マーケティングはなぜ重要?企業が行うべき今注目のマーケティング5選

マーケティングはなぜ重要?

そもそもマーケティングとは、売れる仕組みを作り、自社の商品やサービスを通して顧客に価値を提供することを指します。

 

そのため、企業が利益を上げるためには欠かせないものとなるのですが、その重要性を理解していない人も多いのではないでしょうか?

 

SEOコンサルタントそこで本記事では、マーケティングの重要性や企業が行うべき今注目のマーケティング5選を解説していきます。

 

 

マーケティングの重要性

 

企業が存続し売上を上げていくためには、マーケティングは欠かせません。さまざまな製品やサービスが存在する今では、自社を選んでもらうための施策が必要となります。

 

自社を選んでもらうためには、自社だけが提供できる顧客への価値を明確化し、正しいアプローチをするという、マーケティングが重要となります。

 

また、インターネットやスマートフォンの普及により、顧客の消費行動が変化してきているため、より一層顧客や時代に合わせたマーケティングが必要となってきています。

 

マーケティングと言ってもさまざまな手法がありますが、自社の製品やサービスをターゲットとする顧客に届け利益を伸ばすためには、複数の観点から分析を行い課題を改善していくことが大切です。

 

企業がマーケティングを行うメリット

 

今の時代、ビジネスを行う上でマーケティングを行う上で必須となっていますが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?ここでは、企業がマーケティングを行う3つのメリットについて解説していきます。

 

メリット1: 価格戦略に依存しない

 

どの企業も同じ価値の商品やサービスを提供してしまうと、価格でしか差別化ができなくなり価格戦略に頼ることになってしまいます。

 

しかし、マーケティング活動を行い、自社の商品やサービスの価値を明確にすることで価格戦略に依存する必要がなくなります。

 

マーケティング活動を正しく行い、顧客にとっての価値み提示することができれば、消費者は価格に納得します。価格戦略に依存しないことで、市場での優位性を確立することができるようになります。

 

メリット2: 潜在顧客にリーチできる

 

マーケティングを行う際には、さまざまな観点から分析を行うため今まで気づくことのできなかった潜在的なターゲット層を発見することができます。

 

企業が売上を上げるためには、顕在層である既存のターゲットだけではなく、新規のターゲットを獲得していく必要があります。

また、競合他社よりも先にマーケティング活動を行うことで、見込み顧客と早期に接点を持つことも可能になります。顧客との接点を多く持つことでより効果的なマーケティング活動を行うことができるのです。

 

メリット3: コスト削減につながる

 

マーケティングとは、売れる仕組みを作ることです。マーケティング活動を通して売上獲得を仕組み化することができれば、プロモーションコストを削減することができます。

 

定量的に数値を計測できるため、効果測定や利益率などを検証しマーケティングの見える化を行うことができます。

 

この見える化を行うことで、自社の課題となる部分を洗い出すことができ、適切に優先順位をつけることができるようになるため、コストを効果的に使えるようなります。

 

企業がマーケティングを行うデメリット

 

マーケティングはビジネスに欠かせないものとなりますが、デメリットもあります。マーケティング活動を実施する際には、デメリットも理解しておくことが重要です。

 

ここでは、企業がマーケティングを行うデメリットについて解説していきます。

 

デメリット1: マーケティングの知識が必要となる

 

マーケティングには、ある程度の知識が必要となります。また、さまざまな手法があるため利用するチャネルで必要となる知識が異なります。

 

たとえば、SNSマーケティングとWebマーケティングではそれぞれSNSと検索エンジンを使用しますが、アルゴリズムが異なるため必要となる知識や対策も異なります。

 

このように、使用するチャネルの仕組みや使い方を理解していなければ、効果的なマーケティングを行うことができません。

 

そのため、企業がマーケティング活動を行う際にはマーケティングの知識を持って実施することが重要です。

 

デメリット2: 常にトレンドを把握する必要がある

 

時代の変化に伴い顧客の消費行動も変わるため、マーケティング手法も同時に変化していきます。特にインターネットの普及や5Gの到来など技術的な進化が激しい今では、次々と新しいマーケティング手法が提唱されてきています。

 

そのため、これまでのマーケティング手法を行っていると顧客の消費行動とのミスマッチがおき、効果を出すことができません。

 

マーケティング活動を行う際には、最新のマーケティング情報を把握し、その時代にあっ他マーケティング活動を行うことが重要です。

 

企業が行うべき今注目のマーケティング5選

 

これまでのマーケティングとは異なり、現代ではネットを活用したマーケティングが注目を集めています。インターネットの普及により、これらのネットを活用したマーケティング手法を活用することが重要です。

 

ここでは、企業が行うべき今注目のマーケティングを5つ解説していきます。

 

1: コンテンツマーケティング

 

コンテンツマーケティングとは、コンテンツを発信して集客を行うマーケティング手法です。ユーザーが知りたいと思う情報を継続的にコンテンツにして、顧客として定着させます。

 

コンテンツマーケティングのメリットは、発信したコンテンツが資産として残るため、広告費を抑えながら継続的に集客を行うことができるという点にあります。一方、潜在層にアプローチできる一方で、すぐに成果に繋がらないというデメリットもあります。

 

ユーザーにとって価値のあるコンテンツでなければ、継続的に発信していても成果に繋げられないため、コンテンツ作成は工夫をすることが重要です。

 

関連記事: コンテンツマーケティングとは?意味から実践方法を4ステップで紹介

 

2: SNSマーケティング

 

SNSマーケティングは拡散性が高く、双方向のコミュニケーションを図ることができるという特徴があります。主に若年層の利用が多く、カジュアルに投稿できるためユーザーにとっても親しみやすいアプローチをすることができます。

 

SNSマーケティングの中でも、影響力をもつインフルエンサーと呼ばれる個人に協力してもらい自社商品やサービスを紹介してもらうというインフルエンサーマーケティングという手法もあります。

 

しかし、拡散性が高い分炎上のリスクがあるというデメリットもあるため、発信する内容には注意しながら運用していくことが重要です。

 

関連記事: SNSマーケティングの特徴とは?メリット・デメリットや手法を解説

 

3: 動画マーケティング

 

動画マーケティングは、テキストや静止画でのコンテンツ作成に比べ、動画ではより商品やサービスの魅力やリアルな情報を伝えることができるという特徴があります。

 

動画マーケティングで代表的なのが、YouTubeの活用です。スマートフォンの普及や5Gの到来により、最近ではテレビよりもYouTubeを見るという人も増えているほど、動画コンテンツがより身近なものになっています。

 

多くの企業が動画を活用しているだけではなく個人でも簡単に動画をあげられるため、クオリティの低い動画は効果が出にくいというデメリットもあります。

 

そのため、数ある動画コンテンツの中から視聴してもらうためには、クオリティの高いコンテンツを作成する必要があり、手間とコストがかかることを理解しておくことが重要です。

 

関連記事: 【2021年】SEOの最新トレンド!! 動画SEO(VSEO)の効果や注意点を紹介

 

4: O2Oマーケティング

 

O2Oマーケティングとは、Online To Offlineの略称でオンラインからオフラインへと誘導するマーケティング手法です。

 

特にコロナ禍では実店舗への集客が難しく、オンラインを活用した実店舗の誘導は必要不可欠となりました。

 

また、オンラインからオフラインだけではなく、オフラインからオンラインという手法もあります。実店舗を訪れたユーザーに対し、ECサイトに誘導させるなどチャネルを行き来させることで、より集客を強化できるようになるのです。

 

5: OMOマーケティング

 

OMOマーケティングとは、Online Merges (with) Offlineの略称でオンラインとオフラインを融合させたマーケティング手法です。

 

O2Oマーケティングがオフラインとオンライン間の送客だったのに対し、OMOマーケティングではオフラインとオンラインの区別をつけずに一体化します。

 

OMOマーケティングでは、モバイル端末で決済も含めた購入までの一連のステップを完結させられるため、ユーザーの利便性を高めることができるというメリットがあります。

 

新型コロナウイルスの影響で、非接触型の体験を提供することの重要性が高まってきているため、OMOマーケティングは今後より注目の集まるマーケティング手法と言えるでしょう。

 

企業がマーケティングを成功させるためのポイント

 

企業がマーケティングを成功させるためには、次の3つのポイントを抑えて行うことが重要です。

 

マーケティングは幅広く多くの知識を必要としますが、どのようなマーケティング活動においても、これから解説するポイントを理解して行うようにしましょう。

 

ポイント1: 自社の強みを活かす

 

マーケティングでは、自社の強みを活かして競合他社との差別化を行うことが重要です。

 

他社との差別化ポイントがなければ、自社の商品やサービスを選んでもらえません。そのため、マーケティングではさまざまな観点から自社の強みを分析し、それを活かす必要があります。

 

市場での戦い方やターゲットへのアプローチ方法も、自社の強みを明確にすることでより効果的に行うことができます。

 

自社の取り巻く環境や自社商品やサービスの特色を分析し、自社の強みを活かしたマーケティングを行うようにしましょう。

 

ポイント2: ターゲットを明確にする

 

どのような人に自社の商品やサービスを売りたいのかというターゲットを明確にすることも重要です。顧客ニーズは顧客によって異なるため、すべての人にささる商品やサービスは多くはありません。

 

そのため、すべての人をターゲットにしてマーケティングを行ってもコストだけかかってしまい、マーケティング効果を発揮することができません。

 

マーケティングを行う際には、自社商品やサービスの価値を最大限に提供できるユーザー層をターゲットにすることが重要です。

 

市場での自社の立ち位置や自社を取り巻く外部環境・内部環境を分析し、ターゲットを明確にした上でマーケティング活動を行いましょう。

 

関連記事: ペルソナとは?マーケティングに必要な理由と設定方法

 

ポイント3: PDCAサイクルを回す

 

マーケティングは、一度実施して終わりというものではありません。データ分析→課題発見→施策実行→検証といった流れで、PDCAを回す事が重要です。

 

特にインターネットを活用したマーケティングでは、さまざまなデータを収集することができるため、うまく活用して分析を行う必要があります。

 

自社を取り巻く環境は時代とともに変化するため、課題や改善点は常にあります。分析した結果を元に自社の課題を発見し、課題解決のための施策を実行して改善を繰り返していくことが大切です。

 

そのため、マーケティングは長期的に取り組んでいくことが大切です。

 

マーケティングは企業全体で行うことが重要

 

マーケティングを実施する際には知識が必要となるため、マーケティング部門が行うものだと認識している人が多いですが、そうではありません。

マーケティングでは、あらゆる観点やチャネルからアプローチや分析をして、自社の内部及び外部を最適化していきます。そのため、企業全体でマーケティングを理解し実施していくことが重要です。

自社の商品やサービスを提供しているのはマーケティング部署だけではなく、企業全体です。そのため、マーケティング活動も企業全体で行う必要があるのです。

マーケティングの本質である顧客に対して価値を提供することは、企業全体で取り組むべきこととなるため、他部署でもある程度マーケティングの知識を身に着け、部署間で連携しながら分析及び実行を行うと良いでしょう。

 

SEOコンサルタント【まとめ】マーケティングは、企業にとって欠かせないものの一つです。特に時代が素早く変化している現代では、より現代の顧客に合ったマーケティング手法の実施が必要となってきています。インターネットの普及によりネットでの集客が主流となっていますが、自社にあった適切なマーケティングを行うことが重要です。今回ご紹介したような、企業が取り組むべきマーケティングを理解しそれぞれの手法をかけ合わせて活用していくと良いでしょう。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。