SEO対策の東京SEOメーカー

日本企業がアメリカ進出するなら?米国SEOのポイントを解説

日本企業がアメリカ進出するなら?米国SEOのポイントを解説アメリカ市場に進出する日本企業にとって、成功の鍵を握るのは効果的なSEO戦略です。アメリカは多様な市場を持ち、消費者の行動や文化、ビジネス環境が日本とは大きく異なるため、日本市場と同じ手法は必ずしも通用しません。日本企業がアメリカ市場で成功するためには、現地の特性に適したSEO対策が求められます。

 

amano_portraitここでは、日本企業がアメリカ市場に進出する際に知っておくべきSEOの重要ポイントを解説します。アメリカ市場での競争力を高め、集客を増やすための具体的な施策を検討し、成功への道筋を見つけてください。

 

無料競合調査

アメリカ市場でもSEOが有効な背景

アメリカ市場でSEOが有効な理由は、Googleが圧倒的なシェアを持っていることが挙げられます。SimilarWebがおこなった調査によると、アメリカにおけるGoogle市場占有率は90.3%を占めており、多くの人々が日常的に利用していることが分かります。

 

特にモバイル検索では95.76%と非常に高いシェアを誇っており、SEOを通じてGoogleで検索結果の上位に表示されることは、トラフィックを大幅に増加させる強力な手段です。そのため、アメリカ市場をターゲットにする際には、Googleを中心としたSEO戦略が鍵を握ります。

 

米国のモバイル検索エンジン市場シェア

  Google DuckDuckGo Yahoo! Bing
シェア 95.76% 1.14% 1.13% 0.81%

出典:SimilarWeb

 

SEOで意識したいアメリカと日本の主な違い

SEO戦略を含め、WEBマーケティング全体において、日本と同じ戦略をアメリカ市場に適用するだけでは、十分な結果をえるのは難しいです。それには、使用される言語の違いや、有効なキーワードが異なるといった理由が挙げられます。ここでは、SEOにおいて日本市場とアメリカ市場の主な違いをとりあげお伝えします。

 

競争が激しい

アメリカ市場は、日本よりも規模が大きいですがその分、競争も激しいといえます。アメリカのGDPは約28兆7810億ドルと日本の約4兆1104億ドルに比べて約7倍の規模を持ち、巨大市場を形成しています。

 

しかし、競争も非常に激しく、多くの企業が同じ市場でシェアを争っています。このため、日本市場で成功したSEO戦略をそのまま適用するだけでは不十分で、アメリカ市場向けに特化した高度な戦略と差別化が求められます。

 

主に使われる言語

アメリカ市場と日本市場は当然ながら、使われる言語が異なります。日本では日本語が使われ、アメリカでは英語が主に使われています。そのため、WEBサイトを英語化する必要が生じます。

 

しかし、単に日本語のコンテンツを英語に翻訳するだけでは、機械的になってしまうため、言語特有のニュアンスや文化的背景を反映できません。そのため、効果的なSEO戦略を実施するには、ネイティブが読んで違和感のない表現にする必要があります。

 

集客に有効なキーワード

SEOのターゲットキーワードも、日本市場とアメリカ市場の違いを踏まえて対策する必要があります。例えば、日本市場で「格安+スマホ」というキーワードが効果的だったとしても、アメリカ市場で単に「cheap+smartphone」に翻訳するだけでは、同じ成果をえられるとは限りません。

 

アメリカのユーザーは「affordable+smartphones」や「best budget+phones」といった異なる検索用語を使用する可能性があるからです。このように、検索されるターゲットキーワードが異なるため、アメリカ現地のユーザーがどのようなキーワードで検索するかを事前に調査する必要があります。

 

文化やトレンド

文化やトレンドが異なる点も主な違いの1つです。日本のユーザーが重視する価値観やトレンドは、アメリカのユーザーと異なることが多く、それに伴い、検索キーワードやコンテンツのニーズも変わります。

 

例えば、日本では利便性が重視される一方で、アメリカでは技術革新や環境に優しい製品に焦点が当てられることがあります。そのため、アメリカ市場向けのSEO戦略では、現地の文化やトレンドに合ったコンテンツやキーワードを選定し、ターゲットユーザーの関心に応える必要があります。

 

UI/UXなどのWEBデザイン

UI/UXなどのWEBデザインが異なる点も配慮してください。日本では情報が多く含まれたデザインや詳細な説明が好まれる傾向がありますが、アメリカではシンプルで直感的なデザインが重視されます。

 

例えば、日本のWEBサイトはテキストや画像が多く配置される傾向がありますが、アメリカのユーザーは視覚的に整理されたレイアウトや簡潔なナビゲーションを好むため、ホワイトスペースを多く設けます。このように、アメリカ市場向けには現地のユーザーが快適だと感じるUI/UXを実装する必要があります。

 

好まれるコンテンツの傾向

好まれるコンテンツの傾向も異なります。日本では商品購入前に不安を感じる度合いが高いため、詳細な説明があることや、権威性のある人物からの推薦などが好まれる傾向がありますが、アメリカではビジュアル重視のインパクトのあるコンテンツが好まれます。

 

例えば、日本のユーザーは細かい仕様書や説明文を重視しますが、アメリカのユーザーはダイナミックな動画やインフォグラフィックスなどの直感的に分かりやすいコンテンツを好むことが多いです。

 

アメリカにおけるWEB戦略のポイント

アメリカと日本では、使用される言語や文化、トレンド、好まれるコンテンツの傾向が異なります。これらの違いを理解し、SEO戦略を立てることが重要です。

 

日本以上にローカルSEOを重視する

SEO戦略のポイントの1つは、日本以上にローカルSEOを重視することです。アメリカは日本と比べ土地が広大で、地域によって文化が大きく異なります。そのため、同じ英語でも地域ごとに異なるスラングが豊富で、効果的なキーワードも異なります。

 

例えば、ニューヨークとテキサスでは、同じ商品をユーザーが探していても、検索するキーワードが違うなどのことがあります。このため、アメリカ市場ではローカルな検索クエリを意識してWEBサイトを最適化することが効果的です。

 

レビューを意識しサービスを最適化

アメリカではレビューの影響が非常に大きく、ユーザーが購入を決定する際の重要な要素となっています。そして、日本とは評価基準が異なる点にも注意が必要です。日本のユーザーは、一般的に製品の完成度に対する評価が重視されることが多くなりますが、アメリカのユーザーは製品の機能面について評価します。

 

例えば、日本では「全体としては実用性がありコスパも良い」といった評価をされることが一般的ですが、アメリカでは「音楽やラジオを聴くには不満があるが、それ以外の機能は良い」といった具合です。

 

このような傾向を踏まえ、Googleビジネスプロフィールを最適化し、ポジティブなレビューを促進することで、信頼性を高めるようにしてください。

 

メジャーだけでなくインディーズも好まれる

アメリカでは、メジャーだけでなくインディーズも好まれる傾向があります。アメリカのユーザーは、大手ブランドの製品やサービスだけでなく、独自性や個性を持ったインディーズブランドにも高い関心を示します。

 

特に若年層やミレニアル世代は、大手の画一的な製品よりも、独自のストーリーやデザインを持つブランドに共感しやすいです。そのため、SEO戦略においても、自社商品のユニークな価値を発掘し、WEBサイトにおいて目立たせることが重要です。

 

革新的な製品やサービスを試す層が多い

革新的な製品やサービスを試す層が多いという点も重要です。これは、ブランドに対する認知や好み、ユーザー行動が日本とアメリカで大きく異なることを示しています。

 

日本ではユーザーが気に入った同じ製品やサービスを繰り返し利用する傾向が高いのに対し、アメリカでは新しいものを試そうとするユーザーが多くなります。

 

いわゆるイノベーター理論によるところの早期採用者(アーリーアダプター)がアメリカ市場では全体の13.5%を占めています。これは、日本の9%よりも高い割合です。それだけ、アメリカ人はより新しい製品やサービスを早期に受け入れる傾向にあるということです。

 

正規のものや信頼性の高いものを特に好む

アメリカのユーザーは正規のものや信頼性の高いものを好みます。そのため、日本企業が進出する際には自社製品が日本からの正規品であることを強調することが効果的です。

 

アメリカの市場では、製品に対しての信頼性が購買意思決定に大きな影響を与えます。特に、ユーザーが高額商品やハイテク製品を購入する際には、その製品がどこのブランドかという点が重視されます。そのため、日本からの正規品であることをアピールすることで、品質や信頼性を強調し、ユーザーの安心感を高めるようにしてください。

 

ロゴやデザインは分かりやすくシンプルに

企業や製品のロゴやデザインに対して、アメリカでは分かりやすくシンプルなものが好まれます。この傾向は日本でも見られるようになってきましたが、アメリカでは特に顕著です。

 

アメリカのユーザーは、直感的で視覚的に整理されたデザインを好む傾向が強く、複雑なデザインや過剰な装飾を避ける傾向があります。シンプルで洗練されたロゴやデザインは、ブランドの認知度を高め、ユーザーの記憶にも残りやすくマーケティング効果が高いといえます。

 

アメリカ向けBtoBマーケで成功するには?

ここでは、アメリカ向けBtoBの市場におけるマーケティングの成功ポイントをお伝えします。BtoCとは異なった戦略・戦術が必要となるため、次の点を守って自社にあったマーケティングプランを練ってください。

 

市場調査を徹底するか、現地を知る専門家の助けを借りる

アメリカ市場は多様性に溢れ、地域ごとに異なるビジネス習慣やニーズがあります。そのため、効果的なマーケティング戦略を立てるには、まず徹底的な市場調査をしてください。具体的には、下記のものが挙げられます。

 

  • ターゲット市場の特性
  • 競合分析
  • ユーザー行動

 

こういった調査が自社で難しい場合、現地を知るの専門家の助けを借り、より実践的なアドバイスをえるようにしてください。現地の文化やビジネス環境に精通している専門家なら、自社のリサーチだけでは知りえなかったアプローチ方法や市場の独自性など、多くの知見を提供してくれます。

 

LinkedInなどのプラットフォームを活用する

LinkedInなどのプラットフォームを活用することも検討してください。アメリカでは、日本以上に個人と個人のコミュニケーションが重視され、ビジネス関係を築くうえでの関係性が求められます。アメリカにおいては、LinkedInがビジネスプロフェッショナルが集まる主要なプラットフォームとなっており、企業や個人のプロフィールを最適化することで、潜在的クライアントやパートナーと関係性をもつことができます。

 

主な投稿記事としては、次のものが考えられます。

 

  • 企業の実績
  • ケーススタディ
  • 専門知識

 

積極的に業界関連のコンテンツをシェアすることで、エンゲージメントを高め契約につながります。

 

コミュニケーションは明確かつ簡潔に

アメリカのビジネス文化は、時間を効率的に使うことが重視されるため、メッセージは迅速かつ直接的に伝えることが求められます。長々とした説明や曖昧な表現は避け、具体的な事実や数値、明確な提案を中心に伝えることで、相手との関係性をつくりやすくなります。

 

契約では透明性を意識し、率直にアプローチする

契約内容や取引条件においては、透明性が求められます。不明確な条件や記載してない費用があると、信頼を損なう原因となるので注意してください。契約に関する情報は明確かつ詳細に提示し、誠実なコミュニケーションを心掛けるようにします。

 

例えば、契約条項や料金、納期などを具体的に説明し、相手の質問や懸念に対しても真摯に対応することで、安心感を与え、長期的なビジネス関係を築くことができます。

 

製品やサービスが効率化にどう役立つかをアピールする

製品やサービスが効率化にどう役立つかをアピールすることも大切です。アメリカ市場では、日本と異なり、効率化や生産性向上に直結するメリットが重視されます。そのため、自社製品やサービスを紹介する際には、どのように業務の効率化やコスト削減に貢献できるかを数値やデータなどを示し、具体的に伝えてください。

 

ケーススタディや体験談を積極的に出す

ケーススタディや体験談を積極的に出すこともポイントです。アメリカのビジネス文化では、具体的な成果や実績が意思決定に大きな影響を与えます。実際の顧客がどのように自社製品やサービスを利用して成功を収めたのかを示す、ケーススタディや体験談があれば、説得力が強化されます。

 

以上のように、BtoBにおけるアメリカ市場は、日本とは異なる点が多数あります。実際にアメリカ進出を考える際は、一度、専門家に助言を受けたうえで、SEOなどのマーケティングプランを立てるようにしてください。

 

東京SEOメーカーでは、これまで多くのアメリカ市場への進出を支援してきた豊富な実績があるため、ご不明な点があれば、一度ご相談ください。専門家が貴社の事情や希望にあったプランをお伝えします。

 

海外向けSEOコンサルティング(アメリカ)

 

まとめ

amano_portrait今回は、日本企業がアメリカ市場に進出する際に知っておきたいSEOのポイントについて解説しました。アメリカ市場では、日本との違いを理解し、それに基づいた最適なマーケティング戦略をとることが成功の近道です。SEO戦略を効果的に実施するには、今回の記事でお伝えしたとおり現地の文化やトレンドを理解し、それに合わせたキーワード選定やコンテンツ制作をおこなうことが重要です。繰り返しお読みいただき、お役立てください。

 

 

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、11期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで2000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

監修者:アドマノ株式会社 代表取締役 天野剛志
日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返し、そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析、コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。
facebookで共有 Xで共有 LINEで共有

新着記事

人気記事

WEBマーケティング

SEO対策