他の人はこちらも検索に表示される関連ワードとは?他の機能と比較して解説

他の人はこちらも検索

他の人はこちらも検索とは、Google検索する上でユーザービリティの向上を目的とした機能です。ユーザーが検索したワードや閲覧しているWEBページに関連性のあるワードが表示されるため、ユーザーはよりスムーズに必要な情報を入手しやすくなります。

さらにWEB運営側にとっても、関連したキーワードを確認することによってユーザーが求めている情報を得られることによりマーケティングに活かせます。

SEO上級コンサルタント他の人はこちらも検索をうまく活用すれば、関連キーワードがわかりSEOに役立ちます。今回は、他の人はこちらも検索と関連キーワードについて解説します。

 

他の人はこちらも検索とは

他の人はこちらも検索とは、ユーザーが検索をして訪問したWEBサイトに移動したあと、検索結果画面に戻ったときに関連ワードが表示される機能です。直前に閲覧したWEBサイトとキーワードから、ユーザーが必要としている情報を予測して関連キーワードを提案します。

 

他の人はこちらも検索の仕組み

他の人はこちらも検索で確認できる関連キーワードの選び方については、Googleは公表していませんが直前に閲覧したWEBサイトに関連していることははっきりしています。つまり、直前に閲覧したWEBサイトの内容によって表示される関連キーワードは変化します。

同じキーワードであっても検索意図が異なる場合があり、他の人はこちらも検索に表示される関連キーワードは検索意図にあわせてキーワードを選んでいるとされています。

 

他の人はこちらも検索の特徴

他の人はこちらも検索は、Google検索で表示されたWEBサイトを閲覧し、検索結果画面に戻ったときに表示されます。そのため、閲覧したWEBサイトごとに内容が変化します。また、検索順位が高いWEBサイトにしか表示されないのも特徴です。

 

他の人はこちらも検索に表示される関連ワード

他の人はこちらも検索には、ユーザーが検索したキーワードにおいてさらに詳しく情報を伝えられるような関連ワードが表示されます。例えば、ドッグフードとキャットフードであれば、ユーザーが求めている内容が異なります。ドッグフードでは「食べない」や「安い」と出てきますが、キャットフードでは「安全」や「ウエット」、「市販」と表示されます。

Google検索

このように、他の人はこちらも検索にはキーワードで検索しているユーザーのニーズにあった関連ワードが表示されます。そのため、ユーザビリティを上げることはもちろんですがユーザーのニーズをつかめるためマーケティングにも活用することが可能です。

 

サジェストキーワードが表示されることが多い

他の人はこちらも検索には、一般的にサジェストキーワードが表示されます。しかし、すべてが一致しているわけではありません。

GOOGLE検索

例えば、キャットフードのサジェストキーワードとの比較は次のようになります。

サジェストキーワード他の人はこちらも検索
  • キャットフード ロイヤルカナン
  • キャットフード おすすめ
  • キャットフード ウエット
  • キャットフード ランキング
  • キャットフード おすすめ市販
  • キャットフード 通販
  • キャットフード 子猫
  • キャットフード グレインフリー
  • キャットフード 原料
  • キャットフード キャラット
  • キャットフード おすすめ市販
  • キャットフード ランキング
  • キャットフード ロイヤルカナン
  • キャットフード 安全
  • キャットフード ウエット
  • キャットフード ランキング市販

 

それぞれの機能で表示される内容において、「おすすめ市販」や「ランキング」、「ロイヤルカナン」などは共通しています。しかし、サジェストワードに「通販」や「子猫」、「原料」などが含まれているのに対して他の人はこちらも検索には「安全」や「ウエット」などが入っています。

このように、他の人はこちらも検索にはサジェストキーワードが多く含まれますが、すべてが一致するわけではありません。

 

表示されるワードは変化する

検索をするタイミングによって表示される内容が変化します。さらに、同じタイミングであっても、位置情報によって表示されるキーワードは変わるのが特徴です。例えば、東京と福岡でディスカウントスーパーと検索すると、それぞれの地域でよく検索されているディスカウントスーパーが表示されます。

 

他の人はこちらも検索を表示する方法

他の人はこちらも検索では、PC検索だけでなくモバイル検索でも表示されるようになりました。

PC検索

2018年からモバイル検索だけでなくPCで検索した場合においても表示されるようになりました。Google検索をしてWEBサイトを訪問した後に検索画面に戻ると、検索をしたWEBサイトの下の部分に関連ワードが表示されます。同じキーワードでも閲覧したWEBページが異なると、関連ワードも変化します。

モバイル検索

2017年1月よりモバイルで検索した場合に、検索結果が表示される画面に他の人はこちらも検索が表示されるようになりました。後にPCでも表示されるようになりましたが、この時はモバイル検索のみの機能でした。

モバイル検索に表示させるためにはまず調べたいキーワードで、Google検索をします。検索結果に表示されたWEBサイトのリンクをクリックし、ブラウザバックをするだけで検索ページの一番下に他の人はこちらも検索が自動的に表示されます。

他の人はこちらも検索が表示されるとは限らない

検索結果1ページ目に表示されているWEBサイトを閲覧したあと検索結果画面に戻ると、他の人はこちらも検索結果が表示されます。しかし、閲覧したWEBサイトが上位ページに表示されていなかったり、閲覧数が少なかったりした場合は表示されないことがあります。

閲覧数が少ないWEBサイトでは、訪問したユーザーが少ないことから紹介できるデータが十分にないことが要因と考えられます。さらに、ニッチな商品を紹介しているWEBサイトでも表示されにくい特徴があります。ニッチな商品を検索しているユーザーには適さないと判断されている可能性もあります。

その他のGoogle機能と比較

他の人はこちらも検索と同じような目的で次のような機能が使われています。

  • オートコンプリート
  • 他のキーワード
  • 他の人はこちらも質問
  • 他の人はこちらも検索

 

オートコンプリート

オートコンプリートはキーワードを検索することで、関連したキーワードが表示される機能です。検索されたキーワードと関連したキーワードが表示されます。リアルタイムによく検索されているキーワードが表示されることが多く、ユーザーは再度キーワードを検索する必要がなくなります。

Googleの検索窓でノートパソコンと入力すると、「ノートパソコン おすすめ」や「ノートパソコン 安い」などの関連ワードが表示されます。

オートコンプリート

オートコンプリートは、Googleの検索窓にキーワードを入力しただけで関連したワードが表示されるため、ユーザーが必要としている情報を得るためのサポートをする役割があります。そのため、Googleトレンドのように一般的に検索されている回数の多いワードを表示するわけではありません。

オートコンプリートは時間を節約する機能ですが、その仕組みは複雑です。単純に、特定のトピックで最もよく使われるクエリを表示するわけではありません。したがって、Google トレンドとは別物であり、Google トレンドと比較すべき対象ではありません。

引用:Google のオートコンプリートの候補の仕組み(Google検索ヘルプ)

他のキーワード

他のキーワードは検索画面の最下部に表示され、検索された回数の多いキーワードが表示されます。条件に関係なく、一般的に検索された回数の多いキーワードが対象になるのです。

例えばノートパソコンで検索をすると「おすすめ」、「安い」、「ランキング」といったオートコンプリートで表示された内容とほとんどが共通しています。しかし、オートコンプリートには「価格」があり、他のキーワードには「windows11」があることから必ずしもすべてが一致するわけではありません。

オートコンプリート他のキーワード
  • ノートパソコン おすすめ
  • ノートパソコン 安い
  • ノートパソコン ランキング
  • ノートパソコン おすすめ2022
  • ノートパソコン コスパ最強
  • ノートパソコン 中古
  • ノートパソコン 価格
  • ノートパソコン 寿命
  • ノートパソコン おすすめ初心者
  • ノートパソコン スタンド
  • ノートパソコン おすすめ
  • ノートパソコン おすすめ2022
  • ノートパソコン 安い
  • ノートパソコン 中古
  • ノートパソコン ランキング
  • ノートパソコン windows11
  • ノートパソコン コスパ最強
  • ノートパソコン 寿命

他のキーワード

他の人はこちらも質問

日本では2022年によく検索されているキーワードについて、ほかのユーザーがどのような質問をしているかを表示するようになりました。しかし、アメリカではPAA(People Also Ask)としてすでにある機能です。検索したキーワードについて、質問形式で表示し答えを表示しているコンテンツを表示します。

アメリカのGoogleページでStarbucksと検索するとPeople also askにおいて次のような質問が表示されているのです。

  • What is the number 1 Starbucks drink?(スターバックスで一番の飲み物は?)
  • Is Starbucks owned by Tata?(スターバックスはTataが所有しているのか)
  • What can 25 stars at Starbucks get you?(25個スターを集めると何がもらえるのか)
  • Does Starbucks have boba?(タピオカティーはあるのか)

Google検索

4つ目の質問であるDoes Starbucks have boba?に対して、「スターバックスにはタピオカティーはない)はないなぜならスターバックスはコーヒーショップでありティーショップではない」といったシンプルな答えと該当のURLが表示されています。

Does Starbucks have boba?

ユーザーがより必要な情報を入手しやすいことから、PAAが導入されたとされています。検索結果として最上位に表示されているWEBサイトのすぐ下に質問が表示される仕組みです。

Googleでノートパソコンと検索し、表示されているWEBサイトを閲覧して検索画面に戻ると他の人はこちらも質問が表示されます。「ノートパソコンの寿命は何年?」、「タブレットとノートパソコンどっちがいい?」などとノートパソコンを検索している人が知りたい情報を質問形式で確認することが可能です。

他の人はこちらも検索

ノートパソコンの寿命は何年といった質問をクリックすると、ユーザーニーズにあった回答をしているWEBサイトに書かれている内容やURL、タイトルが表示されます。

「ノートパソコン」で検索している人は、ノートパソコンを現在利用していて買い替えを希望している場合があります。しかし、寿命が来たと考えていた場合でも実はまだ使える可能性もあることから他の人はこちらも質問に記載されているのです。

他の人はこちらも検索

他の人はこちらも検索では、Googleでキーワードを使って検索すると検索結果の1ページ目に表示されているWEBサイトを閲覧した場合のみ関連ワードが表示されます。

例えば、ノートパソコンで検索をして表示されたWEBサイトを閲覧し、ブラウザバックすると、ノートパソコンランキングや中古といった関連するワードが表示されます。

ノートパソコンを検索している人は、コスト面を重要視する場合や人気ランキングを知りたい場合などそれぞれであり、いずれのニーズをもった人であっても該当するページに誘導するのが特徴です。

他の人はこちらも検索を表示させない方法

他の人はこちらも検索を表示させないためには次の方法が挙げられます。

  • No Search Forを活用する
  • バツ印を活用する
  • ネガティブワードが出た場合の対処方法

 

No Search Forを活用する

PCでGoogle Chromeを使っている場合に限りますが、No Search Forと呼ばれる拡張機能の設定で非表示にすることが可能です。簡単に表示させることもできるので、表示の必要がないときだけ表示をOFFにできる仕組みとなっています。

Chromewebストアにて「No Search for」と検索してChromeに追加します。

cromeストア

nosearchfor

googleすべてのサイト

 

トップバナー上の拡張機能にNo Search forが追加されるためクリックすると設定できます。拡張機能をクリックしたときや現在表示しているWEBサイト、すべてのサイトから選ぶことが可能です。

バツ印を活用する

他の人はこちらも検索を表示している部分はボックスで囲まれています。右上のバツ印をクリックすることで一時的に消去することが可能です。

Google trendの検索

バツ印をクリックしただけで一時的に表示を消すことが可能です。

Google trendの検索

しかし、再度WEBページを閲覧してブラウザバックをすると再度 が表示されています。

googletrend

ネガティブワードが出た場合の対処方法

他の人はこちらも検索は関連ワードを表示するので、必ずしもユーザーに都合のよいワードが表示されるとは限りません。例えば応援しているスポーツ選手が誹謗中傷の被害にあっているとされたとき、ユーザーにとっては不快に感じるワードが並ぶ可能性があります。このような場合は、Googleに削除申請することが可能です。

まとめ

SEO上級コンサルタント他の人はこちらも検索は、検索結果を表示している画面からWEBサイトに遷移して戻るときに関連した情報を表示します。表示されるようになった理由は、ユーザーに関連キーワードからユーザーのニーズにあったWEBサイトに移動してもらうことで、Google検索を使ってもらうことやユーザビリティを上げることです。WEBサイトを運営している立場においても、関連したキーワードを確認できることからよりユーザーのニーズが高いコンテンツ作成に役立ちます。

 

 

この記事の監修者

上級SEOコンサルタント

上級SEOコンサルタント 坂口 直樹

新潟大学大学院を卒業後、事業会社で10年働く間にSEOに出会う。自身でサイトを多数立ち上げ、実験と検証を繰り返しながらSEOを研究。お金に変えることを目的とはせず、ユーザーに何が有益かを問い続け改良を繰り返すうち、「インターネット上の真実ではない情報を正してユーザーのためになる情報を発信する」という天啓を得る。現在は東京SEOメーカーの上級SEOアドバイザーとしてアサイン。

新着記事

人気記事

海外SEOメディア記事

おすすめ記事

SEO初心者向け記事

SEO上級者向け記事

SEOライティング記事

SEO外部リンク記事