Googleキーワードプランナー以外の無料キーワードリサーチツール10選

Googleキーワードプランナー以外のツール この記事は、ahrefs blog(ahrefs.com)に掲載された以下の記事を、ahrefsの許諾を得て日本語化したものです。

 

10 Free Keyword Research Tools (That Aren’t Google Keyword Planner)

勝つためのキーワードを見つけたいが、有料ツールを使う予算がない?

 

Googleキーワードプランナーは、このような場合に最適です。任意の「種」となるキーワードを入力すると、大量のキーワード候補と検索ボリュームを見ることができました。

大量のキーワード候補と検索ボリューム

しかし、Googleはその後、これらの数字を範囲内に制限しています。

これらの数字を範囲内に制限

AhrefsのKeywords Explorerのようなツールを使えば、実際の検索ボリュームやその他多くのSEOの指標を表示することができます。

 

しかし、もしあなたがSEOを始めたばかりで、SEOツールにお金を払うことを正当化できない場合はどうすればいいでしょうか?

 

ここでは、投資ゼロでSEOを開始できる無料のキーワードツールをいくつかご紹介します。

 

  1. Google Trends
  2. Keyword Generator
  3. Keyword Sheeter
  4. Answer the Public
  5. Keyword Surfer
  6. Keyworddit
  7. Google Search Console
  8. Questiondb
  9. Bulk Keyword Generator
  10. Google

 

キーワード調査は初めてですか?:キーワード調査の初心者向けガイド

 

それでは、それぞれのツールについて詳しく見ていきましょう。

 

 

この記事は初心者のためのキーワード調査ガイドの一部です。

 

1. Google トレンド

Googleトレンドは、あるキーワードの相対的な検索人気を時系列で可視化します。

 

例えば、「コスプレ」という言葉を過去5年分見てみると、毎年10月に人気が急上昇していることが分かります。

毎年10月に人気が急上昇

これは、ハロウィンのせいです。

 

しかし、これがキーワードリサーチにどう役立つのでしょうか?

 

手始めに、コンテンツカレンダーの計画を立てるのに役立ちます。あなたがオンラインでコスチュームを販売していると仮定しましょう。毎年9月から10月にかけて、「20XX年の最も恐ろしいハロウィン・コスチューム10選」のリストを公開または再公開することは、完全に理にかなっています。

 

あまり目立たない例ですが、こんな感じです。

あまり目立たない例ですが、こんな感じ

アップルが新しいiPhoneを発表する毎年9月には、「iPhoneのスペック」に対する関心がピークに達する。

 

もしあなたが技術系のブログを運営しているならば、毎年9月に関連する記事を更新し、再掲載することは意味のあることでしょう。

 

コンテンツカレンダーに限らず、トレンドは間違ったキーワードをターゲットにすることを避けるのに役立ちます。

 

次の2つをご覧ください。

次の2つをご覧ください

もし、これらのキーワードのうち1つしかコンテンツを作れないとしたら、あなたはどちらを選びますか?検索ボリュームの多いものを選びますよね?

 

そうではありません。なぜなら、検索ボリュームは何ヶ月、何年にもわたって平均化されたものだからです。

 

Google Trendsで過去12ヶ月間のデータだけを見ると、最近「アップルウォッチ シリーズ5」の検索数が「アップルウォッチ シリーズ3」の検索数を抜いていることが分かります。

「アップルウォッチ シリーズ3」の検索数を抜いている

もしあなたがeコマースストアを運営しているとして、これらのキーワードのうち1つを優先しなければならないとしたら、それはほぼ間違いなく “apple watch series 5” でしょう。

 

結局のところ、シリーズ3の検索数は時間が経つにつれて減っていく一方なのです。

 

おすすめ記事

 

2. Keyword Generator

Keyword Generatorは、任意の軸キーワードに対して最大150のキーワードアイデアを見つけます。

 

例えば、「ビットコイン」を検索すると、その単語を含む100個のキーワードとその月間推定検索ボリュームが表示されます。

その単語を含む100個のキーワードとその月間推定検索ボリューム

また、50の質問型クエリのリストも見ることができます。

50の質問型クエリのリスト

また、各リストの最初の10キーワードについては、KD(Keyword Difficulty)スコアも表示しています。これは、ランキングの難易度を0~100の間で推定する数値です。一般的に、これが高いほど、ランクインするために多くのバックリンクが必要になります。

 

参考:キーワード難易度(KD)はバックリンク以外を考慮しない。ランキングの難易度を評価する際には、コンテンツの品質、検索意図、ウェブサイトのオーソリティを考慮することが重要です。詳しくはこちらの記事でご紹介しています。

 

検索ボリュームとKDスコアは、選択した国(デフォルトでは米国)に対する相対的なものであることに注意してください。

 

他の国でのランキングを希望する場合は、ドロップダウンから170以上の国のいずれかを選択するだけです。

ドロップダウンから170以上の国のいずれかを選択するだけ

また、キーワードジェネレータを使えば、Bing、YouTube、Amazonのキーワードアイデアを見つけることができます。ページの上部にある検索エンジンを切り替えるだけです。

ページの上部にある検索エンジンを切り替える

参考:Keyword GeneratorはAhrefsの無料SEOツールだけではありません。その他のツールはこちらでご覧いただけます。

 

3. Keyword Sheeter

Keyword Sheeterは、Googleから何千ものオートコンプリート候補を引き出します。

 

開始するには、1つ以上の軸キーワードを入力し、”Sheet keywords “をクリックします。

"Sheet keywords "をクリック

キーワードのアイデアを素早く大量に生み出したいなら、このツールは最適です。1分間に約1,000件のアイデアを抽出し、ワンクリックで結果を無料でエクスポートすることができます。

 

Keyword Sheeterの唯一の欠点は、かなり基本的なものであることです。

 

検索ボリュームやトレンドデータは表示されませんし、Keyword Plannerのようにキーワードをグループ化することもできません。

 

しかし、もう一つ注目すべき機能があります。それは、ポジティブフィルターとネガティブフィルターです。

 

この機能を説明する最も簡単な方法は、例を示すことです。では、ポジティブ・フィルターに「How」を追加してみましょう。

"Sheet keywords "をクリック ポジティブ・フィルターに「How」を追加

これで、”How “という単語を含むクエリ、つまり、ブログのネタになりそうな情報系のキーワードだけが表示されるようになりました。

 

ネガティブ・フィルタはその逆で、特定の単語を含むクエリを除外するものです。

 

これは、無関係なものを排除するのに有効です。例えば、技術系のブログを運営していて、「apple」の検索結果をスクレイピングする場合、果物ではなく、Appleという会社に関連するキーワードだけを表示したいと思うでしょう。

 

そのため、「pie」、「crumble」、「fruit」、「cider」などのキーワードを除外することができます。

「pie」、「crumble」、「fruit」、「cider」などのキーワードを除外

もっとキーワードのアイデアをお探しですか?

Ahrefsのキーワードエクスプローラーのフレーズマッチレポートをお試しください。

キーワードエクスプローラー > キーワードを入力 > フレーズマッチ

キーワードエクスプローラー > キーワードを入力 > フレーズマッチ

キーワードエクスプローラーは、より多くのキーワードのアイデアを引き出すだけではありません。月間の検索ボリュームやキーワード難易度(KD)などのSEO指標も表示されます。

4. Answer the Public

Answer the Publicは、質問、前置詞、比較、アルファベット、および関連する検索を行います。

 

難しい?それでは、一つずつ説明していきます。

 

まず、「種」となるキーワードを入力します。ここでは「プロテインパウダー」とします。

ここでは「プロテインパウダー」とします

最初に表示されるのは、質問です。

 

これらは、who, what, why, where, how, which, when, are, and isを含む検索クエリです。

 

  • どのプロテインパウダーが一番おいしいですか?
  • プロテインパウダーはどのように作られるのか?
  • プロテインパウダーは太りやすいですか?
  • プロテインパウダーの賞味期限はいつですか?

 

デフォルトでは視覚化されたリストが表示されますが、通常のリストに変更することも可能です。

通常のリストに変更することも可能

次は、命題-すなわち、for, can, is, near, without, with, and toです。

 

これらは、[seed] [preposition] [______] 形式に当てはまる検索クエリです。

 

  • 炭水化物抜きプロテインパウダー
  • プロテインパウダー(体重増加用
  • プロテインパウダーは安全か?

 

次に、versus、VS、and、like、orがあります。

 

ここでも、形式は [seed] [comparison] [______] です。

 

  • プロテインパウダー対肉
  • プロテインパウダーか鶏胸肉か
  • プロテインパウダー like quest

 

そして最後に、alphabeticalsとrelatedです。

 

アルファベット順は、Googleのオートコンプリートによる候補です。

そして、関連は、まあ、誰にもわからない。

 

私の経験では、関連カテゴリのサジェスト数は、ほとんど常に〜20です。これらのキーワードをどのように導き出すのか、私にはわかりません。しかし、時折、珠玉のキーワードが戻ってくるのです。

 

しかし、ATPはどこからデータを得ているのでしょうか?

 

私たちが知る限り、それはGoogle Keyword PlannerとGoogle autosuggestでしょう。

 

参考:すべてのデータはCSVでエクスポート可能です。登録やログインは必要ありません。

 

より多くの質問タイプの提案をお探しですか?

Answer the Publicでは、”cat “というフレーズに対して160の質問型クエリが表示されます。

同じ種をAhrefsのキーワードエクスプローラに差し込むと、626,768のキーワードが得られます。

626,768のキーワードが得られます

もちろん、私たちはここでビッグデータの力を発揮しています。多くの人は、「Answer the Public」で十分すぎるほどのキーワード候補を得ることができます。しかし、サイトの規模が大きくなれば、Keywords Explorerを利用することができます。

5. Keyword Surfer

Keyword Surferは、Googleに入力されたあらゆるクエリの推定グローバル検索ボリュームと推定月間検索ボリュームを表示する無料のChrome拡張機能です。

無料のChrome拡張機能

参考:Keyword Surferは、Keywords Everywhereと呼ばれる別の人気拡張機能とほぼ同じように機能する。このツールは以前は無料でしたが、最近、有料モデルに切り替わりました。Keyword Surferの開発者は、このツールを “100%無料で、永遠に “維持することを約束している。

 

今現在、Keyword Surferは19カ国のローカル検索ボリュームの見積もりを表示している。この中には、米国、英国、カナダ、ブラジル、フランス、ドイツが含まれている。

 

また、グローバル検索ボリュームのオン/オフを切り替えるオプションも用意されている。

グローバル検索ボリュームのオン/オフを切り替えるオプション

とはいえ、これは本当のグローバル検索ボリュームではありません。現在データベースに登録されている19カ国からの検索数の合計です。

 

この拡張機能では、オートコンプリートの結果に検索ボリュームの推定値を追加することもできます。

オートコンプリートの結果に検索ボリュームの推定値を追加

そして、検索結果に「類似」キーワードを10個表示します。

検索結果に「類似」キーワードを10個表示

唯一の欠点は、検索ボリュームを一括で取得する方法がないことです。

 

とはいえ、一括検索はこの拡張機能の目的ではありません。どちらかというと、ウェブをブラウズしながらクエリを評価するためのものです。

 

6. Keyworddit

Keywordditは、Redditからキーワードのアイデアを引き出すユニークなツールです。サブRedditを入力すると、スレッドのタイトルとコメントをマイニングして、最大500のキーワードを見つけることができます。

最大500のキーワードを見つけることができます

このツールは、ニッチな分野についてほとんど、あるいは全く知らない場合に、素晴らしい出発点となるものです。

 

例えば、パレオダイエットについてのブログを始めたいが、そのトピックについて何も知らない場合、/r/paleoからアイデアを引き出します。

/r/paleoからアイデアを引き出します

などを気にするのがパレオダイエッターだということがわかります。

 

  • 低炭水化物の食事
  • スロークッカーレシピ
  • 牧草で育てられた農産物 など

 

また、そのようなことを説明するためにどのような言語を使用しているかがわかります。

 

アイデアだけでなく、このツールは、各キーワードの推定米国月間検索ボリュームを引き出します。これは、各サブトピックの人気度を知るのに役立ちます。

 

キーワードについてさらに詳しく知りたい場合は、「Context」リンクをクリックすると、キーワードの元となったGoogleのスレッドが表示されます。

キーワードの元となったGoogleのスレッド

コンテンツのアイデアを素早く見つけたいですか?

Keywordditから面白いキーワードをKeyword SheeterやAhrefsのKeywords Explorerに貼り付けましょう。

例えば、「レッドイーストライス」をKeyword Sheeterに貼り付けると、次のようなアイデアが表示されます。

  • レッド・イースト・ライス 効果
  • レッド・イースト・ライスはコレステロールを下げるか?
  • レッド・イースト・ライスは血液をサラサラにする
  • レッド・イースト・ライスはあなたを疲れさせることができます
  • レッド・イースト・ライスは1日にどのくらい摂取すればよいのでしょうか。

これらは、個々のブログの記事として、あるいは「完全な」ガイドとして、良いアイデアかもしれません。

7. Google Search Console

Google Search Consoleは、オーガニック検索におけるあなたのウェブサイトのパフォーマンスを追跡するのに役立ちます。つまり、すでにランクインしているキーワードに関する多くのデータが表示されます。

 

例えば、弊社のアカウントで「検索結果」レポートを見てみましょう。過去3ヶ月間、Ahrefsブログに最も多くのトラフィックを送ったキーワードが表示されています。

Ahrefsブログに最も多くのトラフィックを送ったキーワード

また、「平均順位」と「平均CTR」の列を切り替えてみましょう。これらは、各キーワードの平均順位と平均クリック率を示しています。

各キーワードの平均順位と平均クリック率

このレポートからは、多くの有益な知見を得ることができます。

 

例えば、あるキーワードで3位から10位にランクインしているにもかかわらず、多くのトラフィックを獲得しているとします。新しいキーワードをターゲットにするのではなく、そのキーワードで上位にランクインすることに集中したほうがいいかもしれません。

上位にランクインすることに集中したほうがいい

上位に表示されているにもかかわらずCTRが低い場合、検索結果であなたのページが魅力的でない可能性があります。タイトルタグやメタディスクリプションを改善することで、多くの場合、これを解決できます。

 

しかし、新しいキーワードを見つけるのはどうでしょうか?

 

レポートをCTRの低いものから高いものへと並べ替えます。これにより、ランキングされているにもかかわらず、ターゲットにしていないキーワードが見つかることがよくあります。これらのうち、インプレッション数が多く、クリックスルー率が低い場合は、新しいページでそのキーワードをターゲットにする価値がある可能性があります。

 

例えば、”Googleで最も検索された人 “で8位にランクインしています。

"Googleで最も検索された人 "で8位にランクイン

このキーワードでランクインしているページは、Google検索上位100位までの当社のリストです。

Google検索上位100位までの当社のリスト

これは、このキーワードに準ずる結果でしかありません。モノではなく、最もGoogleで検索されている人についてのブログ記事で上位にランクインする可能性があります。

 

おすすめ記事:SEO対策に役立つGoogle Search Consoleの使い方(初級編)

 

8. Questiondb

Questiondbは、特定のトピックについて人々が質問しているものを見つけます。Redditから取得した4800万件の質問データベースから、これらの質問を抽出します。

4800万件の質問データベースから、これらの質問を抽出

参考:今後、データソースを拡張する予定があります。

 

質問は人気順でソートされていますが、トピックでソートすることも可能です。これは、質問をグループ化することもできるので、超便利な機能です。

 

例えば、「プロテインパウダー」を検索して、トピックでソートしてみましょう。ビーガンプロテインパウダーに関するすべての質問がグループ化されました。

ビーガンプロテインパウダーに関するすべての質問

ケトプロテインパウダーに関するものも同様です。

 

これは、ブログの記事を書くときに、どの質問に答えるべきかを理解するのに役立ちます。

 

回答について言えば、「ソースリンクを表示する」にチェックを入れると、各質問の横にクリックできるリンクが表示されます。これは、スレッドそのものを表示するものです。

各質問の横にクリックできるリンクが表示されます

コメントを閲覧すれば、回答がすぐに見つかることも多いので、内容調査のスピードアップにつながります。

 

すべての質問は、ボタン一つでCSVにエクスポート可能です。

 

9. Bulk Keyword Generator

Bulk Keyword Generatorは、ローカルSEOのためのキーワードリサーチツールです。業種別にキーワードを生成します。

 

開始するには、ステップ1に従い、ドロップダウンから業種を選択します。

ステップ1に従い、ドロップダウンから業種を選択

すると、提供するサービスや製品に関連するキーワードの一覧が表示されます。

 

例えば、業種を「水道屋」にしてみましょう。給湯工事、ガス工事、排水管清掃、排水管改修などのクエリが表示されます。

給湯工事、ガス工事、排水管清掃、排水管改修

現在、これらのサービスを提供しているほとんどの企業は、自社のWebサイトにその旨を記載しています。しかし、多くの場合、このようなサービスタイプのクエリに対して個別のページを作成したり、最適化したりすることはありません。

 

例として、この水道工事会社のホームページを見てみましょう。

水道工事会社のホームページ

排水管リライニングサービスを行っていると書かれているのに、このサービスに関するページがない。その結果、そのような会社より上位にランクされている。

そのような会社より上位にランクされている

ステップ2では、選択したサービスに位置情報(例:ロンドン)を付加します。

選択したサービスに位置情報(例:ロンドン)を付加

しかし、これは人々が実際に検索する方法を反映していないため、特に有用ではありません。

 

例えば、ほとんどのロンドン市民は、”drain relining services in London “とは検索しないでしょう。彼らは、”drain relining” または “drain relining services” と検索するでしょう。Googleはどちらの方法でもローカル検索結果を提供し、後者の方が早いのです。

ローカル検索結果を提供し、後者の方が早い

これは、AhrefsのKeywords Explorerなどのツールで、このような用語のボリュームがほとんどない理由でもあります。

このような用語のボリュームがほとんどない理由

そこで、よりスマートなアイデアをご紹介しましょう。

 

  1. このツールから、あなたのビジネスに当てはまるサービスタイプのキーワードを一握りコピーします。
  2. そのリストをGoogle Keyword Plannerに貼り付けます。
  3. 場所を関連する都市または地域に設定します。

 

例えば、キーワードプランナーに「drain relining」と入力し、場所をノッティンガムに設定します。月間検索回数は10~100回です。

場所をノッティンガムに設定します

10. Google

Googleは、おそらく地球上で最も強力なキーワードリサーチツールです。

 

オートコンプリート機能で、ほぼ無限にキーワードのアイデアを生み出すことができます。しかし、Googleをキーワードリサーチに利用する場合、それは氷山の一角に過ぎないのです。

 

まず、いくつかの検索で表示される「People also ask」ボックスに注目してください。

「People also ask」ボックスに注目してください

これらは、Googleが検索者が質問しており、その答えを知りたがっていることを知っている質問です。

 

そして、ここに簡単なトリックがあります。

 

これらの質問のいずれかをクリックすると、Googleはさらに質問を読み込みます。

Googleはさらに質問を読み込みます

これを続けることで、人々が質問しているほぼ無限のリストを生成することができます。

 

しかし、Googleのキーワードリサーチツールとしての利用は、これだけにとどまりません。

 

例えば、上位に表示させたいキーワードがあるとします。SEO対策にはさまざまな要素がありますが、ひとつだけ確かなことがあります。

 

上位に表示させたいのであれば、コンテンツは検索意図に沿ったものである必要があるのです。

 

言い換えれば、”ダイエット方法 “といったクエリでジムのホームページを上位表示させようとしてはいけません。

 

そのような検索をする人は、購入モードではありません。彼らは学習モードなのです。

 

Googleは、検索意図を理解するための最良の友です。検索結果やSERPの機能の存在を見てください。

 

例えば、私たちがEメールマーケティングツールで、”Eメールマーケティング “というキーワードで上位に表示されたいと考えているとします。

 

このクエリの検索結果を見てみると、2つのことに気づきます。

 

1つ目は、スニペットの存在です。

1つ目は、スニペットの存在

これは、ほとんどの場合、情報提供の意図の表れです。検索者は学習モードに入っており、製品ページではなく、ブログの記事やガイドを見たいのです。

 

次に、初心者向けのガイドがかなり多いことです。

初心者向けのガイドがかなり多いこと1

初心者向けのガイドがかなり多いこと2

初心者向けのガイドがかなり多いこと3

このことから、ほとんどの検索者はメールマーケティングの基本を学びたい、メールマーケティング初心者であることがわかります。

 

ですから、このキーワードで上位に表示させたいのであれば、このようなものを作成すべきなのです。

 

では、「ドレス」のような全く異なるキーワードで検索した場合はどうでしょう。

「ドレス」のような全く異なるキーワード

結果はすべてeコマースの商品ページやカテゴリーページで、Googleはショッピング広告まで表示しています。

Googleはショッピング広告まで表示しています

これは、検索者が購買モードであることを物語っています。

 

結論は?キーワードリサーチツールとして、Googleを見過ごさないようにしましょう。キーワード調査とは、単にキーワードを見つけるだけではありません。誰が検索しているのか、何を見たいのかを理解することです。

 

無料と有料のキーワードツールをどう比較するのか?

単純な話、無料のキーワードツールは、有料のツールに比べれば限界があります。

 

無料ツールに使い道がないわけではありません。しかし、無料ツールで得られるキーワードのアイデアやデータの数は、有料ツールと比較すると常に見劣りします。

 

そのため、有料ツールでは、より深く、より高度なマーケティングリサーチを行うことができます。

 

例として、Ahrefsのキーワードエクスプローラーに「プロテインパウダー」と入力するとどうなるかを紹介します。

「プロテインパウダー」と入力するとどうなるかを紹介

99億キーワードのデータベースから123,000以上の「フレーズ一致」候補を表示します。

 

これほど大規模なデータベースで動作する無料のキーワードツールはありません。

 

また、以下のような膨大なデータポイントも表示します。

 

  • 推定月間検索ボリューム
  • キーワード難易度(KD);
  • クリック数
  • CPC

 

そして、すべてが検索可能で、フィルタリング可能で、数秒で返されます。

 

参考:私たちは、毎月新しいキーワードをデータベースに追加し、検索ボリュームを更新しています。

 

無料のキーワードツールでこれを行うことは、不可能に近いでしょう。

 

さらに、キーワードの競争力について本当の判断を下すには、ランキング上位10ページを分析する必要があります。

 

Googleを使えば、ある程度は可能です。しかし、Keywords Explorerでは、上位10位までの各検索結果について、バックリンクデータとトラフィックの統計データを表示しています。

 

SERP Overviewまでスクロールしてください。

SERP Overviewまでスクロール

参考までに:私たちが知る限り、無料・有料を問わず、他のキーワードツールではこのようなことはできません。

 

まとめ

誤解を恐れずに言えば、無料のキーワードツールでも良いキーワードを見つけることはできます。

 

しかし、そうすることは非常に時間のかかることなのです。そして、時は金なりといいます。

 

Googleのオートコンプリートでクエリを検索している時間は、実は無駄な時間なのです。複数の無料キーワードツールのデータをスプレッドシートにマージするのも同じことです。その時間をコンテンツ制作リンク構築など、より重要なことに使うべきでしょう。

 

さらに、AhrefsのKeywords Explorerのような有料のキーワードツールは、膨大な量のデータで動作します。そのため、競合の少ないキーワードを見つけるのに、より効率的なのです。

 

結論:無料のキーワードツールは使い始めの頃は良いですが、サイトを成長させるにつれ、競合に追いつくために有料のツールが必要になってくるでしょう。

 

何か良い無料キーワード調査ツールはありましたか?コメントまたはTwitterで教えてください。

この記事は、ahrefs blog(ahrefs.com)に掲載された以下の記事を、ahrefsの許諾を得て日本語化したものです。

この記事の筆者:

Head of Content @ Ahrefs (or, in plain English, I’m the guy responsible for ensuring that every blog post we publish is EPIC).

 

joshua Hardwick

 

 

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事