東京SEOメーカーはSEO業界No.1最安値1ワード1日50円~格安でSEO対策の上位表示を獲得します。2021年最新Googleアルゴリズムの研究に基づく確かなSEO技術で上位表示を獲得します。

GoogleSearchConsole(グーグルサーチコンソール)とは?導入方法と使い方

google サーチコンソールの導入方法

サイト制作をしてSEO対策を始めたら、まずはじめにGoogleSearchConsole(グーグルサーチコンソール)に登録します。

GoogleSearchConsoleでは、Google検索サービスのパフォーマンスを確認できます。WEBサイトを育てていく指標となるデータを取得できます。GoogleSearchConsoleでは様々なことができます。

Google Search Console

  • 検索パフォーマンス・・・ユーザーがクリックしてサイトに訪れた検索クエリ(ワード)がわかります。サイトが表示された検索クエリ(ワード)がわかります。
  • インデックス カバレッジ・・・インデックスされているページとエラーのページなどがわかります。インデックスされている有効ページとNO INDEXされている除外ページなど詳細データがわかります。
  • サイトマップ・・・サイトマップの送信ができます。
  • ウェブに関する主な指標・・・Page speed insightsがあります。PCとモバイルの表示スピードを確認できます。
  • モバイルフレンドリー・・・モバイルフレンドリーになっているかチェックができます。
  • Googleからのメッセージ・・・Google担当者から、ペナルティーになった場合など通知が来ます。
  • リンク・・・外部リンク、内部リンクの確認ができます。
  • リンクの否認・・・Googleにリンクの否認申請ができます。

GoogleサーチコンソールはGoogleアナリティクスと同様にGoogleが無償で提供しているツールです。無料というのもありますが、必要な情報を取得できる非常に便利なツールですのでWEBサイトを運営している方は必ず導入するようにしましょう。

 

  • どのようなキーワードで流入が来ているのか
  • どのページの流入が多いのか
  • 自社のサイトへのリンクにはどのようなものがあるか
SEOナビゲーターこのような疑問を持っている方に特に力になってくれるのがGoogleサーチコンソールです。東京SEOメーカーがGoogleサーチコンソールとは何か、導入方法、使い方などをご紹介いたします。

Googleサーチコンソールとは
GoogleSearchConsoleの導入方法Googleが提供している無料ツールでサーチコンソールと呼ばれ、GSCやサチコと略されることもあります。旧名称はGoogleウェブマスターツールといいました。Googleアナリティクスはサイトに流入があった後のユーザー動作について解析するツールですが、Googleサーチコンソールはサイトに入る前の動作について確認するツールといえます。Googleアナリティクスと連携することでさらに使いやすくなります。

 

Googleサーチコンソールの導入方法

Googleサーチコンソールの導入は非常に簡単です。後述する所有権の確認方法の関係で先にGoogleアナリティクスを導入することをおすすめいたしますが、順番が前後しても問題ありません。

Googleサーチコンソールにアクセス

まずは、サイトをGoogle Search Consoleに登録しましょう。

googlesearchconsole

Googleサーチコンソールにアクセスし「今すぐ開始」をクリック。

gmailを持っていない場合は先にGoogleアカウントを作ってくださいね。

ログイン画面が表示されたら、Googleアカウントでログインします。

Googleアカウントログイン

プロパティタイプの選択

 

プロパティ
プロパティタイプの選択の画面が出てきますので、右側のURLプレフィックスにURLを入力してください。「続行」をクリックしたのちに所有権を確認すればGoogleサーチコンソールの導入は完了です。

ドメインとURLプレフィックスでは計測できる範囲が異なります。より広い範囲で計測したい場合には「ドメイン」での登録が必要ですが、多くの場合はURLプレフィックスで対応可能です。そのため、ここではURLプレフィックスとしております。

ドメイン

サイトによってはhttpとhttps、wwwの有無、サブドメインなどより広い範囲でサイトの解析を行いたい場合には「ドメイン」での登録が必要です。「ドメイン」を登録する場合にはDNS設定が必要ですが、設定方法はサーバーによって異なりますので管理者にご確認ください。

「ドメイン」で登録した場合には、次のように1つのドメインで複数のサイトを管理していても1回の登録で済むため手間がかかりません。

  • http://sample.com
  • https://sample.com
  • https://www.sample.com
  • https://sub.sample.com
URLプレフィックス

「URLプレフィックス」で登録することでサイトのURLを指定して登録できます。「ドメイン」との違いはURLの違いがある場合には同じドメインであっても解析できない点ですが、通常はURLプレフィックスでの設定で問題ないはずです。

URLプレフィックスでの所有権の確認方法

 

Googlesearchconsoelの所有権の確認
URLプレフィックスの場合、所有権を確認するためには5つの方法があります。

  1. HTMLファイル
  2. HTMLタグ
  3. Google Analytics
  4. Googleタグマネージャー
  5. ドメイン名プロバイダ

「HTMLファイル」は指定されたhtmlファイルをFTPでサーバーにアップする必要があります。手続きは簡単ですが、Googleアナリティクスを導入している場合には「Google Analytics」を使う方が簡単です。

「HTMLタグ」はGoogleアナリティクスの導入と同様に、指定されたタグをサイトに張り付けることで対応できます。こちらも簡単ではありますが、サイトを書き換える手間がかかります。

「Google Analytics」は既にGoogleアナリティクスを導入している場合には自動的に所有権を確認する方法です。Googleサーチコンソールだけを使うというのは特殊な例ですので、こちらが推奨です。

「Googleタグマネージャー」と「ドメイン名プロバイダ」でも設定は可能ですが、他の手続きと比較して手間がかかり、特別な理由がない限りは推奨いたしません。

格安SEO対策の東京SEOメーカー

Googleサーチコンソールで確認できる主な項目

サーチコンソールは様々な情報を閲覧可能ですが、少々複雑です。使い慣れないとわかりづらい部分はありますが、次にあげる大枠だけは理解しておいてください。

サマリー

 

サマリー
「サマリー」はGoogleサーチコンソールのトップ画面です。検索パフォーマンス、カバレッジ、エクスペリエンス、拡張などの概要が確認できます。

 

検索パフォーマンス

 

検索パフォーマンス
検索パフォーマンスはクリック数、表示回数、平均CTR、平均掲載順位などの推移が表示されます。

どのようなキーワードで検索されたのか、どのページの流入が多いのかなどがわかります。期間を絞ったり前週や前月との比較なども閲覧でき、エクスポートもでき非常に便利ですが、1000件までしか表示されないという制限があります。

URL検査

 

URL検査
URLを入力することでGoogleに登録されているか(インデックスされているか)やカバレッジに登録されているか、モバイルフレンドリーなページかどうかなどがわかります。

日常的に使う機能ではありませんが、Googleに再度インデックスしなおしてほしい場合には「インデックス登録をリクエスト」することもできます。

インデックス

 

「インデックス」では自社サイトのインデックス状況を確認したり、検索結果からの削除などを申請したりすることができます。

カバレッジ

 

カバレッジ
カバレッジではGoogleに何ページインデックスされているのかを確認できます。新規ページを追加し続けている場合には上図のように緑色のバーが伸びていくはずです。

エラーや警告がある場合には赤やオレンジで表示され、グラフ下の詳細では具体的にどのページがどのような理由でインデックスされていないのかも確認できます。

なお、インデックスから「除外」されていても意図してnoindexを付けた場合には正常に動作していますので問題はありません。反対に「見つかりませんでした(404)」や「クロール済み – インデックス未登録」が不自然に多い場合には設定が間違っている可能性が高く確認すべきです。

「クロール済み – インデックス未登録」とは、Googleのロボットがページに訪れたにもかかわらずインデックスされなかったページです。低品質のページや古いページで情報が古いものなどはインデックス未登録となります。このページが多くなるとサイト自体が低品質のページが多くある評価の低いサイトとみなされてしまうのでインデックス未登録になったページはリライトしてリッチコンテンツ化するか削除しましょう。

サイトマップ

 

サイトマップ
サイトにxml形式のサイトマップを作成している場合、「サイトマップ」から送信することで登録することができます。

SEOナビゲーター多くのSEO会社では対策の一環としてサイトマップの設置を挙げていますが、実はほとんどの場合でサイトマップ(sitemap.xml)はなくてもSEOに支障はありません。Googleは非常に優秀なクローラーを用意しているため通常の運営をしていればサイトマップがないことによる不利はないようです。

削除

 

削除
Googleにインデックスされているページは検索結果に出てくる可能性がありますが、どうしても検索結果に出したくないという場合には「削除」を使って検索結果に非表示にすることが可能です。

ただし、この機能は特殊なケースにしか使いませんので慎重に検討してください。

エクスペリエンス

 

エクスペリエンス(体験)はサイトの健康状態を確認できる機能です。

ページエクスペリエンス

 

ページエクスペリエンス
ページエクスペリエンスではウェブに関する主な指標(コアウェブバイタル)、モバイルユーザビリティ、セキュリティの問題、HTTPS、広告に関する問題の状態を確認できます。

ページの表示速度に問題はないか、モバイル対応は問題ないかなどが確認できますので定期的に見直すようにしてください。

ウェブに関する主な指標

 

ウェブに関する主な指標
ウェブに関する主な指標というのはコアウェブバイタルのことです。モバイル、PCそれぞれで読み込み速度に問題がないかどうかの推移をグラフで表記しています。

問題が多い場合にはPageSpeed Insightsというツールで表示速度のどこに問題があり、どのように改善すべきなのかを特定してください。

モバイルユーザビリティ

 

モバイルユーザビリティ
モバイルユーザビリティでは文字サイズが適切かどうか、ボタンやリンク同士の距離が近すぎないかなどの視点でモバイルユーザーが使いやすいかどうかを評価し、グラフで表記しています。エラーが出ている場合には原因の特定と改善を行ってください。

拡張

 

拡張
「拡張」には状況により様々な内容が入ります。上図ではAMP、パンくずリスト、サイトリンク検索ボックスの3つが表示されていますが、これ以外にも構造化データやよくある質問などサイトに応じて変わってきます。

セキュリティと手動による対策

 

サイトのセキュリティ問題はこちらで確認が可能です。

手動による対策

 

手動による対策
サイトがガイドラインに違反している場合、Google担当者が手動でインデックス除外などの対策をすることがあります。いわゆる手動ペナルティと呼ばれるものです。

手動ペナルティを受けているかどうかを確認できるのが「手動による対策」です。手動ペナルティを受けることはほとんどありませんが、受けてしまった場合には原因の特定が困難なことも多く、SEO会社に相談することをおすすめいたします。

セキュリティの問題

 

セキュリティの問題
マルウェア(悪意のあるプログラムのこと)に被害を受けた場合には、「セキュリティの問題」に警告が出てきます。この警告が出ることは通常の運営ではほとんどありませんが、出てしまった場合にはすぐに対処してください。

以前のツールとレポート

 

Googleサーチコンソールの旧名称はGoogleウェブマスターツールですが、その時のツールでサーチコンソールに移行されていないものがあります。この旧ツールについては「以前のツールとレポート」から確認することができます。

リンク

 


「リンク」では自社サイトで外部リンクを受けているページと内部リンクを受けているページ、アンカーテキストなどを確認できます。

自社サイトへの被リンクを確認する手段はもちろんですが、重要なページにリンクが正しく集まっているかどうかを確認するためにも使われます。

設定

 

設定
「設定」ではプロパティの設定(所有権や権限)を設定する箇所ですが、クロールの統計情報も見ることができます。

自身のサイトがどの程度クロールされているか、応答時間はどの程度なのかを確認する場合にはこちらをご参照ください。

SEO対策で必要なGoogle search console

Google search consoleの設定が終わったらやることをまとめました。

1.まずやる事

まず、Google search consoleの設定が済んだらGoogleからのメッセージがないかどうか確認しましょう。サイトの重要な問題が検出されたときにホーム画面やダッシュボードにメッセージが表示されます。

メッセージは、メールでも通知されるようになっています。Googleのアカウントのアドレスに通知が来ます。次に、サイトマップの送信を行いましょう。

サイトマップを送信するとXMLサイトマップと呼ばれるファイルを送信できます。そうすることによりGooglebotのクロールを助けることになりすぐにインデックスしてくれます。

  • Googleからのメッセージ確認
  • サイトマップ送信

2.エラーが無いか確認する

なんらかの原因でサイトにエラーがでていないか確認することも大事です。エラーには、クロールエラーとDNSエラー、サーバー接続エラー、robots.txtの取得エラーなどがあります。Googlebotがサイトをクロールできず、エラーになってしまうことをクロールエラーと呼びます。クロールが行われないとSEOに深刻な悪影響が出ます。早急な対応が必要です。

これらのエラーをGoogle Search Consoleから確認できます。クロールエラーは様々なエラーの種類と原因があり取るべき対応も異なってきます。DNSに原因があるエラーの場合、ドメインのDNSがきちんと設定されているか確認する必要があります。ドメイン管理レジストラのDNS設定において、サーバーのDNSにきちんと向いているか確認が必要です。次に、サーバーにアクセスしても接続できなかった場合に表示されるエラーにサーバーエラーがあります。

これは、サーバー側に原因があるのでサーバーエンジニアかそのサーバー会社に連絡して問題を解決します。Googlebotは、サイトをクロールするときにサイト内の「robots.txt」というファイルを取得しますがこのファイルが取得できなかった場合にこのエラーが表示されます。

  • クロールエラー
  • DNSエラー
  • サーバー接続エラー
  • robots.txtの取得エラー

→エラーの対処に必要なHTTPステータスコードはこちら

3.サイトの問題点を抽出する

以前のツールとレポートからクロールの統計情報の項目があります。ここをクリックすると、1 日あたりのクロールされたページ数や1日にダウンロードされるキロバイト数、ページのダウンロード時間 (ミリ秒)を確認できます。

クロールの統計情報

これらの数字を確認してサイトに問題がないかチェックします。サイトに問題があったり、何らかの要因でGoogleに重要なサイトでないと認識されてしまうとクロール頻度が落ちる傾向があります。1週間~1ヶ月単位で定期的にチェックするといいです。

1つ目のグラフ「1日当たりのクロールされたページ数」はサイト内のクロールされたページを表します。グラフが上昇傾向であれば、1日のクロールするページ数が増えてきているので問題ありません。

気を付けるのは、長期的に下降している場合です。その場合、何らかの要因でGooglebotがクロールするページ数が減っていることなので調査が必要です。サーバーの異常など調査しましょう。

次に、「1日のダウンロードされるキロバイト数」はクロールが読み込んだデータ容量です。1つ目のグラフと比例します。

3つ目の「ページのダウンロード時間」はGooglebotがサイトのページをダウンロードするのにかかった時間です。ここでは、ダウンロードの時間が増えていたり、ある時を境に長くなっていたら注意が必要です。

ダウンロード時間が長くなるとGooglebotは多くのページをクロール市内でサイトから離脱してしまいます。そうするとSEOで低評価となります。また、ユーザビリティ的にもサイト表示速度が遅いと直帰する要因となります。

4.ユーザーが検索してサイトに訪れるキーワードの確認

 

検索パフォーマンスをクリックすると実際にユーザーがサイトに訪れる時に検索した検索クエリ(ワード)がわかります。どのワードで何回サイトが表示されて何回クリックされたのかがわかります。

そこで、月間検索件数があるワードなのかをGoogle Adwordのキーワードプランナーで調べてなるべく検索件数が多いワードで表示されるようにSEO対策を調整していきます。一番重要なことは、現時点で、どのキーワードでサイトが表示されてクリックされているかを把握することです。月間検索件数の多いワードでさらなる表示に成功すればサイトに訪れるユーザーが増えていき、収益に直結していきます。

検索パフォーマンス

このデータを指標に、どのキーワードでのSEO対策をするのかを決めていきます。以外に、対策していなかったキーワードで表示されていることもしばしばあります。

キーワードが決まったら、そのキーワードでのコンテンツを作成して、SEO対策をしていき、キーワード表示順位を上げていきます。

順位が上がるのと同時に表示回数とクリック数も上がっていくかどうかを検証します。SEOの順位が上がり表示回数が増えたにもかかわらずクリック数が少ない場合はサイトのユーザビリティやファーストビューのレイアウト部分に問題があったり細かい問題点を洗い出していくことができます。検索パフォーマンスの機能では、キーワード選定に使いましょう。

5.リンクを確認する

リンクの項目をクリックするとサイトの内部リンクと外部リンクの一覧が出てきます。この部分では特に外部リンクの一覧を出してエクスポートします。

覚えのない外部リンクは実際にサイトを表示してみて海外のサイトであったりサイト非表示になっていたり、何やら怪しいサイトであったりした場合は、Google Search ConsolからGoogleにリンクの否認申請を行います。

SEO対策においてペナルティ要因となるのは低品質な外部リンクの存在とサイトコンテンツ内の重複ページの存在です。

外部リンクGoogle search console

↑上位のリンク元サイトに知らないドメインがあった場合、詳細をクリックしてすべてのドメインをチェックしてみましょう。最近では逆SEOと言われる手法で、海外からの低品質のリンクを受けてしまってペナルティを受けているケースもあります。

6.必要のないページをインデックスさせない

サイトの中には検索されたくないページや検索されても意味のないページがあるかと思います。同じサーバー内にテストサイト等がある場合、Googleにインデックスされてしまうと重複コンテンツとなってしまい評価をかなり落としてしまいます。

フォームの確認ページやサンクスページなどはインデックスされなくいいページです。こういったページをNO INDEXすることでクロールを拒否できます。特に公開してはいけない機密情報のファイルを誤ってサーバーにアップロードしてしまうなどすぐにクロールを拒否しなくてはいけません。

やりかたとしては3つあります。

  • 「robots.txt」でクローラーをブロックする
  • 「meta」要素の「no index」でインデックス拒否をする
  • URLの削除

「robots.txt」のファイルをサーバーの所定の場所に置くことで、ロボットに指示を出すことができます。Googlebotはrobots.txtを最初に参照して記述された命令に従います。特定のディレクトリやファイルへのアクセスの許可、ブロックを設定できます。

「meta」要素の「no index」でインデックス拒否をする方法は、HTMLのhead内にmeta要素を記述することでそのページのインデックスを拒否できます。下記のタグを埋め込みます。

<meta name=”robots” content=”noindex”

URLの削除はgoogle search console内でサイトのURLを指定することでそのURLを検索結果から削除できます。削除リクエストとしてGoogleに知らせることができます。この機能は、機密情報などの公開してはいけない情報を誤って公開してしまったり緊急を要するときに使います。

 

SEOコンサルタントサイトのSEO対策をはじめたら、必ずGoogle Search Consoleに登録して定期的にデータをチェックしてSEO対策を進めていきます。きちんとクロールされているか、サイトのエラーはないか、キーワードはどうか、低品質のリンクを受けていないかチェックしながらSEO対策を進めます。また、サイト自体のコピーコンテンツのチェックも定期的に行うことも重要です。Googleからくる通知で細かい技術的なエラーにおいては、対応しなくてもよいものと必ず対応しなくては評価を下げるものがありますので、詳しくは弊社のような専門家にご相談下さい。

 

SEO対策のお申込みボタン

格安SEOのTOPページへ戻る

SEO対策のお申込みボタン