【令和3年9月最新SEO】Googleアルゴリズムの研究と対策を行っています。格安SEO対策の東京SEOメーカーは、業界No.1最安値1ワード1日50円~、安くも高品質なSEOサービスを提供します。

【2021年】SEOの最新トレンド!! 動画SEO(VSEO)の効果や注意点を紹介

動画SEO-SEO最新トレンド

多くの企業が自社サイトを検索上位表示させるために取り組んでいますが、動画SEO(VSEO)を導入している企業はまだまだ少ないのが現状です。

 

SEOナビゲーター今回は、最新トレンドである動画SEOの特徴や注意点についてご紹介します。導入方法もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

SEO最新トレンドである動画SEO(VSEO)とは⁉

 

動画SEO(VSEO)とは、Video Search Engine Optimizationの略で、動画で行う検索エンジン最適化を示します。

何かを検索して、探している情報に関連のあるYouTube動画が検索ページに出てきたことはありませんか?これが動画SEOによって上位表示された動画コンテンツです。

 

しかし、通常のSEOとは異なり動画コンテンツだけでは、検索キーワードと関連性の高いものとして検索上位を狙えません。

なぜなら、現段階ではGoogleがインターネット上にある画像の判別は可能ですが、動画の内容まで判別することは不可能だからです。

動画SEOで動画コンテンツを上位表示させるためには、ユーザーに受ける動画コンテンツを制作することはもちろん、動画コンテンツに適切なメタデータを持たせることが必要です。

 

SEO最新トレンドである動画SEO(VSEO)の効果

 

YouTube動画とGoogle検索エンジンにどのような効果を及ぼすかを想像するのは難しいでしょう。しかし、動画SEOにより、集客上次にあげる効果が期待できます。

 

  • SEOでクリック率が高い
  • SEOで上位表示されやすい(間接的要因)

それぞれについて解説していきます。

SEOでクリック率が高い

 

YouTube動画が実装されたWebページは、検索結果上でクリック率が向上します。

動画を検索結果で上位表示させられれば、文字だけのサイトより検索者の興味を引けるためクリック率は高まると考えられます。

選定したキーワードにもよりますが、オーガニック検索の流入がSEOで最も期待できる点なので、動画によるSEOで上位表示されればクリック率を高めることは可能でしょう。

 

SEOで上位表示されやすい(間接的要因) 

 

動画が埋め込まれているページが、必ずしも上位表示されるわけではありません。つまり直接的には動画があることは、上位表示と関係がないと言えるでしょう。

 

たしかに、Googleのアルゴリズムでは「動画があるからと言って上位表示はしない」と言われています。では、動画SEOは意味がないかというとそんなことはありません。

その証拠に、アメリカの調査会社Forrester Researchが以下のようなことを報告しています。

「動画を埋め込まれたページは、埋め込まれていないページと比べて約53倍の確率で検索結果の1ページ目に表示される」

動画があるから上位表示されているのではなく、その動画を見たユーザーが誰かにすすめたり引用したりする被リンクやサイテーション獲得により、間接的にSEOで上位表示されます

 

動画SEO(VSEO)の導入方法

 

この章では、どのように動画SEOを導入していくかを簡単に解説していきます。

YouTubeの動画リンクをコピーしてWebサイトに貼りつけるだけですが、慣れていないとうまく埋め込みができなかったり、動画が再生されなかったりしますので、気をつけましょう。

また、ここで紹介する方法は、CMSツールとしてWordPressを活用しているケースを想定しています。

  • YouTubeの動画リンクをコピー
  • Webページへの埋め込み

 

YouTubeの動画リンクをコピー

 

まずはYouTubeで作成した動画の埋め込み用のタグをコピーしましょう。YouTube動画の埋め込みタグは簡単にコピーできます。

 

タグコピーしたい動画の下に「共有」ボタンがあるのでクリックすると「埋め込む」ボタンがあります。表示された<iframe>タグの下に「コピー」というボタンがあるので、押下することでクリップボードにコピーされます。

 

Webページへの埋め込み

 

リンクの埋め込みを行います。Webサイトにある専用の「埋め込み」ボタンを使用するか、テキストエディタ画面にて、直接ページに埋め込みましょう。

 

このとき普段検索者が見るビジュアルエディタ画面だと、埋め込んでもうまく表示されないため、テキストエディタ画面になっているか確認してください。

 

また、YouTube動画の埋め込みが許可されていないと、再生されません。設定で「埋め込みを許可する」にチェックが入っているか確認しましょう。

 

動画SEO(VSEO)導入時の注意点

 

せっかくYouTube動画をサイトに掲載してもうまくスニペット表示されなければ効果が出ません。GoogleにYouTubeコンテンツを適切に認識してもらえるように設定を行いましょう。

動画SEOの導入時には次の3つの注意点が存在します。

  • タグの実装
  • 高画質な動画のサムネイル画像
  • ページ内容に即した動画を実装

うっかりしていると「なかなか動画のクリック率が伸びない」ことの原因となるので、実践に移る前にぜひご覧ください。

 

タグの実装

 

まずは、動画に適切なHTMLタグを使用しましょう。これにより、Googleクローラーは動画の内容は認識できなくても、検出されやすくなります。

たとえば、以下4つのタグ〈video〉〈embed〉〈iframe〉〈object〉が入っている場合です。また、一般ユーザーがアクセス可能なページに登録されているか、しっかりと確認しておきましょう。

そうすることで、インデックス登録やGoogleクローラーによるページ検出がしやすくなります。そのためには、robots.txtやnoindexのメタデータでページがブロックされていないかの確認が必要です。

また、タグ以外に「構造化データマークアップ」も必要となります。

>>SEOの構造化データマークアップとは!? メリットや実装のポイントを解説

構造化データマークアップとは、通常のテキストやコンテンツ内にあるHTMLやJavaScriptを、Googleクローラーに認識してもらいやすい形にマークアップ実装することです。

 

構造化データマークアップにより、Googleクローラーが単なるテキストとして認識していたキーワードに意味を持たせられます。これにより、格段に検索上位表示される確率が上がるのです。

 

高画質な動画のサムネイル画像

 

動画の再生数を伸ばすためにはサムネイル画像の見やすさも重要となります。

 

Googleの検索結果に表示される動画の画像は、YouTubeで設定する動画のサムネイル画像です。ユーザーの興味を引くような内容であることも重要ですが、解像度の高い高画質な画像で視認性を高めることも必要となります。

 

以下の4点に気をつけることで高画質でサムネイルを表示できます。

  • 解像度は1,280×720(最小幅640ピクセル)でアスペクト比は16:9を使用。
  • アップロードする画像形式は、JPGやGIF、PNGに設定。
  • アップロードする画像サイズは2MB以下に設定。
  • 動画サイトマップ送信時には〈video:thumbnail_loc〉を指定。

以上の条件なら、PC画面だけでなくスマホの画面上でも見やすく表示できるでしょう。スマホからの検索流入が増加しているため、スマホ画面での見やすさにも配慮が必要です。

 

ページ内容に即した動画を実装

 

動画をWebサイトのページに埋め込むときは、必ずそのページ(及びサイト)と関連性のある動画を埋め込むことが大切です。

Googleの検索アルゴリズムでは、WebページとYouTube動画の関連性を評価することから、ページ内容と関連性の高い動画であればページ評価が高まります

加えて、動画を多くの方にクリックし、視聴してもらうには動画の前後のテキストで情報の補足が必要になります

たとえば、この動画を見ることによりどのようなことがわかるのか、所要時間はどのくらいかなど箇条書きでもよいので記載することをおすすめします。

これにより動画内を検知できないGoogleクローラーにも内容を知らせることができ、直接的ではありませんがSEO効果が高まるでしょう。

また、内容が記載されることで、検索者が安心して動画を視聴することができるので検索者へのメリットにもなります。検索者へのメリットがSEO効果に繋がります。

 

 

SEOナビゲーター【まとめ】今回は、最新トレンドである動画SEOの特徴や注意点を解説しました。YouTubeでの動画を埋め込み、周辺情報を整えることで被リンクが狙え、間接的に検索上位表示されることがわかりましたね。また、サムネイルにこだわることでクリック率を上げ、視聴回数を伸ばせるのでぜひ見やすい画質にしてサイズにも注意を払いましょう。今回の記事で、動画SEOについて理解できたことからさっそく他社との差別化を図ってみてはいかがでしょうか。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る