【徹底解説】マーケティングに必要な3つの手法とマーケティング戦略について

マーケティングに必要な3つの手法

マーケティングは、企業を存続させるために必要不可欠なものです。しかし、マーケティングにはさまざまな手法があり何から手をつけたらいいか分からないという方も多いのではないでしょうか?効果的にマーケティングを行うためには、まずマーケティングの手法を理解し、自社に合った適切な方法で行っていくことが重要です。

 

SEOコンサルタントそこで本記事では、マーケティングの主な3つの手法とトレンドとなっているマーケティング戦略について解説していきます。

 

マーケティングの本質

 

そもそもマーケティングとは、「売れる仕組みを作ること」を意味します。人によってマーケティングの捉え方は異なりますが、企業が利益を上げるためのあらゆる活動のことを指します。

 

しかし、売れる仕組みを作るには、ユーザーに自社の商品やサービスに満足してもらわなければいけません。そのため、ユーザーが求める商品やサービスを作り、ユーザーがその価値を効果的に得られるようにする必要があります。

 

これが、マーケティングの本質です。ただ売れる仕組みを作り企業の売上を上げるといった一方的な考え方ではなく、ユーザーにとっての価値を考えることがマーケティングであることを理解しておくことが重要です。

 

主なマーケティング手法

 

マーケティングにはさまざまな手法がありますが、大きく分けると3つに分類することができます。ここでは、主な3つのマーケティング手法について解説していきます。

 

1: マスマーケティング

 

マスマーケティングとは、不特定多数の人にアプローチするマーケティング手法で、主にテレビや新聞、ラジオなどのマスメディアを活用します。

 

Mass(大量生産、大量伝達、大量販売、大量消費)の4つを軸としているため、ブランディングや認知に大きく貢献します。

 

一方で、多くの人にアプローチできるため広告コストは大きくなるという特徴もあります。そのため、マスマーケティングは莫大なコストをかけられる大企業に多いマーケティング手法です。

 

食品・飲料・日用品など、大多数の人が購入する商品やサービスと相性が良く、テレビCMなど日常の生活でよく目にするため消費者にも身近なマーケティング手法と言えるでしょう。

 

2: ダイレクトマーケティング

 

ダイレクトマーケティングとは、消費者と直接コミュニケーションを取るマーケティング手法を意味します。

 

具体的な手法としては、ダイレクトメッセージや電話、メールでのアプローチがあります。

 

不特定多数にアプローチできるマスマーケティングとは違い、ダイレクトマーケティングではターゲットを絞ってアプローチすることができるため、費用対効果が高いです。

 

これまでは電話やFAX、メールなどを活用することが多かったですが、近年ではSNSが使われることも多くなってきました。

 

非対面で消費者に合わせたアプローチをすることができるため、IT技術の進化に伴いますます注目されているマーケティング手法です。

 

3: ゲリラマーケティング

 

ゲリラマーケティングとは、型にとらわれず想像力や知見を用いて消費者に印象付けるマーケティング手法で、通常の戦略とは異なる型破りな手法を用いたゲリラ戦争に由来しています。

 

商品やサービスの大きなインパクトを与え、消費者の記憶に残る経験を生むことで顧客を獲得します。低コストで多くの認知を得られるため、費用対効果の高いマーケティング手法です。

 

消費者に大きなインパクトを与えることで、消費者自身が拡散しさらに多くの人に伝わるというメリットがあります。特に、SNSが普及している現代では、より効果の出やすいマーケティング手法として注目されています。

 

トレンドとなっているマーケティング手法

 

ここまで、マーケティング活動で行われる主な3つの手法について解説しましたが、インターネットの普及により近年では以前よりも多くの手法が存在します。

 

ここでは、トレンドとなっているマーケティング手法について詳しく解説していきます。

 

1: Webマーケティング

 

Webマーケティングとは、その名の通りWebを活用したマーケティング手法です。Webサイトを活用して、インターネット上でマーケティング活動を行います。

 

Webマーケティングの施策は幅広いですが、代表的なものにはSEO対策や広告運用などの検索エンジンを活用した施策が多いです。

 

インターネット上ではさまざまなデータを取得できるため、ターゲットを絞ったアプローチをすることができる上に、低コストで実施することができるという特徴があります。

 

取得したデータを分析することで、より成果の出るマーケティングを行うことができ、企業の売上増大に繋げられます。

 

一方で、施策が幅広いことからWebマーケティングの知識を必要とするため、初心者には難易度が高いというデメリットもあります。

 

関連記事: Webマーケティングの始め方から活用すべきツールまでを解説

2: コンテンツマーケティング

 

コンテンツマーケティングとは、コンテンツを発信して集客を行うマーケティング手法です。ユーザーが知りたいと思う情報を継続的にコンテンツにして、顧客として定着させます。

 

コンテンツマーケティングでは、ブログなどを活用することが多いですが近年ではSNSや動画などもコンテンツとして活用されています。

 

発信したコンテンツは資産として残るため、広告費を抑えながら継続的に集客を行うことができるというメリットがあります。また、潜在層にアプローチできる一方で、すぐに成果に繋がらないというデメリットもあります。

 

ユーザーにとって価値のあるコンテンツでなければ、継続的に発信していても成果に繋げられないため、コンテンツ作成は工夫をすることが重要です。

 

関連記事: コンテンツマーケティングとは?意味から実践方法を4ステップで紹介

 

3: SNSマーケティング

 

SNSマーケティングでは、TwitterやInstagram、FacebookといったあらゆるSNSを活用して行うマーケティング手法です。

 

SNSは拡散性が高く、双方向のコミュニケーションを図ることができるという特徴があります。主に若年層の利用が多く、カジュアルに投稿できるためユーザーにとっても親しみやすいアプローチをすることができます。

 

SNSマーケティングの中でも、影響力をもつインフルエンサーと呼ばれる個人に協力してもらい自社商品やサービスを紹介してもらうというインフルエンサーマーケティングという手法もあります。

 

しかし、拡散性が高い分炎上のリスクがあるというデメリットもあるため、発信する内容には注意しながら運用していくことが重要です。

 

関連記事: ソーシャルメディアマーケティングの種類や施策、成功事例3選を紹介

 

4: 動画マーケティング

 

動画マーケティングとは、名前の通り動画を活用したマーケティング手法です。

 

これまでの、テキストや静止画でのコンテンツ作成に比べ、動画ではより商品やサービスの魅力やリアルな情報を伝えることができるという特徴があります。

 

動画マーケティングで代表的なのが、YouTubeの活用です。スマートフォンの普及や5Gの到来により、最近ではテレビよりもYouTubeを見るという人も増えているほど、動画コンテンツがより身近なものになっています。

 

多くの企業が動画を活用しているだけではなく個人でも簡単に動画をあげられるため、クオリティの低い動画は効果が出にくいというデメリットもあります。

 

そのため、動画マーケティングで効果を出すためには、クオリティの高いコンテンツを作成する必要があり、手間とコストがかかることを理解しておくことが重要です。

 

5: O2Oマーケティング

 

O2Oマーケティングとは、Online To Offlineの略称でオンラインからオフラインへと誘導するマーケティング手法です。

 

具体的な例で言うと、オンラインクーポンを配布したり、ネット広告を出して来店を促したりする例が挙げられます。

 

特にコロナ禍では実店舗への集客が難しく、オンラインを活用した実店舗の誘導は必要不可欠となりました。

 

また、オンラインからオフラインだけではなく、オフラインからオンラインという手法もあります。実店舗を訪れたユーザーに対し、ECサイトに誘導させるなどチャネルを行き来させることで、より集客を強化できるようになるのです。

 

6: OMOマーケティング

 

OMOマーケティングとは、Online Merges (with) Offline略称でオンラインとオフラインを融合させたマーケティング手法です。

 

O2Oマーケティングがオフラインとオンライン間の送客だったのに対し、OMOマーケティングではオフラインとオンラインの区別をつけずに一体化します。

 

具体的な例には、ECサイトのチャットボットや飲食店のモバイルオーダーなどが挙げられます。

 

OMOマーケティングでは、モバイル端末で決済も含めた購入までの一連のステップを完結させられるため、ユーザーの利便性を高めることができるというメリットがあります。

 

新型コロナウイルスの影響で、非接触型の体験を提供することの重要性が高まってきているため、OMOマーケティングは今後より注目の集まるマーケティング手法と言えるでしょう。

 

マーケティングに欠かせない分析手法

 

マーケティングを行う際には分析が欠かせません。分析方法には、マーケティングプロセスごとにさまざまなフレームワークがありますが、マーケティングを実践する上で重要な分析となるため、しっかりと理解しておくことが重要です。

 

ここではマーケティングに欠かせない7つ分析手法を詳しく解説していきます。

 

1: 3C分析

 

3C分析

3C分析は、次の3つの観点で環境を分析する手法で、経営戦略上の課題を発見するために用いられます。

 

  • Customer(市場・顧客)
  • Competitor(競合相手)
  • Company(自社)

また、外部要因となる市場・顧客と競合相手、および内部要因である自社を照らし合わせることにより自社の強みと弱みを明確にすることができます。

 

それぞれの観点で分析を行うことで、自社の課題を発見し進むべき方向性を明確にすることができるため、企業の精鋭戦略には欠かせない分析手法です。

 

2: PEST分析

 

PEST分析

PEST分析とは、次の4つの観点から分析を行う手法で、自社を取り巻く外部環境を把握するために用いられます。

 

  • Politics(政治)
  • Economy(経済)
  • Society(社会)
  • Technology(技術)

外部環境を分析することで、市場での自社の戦い方を定めることができます。また、将来どのような影響を与えるかを予測することができるため、長期的な戦略立案にも役立ちます。

 

時代が変化していくとともに、ユーザーの消費行動も変化していきます。そのため、その時にあったマーケティング手法を行う上でPEST分析は重要になるのです。

 

3: SWOT分析

 

SWOT分析

SWOT分析とは、次の4つの観点から分析を行う手法で、自社内部及び外部の環境を分析し自社の目的や課題を発見するために用いられます。

 

  • Strength(自社の強み)
  • Weakness(自社の弱み)
  • Opportunity(チャンスとなる外部要因)
  • Threat(脅威となる外部要因)

ビジネスで戦略を立てる上では、自社の取り巻く環境を正しく理解することが重要です。そのためには、外部の環境だけでなく内部にも注目して分析を行う必要があります。

 

SWOT分析を行うことで、自社にとっての市場機会や課題など戦略を立てるために重要なポイントを発見することができます。

 

4: ファイブフォース分析

 

5フォース分析

ファイブフォース分析とは、次の5つの観点から分析を行い、業界の構造を明らかにするとともに、自社の競争優位性を探るために用いられます。

 

  • 売り手の交渉力による脅威
  • 買い手の交渉力による脅威
  • 既存競合他社による脅威
  • 新規参入業者の脅威
  • 代替品の脅威

自社が属する業界の現状を把握し、収益をあげられるポイントがどこなのかを明確にすることで、より効果的な戦略を立てることができるようになります。

 

ファイブフォース分析は、自社をとりまく5つの脅威を分析によって明らかにするものであるため、自社の社外及び社内環境を分析するSWOT分析の前段階として利用することもできます。

 

5: STP分析

 

STP分析

STP分析とは、次の3つの観点から分析を行い、市場を細分化した上で自社のポジションを明確にするために用いられる手法です。

 

  • Segmentation(市場の細分化)
  • Targeting(狙う市場の決定)
  • Positioning(ポジショニング:市場における立ち位置の明確化)

ニーズは顧客ごとに異なるため、すべての顧客をターゲットにすることは不可能です。そのため、自社がどのポジションを狙って戦っていくかを決めることがマーケティングでは重要となります。

 

顧客のニーズや行動が変われば自社のポジショニングも変わるかもしれないため、STP分析では、ユーザーの行動を客観的に見て分析を行うことが大切です。

 

6: 4P分析

 

4P分析

4P分析とは、次の4つの観点から分析を行い、自社商品やサービスの強みや課題を企業側の視点から分析する手法です。

 

  • Product(製品)
  • Price(価格)
  • Place(流通)
  • Promotion(販売促進)

それぞれの観点を分析することで、いかに効果的かつ効率的に商品やサービスを売っていく事ができるかを明確にすることができます。

 

また、自社が顧客に提供する価値を明確化することができるため、競合他社との差別化にも繋がります。

 

4Pを行う際には、ProductとPriceなど相互に関連する複数の要素を掛け合わせて考えることで、効果的に分析を行うことができます。

 

7: バリューチェーン分析

 

バリューチェーン分析

バリューチェーン分析とは、次のような観点から商品やサービスが顧客に届くまでの一連の流れを分析する手法です。

 

  • 仕入れ
  • 製造
  • 出荷
  • 物流
  • 販売
  • サービス

バリューチェーン分析の大きな目的の一つが、コストの削減です。商品やサービスが顧客に届けられるまでの各プロセスを分析することで、自社の改善点や弱みを発見することができます。

 

それらを改善することで、コスト削減を行いながら顧客に対してより高い価値を提供することができるようになるのです。

 

 

SEOコンサルタント【まとめ】マーケティングにはさまざまな手法がありますが、時代の変化とともに顧客の消費行動も変化するため、それに合わせたマーケティング手法が必要となります。どのようなマーケティング手法であっても、顧客にとっての価値を考えるというマーケティングの本質を忘れないように事業展開をしていくことが重要です。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析(Googleアナリティクス個人認定資格GAIQ保持)コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事

  • 03-5394-8107
  • お問い合わせ・ご相談はこちら