格安SEO対策の東京SEOメーカーは業界No.1最安値1ワード1日50円~。2020年最新SEOアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

LCPの問題

SEO対策でサイトの表示スピードが遅いと評価を落とす要因となります。Google Search Consoleではこういった問題を確認できます。

LCPとは、ユーザーがサイトURLにアクセスしてからサイトが表示されるまでの時間を言います。LCPとは、Largest Contentful Paintの略です。専門的には、ビューポートに表示される最大のコンテンツ要素がレンダリングされるまでの時間といいます。ここにもんだいがあるとGoogle Search Consoleに問題として上がってきます。ウェブに関する主な指標から確認できます。

LCPが4秒を超えると低速のサイトとして評価が下がります。サイト表示スピードを速くする施策をしなければなりません。

問題解決方法

  • TOP画像、データ容量を軽くする
  • ページサイズを小さくします。リソースを含めた 1 ページあたりのサイズを 500 KB 未満にする。
  • モバイルは、ページリソース数を 50 に制限する。
  • AMP を使用することを検討する。
  • サーバーを高速サーバーに変える
  • エンジニアに相談する
  • PageSpeed Insights テストツールを実行して、修正内容をテストします。
  • 特定の問題が解決したと思われる場合は、Search Console のウェブに関する主な指標レポート内の問題の詳細ページで、[トラッキングを開始] をクリックします。検証プロセスをトラッキングします。

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る