飲食店SEO-飲食店に効果的なSEOとは?即実践できる7つの対策を徹底解説

飲食店に効果的なSEOとは?

飲食店がWebサイトへの集客を考えたとき「飲食店にSEO対策は必要なの?」や「飲食店に効果的なSEO対策を知りたい」と悩まれている方も多いのではないでしょうか。

 

SEOコンサルタント結論からいうと飲食店ではSEO対策の中でも、Googleマイビジネスを活用したMEO対策が効果的です。本記事では飲食店が即実践できる、7つのSEO対策について詳しく解説していきます。またGoogleマイビジネスについて、飲食店におけるSEO対策の注意点 についても解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

飲食店のSEO対策とは

 

飲食店がインターネットを活用して集客を考えた場合、SEO対策を重要視している方も多いのではないでしょうか。SEO対策とはGoogleなどの検索エンジンで検索上位に表示させ、運営しているWebサイトへのアクセスを増やす方法です。

 

一般的にはWebサイトを軸とするのがSEO対策ですが、SEOの中にはGoogleマイビジネスを活用したMEO対策もあり、飲食店では非常に効果的な方法になります。

 

場合によってはWebサイトを活用する以上に集客効果を見込める方法のため、現状Googleマイビジネスを活用していない飲食店であれば、早急に対策することをおすすめします。

 

ここでは、ローカルSEO対策(MEO)について詳しく解説していきます。

 

ローカルSEO対策(MEO)

 

MEOは地域密着型などローカルビジネスに適していることから、ローカルSEOとも呼ばれる施策です。

 

MEO対策はGoogleが無料で提供しているGoogleマイビジネスを対策し、検索エンジンで上位表示を目指すことが目的となります。

 

MEO対策の特徴は以下のとおりです。

 

 

  • 位置情報に連動して表示される
  • 検索結果でSEO欄よりも上位に表示される
  • 情報が簡潔でユーザーが見やすい
  • 問い合わせがすぐにできる
  • 手軽に更新できる

最大の特徴がユーザーの位置情報に連動して、最も関連性の高い店舗が表示されることです。

 

そのためインターネット上のすべての店舗と競うSEOと比べ、Googleマイビジネスは競合店舗が限定され成果を出しやすい方法になります。

 

関連記事: ローカルSEO

 

飲食店でSEO対策が必要な理由 

 

SEO対策は飲食店に必須といっても過言ではないほど、現代では集客に欠かせない要素です。特に今以上に店舗の認知を増やしたいや、自店舗の集客力をつけたいと考えている場合にはおすすめです。

 

ここでは、飲食店でSEO対策が必要な理由について詳しく解説していきます。

 

理由1: 店舗の認知を増やすため

 

飲食店がSEO対策を行う最大の目的は、店舗の認知を増やすことです。

最終的には店舗に集客することが目的となりますが、その前段階として店舗の認知は重要視しなければいけません。

なぜなら店舗が認知されない限り、集客につながる可能性はないからです。

どんなに良い料理が作れたとしても、路地裏の見つからない場所にあれば誰にも認知されず、お客さんが来店することはないでしょう。

しかしインターネットで情報を発信すれば、立地が悪い場合であっても集客が可能です。

仮にインターネットで注目された場合は、明日から大行列になる可能性すら秘めているため、検索エンジンからのアクセスを集めるSEO対策は重要な対策になります。

 

理由2: ポータルサイト内の競争が激しいため

 

SEO対策によってWebサイトやGoogleマイビジネスから集客できれば、ポータルサイトに頼る必要がなくなります。

最近ではポータルサイト内の競争も激しいため、店舗の力のみで集客できる点は非常に強みになるでしょう。

特にGoogleマイビジネスの場合は、検索結果でGoogle広告の下に表示される仕組みです。検索結果に表示される店舗は3つですが、SEO欄よりも上部に表示されることから、非常に注目されやすい位置になります。

そのためユーザーがポータルサイトを閲覧する前に自店舗の情報を伝えられ、効果的にアプローチすることが可能です。

理由3: 飲食店と相性が良いため

 

SEO対策、特にローカルSEOであるGoogleマイビジネスは飲食店との相性が良く、集客効果を高めやすいといえます。

なぜならSEO対策はユーザーが検索するキーワードに向けて対策をするため、来店の可能性があるキーワードに絞れるからです。

例えば居酒屋の場合、以下のようなキーワードが効果的です。

  • 「居酒屋 <地名>」
  • 「居酒屋 飲み放題」
  • 「日本酒 おすすめ」

Googleマイビジネスの場合は位置情報にも関連するため、なおさらニーズが明確なユーザーへアプローチができるでしょう。

 

特に珍しい料理を扱っている飲食店や競合にはない強みがある飲食店は、キーワードに対する競合が少なく短期間でも成果を出せます。

 

飲食店に効果的なSEO対策 

 

一口にSEO対策といってもキーワードの選定からコンテンツの充実性など、さまざまな対策項目があります。そのため、まずは飲食店において重要となる対策に絞って取り組むことが大切です。

ここでは、飲食店に効果的なSEO対策について詳しく解説していきます。

 

検索上位を狙えるキーワードの選定

 

SEO対策では、検索上位を狙えるキーワードに絞って対策することが重要です。基本的には「居酒屋 デート カウンター」など、複数の単語を組み合わせたロングテールキーワードを対策しましょう。

 

なぜなら「居酒屋」など検索ボリュームの多いキーワードは競合が多く、検索上位が現実的ではありません。

 

大手の居酒屋チェーン店などが検索上位は埋め尽くしているため、個人店舗では太刀打ちできないでしょう。そのためよりニーズを限定したキーワードを選定し、専門性をアピールすることが重要です。

 

店舗の強みとマッチするキーワードが理想となるため、まずはサジェストキーワードを活用し、実際に検索されているキーワードの中から選んでいきましょう。 

 

コンテンツを充実させる

 

SEOにおいて、コンテンツの充実性は重要視される項目です。ホームページを持っている飲食店はたくさんありますが、コンテンツを充実させている店舗は多くありません。

 

そのためコンテンツの充実性は、競合との差をつけやすいポイントになります。仮に「焼き鳥の居酒屋」であれば、以下のようなコンテンツ内容がおすすめです。

 

 

  • 「焼き鳥の部位から種類を徹底解説」
  • 「部位別!お酒のつまみになる焼き鳥10選」
  • 「焼き鳥居酒屋だけが知っている、焼き鳥の美味しい食べ方」

特に「焼き鳥居酒屋だけが知っている、焼き鳥の美味しい食べ方」など、焼き鳥居酒屋の権威性を活用したコンテンツはおすすめです。

ただし、あくまで検索キーワードを最初に設定し、需要の高いコンテンツを制作しましょう。

 

被リンクを増やす

 

飲食店がSEOを強化するためには、被リンクを増やすことも意識しましょう。被リンクとは、他サイトが自サイトのリンクを設置することをいいます。

 

被リンクが多いサイトは人気のあるコンテンツと判断されるため、検索エンジンから良い評価を受けやすくなります。ただし被リンクを獲得するために、故意に設置する行為は絶対に避けましょう。

 

何も関連性のないサイトや一つのサイトから異常な数の被リンクが設置されている場合は、検索エンジンから悪い評価を受けてしまいます。

 

最悪Googleのペナルティを受けてしまい、インデックスから削除される恐れもあるため注意をしましょう。効率的な被リンク獲得には、コンテンツの質を意識し多くのユーザーから共感を得ることが大切です。

 

関連記事: 被リンクチェックツール8選!被リンクのチェック方法とポイントを解説

 

SNSからの流入を増やす

 

Webサイトを立ち上げたばかりのときや、なかなか検索上位に表示できない場合は、SNSを活用し流入元を増やす方法も効果的です。流入元としてSNSを活用できれば、Webサイトのアクセス数を増やすことができ、SEOに良い影響を与えられます。

 

また被リンクなどを増やす要因にもつながるため、SNSは非常に効果的な方法といえるでしょう。ただしSNSにおいても、Webサイト同様に成果を出すには長期間の運用が必要になります。

SEOよりは短期間で成果を出しやすいですが数ヶ月は必要になるため、Webサイトの立ち上げと同時に活用し始めることがおすすめです。

 

ローカルSEOを対策する 

 

MEO対策では、Googleマイビジネスの内容を充実させることが大切です。中でも、重要視すべきポイントが以下になります。

 

  • 写真とメニューを掲載する
  • 商品欄を充実させる
  • 口コミを増やす

各々、解説していきます。

 

写真とメニューを掲載する

 

MEO対策で最も重要視されることが、Googleマイビジネスにおける情報の充実度です。Googleマイビジネスでは、以下の項目を設定できます。

 

  • 店舗名
  •  店舗所在地
  •  店舗の電話番号
  •  営業時間
  •  商品
  •  質問と回答
  •  口コミ
  •  店舗の説明

特にユーザーの閲覧する箇所が写真と店舗の説明になるため、2箇所は必ず記載しましょう。写真は店外だけでなく、店内の様子や提供している料理の写真、そしてメニューの写真なども効果的です。

 

またGoogleマイビジネスもキーワードに連動して表示されるため、商品の説明欄には適切なキーワードを含めましょう。キーワードが羅列しないように注意し、自然な文章で記載することが大切です。

 

商品欄を充実させる

 

Googleマイビジネスでは「商品欄」にて、店舗で提供しているサービスを掲載できます。

 MEOに効果的なだけでなくGoogleマイビジネスの中でも注目されやすい項目になるため、必ず商品欄の内容は充実させましょう。

商品欄では、以下の項目を記載できます。

 

  • 写真掲載
  • 商品・サービス名
  • カテゴリ選択(カテゴリ作成が可能)
  • 商品価格
  • 商品説明(1000文字)

写真と文字を活用して訴求できる点が、商品欄の強みといえるでしょう。

 

飲食店が対策する場合には、提供しているメニューの中でも人気のあるメニューや、今後売り出していきたいメニューの掲載がおすすめです。

また「食べ放題」・「飲み放題」・「期間限定メニュー」なども効果的なため、積極的に活用していきましょう。

 

口コミを増やす

 

Googleマイビジネスの強みでもあるのが、ユーザーが自由に投稿できる口コミ欄です。

検索ユーザーも実際に店舗を訪れた第三者の意見は重要視するため、口コミ欄は重点的に対策すべき項目になります。

口コミ欄を対策する際は、以下のポイントを押さえましょう。

 

  • 全クチコミに返信
  • 悪い口コミに関しても、丁寧に返信する
  • 口コミ欄でもキーワード対策を行う
  • 来店したお客さんに口コミを促す(口コミ投稿で会計から割引など)

悪い口コミが書かれた際に無視している店舗もありますが、必ず返信するようにしましょう。もしも身に覚えのない口コミであれば削除依頼を申請できますが、基本的に口コミの削除はできません。

したがって少しでも良い印象を与えるためにも、低姿勢で真摯に反省している内容の記載が大切です。

 

飲食店におけるSEO対策の注意点

 

飲食店がSEO対策に取り組む場合、何も知識が無い状態で適当に対策することがないように注意をしましょう。対策内容によってはSEOに逆効果となることもあるため、しっかりとした知識のもとで取り組むことが重要です。

 

ここでは、飲食店におけるSEO対策の注意点について詳しく解説していきます。

 

SEOの知識が必要

 

当たり前のことですが、SEO対策で結果を出すためには、SEOに関するそれなりの知識が必要です。

 

実際に経験をしながら学んでいく選択もありますが、知識のない状態で取り組んだ場合、成果を出すことは限りなく難しいといえるでしょう。なぜならSEOは専門性が高く、対策項目が非常に多いためです。

 

また検索エンジンや検索ユーザーに対する理解が重要になります。特に検索ユーザーへの理解は、キーワードからニーズを考える必要があるため、一朝一夕では実力をつけられません。

 

したがってSEO対策を行う際は、事前に知識を深めてから取り組みましょう。知識をつけるのが難しい場合には、外注として対策会社の活用もおすすめの方法になります。

 

定期的な更新が不可欠

 

SEO対策では、定期的なコンテンツの更新が必要不可欠です。

 

定期的な更新とは、Webサイトの場合は新しいコンテンツの制作となり、Googleマイビジネスの場合には日々の投稿や店舗情報の更新になります。

 

仮にまったく更新が無い状態であれば営業しているのかが不明な状態となるため、検索エンジンから評価されないだけでなく、検索ユーザーへも不安を与えてしまうでしょう。

 

Webサイトであれば毎日の更新は難しいですが、Googleマイビジネスの場合は専用アプリからでも編集ができるため、比較的かんたんに更新が行えます。SNSと連携させることも可能なため、店舗の空席情報や営業時間など、何かしらの情報を発信していきましょう。

 

集客の即効性がない

 

SEO対策では成果を出すのに時間がかかるため、集客の即効性がない点は注意をしましょう。

そのため今すぐに集客を増やしたいと考えている場合には、Web広告などを活用する方法が向いているかもしれません。

ただしMEO対策を同時に行う場合には、Webサイト単体よりも成果を出しやすくなります。なぜならMEOはSEOほど競合ばかりではないため、短期間で検索上位に表示される可能性があるからです。

またMEO対策で成果を出せれば、Googleマイビジネス経由でWebサイトのアクセス数を増やせることや、SEOに良い影響を与えることができます。

Web広告ほどの速攻性はないものの短期間で集客につながる場合もあるため、MEO対策も同時に行っていきましょう。

 

SEOコンサルタント飲食店で実践すべき7つのSEO対策や、SEO対策の注意点について解説してきました。飲食店のお客さんは店舗の周辺地域が多いため、ローカルビジネスの集客に適したMEO対策が効果的です。特にMEO対策はSEO対策の一つになるため、Webサイトに良い影響を与えられる点が特徴といえるでしょう。また通常ではSEO対策の効果を実感するのに半年以上の期間が必要ですが、MEO対策を同時に行っている場合は短期間で集客効果を得られることも強みです。まずは店舗の認知を拡大するためにも、本記事で紹介したSEO対策から取り組んでいきましょう。

 

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

この記事を書いた人

SEOコンサルタント

アドマノ株式会社 代表取締役 天野 剛志

日本大学法学部卒業、広告代理店で12年間働いている間、SEOと出会い、SEO草創期からSEO研究を始める。SEOを独学で研究し100以上のサイトで実験と検証を繰り返しました。そのノウハウを元に起業し現在、10期目。営業、SEOコンサル、WEB解析、コーディング、サイト制作となんでもこなす。会社としては今まで1000以上のサイトのSEO対策を手掛けてきました。