オウンドメディアでライターに外注する方法とは?作業範囲も解説

オウンドメディアでライターに外注

オウンドメディアを効率的に運営し成果を出すためには、ライターの外注化は効果的な方法の一つです。特に自社内でSEOの知識やコンテンツを制作するリソースがない場合には、外注化によって不足要素を補えるメリットがあります。

 

SEOコンサルタントそこで本記事では、オウンドメディアでライターを外注する方法や作業範囲について解説していきます。初心者の方は、SEOライティングとは?SEOを意識したライティングのコツとポイントを解説も併せてチェックしてみてください。

 

オウンドメディアの外注ライターとは? 

 

オウンドメディアとは自社で所有し運営するメディアのことを指し、コーポレートサイトやブログなど、主に記事コンテンツを活用したマーケティング手法です。

 

オウンドメディア運用では記事の質によって成功が決まるといっても過言ではないほど、記事を執筆するライターの存在も重要といえるでしょう。

 

そのため自社内ですべての記事を執筆するのではなく、外注ライターを確保することによって効率良く質の高い記事が量産できます。

 

外注ライターの作業範囲

 

外注ライターの作業は契約内容によっても異なりますが、基本的には以下の範囲となります。

 

  • キーワード選定
  • 構成案作成
  • ライティング
  • 効果測定

各々、解説していきます。

 

キーワード選定

 

キーワード選定は、オウンドメディアのテーマに沿い、検索上位に表示させるための対策キーワードを選んでいく作業です。競合や市場調査が必須なため、高度なSEOの知識が必要になります。

どれだけ質の高い記事を執筆できたとしても、キーワード選定が適切でなければ上位表示させることや、アクセスを集める記事制作は行なえません。

そのためキーワード選定を依頼する際は、依頼先のSEOに関する知識や経験を見極めてから判断するようにしましょう。

 

関連記事: SEOで重要なキーワードの設定方法とは?ポイントから注意点まで徹底解説

 

構成案作成

 

構成案作成は、選定したキーワードからリサーチを行い、実際に執筆する際の構成案を考えていく作業です。外注ライターを活用する際は、構成案作成から依頼することが多いといえるでしょう。

 

キーワード選定と同じく、検索上位の競合調査や市場分析が欠かせないため、重要な作業工程の一つです。

 

構成案作成で押さえておくべきポイントはこちら。

 

  • 検索ユーザーにニーズを満たす
  • 検索上位の記事にはない付加価値
  • オリジナリティのある構成

社内で構成案作成の経験がない場合には、積極的に外注ライターを活用しましょう。

 

ライティング

 

ライティングは外注ライターのメイン業務となり、出来上がった構成案をもとに実際に執筆する作業です。外注費用を抑えたい場合には、キーワード選定や構成案作成を社内で行い、ライティングのみを外注する方法がおすすめです。

 

オウンドメディアのライティングでは、基本的に検索上位の表示を目指すSEOライティングが軸となります。

 

押さえておくべきポイントはこちら。

 

  • 正しい日本語
  • 1文の文字数、適切な改行
  • 箇条書きや図の活用
  • 結論から述べる構成

ライターの知識や経験によって得意分野は分かれるため、外注先は過去の実績などから判断しましょう。

 

効果測定

 

効果測定は、公開した記事の表示順位やアクセス数を確認し、改善点の提案や改善作業を行っていきます。主にGoogle AnalyticsやGoogle Search Consoleを活用しサイトのアクセス解析を行うため、ツールの見方や分析スキルが必要です。

 

検索上位に表示させるには重要な要素となるため、自社内で経験がない場合には積極的に外注しましょう。

 

オウンドメディアをライターに外注するメリット

 

オウンドメディアの記事制作を外注するメリットは、自社内にリソースや専門的な知識がない場合でも、必要なタイミングで補えることです。場合によっては社員として雇うよりもコストを抑えられるため、最短で成果を求める場合には外注ライターがおすすめです。

 

ここでは、オウンドメディアをライターに外注するメリットについて解説していきます。

 

SEOの知識や経験を補える

 

オウンドメディアでアクセスを集めるためには、検索上位に表示される記事コンテンツが必要となり、SEOの知識や経験が欠かせません。

 

社内でSEOのリテラシーがない場合、一から学習して試行錯誤を繰り返していかなければならず、成果を出すまでには長期的な取り組みが必要です。

 

しかしライターに外注すればSEOの知識や経験を補えるため、最短で成果を見込めるでしょう。

 

またオウンドメディアでは扱う記事コンテンツの量も多く、重複コンテンツなど注意すべきこともたくさんあります。正しいSEO対策を行う点で考えても、専門的な知識をもつ外注ライターの活用はおすすめです。

 

多くのコンテンツを制作できる

 

オウンドメディアでは一般的なコーポレートサイトとは異なり、扱う記事コンテンツの量が膨大です。立ち上げから考えれば、テーマやキーワードの選定、構成案の作成からライティングまでと、やるべきことがたくさんあります。

 

そのため社内のリソースのみではなく、外注ライターを活用し効率良く多くのコンテンツを制作しましょう。

 

ライティングのみの外注でも十分に制作スピードを高められるため、短期的な成果を求めている場合には、なおさら外注の活用が必須といえます。

 

幅広いジャンルに対応できる

 

オウンドメディアでは基本的には一つのジャンルに絞って執筆をしますが、それでも幅広い情報を発信していきます。なかには自社の専門ではないジャンルを扱うこともあるでしょう。

 

本来はジャンルに対する新たな知識を身に着けなければいけませんが、外注であれば該当するライターに依頼するだけで対応できます。

 

また社員として雇う場合とも異なり、必要なタイミングに限定して依頼できる点もメリットです。

 

依頼費用は発生しますが、雇用時よりもコストを安く抑えられる場合もあるため、質の高い記事制作を行ううえでは有効な手段といえるでしょう。

 

オウンドメディアをライターに外注するデメリット 

 

ライターへ外注するからには、費用の発生は避けられません。特に質の高い記事制作を依頼する場合、専門的な内容を扱っている場合は費用が高額になるため、長期的には大きな出費となります。

 

また自社内でリテラシーがためられない状況になりやすく、外注に依存した状態には注意が必要です。ここでは、オウンドメディアをライターに外注するデメリットについて解説していきます。

 

外注費用がかかる

 

ライターに外注する以上、外注費用がかならず発生します。依頼する量や業務範囲によって明確な金額は変化しますが、ライティングの目安となる費用相場は以下のとおりです。

 

  • 簡単なリサーチで執筆可能なジャンル:1文字0.5円〜
  • ある程度の知識が必要なジャンル:1文字2.0円〜
  • 専門的な内容:1文字3.0円〜10,0円

他にも1記事5,000円〜など、記事単価制もあります。安い業者やフリーライターに依頼すれば費用は抑えられますが、その分質が低いこともあるため注意しましょう。

質の低い記事コンテンツでは一切集客効果を得られないこともあり、外注するからには高い費用を支払ってでも質の高い記事制作をおすすめします。

 

ライター探しに時間がかかる

 

記事制作を外注するには、制作物の質や依頼する業務範囲など確認する項目が多く、適正なライターを見つけるまでには時間がかかります。

 

特にオウンドメディアの場合、制作したコンテンツの成果はデータの推移を確認する必要があり、すぐには判断できないことが多いです。

 

成果物のクオリティを判断するにおいても、完成した複数の記事から見極める必要があります。

 

したがって依頼したライターの質を確認することは簡単ではなく、時間をかける必要があると認識しておきましょう。

 

社内にSEOのリテラシーがたまならい

 

自社内にSEOの知識や経験がない場合ライターの外注はメリットとなりますが、同時に社内でリテラシーがたまらないデメリット要素もあります。

 

依頼する作業範囲が広ければ広いほど社内で得られる経験は少ないため、外注に依存してしまうとも考えられるでしょう。

逆に社内でノウハウが確立できれば、外注に頼らずとも運営することや、最低限の業務のみを外注する選択が取れます。SEOの専門家に依頼する必要もないため、通常のライターと比べてもコストを抑えた運営が可能です。

そのため丸投げで外注するのではなく、自社内でもノウハウを蓄積できるような運営を目指しましょう。

 

関連記事: SEO対策を自社で行うためには?ポイントと外注した方がいいケースをご紹介

 

オウンドメディアライターの探し方 

 

オウンドメディアの外注ライターを探すには、以下の方法が存在します。

 

  • 自社サイトで募集する
  • SNSを活用する
  • クラウドソーシングサービスを利用する
  • 制作会社に依頼する

各々、解説していきます。

 

自社サイトで募集する

 

まず1つ目の探し方が、オウンドメディアを活用しライターを募集する方法です。

オウンドメディアをそのまま活用するため、ライターはサイトに何かしらの共感を持ち応募してくるケースが多いといえるでしょう。そのためライターとのマッチング率が高く、長期的な関係性を築きやすいことがメリットです。

しかしオウンドメディアで募集するにはそれなりのアクセスが必要なため、サイトを立ち上げたばかりや、そもそもアクセスが伸びずに悩んでいる場合には活用できません。

また、たくさんの応募には期待が持てないため、あくまでサブ的な探し方として活用することをおすすめします。

 

SNSを活用する

 

2つ目の探し方が、SNSを活用して求人情報を発信し、ライターを募集する方法です。

 

費用をかけずにライターと直接つながれるため、どの企業にもおすすめの方法といえるでしょう。またオウンドメディアとは異なりSNSでは拡散力を活かせるため、ハッシュタグを活用することで多くのユーザーへアプローチできます。

 

よく活用されるハッシュタグはこちら。

 

  • #ライター募集
  • #webライター

ただしSNSの活用履歴が少ないと企業の信頼度が低いため、ある程度はフォロワー数や投稿数が必要です。したがって日頃から情報発信するなど、オウンドメディア運用とは別の手間を考えなければいけません。

 

クラウドソーシングサービスを利用する

 

3つ目の探し方が、クラウドソーシングサービスを利用した方法です。主要なクラウドソーシングサービスはこちら。

 

  • Lancers
  • CrowdWorks

仕事を募集しているライターが多く登録しており、効率よく外注ライターを見つけられる点が強みです。またクラウドソーシングサービス上でやり取りを行うため、ライターの取引数や評価を把握しやすいことが特徴になります。

ただし直接契約が行えないなど、社内でライターを囲い込めない点がデメリットです。契約するライターによっても対応可能な記事数が異なるため、記事制作の安定化が難しいといえるでしょう。

 

制作会社に依頼する

 

4つ目の探し方が、編集プロダクションや記事制作代行の会社に依頼する方法です。

専門性の高いプロのライターが在籍しているため、確実に高品質な記事制作を行う場合にはおすすめの方法になります。またSEOに関する業務も対応可能なため、ライティングだけではなくキーワード選定や効果測定を依頼する際には有効です。

ただし他の方法と比べて費用は高額になりやすく、長期的な依頼は負担が大きくなります。したがって記事数や期間を定めてから依頼することをおすすめします。

 

オウンドメディアライターへ外注する時のポイント

 

ライターへの外注時は、質の高いコンテンツを制作するためにも本契約前のトライアルや、依頼する際のマニュアル共有が大切です。また質の安定化を目指すうえでは、長期間にライターと取引を行うことや、制作物を段階的に確認するなどの対応を行いましょう。

 

ここでは、ライターへ外注する時のポイントについて解説していきます。

 

本依頼前にトライアルを行う

 

外注ライターに依頼する際は、まずはトライアルとしてテスト発注から行いましょう。

よくある失敗例が、ライターに大量発注をしたものの、求めるものと大きく違ったコンテンツが提出されてしまうケースです。

コンテンツの質は応募段階のポートフォリオからでも確認できますが、実際の成果物から判断することが最も確実な方法といえるでしょう。執筆ジャンルが異なることで、制作物の質が変化することも考えられます。

ライターにとっても企業の執筆方法が適さないこともあるため、相性を見極めるうえでもトライアルを挟むことをおすすめします。

 

マニュアルを共有する

 

外注ライターに依頼するうえで重要なことが、社内で作成したマニュアルの共有です。

ライティングと一口にいっても、執筆方法はライターによって異なります。人によって執筆のクセも存在するため、軸となる執筆ルールは定めておくようにしましょう。

マニュアルの項目例はこちら。

 

  • 改行の間隔
  • です・ます調、だ・である調の文体
  • 言葉の表記
  • 箇条書き・図の使用方法

マニュアルが丁寧に作成出来ている場合は、どのライターに依頼してもある程度の質が維持できます。最終的な修正の手間を減らすことにもつながるため、時間をかけてもマニュアルや指示書は作成しましょう。

 

 

できるだけ長期的に付き合う

 

前述でも触れましたが、外注ライターを探すには時間や手間がかかるため、本契約を結ぶライターとはできるだけ長期的に付き合いましょう。

実際、成果物からオウンドメディアへの成果を判断するには、コンテンツの公開後数ヶ月は必要です。

またマニュアル通りのライティングを実現することも数回程度では難しく、数ヶ月の付き合いではじめて理想に近づくといえるでしょう。

そのため数回の取引や数週間という短い期間でライターを変更せず、半年から1年と長期間を見据えた付き合いが重要になります。

 

段階的に自社内で確認する

 

外注先によっては、記事構成やライティング、そして投稿作業までを丸投げで依頼するケースもあるでしょう。しかしすべてを丸投げするのではなく、段階的に自社内で確認するようにしましょう。

仮に投稿作業後の最終的な確認のみの場合、そもそもの記事構成が要望とズレていたとなっては、最初から制作し直す必要があります。自社とライター両方の負担となり、無駄な手間につながってしまうでしょう。

したがって記事構成後に一度確認、ライティング後の投稿作業前に一度確認など、修正を行う可能性がある場合には即座に対応できる状態作りが重要です。

 

まとめ

SEOコンサルタント本記事では、オウンドメディアでライターを外注する方法や作業範囲について解説してきました。ライターの外注化を行ううえでは、自社に適したライターの確保が重要です。近年ではSNSやクラウドソーシングのユーザーが増えているため、比較的かんたんにライターを見つけられるでしょう。しかしライターによってコンテンツのクオリティは異なるため、適切な見極めが重要です。したがって質の高いコンテンツ制作を考えた場合には、費用を支払ってでも制作会社などのプロへ依頼することをおすすめします。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

 

 

 

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事

  • 03-5394-8107
  • お問い合わせ・ご相談はこちら