードで店舗を探すことがあります。カットだけでなく、美容室へ行く目的としては次のようなキーワードが挙げられます。

 

  • 「○○市 美容室 カット」
  • 「○○市 美容室 トリートメント」
  • 「○○市 美容室 パーマ」
  • 「○○市 美容室 ヘアカラー」
  • 「○○市 美容室 白髪染め」
  • 「○○市 美容室 メンズ」

 

このうち、店舗の特徴や提供サービスと合致するものをキーワードに採用していきます。例えば、店舗の特徴として若年層の女性顧客が大半を占めている場合、「白髪染め」「メンズ」といったキーワード候補から除外します。

 

さらに、ヘアスタイルやヘアカラーには、そのとき人気の流行りがあります。そのため、トレンドが集中する都会の美容室や、有名で人気の美容室を探そうと、下記のように検索されるケースも目立ちます。

 

  • 「美容室 有名 東京」
  • 「美容室 人気 東京」

 

店舗や美容師の名前

美容室では、顧客の頭部に触れつつ、散髪されたり施術されます。こうしたサービスの特徴から、顧客としては美容師に信頼性を求める傾向にあります。さらに、美容室の立地条件や技術力といった要素も絡み、特定の美容室や美容師を指名して施術を受ける顧客が多数います。

 

こうした理由から、顧客に支持される美容室や美容師は人気がでて有名になりがちです。そして、有名になるにつれて、WEBサイト上で店舗名や美容師の名前が検索されるようになります。とくに、チェーン展開している美容室は店舗名が検索される機会が増えていきます。

 

美容室におけるSEO施策の流れ

美容室がSEO施策を実行するにあたり、作業上の大まかな流れは下記のようになります。

美容室におけるSEO施策の流れ

  1. 店舗サイトを用意する
  2. 店舗の情報ページをキーワード設定する
  3. 店舗情報ページを作成する
  4. ページの情報を修正する
  5. Googleビジネスプロフィールに店舗情報を登録する

 

1.店舗サイトを用意する

まずは、店舗情報を発信するための店舗サイトを立ち上げます。店舗サイトとは、店舗の情報を発信するためのWEBサイトのことです。具体的なWEBサイトの作り方については、下記リンク先の記事を参考にしてください。

>>ホームページの作り方とは?初心者でも分かりやすいように徹底解説 

 

2.店舗の情報ページをキーワード設定する

店舗サイトを立ち上げたら、キーワードを決めていきます。美容室の場合、キーワードとして下記のような要素をピックアップしてください。

 

  • 美容室の類義語
  • 地域名
  • 検索ユーザーの目的
  • 店舗や美容師の名前

 

設定すべきキーワードが決まったら、サイト構成を考えていきます。キーワードに基づいて、必要な記事ページを洗い出します。例えば、「美容室 ○○市」をキーワードにするならば、店舗案内といったページを用意する必要があります。そして、このページのタイトルを下記のようにします。

 

  • 「店舗情報 | ○○市 美容室 / 美容院 ○○店」

 

そして、このページのなかに住所や地図といった店舗情報を掲載します。

 

ほかのキーワードも同様の要領で作成すべきページを決めていきます。そして、下記のようにサイト構成を作り上げます。

 

-TOPページ

–サービス紹介と料金体系の情報ページ

–店舗情報(住所/地図/営業時間/電話番号/メール/SNS情報)

–予約受付ページ

–美容師(スタッフ)の紹介

 

キーワードの決め方に関して、より詳しく知りたい方は、下記リンク先の記事を参考にしてください。

>>美容業界のサイトで実践すべきSEO対策と注意点について徹底解説

 

3.店舗情報ページを作成する

サイト構成のイメージが湧いてきたら、ページを作成していきます。ページを作成するときは、店舗の特徴や強みがサイト訪問者に伝わるように考慮してください。

 

原則として、店舗サイトに掲載するものは、正しい情報であることが求められます。誤った情報や誤字脱字が混じったテキストを掲載すると、トラブルの原因となるだけではありません。Googleから「品質が低いサイト」と判断されて、SEO面でマイナス評価を受けることもありますので注意してください。

 

なお、具体的なWEBページの作成方法に関しては、下記リンク先の記事で紹介していますので参考にしてください。

>>SEOに強い記事の作り方を初心者向けに解説 

 

4.ページの情報を修正する

WEBサイトを運用するとなると、一般的にはページの更新作業がつきものです。そのなかでも、店舗サイトや企業サイトの場合は、ページ情報を修正する頻度が低めになります。ただし、店舗サイトでもページを更新する機会があります。それは、主に下記のような場面です。

 

  • お知らせ情報を配信しているケース
  • 営業時間を変更したケース
  • サービスのリニューアルや新サービスを提供するケース
  • スタッフメンバーの入れ替えが発生したケース

 

このように、店舗情報に変更が起きた場合は、公開済みのページを修正の上で更新する必要があります。原則的に、店舗サイトには最新情報を載せるように心がけてください。とくに、サービス内容や価格情報が事実と異なると、サービス提供時にトラブルを起こす可能性がありますので注意が必要です。

 

5.Googleビジネスプロフィールに店舗情報を登録する

店舗サイトが一通りでき上がったら、Googleビジネスプロフィールに店舗情報を登録してください。

 

Googleビジネスプロフィール(旧:Googleマイビジネス)とは、全国の美容室や企業の情報を集めて、Google検索エンジンやGoogleマップにて、店舗情報や企業情報を掲載するサービスを指します。このサービスに店舗情報を登録しておくと、下記画像の要領で、検索結果に店舗情報が掲載されます。

 

このとき、掲載されるものは、主に下記の項目です。

 

  • サイトリンク
  • 店舗名
  • 口コミ情報
  • 所在地
  • 営業時間
  • 電話番号

 

Googleビジネスプロフィールに店舗情報を登録することで、検索結果上で露出する面が増えるため、SEO上で有利になります。登録方法は、下記リンク先で解説していますので参考にしてください。

 

美容室向けのSEO施策のテクニック

美容室の店舗サイトを運用するうえで、SEO面で効果があるテクニックとして下記のような手法が挙げられます。

 

  • コラム記事を配信して、ロングテールキーワードを確保する
  • 画像データを利用して視覚に訴えかける
  • SNSメディアを併用して、店舗サイトに送客する

 

コラム記事を配信して、ロングテールキーワードを確保する

Google検索エンジンでは、特定のキーワードに対する情報の充実性を重視するといった特徴があります。そのため、キーワード設定した際に、キーワードにまつわる話題を網羅することを意識してください。

 

そこで、ロングテールキーワードという考え方を基にコラム記事を作成する戦略が挙げられます。ロングテールキーワードとは、検索ユーザーに検索される回数が少ない、ニッチなキーワードや複合キーワードのことです。ロングテールキーワードを抑えることで、サイトとしてキーワードの網羅性が高まるため、SEOを考慮したときに効果を期待できます。

 

また、例えば、ヘアカットのポイントやスタイリングのコツといったテーマのコラム記事を書いたとします。すると、美容師という職業ならではの専門性を活かしつつ、かつ独自性が高いページが完成します。情報として価値が高い情報を発信することで、他サイトからの被リンク(外部リンク)獲得を見込めます。

 

さらに、ロングテールキーワードを確保することで、予約獲得や来店につながる機会が増えます。とくに、複合キーワードはワードとしての具体性を帯びるため、検索ユーザーの本来の目的に近づきます。例えば、「美容室」と検索するよりも、「美容室 東京」と検索する方が検索ユーザーとしての目的が「東京の美容室を探している」と深掘りされます。そのため、単純に「美容室」で検索して店舗サイトに行き着くよりも、「美容室 東京」で店舗サイトに訪問した検索ユーザーの方が店舗自体の顧客になる可能性が高いわけです。

 

つまり、ロングテールキーワードを狙うという考え方は、SEO面で有利になるだけでなく、美容室がサイト運営する目的と相性がよいといった利点があります。

 

画像データを利用して視覚に訴えかける

美容室の店舗サイトで重要な施策の1つとして、画像データを多用することが挙げられます。

 

ヘアスタイルをサービスとして提供するという性質上、実際にカットや施術後のモデル見本を画像データとして店舗サイトに載せると、サイト訪問者にとって施術後の具体的なイメージが湧きやすくなります。さらに、美容室の場合は、清潔感も重要視されますので、店内の様子を画像で見せるといった手段も効果的です。

 

ただし、店舗サイトに画像を掲載する場合は、画像データのファイルサイズに注意を払う必要があります。画像データのファイルサイズが大きすぎると、WEBページをブラウザで開くためのページ読み込み速度が遅くなります。ページ読み込み速度が遅くなると、サイト訪問者がブラウザバックする機会が増えるだけでなく、SEO面でマイナス評価につながることもあります。

 

そこで、画像データを扱うときには、画像最適化といった作業が必要となります。画像最適化の詳しいやり方に関しては、下記リンク先の記事で確認してください。

>>SEO初心者がまずやるSEO対策5/画像最適化 

 

SNSメディアを併用して、店舗サイトに送客する

店舗サイトとSNS(Social Networking Service)アカウントを連動することで、SNSで獲得した顧客見込みをサイトに送客することが可能です。

 

ヘアスタイルをサービス提供する美容室にとって、顧客をファン化することが店舗の売上を伸ばすうえで大切になります。そして、顧客のファン化を進めるための施策として、SNS(Social Networking Service)の運用が挙げられます。代表的なSNSには、下記のようなものがあります。

 

 

SNSは、ユーザーと双方向でコミュニケーションをとれるといった特徴があります。例えば、店舗に在籍する美容師がアカウントを運用して、美容室の情報やカットモデルの画像を掲載することで、SNSユーザーの心を掴める可能性があります。

 

ただし、美容師業界にとってSNSを利用したプロモーション活動はすでに一般化しています。そこで、競合との差別化を図ることが求められてきます。自店舗や美容師自身ならではの強みを活かしてSNS運用することがプロモーション成否のカギを握ります。

 

美容室におけるSEOのよくある質問

美容室のSEOに関する、よくある質問をFAQ方式でまとめています。
 

Q:美容室がSEO対策するメリットは?

Answer)低コストで継続的な来店が見込めます。

 

店舗サイトを立ち上げて、一定のSEO効果を得られれば、継続的なサイト訪問者を獲得できます。さらに、サイト訪問者は来客になりうる見込み顧客に該当します。一度サイトが完成すれば、特別な追加施策を打たない限りは低コストで運用可能です。

 

 

まとめ

SEOコンサルタント美容室が店舗サイトを構築して、正しくSEO対策することで実店舗に対する来店の増加につながります。そのためにも、まずは、サイトに集客したいターゲットを想像して、店舗の特徴と合致するキーワードを決めてください。さらに、美容室の場合、顧客がファン化しやすい特徴がありますので、リピーター化施策も大切です。具体的には、美容室としての知識を活かしたコラム記事作成やSNSアカウント連動といった工夫をこらしてください。

 

 

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、11期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで2000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

WEBマーケティング

SEO対策