WEBサイト制作とは?WEBサイトを制作する時に必要な基礎知識と方法を具体的に解説

WEBサイト制作とは

企業向けのWEBサイト制作では、会社のホームページをはじめ、オンラインショップなどのECサイトや販促につなげるLPなどの制作を行います。古くからある老舗の小さな商店でも、起ち上げたばかりの社長一人の小さなベンチャー企業であっても、ホームページやオンラインショップが求められる時代です。

WEBサイトがあれば消費者や取引先から信頼を得られるだけでなく、小さな企業や歴史や実績の浅い企業でもビジネスチャンスにつながる重要なツールです。もっとも、WEBサイト制作には費用や手間、時間がかかるだけでなく、制作のための知識やスキルも欠かせません。

 

SEOコンサルタント初めてのWEBサイト制作ほど、コストは抑えたいところです。また、WEB集客を考え最初からSEO対策ができるWEB制作が好ましいです。この記事では自社に合ったWEBサイト制作に向け、その手段やツールの紹介、外部に依頼する場合のおすすめの制作会社について紹介していきます。

 

WEBサイトを制作するには

WEBサイトを制作するには、専門知識や技術を学んで一から自作するか、CMSなどでツールを使いこなして制作するか、サイト制作ができる人や制作会社に依頼するか方法はいくつもあります。

 

自分でWEBサイトを制作できるようになりたい場合、どのように学び、どのくらいで制作できるようになるかは、その人の得手不得手にもよります。たとえば、書籍やネットの情報を参考に独学でスタートし、1ヶ月程度でプロレベルのWEBサイトを制作できるようになる人もいます。一方で、100万円近い費用を払ってWEB制作の専門スクールに通っても、何ヶ月かけてもスキルを習得できず、自作できない人も少なくありません。

 

得意分野であるかをはじめ、スキルを習得したいという熱量、集中力やかけられる時間なども影響します。また、一から自分で作るのではなく、比較的簡単な操作でサイトが制作できるCMSなどのツールを使う方法もあります。もっとも、この場合も、ツールを使いこなせるかは人によって差が生じるのが特徴です。

どうにか形ができるレベルの人から、見た目や内容も充実できる人まで、仕上がりのレベルに差が出ます。もし、自分で制作したい場合には自分の得意分野や興味の度合いを踏まえ、一から制作できるようになりたいのか、それともツールを使いこなせるレベルになりたいのか考えましょう。

 

WEBサイト制作にはどんなスキルが必要か

WEBサイト制作には、さまざまな知識やスキルが求められます。単に良い見た目に作り上げるだけでなく、集客や販売、認知度アップなど、サイト制作の目的を達成させるには、SEO対策の知識やUIやUXなどのスキルに加えWEBマーケティングの知見によるWEBデザインも必要です。

 

まず制作面では、HTMLと呼ばれるWEBサイトの骨格を作るための言語の習得が欠かせません。次に骨格に装飾を付けていく、CSSと呼ばれるプログラミング言語も必要です。
WEBサイトに動きをつけたいなら、JavaScriptの習得が求められます。WEBサイトは見た目の印象も大切なため、デザイン力も必要です。

 

カラーコーディネートを学ぶことやSEO対策を意識したうえで、目的に合ったWebデザインを制作します。デザインをWEBサイトに落とし込むためには、IllustratorやPhotoshopなどのアプリケーションを使いこなせるようにならなくてはなりません。

さらに、WEBサイトを管理するためのCMSを操るスキル、リリースして運用していくためのサーバー設定のスキルなども求められます。ドメインやサーバーに関する基本的な知識は必要です。また、最終的にはWEB集客に成功しなければいけないので、WEBサイトのアクセス力を上げ、コンバージョンを高めていくためには、SEO対策の知識やスキルも必要です。

 

WEBサイト制作に必要となる準備

WEBサイト制作のスキルやノウハウが身についただけでは、中身ができあがりません。WEBサイトで企業やブランド、商品やサービスを紹介するための情報を用意することが必要です。
内容のことをコンテンツと呼びますが、SEO対策のためにもコンテンツの充実が求められます。検索エンジンに高品質で推薦したくなるサイトと認識してもらうのはもとより、実際に訪れたユーザーが求める情報を得て、納得することや商品やサービスの購入や利用につなげるためにも、必要な情報を提供しなくてはなりません。
そのために、企業概要や事業内容を説明することや商品やサービスを紹介する文章、商品画像やオフィスの画像、社長やスタッフの顔写真など、さまざまなコンテンツを準備しておくことが必要です。
SEO対策を意識したキーワードを設定し、キーワードにもとづき、ユーザーが求める内容で文章をSEOライティングしなくてはなりません。文章や画像の準備も、自分や自社のスタッフが対応するのか、それともプロのライターやフォトグラファーに制作や撮影を依頼するのかも検討が必要です。また、会社のロゴマークやオリジナルキャラクターなどを掲載したい場合には、ロゴマークやキャラクターの準備も必要となります。

 

WEBサイト制作の基本的な流れ

WEBサイト制作は、自作するのか、制作会社など外部に依頼するのかでも流れは異なりますが、両者に共通する基本的な流れをご紹介します。

  1. 企画・設計フェーズ
  2. 制作フェーズ
  3. 公開フェーズ

大きく3つのフェーズに分けることができます。

企画・設計フェーズ

企画とサイト設計のフェーズではまず、制作したいサイトの目的や方向性、ターゲットなどを明確化します。どんなサイトを作るのか、何を目標にするのかサイトコンセプトを決定します。

サイトコンセプトが決まったら、競合サイトを調査します。どんなデザインにするかを検討し、どんなメニューをどう配置するかを考えます。サイト全体のサイトマップの作成に入ります。

そして、コンテンツや画像、イラストなど掲載したいものを準備します。素材が準備できたら、制作に取り掛かります。

 

制作フェーズ

制作フェーズでは、ローカル環境でサイト制作を進めるのか、仮のドメインでオンライン上でサイト制作を進めるのか決めます。オンラインで制作を進める場合、本番環境と同じサーバーとネット環境でサイト制作を進めればより実践的なサイト制作が可能です。サーバーとドメインの取得を行います。サイトを表示させるためのアドレスを得るためにドメインを選定して契約をし、サーバーとドメインを紐づけます。

デザインが完成したら、ページコーディングに入ります。システムが必要なサイトであればシステムの実装も行います。オンライン上で仮のドメインや本番とは違うドメインでサイト制作を進める場合、BASIC認証やNO INDEXを必ずして構築を進めましょう。

サーバーで動くプログラムを開発する場合、サーバーサイド構築を行い、サーバーでプログラムが動くように必要なOSなどをインストールして、各種設定を行うことが必要です。

ここまできたら、実際にインターネット上に表示できるかテストを行います。想定通りに表示されるか、想定通りの動作ができるかを細かくチェックし、表示の乱れや動作の乱れがあれば、修正しなくてはなりません。問題なく表示され、動くようになったら、リリース日を決めます。

公開フェーズ

サイト制作が完成したら、いよいよ本番環境へのアップ作業です。本番ドメインにデータをのせてサイト公開します。サイト規模にもよりますが、ファイルの移設とデータベースの移設が必要になります。すべてのタブレットやデバイスで問題なく表示されているか確認します。リリース後はサイトの保守運用に入ります。

 

WEBサイト制作の代表的な方法

WEBサイト制作の代表的な方法として主に3つの方法をご紹介します。
それぞれの特徴とメリット、デメリットをご紹介しますので、どの方法が自社に合っているのか、予算やスキル、人材、制作期間やリリースしたい日などに合わせて選びましょう。

 

1.無料で自作

制作コストを抑えたい場合で、ご自身や社内のスタッフにサイト制作のスキルがある方がいれば、自作するのが最も低コストです。経営者などが自分で制作する場合、制作している時間はほかの仕事ができなくなります。また、業務後の夜間や休日に寝る間を削って制作する必要があるかもしれません。自作の場合、こういった機会コストが発生します。
社員に制作してもらう場合も人件費が発生しますが、通常業務の合間に残業しない程度に制作してもらえば、余分なコストはかかりません。この点、一から学ぶという場合には書籍代やスクール代などのコストが発生します。コストをかけたくないなら、無料のサイト制作ツールを用いましょう。

ホームページビルダーやCMSの制作は、イメージ的には、SNSが流行る前に多くの方が使っていたブログサイトでブログを制作する操作を少し難しくした感じです。流れとしてはテンプレートを選んで、コンテンツを入れ込んでいく形が多いです。仕上がりはシンプルで、あまりデザイン性は高くできません。コストをかけずに無料ツールを利用したのもわかってしまいます。ご自身に知識がないとSEO対策ができないため、せっかく作ってもアクセスしてもらえないリスクがあります。

無料で作れるホームページビルダーには、jimdoWixがあります。後述します。

 

2.フリーランスに安く依頼する

自作は手間がかかりすぎる、無料でも時間や勉強代というコストがかかると思った時に、少しでも低コストで外部に依頼したいなら、フリーランスのWEBサイト制作者を探して依頼しましょう。もっとも、フリーランスといっても料金はピンキリです。制作実績が豊富で経験が長く、自分に自信がある方ほど料金は高めに設定されます。一方、経験が浅い方やフリーランスとして独立したばかりで仕事を得たい方、学生さんなどなら、安く請け負ってくれるケースも少なくありません。経験が浅いから仕上がりが悪いわけではなく、年齢や経験を問わず、能力が高い方は美しいデザインに仕上げてくれます。ただし、打ち合わせ時のヒアリング力やSEO対策などの面では、制作実績が豊富な方やフリーランスになる前の経歴によって差が出ます。

フリーランスを探すなら、クラウドワークスランサーズがあります。後述します。

 

3.WEB制作会社に依頼する

WEB制作会社の場合、企画の段階から制作、運用サポートまで依頼することが可能です。プロなので、SEO対策をはじめ、デザイン力も高くコンテンツ制作までサポートしてくれます。
もっとも、WEB制作会社は自作やフリーランスに比べてコストが高く、制作会社によっても差が生じやすいです。
また、制作工程にも気を払いましょう。すべてを自社の社員で行っているケースもあれば、WEBデザインやコーディング、ライティングなどを下請会社やフリーランスにアウトソーシングしているケースもあります。大手の有名な会社だから費用が高くても仕方がないと思っていたら、実はアウトソーシングによる中間マージンが上乗せされている可能性があります。
もっと安いコストで、同等レベルのWEBサイトを制作できる可能性もあるため、どのように制作しているのかも含めて、費用対効果を考えることがおすすめです。

 

無料でWEBサイトを制作できるツールの紹介

実は、無料でWEBサイトを制作できるツールがインターネット上にあふれています。
知識やスキルがなくても、見様見真似で制作できるツールや勉強しながら、より良いサイトが作れるツールなどがあるので、コストを可能な限り抑えて、自作にチャレンジしたい方はチェックしてみましょう。

 

wordpress(ワードプレス)

wordpress

https://wordpress.com/ja/

世界のWEBサイトの43%がwordpressで制作されていると言われるほど、WEBサイトの制作ツールとしてメジャーです。コードを書くスキルがなくても、マニュアルを見ることもなく、誰でもWEBサイトを作れると人気のツールです。

 

WIX(ウィックス)

wix

https://ja.wix.com/

多彩なテンプレートから好きなものを選んで編集することやAIを用いた自動作成ツールで簡単にWEBサイトが制作できます。オンラインストアに必要な各種機能や予約システムなどの搭載も容易です。

 

JIMDO(ジンドゥー)

jimdo

https://www.jimdo.com/jp/

個人事業主に選ばれている無料ツールで、世界で3,200万以上のWEBサイトが制作されています。短時間で作成できるAI自動作成ツールや一から自分でデザインできるツールなどがあります。

 

CLOUD LINE(クラウドライン)

cloudline

https://cloud-line.com/

誰でも簡単にホームページやメールフォーム、写真ギャラリーなどが作成でき、SEO対策の適用やアクセス解析もしやすいツールです。スマホやタブレット用のサイトも自動作成されます。

 

Ameba Ownd

ownd
https://www.amebaownd.com/

簡単にホームページやブログサイトが作れるほか、サクサクと商品登録を行え、おしゃれなオンラインストアも気軽に作成することが可能です。

 

Google Sites

googleworkspace
https://workspace.google.co.jp/intl/ja/products/sites/

デザインやプログラミングができなくても、簡単操作でパソコン版とスマホ版に自動対応するサイトが作成できます。

 

無料でLP制作できるサービス

ホームページよりも、まずは売れるための仕組みを作りたい、商品やサービスを試してもらって認知度や信頼を高めたい場合は、LP制作から始めるのもよいです。
LP(ランディングページ)はホームページと異なり、1ページだけのサイトです。そのため、WEBサイト制作ツールとは別に、LP専用の無料制作サービスを利用するのが良いでしょう。

 

ペライチ

ペライチ
https://peraichi.com/

通常のプランは有料ですが、ペライチの広告が表示される1ページだけのスタートプランなら無料で利用できます。

 

STUDIO

studio
https://studio.design/ja

無料のフリープランは独自ドメインとの接続はできませんが、デザイン作成機能やアニメーション機能など、LP作成に必要な機能は永久無料で使えます。

 

無料でECサイト制作できるサービス

地方の小さなお店だけれど、全国の人に販路を拡大したい、店舗は持たず、低コストに販売を行いたいなど、オンラインショップを運用したいなら、無料でECサイト制作できるサービスを利用するとスムーズです。商品の掲載や更新から、作りこみが難しいカート機能、決済機能なども簡単に装備できます。

 

BASE(ベイス)

base
https://thebase.in/

オンラインショップの開設実績、5年連続(2022年10月時点)ナンバーワンの実績を誇ります。スタンダードプランは無料でオンラインショップの開設、運営ができ、商品が売れて初めてサービス利用料と決済手数料がかかる仕組みです。

 

Stores.jp

store
https://stores.jp/

オンラインストアやネット予約システムが簡単に作成でき、キャッシュレス決済機能やPOSレジとオンラインストアの在庫連携、店舗アプリの作成も、スキル不要で簡単にできます。

 

フリーランスのWEB制作者を探したいなら

自分や自社のスタッフで行うのは無理で、時間や能力的に限界があるけれどなるべく低コストで依頼したい場合や個性的なデザインのサイトを求めるなら、フリーランスのWEB制作者を探しましょう。
ネットで行き当たりばったりに検索するのではなく、下記のマッチングサイトを利用することで、条件に合ったフリーランスのWEB制作者を探せます。

 

CrowdWorks(クラウドワークス)

crowdworkshttps://crowdworks.jp/

プロフィールや発注を受けたい仕事を登録しておくだけで、最短1分で依頼が入ると評判です。
全国78万社が利用しており、大手企業から政府機関などから仕事の依頼が入る可能性も期待できます。

 

Lancers(ランサーズ)

lancershttps://www.lancers.jp/

大手企業をはじめ、40万社以上から仕事の依頼が入る可能性が期待できます。
企業のプロジェクト募集に見積もりを提案することやコンペに参加して競うことも可能です。

 

Coconala(ココナラ)

ココナラ

https://coconala.com/

仕事の提供はすべてオンライン完結で、対面で出向く仕事以外に最適です。
商品やサービスの販売時の決済はココナラが仲介してくれるので、安心して取引できます。

 

フリーランス名鑑

フリーランス名鑑

https://freelance-meikan.com/

プロフィール登録のほか、ブログ機能を用いて、自分の仕事やスキルなどの情報発信ができ、企業から直接依頼をもらうことが可能です。

 

プロのWEB制作会社を探す

多少のコストをかけても、プロの制作会社に依頼して手間を省きたい、成果の出るWEBサイトにしたいなら、プロのWEB制作会社を探すのがおすすめです。
こちらもインターネットでキーワード検索するより、制作会社の紹介サイトやマッチングサイトを利用したほうがスピーディーです。

 

WEB幹事

WEB幹事

https://web-kanji.com/search

全国にある約6,500社(2022年10月時点)の制作会社から、希望条件などを指定して検索できます。
特定の業界のサイトに強い、採用サイトに強い、SEO対策に強いなどの特徴から選べます。

 

比較BIZ

比較bizhttps://www.biz.ne.jp/

さまざまな業界の企業が登録されているので、WEB制作会社のジャンルを選んで、登録されている企業を比較検討することが可能です。
2022年10月時点で約1,200社の登録があります。

 

アイミツ

アイミツ

https://imitsu.jp/

幅広い101種の業種が登録されているので、ホームページ制作のジャンルを選んで制作会社を探せます。

 

SEOを見据えたWEBサイト制作が重要

どんなに頑張って自作しても、費用を抑える工夫を凝らしても、せっかく制作したWEBサイトへのアクセスが少なく、商品購入やサービス申し込み、店舗への集客など、期待するコンバージョンがあがらないのでは意味がありません。コストを抑えたつもりが、機会損失が増え、かえってコスト高につながります。

店舗を持たず、オンラインショップのみでやっていこうとする場合、SEOで成功しSERPs(検索結果)で上位表示しなければ、サイトへのセッション数が増えません。

コストがかかったとしても、しっかりとSEO対策をして、目標とするコンバージョンが達成できるサイトのほうが、実はコストパフォーマンスに優れています。費用や時間を無駄に浪費するのを防ぐには、SEO対策をしっかり行ってくれるWEB制作会社に依頼するのがおすすめです。

 

SEOに強いWEB制作会社は、フリーランスに比べ、SEO対策専門のスタッフがいる場合や専門の部署やチームがあるなど、SEO対策のノウハウが蓄積されています。デザインの美しさだけでなく、SEO対策を踏まえたコンテンツ制作の提案やアドバイス、ユーザーに使いやすいUIとUXなどを提供してくれます。

WEBサイト制作会社でも、SEO対策のレベルに差があるため、弊社(東京SEOメーカー)のようにSEO対策に自信を持ち、親身にコンサルティングをしてくれ、サイトリリース後もフォローしてくれるところを探しましょう。

 

 

まとめ

SEOコンサルタントWEBサイトの制作方法は、無料ツールを活用して自作するか、比較的低コストのフリーランスに依頼するか、費用をかけてプロの制作会社に依頼するのが主な方法です。
サイト制作の目的や目標を達成するために、SEOを見据えた成果の出るWEBサイトを制作したいなら、費用をかけてもプロに依頼したほうが、コストパフォーマンスは高いです。もちろん、おすすめは東京SEOメーカーです。SEOに強いWEB制作が可能です。WEB制作もお気軽にお問い合わせください。

 

 

この記事の監修者

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、11期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで2000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事